新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

宿題・自由研究

2014年8月11日 (月)

NO.848 中3の夏休み

私は運動部に所属していたので、夏休みの始まりには、まず中体連(静岡県での呼び方。)に出場した。

弱小部活だったので、予選で敗退した。

その後は、受験勉強をするでもなく、読書感想文の課題図書「以外の本」を読みながら、勉強もせず、のんびりまったり過ごしていた。

読書感想文は、適当に書いて出した。

当時「つくば万博」が開催中だったけど、受験生ゆえ連れて行ってもらえるわけがなかった。

そうだ、自由研究だ。

明日、友達と一緒に自由研究をやろうと電話で約束したその夜、御巣鷹山への日航機墜落事故が起きた。

 

 1985年8月12日 羽田発 伊丹行 日航123便・・・ 

 

明日で、丸29年も経つことになる。

あの惨劇は、一生忘れられない。

数多(あまた)の航空機事故、そして犠牲者の屍(しかばね)の上に、現代の航空機の安全が成り立っていることを、航空会社も、空の安全に携わる仕事をしている人も、そして旅客(りょかく)も忘れてはならない。

※旅客を「りょきゃく」と発音する人がマスコミ含め多いけど、正しくは「りょかく」ですよ。旅客機は「りょかっき」

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2013年9月 1日 (日)

NO.569 2学期開始 執行猶予1日

学校は、例年9月1日から2学期(2学期制のところは前期の途中)が始まりますよね。

でも今日1日が日曜日のため、始業式は明日に順延となりましたヘ(゚∀゚ヘ) この1日を、生徒児童の皆さんにはぜひ有効に使ってほしい。

この期に及んでまだ読書感想文も、自由研究も、「夏休みの友」も、なんて言っている子は、もう頑張るしかないので死に物狂いで一夜漬けしてください。

私が子供の頃は、始業式の日は学級委員の選出、それから大掃除をやるくらいで授業はなく、午前中で学校は終わりだったけど、2学期制(前期・後期)の学校では始業式もなくいきなり授業が始まるのだと思います。ひょっとして、初日から午後も授業?

それはともかく、徹夜は大人も子供も体に良くないので、あまり無理をしないようにして、どうしてもできないと思ったら白旗を上げて降参してください。そして、やりかけの課題でもいいから提出してください。 提出しないよりはマシなので。

反対に、明日からの登校に備えて準備万端という子は、映画でも観に行ってみては?

少しは、勉強から離れてリフレッシュをする方が脳みその寿命が長くなりますよ(*^m^)

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2013年8月29日 (木)

NO.566 自由研究にお菓子作りはいかが?

自由研究は、本来「自由」に研究するもののはずなのに、なぜか「理科」に限定して宿題を課す学校や先生が多い。

理科に限定するのは、子供自身がテーマを見つけて「自由に」研究するという、自由研究の趣旨に反する。
これでは、自由研究ではなく、理科の研究と言わねばおかしいだろう。。。

さて、未だに自由研究が終わっていない子供は、こんなテーマはどうでしょう。

~ クッキーづくり ~

親に手伝ってもらうのは仕方ないとして、卵やその他の材料を混ぜる割合、それから焼き加減を変えながら焼いてみて、家族や友達に試食してもらう。
そして、最もおいしい配合を数値にする。
(水XXXcc、卵X個、・・・)

出来上がりのクッキーを写真に撮って、模造紙に貼るのもいいですね。

できれば、発表の日に試食品を学校に持って行って同級生に食べてもらうのも面白そうだけど、これは食中毒の懸念から学校から許可が下りないかも。

他にも、検索サイトで「自由研究」と打ち込んで、ネットで探してみてください。

参考になるサイトがきっと見つかるはずですよ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2013年8月20日 (火)

NO.557 読書感想文と自由研究、どっちを先にやる?

読書感想文を書く、それ以前に本を読むことに悩み、自由研究で何をやるかに頭を抱える子供と保護者は多いでしょう。

どちらも、学校から与えられた宿題ですから、必ず2学期初めに提出せねばなりません。

特に中学生の場合は、高校入試で重視される内申書(調査書)に影響するので、手抜きなんてもってのほかです。

最近は、保護者が感想文の下書きをし、自由研究まで代わりに、なんてことがまかり通っているようですが、こんなことして賞でも取っても、当の子供さんは嬉しいのでしょうか?

先生はプロ、保護者はアマチュアですから、結局ばれてしまいます。

親が手伝った提出物は「減点材料」にしかなりません。

もっとも、子供本人の作品かどうか見破るのが難しいケースもあります。

この場合は、保護者の作品が「小学生レベル」だということですね(笑)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

前置きが長くなりましたが、本題について。

結論から言えば、やはり自由研究から取りかかった方がいいです。

どれだけ時間がかかるか分からないし、失敗した時にはやり直さないとならないからね。

民間企業のサイトなんかにも自由研究のサンプルテーマが載っていますので、検索サイトで探してみてください。

一方、読書感想文も、一夜漬けでは無理でしょう。

ただ、こちらは3日もあれば本を読めて、1日で感想文を仕上げることができると思います。

計4日。

自由研究は、1週間はかかるのでは、というより、そのくらいかけてほしいですね。

どんなに短くても5日はかかるかな・・・もし先生が許すなら、友達との共同研究にするのがいいですよ。

もうすぐ夏休みも終わり(北日本とか既に新学期始まっているところもありますよね)。

いま頑張れば、その成果は必ず将来「良い形で」自分に還ってきますよ( ^ω^ )

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2013年7月29日 (月)

NO.535 自由研究と読書感想文

「夏休みの友」って、今でもあるのでしょうか?

私が小学生だった30年以上前には、夏休みの友という学習帳がありました。

それを7月中に解いてしまい、早速自由研究と読書感想文に取りかかるのが私の小中学生時の夏休みでした・・・。

1)自由研究

夏休みには「登校日」がありますよね。

ここで、「理科の自由研究じゃないとダメなんですか?」と聞いてみてはどうでしょうか。

私は、実は理科の自由研究はあまりやったことがないんですよ。

地層の研究くらいかな?でも期待していた恐竜の化石は出てこなかった(苦笑)

小説を書いてみたり、旅行記を書いてみたりするのも自由研究にしてくれる先生も多いはず。

社会科も、自由研究の宝庫ですね。

日本国土の人口分布を模造紙に落とし込んで、そこに新幹線や高速道路、航空路、工業地帯などを書きこんで、日本の国土がどのように発展しているかを考えてみる・・・立派な自由研究だと思うんだけどなぁ。

数学や算数だって、教科書では習わない解法を発見して模造紙に書きこみ、そして発表の時に説明する。
これだって、立派な自由研究だと思いますよ。

2)読書感想文

自由課題の場合と、課題図書が指定されている場合とがあると思うけど、後者のほうが今でも断然多いのかな?

課題図書は、何冊か指定されているうちの1冊を選ぶというパターンが多いと思います。

興味が湧きそうな一冊を選んで、読んで、書く。

書くときは、どうしてもあらすじばかりダラダラと書いてしまいがちになるので、起承転結ではなく、まず結論としての「読んでみた後の感想」を最初に書きましょう。

あらすじなんてちょこっと書けばいいです。

読後感、その本を読んで自分が受けた影響なり印象なりを書いて、最後に自分だったらこうしていきたいとか、自分も見習いたいとか書けばいいのではないでしょうか?
(実は、読書感想文は大嫌いなので、あまり参考にならないかもしれませんが、結論としての感想を最初に持ってくると、読み手も読みやすくなります。)

感想文についてはそれだけなんだけど、時間とお金に余裕があれば、何冊か読み比べてお気に入りの一冊の感想文を書くのもいいですね。

ちなみに私は、高校1年生の夏休みに芥川龍之介の「蜘蛛の糸」と、太宰治の「人間失格」を読みました。

どちらを感想文として書いて提出したかは忘れました。。。

高校では、夏休みの宿題は1年生の時しかありませんでした。

高2になってからは、ひたすら学校に通い続け、夏期講習に業者主催の模擬テストの日々。

当時は学校にエアコンなんてなかったので、煮えたぎる地獄の夏休みでした。

これなら、夏休みよりも普段の授業の日々のほうがマシかもしれないと思いました。。。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2013年5月23日 (木)

NO.471 勉強しろと言うだけの父親

私が子供の頃は、成果主義で、両親から「勉強しなさい」とは一切言われなかった。

テレビも見放題、友達とも遊び放題。

我が家のパソコン(当時は「マイコン」と呼んでいた)をいろいろいじくっていても、何も言われなかった。

(家の手伝いだけは、必ずするよう躾けられました)

その代わり、テストの成績が悪いと、厳しく叱られた。

学校の勉強は、うちの家では全て自己責任でしたよ。

それでも、地元のトップ高校理数科に推薦で進学できた。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ところで、こういう父親は多いのではないでしょうか?

子供の頃、いろんな友達からよく聞いた話。

子供には「勉強しなさい」と叱責し、テストの成績が悪いと、今度は妻を「お前がきちんと勉強を見ないからだ」と怒る夫。

こういう夫、父親に限って、決して我が子の面倒を見ようとしない。

だったら父さん、あんたが見てくれと言ったら、どういう反応をするんでしょう???

自分が、小中学生レベルの問題が解けないのがバレるのが怖いかヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

こんなアホ(関西では「馬鹿」)な父親に、子供はついてこないと思う。

えっ、私?

私に子供がいれば、いくらでも勉強を教えてあげますよ。

忘れかけている、怪しい個所も多いけど(笑)

両親は、成果主義でしたけど、それとは違って、積極的に子供の勉強に関わります。

家庭教師も塾も不要。

成果主義ではなくって、例えば数学なら、みんなで一緒にクイズを解く感覚かな。

勉強って、本当は楽しいものなんですよ。

それを、先生や親が面白くないものにしてはいけないと思いますね。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2013年3月31日 (日)

NO.417 お祝いをしてもらいます☆

平日のフルタイム勤務が休日の夫の家事や育児の免罪符になるわけないだろうが!!!

という私は、休日も家事を頑張ります、というかむしろ休日にこそ家事に励みます。

子供がいれば?そりゃもちろん勉強を見るだけでなく、平日にできない家事を休日に頑張り、それから家族で遊園地にでもどこにでも遊びに行きますよ。
たまには家族サービスで子供と一緒に遊びに出かける、それが家族というものでしょう?
私に子供がいれば、自分の子供の勉強は妻任せにせず、ぜひ自分で見たい。
一緒に勉強したい。

子供の頃、私の父親は勉強含め私のこと一切合財を専業主婦の母親任せにしていた。
父親は、そのくせ私のテストの点数や通信簿に「問題」があると、私の目の前で母親のせいだと怒鳴り、夫婦げんかをしていた。

だったら父親よ、あんたが自分で私の勉強を見てくれれば・・・とは思わなかったけど、一切合財母親任せにしているのに、高成績という「果実」だけ得ようなんて図々しいと思った。

だからこそ私は将来結婚して子供ができたら、勉強は妻任せにしないで自分で見てあげたい、その方が子供も喜ぶだろうと・・・。

母親が夕食の後片付けその他家事をしているときに、世の父親は子供の勉強の面倒まで母親に押し付けるのか?

私の母親は専業主婦だったけど、多くの母親はフルタイムやパートで働いているでしょう。
平等な役割分担ができない夫婦は、結婚状態が破たんするすると思います。

つまり、離婚を切り出されるということです。妻から、あるいは夫から。

ところで、いくら関西人が東京嫌いが多いとはいえ、親子共々東京ディズニーランドに行ったことがないという大阪の友達の話を聞いたときは仰天しました。
金曜夜の東京方面行き東名高速は、いかにもディズニーランド行きという車種の関西ナンバーの車が東海エリアナンバーの車とともに多いので、この友達のケースはレアケースです。
当然ながら、東京ディズニーリゾートには関西の人もたくさん遊びに来ていますよ。

昨日は天気が良かったので、庭木の剪定をしました。
既に芽を吹き始めているので、早く作業を終えたいところですが、他にも家事があるので、続きは来週にします。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

それから毎週土曜日は、私が家族の食事当番。
なので、昨日も私が両親の分も含めて食事を作りましたよ。

ニンジン、エリンギ、マイタケを切り、ニンニクを刻み、豚肉のコマ切れ(細切れにしては細かくなくて得した!)と共に炒めて、茹でたスパゲティの上に乗せ、その上から名古屋あんかけスパのレトルトソースをかけて出来上がり。
写真をお見せできないのが残念です。
写真を撮るとせっかくの料理が冷めてしまうし、家族を待たせるので基本載せないことにしています。

なお、食事当番で作ったメニューは写真入りで2、3回記事にしたことがあるので、興味があればバックナンバーをご覧ください。
(カテゴリー分類は「グルメ・クッキング」)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

今夜は両親に夕食をご馳走になります( ̄ー+ ̄)

私の「ある出来事」のお祝い。

今から、楽しみです♪

いくつになっても、家族団らんは大切にしたいものですね(o^-^o)

齢を重ねても、親は子を思うもの。

それに応えて、子供も親孝行に励まないといけませんね!

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2012年11月15日 (木)

NO.326 ほめて、育てることの大切さ

私は大人になるまで、両親からまともに褒められたことがありません。

唯一褒められたのは、高校に合格した時。

もう一つあった。

小学3年生の時、ポスターコンクールで佳作の賞状をもらい、両親と弟と共に展示作品を見に行ったとき(あえて、見るという字を使う)。

実は、佳作はしょぼい賞だということも親から教わった(苦笑)

高校合格にしろ、コンクールの展示にしろ、要するに、我が子を自慢したかったのだろう。

記憶に残っている限りでは、褒められたのは、喜んでくれたのは、その時だけ。

小学校に入って、時々小テストがあった。

今でも、同じかな?

大概100点を取っていた。

それを親に見せる。

反応なし。

100点を取れなかったときは、もちろん悔しかった。

それを親に見せる。

叱られる。

1年生が終わった春休みに、学校から親子共々呼び出された。

「どうしてハク君は100点を取っても嬉しそうな顔をしないのか?」
「どこか、病気なんじゃないのか」

と担任の先生から言われた。

家路について、母は担任に対して腹を立てていた。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

私は、両親に感謝しているけど、褒めてもらった記憶がほとんどないのは寂しい。

もっと、褒めてもらいたかった。

褒め上手の親に育てられたら、希望どおりに入った高校でもっと勉強したと思う。

私が子供の頃、両親は私に、お医者さんか旅客機のパイロットになってほしいと言っていた。

その願いも、自分の願いとして叶えてあげることができたかもしれない。

飛行機、好きだし、世の中の役に立つ仕事をしたかったから。

子供は、親に褒めてもらって初めて勉強なり運動なり頑張るのではないかな。

叱るだけでは、効果はないと思いますよ。私の実体験から考えると。

お子さんを持つお母さん、お父さんは、どうか我が子を褒めてあげてください。

子供は、喜び、親の期待に応えてくれると思いますよ。

※誤解のないように。私は両親に感謝しています。ここまで来られたのは親のおかげです。

体調は、かなり回復しました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

2012年9月 1日 (土)

NO.298 9月の夏休み

北日本をはじめ冷涼な地域、私立学校、その他の一部の地域の学校を除いて今年は9月3日が始業式だと思います。

つまり、夏休みが9月2日まで延長されたようなものです。

例年だと8月31日ギリギリに親家族総出で慌てて夏休みの宿題をこなすところが、なんと2日間の猶予を与えられたhappy01

朝方隣町の大型スーパーに買い物に出かけました。

そこそこ賑わっていましたけど小中学生の子供を連れた大人は皆無でした。

レジャースポットも普段の週末より家族連れのお客さんが少なくなるのでしょうか?この週末は。

学校の宿題は親が手伝うのが当たり前だと、お子さんがいる家庭の母親は、職場でもその他でも皆さん口を揃えてそう言います。

親が手助けした読書感想文や自由研究、工作は学校の先生が見れば「親が手伝ったな」とひと目で分かります。

たとえ出来が悪くても子供が自力で仕上げた宿題のほうが評価されると思いますよ。

いっそのこと親が手伝う宿題なんて親子先生皆さんの時間と労力の無駄なので止めてしまえば、とも思いますが、中には頑張って自力で宿題をこなす子供もいるわけで、難しいですね。

----------

夏休みの間は学校が休みということで通勤電車の混雑が緩和されて有難かったのですけど、来週月曜日から普段の賑わいが戻ってくるわけです。

さて、受験生にとって2学期は最も大事な時期です。

1学期の成績が悪かった子供は内申点を稼ぐためにも2学期で巻き返しをはからないといけません。

1学期の成績が良かった子供も安心できません。

2学期は生徒の成績順位が大きく変動する場合があります。

油断しないで引き続き志望校を目指して頑張ってください。

人生何度か頑張ってクリアしなければいけない試練がありますが、受験はまさに試練です。

とにかく12月には入学時から習ったことの復習を完了し、知識が定着していなければなりません。

----------

昨日テレビで「高校生クイズ」を見ました。

偏差値系の番組は視聴率が高いのでしょうね。

優勝したのはやはり開成高校。

でも、彼らは必ずしも頭がいいわけではない、開成高校に入るために一所懸命勉強し、入学後も東京大学合格レベルの偏差値を出すために遊びを我慢して頑張って勉強しているのです。

おまけに高校生クイズに出題される問題は大学入試とはほとんど関係がない。

それらをクリアできるのは、「無理矢理勉強させられている」のではなく「勉強が好き」だから頑張れるのだと思います。

高校生クイズに出題されるような雑学も勉強して学ぶわけです。

----------

そうは言っても勉強なんて嫌いだと思っている子供がほとんどだと思います。

でも、何か1つでも得意科目はありませんか。

1つでも得意科目があれば、それが自信になり、少なくとも得意科目だけは頑張って勉強する気になるでしょう。

東京大学に合格するためには全科目満点を狙う意気込みでないといけませんが、そうでない限り、必ずしも全ての科目で満点を取る必要はないわけです。

「好きな科目だけは満点を取る」

これを第一目標にしてはどうでしょうか。

あとの科目は、志望校のレベル(嫌いな表現ですが便宜上使います)に応じて、ボーダーラインをクリアできるように頑張ればいいと思いますよ。

----------

親御さんも、子供を塾に行かせて安心!ではダメです。

また中間・期末テストや実力テストの結果を見て、評点が低いからと子供を叱ってはいけません。

勉強と躾は違います。

叱っても何の効果もありません。

それよりもこうしてください。定期テストや実力テストの結果を分析してください。

「なぜこの教科、科目は点数が低いのか」

高校生レベルになると親御さんには難しいかもしれませんが、義務教育段階では子供が間違えた問題を親子一緒に解き直してください。

----------

塾や通信教育は、行かせて安心、やらせて安心という錯覚を親御さんに起こします。

けれども、普段の学校の予習や復習すらできない子供を塾に行かせたところで、勉強の自力は付きません。

「やらされ感」で勉強しても成績は伸びません。一方月謝は成績が伸びようが伸びまいがお構いなく払わねばなりません。

また塾のおかげで勉強ができるようになった、勉強が好きになったという人間は身の回りで聞いたことがありません。

塾や通信教育は、子供本人から塾に行きたい、通信教育を受けたいと言われてから検討すればいいと思います。

「投資(月謝)」対「効果(成績の伸び)」を考えてくださいね。

投資<効果

この数式が成り立つこと、これが経済学の基本です。

効果がないものに投資するのは家計の圧迫を意味します。

----------

勉強に限らず日常生活でも仕事でも「ほめる」ことを大切にしたいと思っています。

叱っても何の効果もありません。

子供がテストで良い点数を取ったら、通信簿で良い評点を取ったら「よく頑張ったね」と褒めてあげてください。

褒められるとますます勉強が好きになって、自ら進んで勉強するようになるのではないでしょうか。

----------

普段から勉強をせず、成績も悪い、これは子供本人の責任です。

親御さんとしては塾に行かせてテコ入れしいたいところでしょうが、ここは堪えてください。

無理強いすると子供は反発し、ますます勉強嫌いになります。

本気で進学したい、そのためには勉強しないといけないと子供本人が思うまで辛抱強く待ちましょう。

いつかきっと芽が出ます。

----------

普段から一所懸命勉強しているにもかかわらず結果が伴わない場合。

これも、頑張っていることをほめてあげましょう。

ただ、勉強の仕方に問題がある可能性が高いです。

どうして結果が伴わないのか、親子で考えてみましょう。

この時にこそ、塾や通信教育を「勧めて」みてはどうでしょうか。

普段から勉強癖のない子供に塾は無駄だと私は思っていますが、勉強する気がある場合は塾や通信教育の助けを借りるというのも結構なことだと思いますよ。

いずれにしろ、年が明けたら受験シーズン。

ラストスパート、頑張ってください。

今ならまだ逆転できますよ。

----------

余談ですが私は内申点のおかげで地元学区の公立トップ校の、しかも理数科に推薦のような形で運よく内定をもらいましたが、学校の勉強があまり好きではなく、受験勉強にも熱心に取り組んでいなかったため2学期の成績(校内順位)は1学期より若干下がりました。

小心者の私。
どこの高校にも進学できないのではと焦りました(〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

2012年8月 4日 (土)

NO.275 子供の夏休みには読書をしよう、させよう。

お子さん方は、夏休みですね。

学校から自由研究やら読書感想文やら、いろんな宿題が与えられて大変でしょう。

ちなみに私が小学生の頃は「夏休みの友」という問題集?も与えられていました。

こういうものは、ちびまる子ちゃんやカツオのように、夏休みが終わる直前に追われるように慌ててこなすのではなく、やはり計画的に、早めに片付けたいものです。

夏休みの間、学校の代わりに自宅で授業を受けるという感じで日々過ごせば、自然と片付いていくと思います。

楽しみは、あとに残しておきましょう。

もちろん宿題をこなしながらも海水浴やプール、旅行も楽しんでくださいね。

------------

何だかんだ言っても夏休みは、まとまった時間が取れる貴重な時間です。

学校から指定される課題図書だけでなく、漫画だけでなく、できるだけ多くの本を読んでほしいと思います。

欲しいものを何でも買うわけには行きませんよね。おサイフの問題もあるし。

でも「これは素晴らしい」という1冊を見つけたら、ぜひ購入してあげてください。

良書は、子供にとっては宝物になります。

図書館で借りるのも結構ですけど、やはり「お気に入りの本」は、手元に置いていつでも読めるようにしてあげてくださいね。

小学校低学年から高校生まで、読書が好きな子供は全般的に成績が高い傾向にあります。

無駄そうに見える本でも子供が「欲しい!」と言ったら、その本をパラパラめくってみて、子供の育成上問題がなければ買ってあげてください。

そういう些細なことがきっかけで読書好きになります。

繰り返しますが、読書が好きな子供は成績が伸びます。

本の購入に限らず、子供への投資は惜しんではいけませんよ。

ただし、親の押し付けにならないように気をつけましょう。

子供を塾に無理やり行かせても、嫌がる通信教育をやらせても、私の経験からも効果はゼロだと思います。お金と時間の無駄、

子供が欲し、また親も納得できるものに重点投資しましょう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon