新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

迷惑電話・探偵・不正アクセスなど

2016年4月 3日 (日)

NO.1222 関西の弁護士たちと友達になりました

バーチャルに大阪の弁護士と、ずっと友達だった。。。

ようやく、この忙しい弁護士と会い、リアルの友達になりました。

大阪市内で。

彼は京都と兵庫の弁護士も同伴しており、彼らとも友達に。

いずれも、法律のプロ。

私が抱える、悩ましい案件を解決するのに役立ちそうです。

委細省略、事実報告に留めます。

早速、法律相談に乗ってもらっていますよ。

例の、モラハラ案件とか、探偵事件とか(◎´∀`)ノ

必ず、悪党に報復します。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2015年7月20日 (月)

NO.1106 スマホの位置情報は基本オフにしたほうがいい

スマートフォンなどを使って地図サービス、ナビゲーションサービスを利用するときには、スマホの位置情報が必要になる。

すなわち、GPSとWi-Fiスイッチをオンにする必要がある。

ただ、Facebookなどを利用している人は要注意だ。

位置情報を表示する機能がFacebookには備わっている(非表示にすることも可能)。

個人の居場所が特定されてしまうわけである。

もちろん、特定されて構わない人はそれでいいけど「用が済んだら」、位置情報を解除したほうがいい。

子供にスマホを持たせている人は、GPSを起動させ続けたほうが、子供の居場所が特定できて安心と思われるかもしれない。

けれども、子供が使うスマホアプリによっては、子供の居場所が不審者に特定されることによって、何らかの犯罪に巻き込まれる危険性もあることを認識し、十分に注意してGPS機能を利用してほしい。

くれぐれも、怪しげなアプリを子供のスマホにインストールしない、させないように。。。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2015年5月 7日 (木)

NO.1054 仕事中のネットサーフィン、バレてますよ!

Dsc_1126

多くの企業や団体には、IT担当部門、部署があるだろう。

彼らの仕事は組織のIT関係全般にわたる。。。

 

ところで皆さんの中には、勤務時間中の暇つぶしにネットサーフィンしたり、LANに繋がったコピー機やプリンターなどを私的に利用したりしている人も、きっといると思う。

けれども、それは止めたほうがいい。

LANに繋がったパソコンやプリンター、コピー機などの利用データ(=ログ)は、全てIT部門が管轄するデータベースに保存されている。

もちろん、IT部門の担当が全ての社員、職員の行動記録を四六時中モニタリングしているわけではない。

しかしながら、例えば、ある社員が勤務時間中にアダルトサイトを閲覧したならば、必ずその記録は一定期間保管される。

IT部門から何らお咎め(とがめ)がないからといって、安心してはいけない。。。

 

風の便りに聞いたリアルな話。

業績不振の会社にて。

さて、どの社員をリストラしようか。。。

ある社員は、過去ログから「勤務時間中のアダルトサイト閲覧」を指摘され、自主退職に追い込まれたそうな。

 

ネットワークに繋がり、IT部門がチェックできるのはパソコンだけではない。

多くの組織ではコピー機やプリンターにもIPアドレスが振られて、社内LAN(庁内LAN)に繋がっているだろう。

LANに繋がっている機器の動きは、全てIT部門に筒抜けなのである。

 

コピー機やプリンターの私的利用は控え、インターネットについては業務上必要なサイト、それから通勤や出張に関係する交通機関のサイトや天気予報のサイトくらいにしておいたほうがいいと思う。

 

●「個人情報ダダ漏れです!」(岡嶋 裕史 著:光文社新書) 740円+税

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2014年10月12日 (日)

NO.884 警察官とは仲良くしよう(^^)/

先日というよりもかなり前に、毎年恒例の交番の警官による家庭訪問があった。

おそらく、皆さんがお住まいの地域でも年に1回、交番の警官が訪ねてくるでしょう。

今回は、ベテラン男性警官と、若い女性警官がペアで訪ねてきた。

来訪目的は、交番が持つ家族構成員、職業、自宅と連絡先の電話番号データの更新。

私にとって警察は「お友達」みたいなものなので、例の探偵の件を話しただけで用件はすぐに済んだ。

最後に、チラシをもらった。

2014100702

・振り込め詐欺

・暴力団

・自転車、バイク盗

お決まりの内容ではあるけど、それにしても「市内」でなく、「駅前交番管内だけで」今年1月~8月までの間に82件もの自転車盗難が起きているとは。

自転車から離れるときは、必ず鍵をかけましょう。

警察官が「家庭訪問」に来た時は毛嫌いせず、積極的に個人情報を提供し、不測の事態に備えましょう。

特に単身世帯の方は、ぜひとも緊急連絡先を警察官に知らせておいてください。

また、せっかくの機会なので「違法駐車を何とかしてほしい」「不審者を時々見かける」などと、要望なり提供したい情報があれば積極的に警官に伝えてください。

警察官は、市民を守る「正義の味方」ですから。

(個人情報を不正に入手しようとする「ニセ警官」(私立探偵など)がいるかもしれません。基本的に警察官は2人で家庭訪問するはず。不審に思ったら、身分を称するものを提示するよう求めてください。そう、「警察手帳」を、ですよ!)

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2014年7月16日 (水)

NO.822 ベネッセからの個人情報の流出について

通信教育「進研ゼミ」はじめ各種教材を販売するベネッセコーポレーション(以下「ベネッセ」)から、大量の個人情報が持ち出された。

そして、「複数の名簿屋」を介して、ジャストシステム社に個人情報が渡った。

ジャストシステムは、名簿業者から入手した子供の個人情報がベネッセから漏えいしたものだとは知らなかったと言っているが、嘘つけ!と言いたい。

乳幼児から高校生の個人情報は、とても入手しづらい。

ところがベネッセは、それらを大量に保有する日本最大の企業である。

外部の企業が保有する「子供情報」の9割を、ベネッセが占めているとも聞いた。

 

ベネッセの関連業者(孫請け会社)の派遣社員が、金欲しさ目的に持ち出した個人情報が、複数業者に転売され、最終的にジャストシステムに個人情報が渡ったらしい・・・とのこと。

ジャストシステムだって、提供された個人情報を見れば「ベネッセの顧客データだな」と分かるだろう。それを、しらを切るとは・・・

 

どんなに情報セキュリティを強固にしても、社内規則を厳格にしても、最後は「人の手」により、いかようにも情報を外部に持ち出すことは可能でしょう。

では、個人情報を守るにはどうすればいいのか。

私は、情報セキュリティの強化は当然ながら、胡散臭い「名簿業者」「探偵業者」などの、個人の秘密を暴く業者を、強力な法律で根絶してほしいと考える。

だって、こういう業者って、少なくとも「個人消費者側のニーズ」はほとんどないだろう。

売れ残りの大阪梅田のマンションの情報だって、ほしい人はインターネットなどを使って自分で入手するだろうし。

(立地その他好条件の梅田のマンションなら、セールスなどしなくても完売します)

探偵も同じ。

法を犯す、すれすれの行為を、堂々としてのける。

しかも、名簿業者や探偵業者は、「用心棒」として警察OBを雇っている。

試しに手ぶらで警察に相談に行ってみるといい。

よほど法律「個人情報保護法」の知識を身に着けていかないと、警察官に上手に言いくるめられて追い返されるのが関の山。
(私は、六法全書を頭に詰め込んで警察官を質問攻めにする)

個人情報保護法自体は、長い条文でもないので、とりあえず目を通してみてはいかがですか?

関連する法令、都道府県が別に定める条例や規則にも目を通して。。。

本屋さんに行けば、例規集はじめ各種の「参考書」も売られていると思いますよ。

きちんと「理論武装」して警察に相談に行けば、大概応じてもらえます(人にもよるのはいかがかと思うけど)。

 

私は制裁措置として、今後ベネッセの商品も、ジャストシステムの商品も一切買いません。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2014年6月 9日 (月)

NO.784 不正アクセス対策~パスワード管理は厳重に!

最近、ネットバンキングはじめ個人が管理するサイトへの不正アクセスが目立って増えている。

特に、メガバンクなど、利用者が多いサイトが狙い撃ちにされている。

もちろん、中小の金融機関も被害に遭っている。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

皆さんは、ショッピングサイトやネットバンキング、クレジットカードのサイトなど、いろんなサイト上で利用するユーザーIDとパスワードを、別々にしていますか?

 

必ず、サイトごとにパスワードを別々にしてください。

なぜかって?

もし、あるサイトから個人情報であるユーザーIDとパスワードが漏れた場合、もし同じIDとパスワードを他のサイトでも使用していたら、そちらのサイトも不正アクセスにより被害を受けるからです。

犯人は、手作業でこれらの作業をしているのではなくて、自動的に不正アクセスするプログラムを組んで、一度に大量の不正アクセスを繰り返しているのです。

なので、以下のとおり、パスワード管理を徹底してください。

 

1)同じユーザーIDとパスワードを、他のサイトでは使用しない。要するに「使い回し」をしない。

2)パスワードを、定期的に変更する(目安は3か月に1度。ただし自分が使用するサイトで不正アクセス事件が発生したら、直ちに変更すること)

3)IDとパスワードを、人目につかないように厳重に管理する。可能な限り「暗記」する。

4)多くのパスワードを覚えるのは不可能だと思うので、表計算ソフトなどで管理するのは仕方ない。けれどもファイルの中身を自分だけしか見られないように、ファイルに「パスワード」をかける。
※それでも、パスワードを暗記するよう努めてください。

5)セキュリティソフト(ウィルスバスターなど)とブラウザ(インターネットエクスプローラーやFirefox、Google Clomeなど)を自動的に最新版に更新するよう設定しておく。

 

多額の資産を金融機関に持つ人は、地方銀行や信用金庫などを含めて複数の金融機関に分散させる方がいいですよ。

預金者が多いメガバンクやゆうちょ銀行が多くの被害を受けるのは、それだけ犯罪者にとって「効率的にお金を得られるから」です。

地方銀行、それも大手地銀でなくローカルな地銀など、預金者が少ない銀行は、不正アクセス対策もメガバンクに比べると弱いところもありますけど、失礼ながら小さな銀行を犯罪者が狙っても「得られるお金は少ない」、つまり効率が悪いので、あまり被害に遭わないのです。

いずれにしろ、ネットバンキングやネットショッピングが100%安全なんて、絶対にありえません。

それでも、以上の1~5の対策をとり、金持ちさんは資金を分散させることによって、万一不正アクセスの被害を受けても、その被害を最小限に食い止めることができます。

不正アクセスに関しては、あまりお店や金融機関、クレジットカード会社の対策を信用しないで、自分の財産や個人情報は自分で守るように心がけた方がいいと思っています。

 

ところで、一人暮らしの人も、パソコンのログオンパスワードを必ず設定してください。

万一、泥棒が侵入した際にパソコンを盗られるだけでなく、中身の個人情報まで盗まれてしまいますよ。

私は、ログオンパスワードを絶対に誰にも教えません。たとえ家族でもね。

 

最後に。。。

繰り返しますが、IDとパスワードは、なるべく暗記するように努めてください。

そして、パスワードは時々変更してください。

 

余談ですが、私は全てのID、パスワードの類を「暗記」しています。

これが、いちばん確実です。。。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2014年2月 4日 (火)

NO.672 豆まき~違法駐車する連中に福が来るか&探偵ごっこは終わらない!

昨日とはうってかわって寒いw(゚o゚)w

ところで昨日は有給休暇をとった。

昼前になると、何だか家の辺りが騒々しくなってきた。

そう、昨日は節分。

我が家のそばにある真言宗(高野山)の「大福田寺」(だいふくでんじ)で、豆まき神事があったのだ。

(大福田寺:近鉄ホームページ)
 http://www.kintetsu.co.jp/spot/spot_info/spot0000549.html

近鉄のホームページで紹介されるほどの、立派な高野山のお寺さんなんだよ。

話を戻して、騒々しくなってきたというのは、ズバリ「違法駐車」。

初詣の時なんかも同じなんだけど、警察や民間のガードマンを雇って、違法駐車を防ごうと躍起になっているけど、住宅街の奥の行き止まりなんかに、よそから来た連中が平気で違法駐車して豆を拾いにお寺にいく。

違法駐車も赦せないし、こういう不心得者が我が家の近所をウロウロするのも気味が悪い。

そこに、おととし9月に書いた、私に名古屋経由大阪から送り込まれた探偵でも紛れ込んでいたら?

 NO.299 探偵
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2012/09/post-01c1.html
 

 NO.305 不正アクセスは監獄行き
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2012/09/no-8a15.html
 
 

探偵社の正体と、大阪府堺市に居やがる依頼人は私と警察により特定されているので、それはどうということはない。

犯罪人=堺の外れの田舎者のお前は、いつ逮捕されてもおかしくない。

人混みにまぎれて、お前も仕事サボって近鉄に乗って、ここまで来たか?

それとも、お前も車やバイクで来て違法駐車か(中京圏外ナンバーは目立つから、たぶんないだろう)。

お前のことは、O府警と、A県警と、M県警とに相談済み。

申告罪なので、泳がせているだけだぞ!

※申告罪は、現行犯以外、被害者からの告発がない限り逮捕されません。申告すれば捜査のうえ逮捕されます。

探偵共々警察に突き出してやるわ。

そうなれば、お前は仕事クビだ!!!

覚悟しておけ!!!

話が逸れちゃった(笑)

とにかくですね、違法駐車という、法律を犯す近所迷惑な人間に福が来るわけないだろう!!!

バカヤロー o(#゚Д゚)_‐=o)`Д゚)・;

私のモットーは、「悪党には厳罰を」です。。。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2013年11月27日 (水)

NO.640 警備会社のステッカー

つまらない記事なので、関係者以外は読み飛ばしてください(笑)

我が家には、警備会社のステッカーは貼っていない。

様々な理由で、私と同じく、ステッカーを貼っていない家は多いと思いますよ。

昨年9月に関西から不審な探偵が来てから、我が家では24時間体制で死角なしの自動監視活動を、さらに強化しました。
(偽の依頼人を名乗ってやってきた探偵だが、真の依頼人、つまり犯人の氏名はとっくに判明している)

そして証拠の積み重ねと、探偵などという卑怯で姑息な手段でなく、警察による遵法調査が、犯人(=探偵の依頼人)の確実な逮捕、起訴につながると聞いたし。

まあ、この犯人をとりあえず泳がせておきます。

こいつの罪が重くなるだけなので。

監獄で頭を冷やしてくださいヽ(´▽`)/

(参考)NO.299 探偵
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2012/09/post-01c1.html

(参考)NO.305 不正アクセスは監獄行き
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2012/09/no-8a15.html

※手の内は明かせないので、これ以上の情報は秘匿(ひとく)します。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2013年11月 6日 (水)

NO.619 【懸賞当選の秘訣】懸賞は、応募しないと当たらない

ちょっと自慢すると、私は懸賞や抽選の類で当たる確率が高い。

先日、浜松市の製菓会社から「当選しました」の案内状と共にQUOカード2千円分が送られてきた。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

何といっても11年前、今住んでいる東南の角地に立地する建売住宅を買うとき、他にも購入希望者がいたので、抽選になった。

私が、ガラガラくじで家を引き寄せた。

これがいちばんの大物でしょう。

※我が建売住宅は、建物付き土地を購入したようなもので、土地の価格のほうが圧倒的に高かった。
最寄駅へ徒歩数分、名古屋へも至近、しかも高台という立地の良さから値崩れしない資産です。
土地価格の下落が激しい名古屋や大阪のベッドタウンよりも資産価値は高いと断言できる。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

個人情報の漏えいが心配で、最近は懸賞への応募も減ったけど、信用できそうな企業や団体へは、今でも応募している。

個人情報の漏えいが心配なので、そのあたりの配慮は十二分にしてきたつもりだが、昨年9月に我が家に(名簿屋の情報をもとに)探偵が尋ねてきた不愉快な事件以来、「個人情報は守られていない」と悟った。

 NO.299 探偵 (2012年9月2日(日))
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2012/09/post-01c1.html

でも、大丈夫なんだよねヘ(゚∀゚ヘ)

名簿屋を混乱させるために、ニセ情報の提供など、奴らを攪乱(かくらん)するためにいろいろ工夫をしており、それなりの効果を発揮しているようです(名簿屋の屑どもに知られたくないので、方法は伏せます)。

●これまでに懸賞や抽選で当てたもの

・我が家(建売)の建物と土地(計5,000万円相当) ※支払いは全額自己負担(泣)

・グレジットカード会社の懸賞(オーブン電子レンジ8万円相当)

・クレジットカード会社の懸賞(3万円のギフトカード X 数回)

・クレジットカード会社の懸賞(USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)のペア入場券(日付指定なし))

・クレジットカード会社の懸賞(某カード会社によるUSJ貸切日限定ペア入場券)

・その他(図書カード、QUOカード、ギフトカード、文房具、カレンダー、CD、ブックカバー等雑貨、などなど、数え上げればキリがない)

・金鯱賞の万馬券(100円玉が1万円札に変身!)

どう?羨ましいでしょう(笑)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

一時期、表計算ソフトで懸賞の収支を記録していたけど、結果的に毎年黒字だし、データを打ち込むのが面倒なので止めてしまいました。

ここでいう「支出」は、懸賞に応募するための通信費(切手代やハガキ代)がメインです。
ネットで応募するときには、そもそもインターネットは使い放題なので支出0円としています。

今は、ココイチ(CoCo壱番屋)の懸賞にチャレンジしています。
ただいま外食は、ココイチメインです。

 【SKE48 X ココイチ推しトッピン具対決】
  http://www.ichibanya.co.jp/index.html

ところで、懸賞応募の秘訣は何かって?
それは、まず「行動に移すこと」。
それから、「自由記入欄」「ご意見、ご要望欄」には褒め言葉でも苦情でも何でも正直に書きまくること(空欄では当選しないと思う)。

※懸賞応募にあたって「個人や家族情報の保護」には、くれぐれも気をつけてくださいね。
個人情報の収集と名簿屋への転売を目的とした、悪質な懸賞もあるので、ご注意ください。

皆さんも、個人情報漏えいに気をつけて、懸賞ライフを楽しんではいかがかな(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2013年7月27日 (土)

NO.533 NSA ~あなたの通信記録は全て傍受されている・・・

少し前に世界中を騒がせたアメリカのCIA工作員「スノーデン氏亡命事件」。

スノーデン氏は中央情報局(CIA)及び国家安全保障局(NSA)の元局員だった。

彼は、亡命(アメリカ脱出)にあたって世界中の通信データ「メタデータ」をNSAが傍受していることを暴露した。

CIAは有名だけど、そもそも、NSAとはどんな組織なのか?

(NSA公式サイト(英語))
http://www.nsa.gov/

(ウィキペディアより)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E5%AE%89%E5%85%A8%E4%BF%9D%E9%9A%9C%E5%B1%80

NHKで放送した特集番組によると、1941年の日本軍による真珠湾攻撃をアメリカが防げなかったことを教訓に、アメリカ政府が創立した諜報機関とのことです。

NSAでは、3万人もの職員、工作員が働いているそうな。

彼らは、例えば通話やメールの内容を傍受するのではなく、

・いつ

・どこで

・誰から

・誰と、情報交換しているのかを調べているとのことです。

世界中の電話やメールなどの通信データの8割は、海底光ファイバーケーブルを通ってアメリカを経由して伝送されるので、それを「底引き網で一網打尽にする」がごとく全てのデータを傍受して、そこから必要なデータをピックアップしているとのこと。

残りの2割のデータは、フェイスブックやグーグル、ヤフーなどの企業から買収して入手しているとのことです。

これを読んでください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/PRISM_(%E7%9B%A3%E8%A6%96%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0)

電話も、インターネットも、くれぐれも用心して使ってください。

パソコンやインターネットは、アメリカに頼るしかないのが現状だから、尚のこと気をつけてください。

冷戦が崩壊したら、今度は同盟国に怯えて生活しなきゃならないのか???

他にGPSも、冷戦時代にアメリカが開発したものだし、とにかく私たちはアメリカに依存し、監視されながらの生活を強いられているわけです。

アメリカが自由の国なんかでなくて、世界の人々を監視する警察国家だということを、スノーデン氏の亡命事件で改めて思い知らされたな。。。

ところで、当のスノーデン氏ですが、未だにモスクワ空港のトランジット・ゾーンに留まっていて、入国許可が下りないそうです(7月25日現在)。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon