新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

人口

2016年2月27日 (土)

NO.1203 人口減少社会に突入した日本

2015年国勢調査の人口速報値が公表された。

2015年10月1日時点での、外国人を含む日本の総人口は、

 

 1億2711万47人 (世界第10位)

 

と、前回の2010年調査に比べて、94万7305人(0.7%)減少した。

 

1920年の国勢調査開始以来、初めて総人口が減少した。

今後、少子高齢化が進むと、ますます日本の人口は減るだろう。

少子高齢化による、人口減少である。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

人口減少社会の中にあっても、人口が増加し続けている地域がある。

そう、首都圏だ。

東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県は、前回調査と比べて人口が増加している。

首都圏への一極集中はますます進んでいる。

神奈川、埼玉、千葉は東京のベッドタウン的性格も強いが、神奈川、埼玉の人口増加率は依然として高く、前回調査と比べて0.9%の増加。

それらの上を行くのが東京。

東京は2.7%の人口増だ。

千葉は、人口増にブレーキがかかってきたようである(0.1%増)。

これは、首都圏に置いて交通の便が相対的に不便なことと、東日本大震災の被災地の状況を知り、東京湾岸エリアへの移住を避けるようになったからかもしれない。

神奈川、埼玉を含めて首都圏が縮小し始め、東京への一極集中が加速している。前回調査結果が手元にないので、あくまでも推測だが・・・

千葉はともかく、人口増加率0.9%の神奈川、埼玉の人口増が止まるのは、もう少し先になるだろう。

人口減に転じた中にあって、実は、人口増を示す県がいくつかある。

以下、原則として都・道・府・県の文字を省略する。

例:大阪府は=「大阪」、大阪市は「大阪市」

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

中京圏の中心、愛知。

愛知は、東京、神奈川、大阪に次ぐ、人口順位第4位の県だ。

人口増加率1.0%は、神奈川と埼玉の0.9%を上回る。

名古屋都市圏のみならず、県内一部の地域を除き人口増加を続けているのは自動車をはじめとした工業県の力か。

但し、 中京圏を構成する岐阜と三重の人口減少率がいずれも2%台と人口減少が加速している。

中京圏全体としての勢いは、鈍ってきているのではないか。

名駅再開発(名古屋駅とその周辺の再開発)、リニア中央新幹線開業が待たれるところであるが、名古屋から品川までリニアで40分程度で結ばれるとなれば、ストロー現象により名古屋、愛知、中京のヒト、モノ、カネが東京に吸い取られる懸念がある。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

今回の調査で大阪府が68年ぶりに人口減少に転じたため、近畿地方で唯一人口増となった滋賀(0.2%)。

滋賀は小さな県ではあるものの、京阪に隣接する若いベッドタウン、そして工業県として着実に発展を遂げている。首都圏以外では、沖縄と並んで人口増が続くと思われる。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

九州の中心、福岡。

九州各県が揃って人口減少となった中で、唯一人口増を示したのが福岡である。

人口増加率も0.6%と、かなり高い。

福岡は、西日本の中枢都市、そしてアジアのゲートウェイとして発展を遂げてきた。

福岡市はこの10年で京都、神戸の人口を追い抜いた。

東京23区、横浜、大阪、名古屋、札幌に次ぐ、日本で6番目に人口の多い都市になった。

今後とも福岡は「リトルトーキョー」として、福岡一極集中の問題を孕み(はらみ)ながら、九州の拠点として発展を続けるだろう。

ただし、福岡市の人口増は160万人超で均衡、やがて減少するとはブログ開設者の個人的な予想。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

最後に、沖縄。

何と、沖縄の人口増加率は3.0%と、東京を上回り日本一である。

観光業、農業、基地関連産業と、目立った産業のない沖縄にあって、人口増が続くのは、全国一の出生率(未確認なので間違っていたら失礼)、沖縄からの転出者を補う、沖縄への移住者の存在があってのことだろう。

少子高齢化から人口減少社会に突入した日本にあって、最後まで人口増加を続けるのは、沖縄だとも言われている。

現在、東京を中心とする首都圏への一極集中は加速している。

ところが首都圏は、東京も含めて高齢化も進んでいる。

そして首都圏の出生率も低い。

転入人口が減れば、首都圏の人口もやがて減少に転じるだろう。

一方、沖縄は出生率が高い。

沖縄経済の発展と共に、沖縄の出生率も下がり、やがて減少するのだろうけど、最後まで人口が伸びるのは沖縄だとされている。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

少子高齢社会、人口減少社会になった日本。

いまのままの税制度、社会保障制度で良いのか?

正答は、学者にも分らないのではないだろうか?

お先、真っ暗な後半生だな(ノω・、)

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2015年3月 8日 (日)

NO.1021 平成の大合併に乗り遅れた静岡東部と三重北部 本編

昨日は「まえがき」だけで終わってしまった(笑)

早速、本題に入ります。

静岡県東部地方は、山間部を除いて人口稠密地域(ちょっと誇張気味)であり、地域の中核都市沼津市(人口約20万)を中心とする都市圏人口は70万人を超える。

ところが、静岡の地元の方なら、沼津や三島の地盤沈下が著しいことはご承知のとおり。

中心部が落ち込んだ、いびつな都市圏になってしまった。

沼津は、人口でお隣りの富士市(人口約25万人)に追い抜かれてしまったし、かつて市内にあった2軒の百貨店は閉鎖された。

沼津市内のみならず、沼津都市圏から百貨店が消滅した。

都市圏人口70万といえば、同じ東海地方では三重県北勢(ほくせい。伊勢北部のこと)地方の四日市市(人口約30万人)を中心とする都市圏に匹敵する。

四日市も市内の空洞化は著しいが、2軒あった百貨店のうち1軒は今でも残り、地域一番店の百貨店としての存在感を示している。

平成の大合併話が盛んだったころ、沼津、四日市共に、都市圏内の自治体同士が合併することで、緩和された政令指定都市指定要件「人口約70万人」を目指した。

ところが、これは「案の定」とん挫した。

合併話が消えた理由は、合併で椅子を失う首長や議会の議員が反対したからとも言われているけど、私は「それだけではない」と思っている。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

旧静岡市と清水市その他が合併して政令指定都市になった静岡市の場合。

旧清水市の反発は、市民レベルから激しいものがあった。

それでも、合併した。

リアルに清水と静岡とは、通勤通学に、買い物に通院にレジャーにと、相互の交流が昔から強く、太く「相互依存」の関係にあった。

この双方向の流れはかなり太く「静岡鉄道」という私鉄が大手私鉄並みの高頻度で静岡と清水とを結んでいる。

日常から活発な交流があったからこそ、犬猿の中であっても、静岡都市圏は合併が成功したのだろう。

■静岡鉄道公式サイト
 http://www.train.shizutetsu.co.jp/index.html

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

一方、新潟、浜松、岡山、熊本などは、地域に圧倒的吸引力が強い都市があったため、事実上「吸収合併」により政令指定都市に昇格した。

かつての仙台や広島のように。

 

翻って(ひるがえって)、沼津都市圏と四日市都市圏は?

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

沼津都市圏は、中心部に吸引力のない「空洞化した都市圏」になってしまった。

合併後の名称などでも新幹線停車駅がある三島市(人口約11万人)との綱引きになり、結局「破談」した。

クルマの「ご当地ナンバー」が登場する前、静岡県内には「静岡」「浜松」「沼津」の3種類のナンバーがあったけど、実は沼津ナンバーの車両台数が最も多かった。

県内中部地方の静岡市、西部の浜松市と並び、かつては東部地方の中核都市として沼津は君臨していたのが、人口は周辺部に拡散して沼津はすっかり落ち込んでしまった。

沼津、富士、三島、御殿場、裾野、熱海、伊東、伊豆市、伊豆の国市・・・都市圏が空中分解してしまったともいえるかもしれない。

ショッピングモールは、各地に点在する。

百貨店に行くような買い物は、東京へ向かうのでは?

そしてブランド物を安く手に入れるには日本一のアウトレットモール「御殿場プレミアムアウトレット」がエリア内にある。

中核となる都市を失った、空中分解したした都市圏、それが沼津都市圏(沼津&三島都市圏)である。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

四日市市は、沼津ほど空洞化してはいない。

半導体工場の増強など、石油化学コンビナート以外の、新たな工場誘致も進んだ。

同じ三重県内の津市と比べても、巷間話題の「コンパクトシティ化」も、自然な形で進んでいると思う。

近鉄四日市駅周辺に、大概のものが揃っていて、まずまず便利な四日市。

では、強い吸引力が現在の四日市にあるか?

残念ながら「否」かと。

お隣り、鈴鹿市の住民は四日市の百貨店で買い物するのだろうか?

調べたわけでないので推論だけど、やはりクルマで名古屋市内の百貨店まで行っちゃうのではないか。

そして日常の買い物は地元のショッピングモールなどで済ませると。

 

四日市の北にある、名古屋からほど近い桑名市。

桑名市民になると、わざわざ「逆方向」の四日市中心部へ買い物へ出掛ける人はまずおらず、みな名古屋へ向かうのではなかろうか?

鈴鹿から名古屋へは遠いけど、四日市や桑名の住民は名古屋へ通勤し、そしてショッピングに出かける。

日常の買い物は、やはり地元の大型ショッピングモールで。

かように四日市都市圏内での流動は、通勤通学などの一部に限定されると思われる。

もはや、四日市都市圏なるものは存在せず、名古屋都市圏に包含されてしまったのかもしれない。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

自治体にも「規模のメリット」があり、机上の空論では、合併することで首長、議員、職員の数も減らせるし、公共施設の統廃合も進められると思料する。

ただ、そもそも「地域の核となる都市」の力が弱い場合は、静岡市などの例外を除き、合併しても効果は発揮されないかもしれない。

合併後も「地元からの要望で」旧各自治体の庁舎がそのまま使われる有様では、建物は集約できない。

議員や職員を減らすことも不可能だろう。

 

地方分権、地域主権を進めるにあたって、総論賛成、各論反対というのが、多くの皆さんの意見ではなかろうか?

それにしても、各都道府県を比べて平成の合併が進んだ府県と、そうでない府県。

いったい、どこが、何が違うんだろうか?

このテーマは、奥深いな。

平成の、大合併か・・・

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年3月 7日 (土)

NO.1020 平成の大合併に乗り遅れた静岡東部と三重北部 まえがき

約10年前、平成の大合併が進んで、都道府県によりその度合いにバラつきはあるものの、多くの市町村は合併により「集約」された。

浜松市や新潟市、熊本市など、一定規模の「中核都市」が存在する都市圏の場合は、多少のいざこざはあったものの(例:中核都市に隣接の合併反対自治体同士が合併した、熊本県合志市など)、まあ自然な形で合併したところが多い。

一方、小さな自治体同士の合併では、香川県東さぬき市など、元々どこの自治体が合併したのか、県内での位置も含めてさっぱり分からんという都市もある。

また大都市でも、さいたま市なんかはどうなんだろう?

なぜ、埼玉県と県名は漢字なのに、都市名は合併して「ひらがな」なのか?

田舎の街が地域おこしのために、また読みにくい地名を分かりやすくするために合併を機に「ひらがな」を用いるのは分かる。

三重県いなべ市は、旧員弁郡(いなべぐん)4町が合併して誕生した。

しかし兵庫県たつの市は、どうだろうか?

こちらも、旧龍野市と近隣の自治体が合併して誕生した。

「龍野」の文字が若干難しいことと、合併話を円滑に進めるために、つまり対等合併を演出するために、あえて「ひらがな」の都市名に「チェンジ」したのだろう。

「さいたま市」の名称にも、同じ理由があると思う。

タイトルの「まえがき」のつもりで書いてきたけど、長すぎるので今日は「まえがき」だけで終わります。

続き「本編」は、明日。。。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2013年6月16日 (日)

NO.492 九州男児が語る、熊本と堺

今回は、共に政令指定都市への仲間入りをすべく協力し合った熊本市と大阪府堺市。

政令市指定で堺に抜け駆けされたのは、さすが大阪人はと思ったけど、細川54万石の城下町熊本は、そんなことでは動じない。

熊本といえば、県のゆるキャラ「くまモン」は、一昨年のゆるキャラグランプリに輝いて、今や全国どころか、世界進出まで果たして大活躍中の有名キャラ。

一方、ゆるキャラグランプリワースト1,2を生み出した、全国一ダサイ?センスのない?(堺の皆さん、ごめんね)堺市には、とても興味があります。

堺は、相変わらずというより、政令市になってますます落ち込んでいるように感じます。
関西全体の地盤が沈滞している以上、浮揚するのは難しいですが、堺ならではの自転車製造業など、個性を発揮してもらいたい・・・でも私は熊本人だから、今回は熊本びいきの記事しか書かない!

熊本と堺は、お互いに、「平成生まれの、なんちゃって政令指定都市」ですが、人口だけで熊本市を見下す人間がいるとしたら、無知で愚かな連中としか言いようがない。

そもそも、そういう連中は、熊本市の中心街に行ったことがあるのか?

熊本市は、戦前は福岡市を凌ぎ、そして北九州市はまだ生まれておらず、九州第一の都会だった。
熊本市民の恨み節は「九州帝国大学(現:九州大学)の誘致合戦で福岡市に負けた」

それから「山陽新幹線博多駅(福岡市博多区所在)開業後、九州新幹線の建設計画が凍結されてしまった」(今は鹿児島中央駅まで九州新幹線が開業し、熊本駅には全ての新幹線列車が停車します)

政令市昇格については、熊本のほうが、悲願が叶ったと思う市民が多いはず。
ただし、熊本市の周辺市町村の中には合併に反対した自治体が多かったので、百万都市にはなれなかった(これは堺市も同じ)。

ベッドタウンを含む熊本都市圏としては100万人以上の人口を誇る熊本市の中心部は、全国的に中心市街地がシャッター街となる中、老若男女で賑わっています。

中国地方の百万都市、広島市と並ぶ、日本最大級の規模を誇る商店街(下通・上通)に、これまた日本一のバスセンターである交通センター!

堺に、これだけの賑わいがあるだろうか(何度も行ったが、ないです)。
多くの堺市民は、大阪市内の百貨店に買い物に行くでしょう。

勘違いしないでほしいけど、熊本駅は市内の街外れだし、熊本空港に至っては熊本市外です。

熊本城や交通センターがある付近が、熊本市の中心市街地、繁華街で、主に東方面、すなわち阿蘇方面に向かって、現在進行形で市街地や住宅街が拡大しています。

九州内での福岡一極集中の中、福岡都市圏以外に発展を続ける、人口増が続く都市圏は熊本都市圏だけです。
都市圏としては拡大している鹿児島市は、中心繁華街が空洞化し、寂れる一方。。。
かつての天文館の賑わいは、全国各地の地方都市の繁華街と同様に消えてしまいました。

話を戻します。
よく、ヤフー知恵袋とかに、堺には地下鉄が走り、大手私鉄が走っているから熊本の負けとか書いてあるけど、質問者も回答者も馬鹿じゃないのか?

東京・横浜に次ぐ日本第三の大都会、大阪に隣接するベッドタウンなので、堺のほうが利便性に勝るのは当たり前だろう。

堺市は、東京のお隣り、神奈川県川崎市に似ているかもしれない。

でも川崎は、東京と横浜に挟まれた重化学工業が中心の、京浜工業地帯の要の都市であり、一方でベッドタウンの開発も進み人口は140万を超え、今でも福岡市の後を追うように増加を続けている。

一方、堺には大きな商業地区なんて何もない、工業も低迷しシャープは撤退。
古びた工業地帯&泉北ニュータウン。
工業地帯が低迷する代わりに、24時間営業の関西国際空港に近く、高速道路網が発達しているという交通の利便性の良さから、運送業、引越業などが発達しています。
最近、放置状態の都市シリーズには堺も取り上げたいので、時間がある時に、堺市をリサーチしに行きます。最下位ゆるキャラにも会いたいし、泉北高速鉄道にも全線乗りたいからね。

何だかんだ言っても堺市は今でも、四大公害で有名な石油化学コンビナートの街、三重県四日市市と同程度の工業出荷額を誇っていると思う(四日市も低迷しているけど、四日市は簡単に外国に移出できない素材産業である石油化学がメインだけあって堺よりはマシだと思う。大きな港もあるし)。
余談ですが、四日市市は石油化学工業だけではなく、輸送機械、精密機器、自動販売機、食品工業、その他あらゆる種類の工業が集結した、三重県の商工業の心臓部です。

熊本には、福岡市に次ぐ九州有数の官庁街に、福岡市内の各百貨店を凌ぐ九州最大の百貨店「鶴屋」がある(一時期、店舗床面積全国一を誇っていた・・・)。
鶴屋百貨店の包装紙が、お中元やお歳暮のスタンダードだったと思うし、今でもそうなのでは?

堺に転じて。

地下鉄は大阪市営地下鉄御堂筋線の延長路線だろう。つまり、大阪市の地下鉄。

大手私鉄とやらも、南海電車は下位の大手私鉄で、東急や阪急、近鉄とは規模(路線長や営業収入、関連企業についての)が違い過ぎる。

それに引き換え、熊本は単なる県庁所在地というだけでなく、国の出先機関が集まる九州の中心に位置する中核都市。

それに、古くから城下町として栄え、敗戦時まで軍都として発展してきました。

熊本市内には、市営の路面電車が走っている。

こういうのって「昼間人口」が多い街にしかないんですよね。

多数の路線が大昔に廃線になったけど、残った路線は繁盛しています。

堺にも、大阪と堺とを結ぶ路面電車である阪堺電車(はんかいでんしゃ)が走っているが、堺市内は大赤字路線です。

熊本都市圏の人口は100万を超え、九州第三の都市圏として今でも人口増加が続いています。

一方、人口80万の堺市は大阪のベッドタウンのため、昼間人口は県庁所在地、熊本市よりも少ない。
大阪市の衛星都市なので、堺市自体に都市圏はなく、堺は大阪都市圏に含まれる(手持ち資料より)。

それゆえの、大阪市営地下鉄の堺市乗り入れなのです。

熊本人である私からすれば、単なるベッドタウン都市と、私のルーツ、三大名城が聳える城下町熊本市と比べられるのも失礼な話だと、つい思ってしまう。

下通(しもとおり)と上通(かみとおり)という、2つの商店街をつなぐ、路面電車と交差する横断歩道で撮影しました。構図だけでは・・・コンデジの限界?
(以前記事に載せた写真と同じです。市街地は熊本城がきれいに見えるよう、市条例でビルに高さ制限がかけられています。堺のように税金の無駄遣いとしか思えないビル庁舎なんて建ってません。左端にてっぺんまで写っているのが熊本市役所本庁舎です。
県庁や、かつての「軍都」の面影を残す自衛隊はバスに乗り、ずっと離れたところにあります。

001

日本三大名城(名古屋城、大阪城、熊本城)の全てに行き、中でも熊本城は私の先祖が江戸時代以降明治になるまで城内で暮らし、勤めていたので、私の家のようなものです(笑)

それにしても、熊本城は素晴らしい。

姫路城も、白鷺城と言われるくらい美しい城だけど(改装中のため、外部は覆いに隠れ、内部の見学しかできません)、私は自分のDNAが100%熊本人なので、熊本城が一番だとしか思えない。

加藤清正、藤堂高虎(津城:三重県津市)は、「城づくりの名人」と呼ばれているが、熊本城は、まさに加藤清正の居城(江戸になってからは細川氏)。城づくりの名人が自分で作った、肥後54万石の大きな城。

002


天守閣が、大小2つあるのは、変わった作りですね。

手前が大天守閣。後方が小天守閣で、2つの天守閣はつながっています。

私は、お城には詳しくないので、間違いがあれば教えてください。

そして、こちらを。

003

これも天守閣?

いえいえ、熊本城ほどの大きな城になると、天守閣も「櫓(やぐら)」になります。

宇土櫓(うとやぐら)です。

つい最近まで、宇土市の宇土城を移築されたという説があったほどで、まさに天守閣のようで、大小天守閣と並び、第三の天守と呼ばれることも。

熊本城には大小天守とは別に、この規模の五階櫓(ごかいやぐら)が明治初年まで5棟(築城当時は6棟)存在したそうな。

堺の人たちも、熊本空港に降り立ったら、来ることがあれば、ぜひ市街地へも足を運んでください。

熊本空港だけで「田舎」なんて思いおったら、俺が殺したるけん。

熊本弁を話せなくなった(笑)

このバス(産交バス)の側面に「アイドル ストップ バス」と書かれている。

アイドルは来るな!とは、排他的な熊本らしい(笑)
(実際は、予想外によそ者に親切ですよ)

「アイドリング ストップ バス」という表現共々、和製英語ですよね!?

004

このバスが停車しているのが、日本一の規模を誇るバスセンター「交通センター」。

九州各地や本州の都市を結ぶ昼夜行の高速バスと、熊本市外の近郊へ向かう路線、それから市内路線があり、まさに九州の、熊本のバス路線のハブとして機能しています。

交通センターには地下街やビルがあって、まるで駅ビルのようです。
いつか紹介したい熊本ラーメン「こむらさき」の支店も地下にありますよ。

写真の右の看板は「陣太鼓」。熊本銘菓です。
駅や空港でも売っているので、興味があれば自宅用のお土産にぜひどうぞ。
もちろん、交通センターにもあります。

ところで、熊本の人間は潔い。
そこに、武士道を感じる。

大東亜戦争(アジア・太平洋戦争)で、ろくに戦わずして白旗上げたり、逃げ回っていた「当時の国賊」は、大阪の連隊でした。

大阪の兵隊さんは、当時全国一の弱虫と言われていた。

熊本と鹿児島、それから姫路(兵庫)の部隊は、最強の部隊と言われていた。

大阪のお隣り兵庫が、とは意外な気がするけど、姫路は関西というより山陽なので、気質が違うのだろう・・・赤穂浪士の歴史は、今でも受け継がれているのだろうか・・・

DNA100%熊本人の私をリアルに怒らせると、怖いぞ(*`pЗ´q)

繰り返しになるけど、熊本のゆるきゃら「くまモン」は皆さんご存知ですよね。

一方、これまた繰り返しですが、堺には全国最下位のゆるキャラがいます。

実は、個人的には、この堺のゆるキャラのほうが可愛いと思ってるんだけど。。。

私は熊本の血が流れる人間だから、つまりは肥後人たちからすれば国賊ですね(笑)

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2013年3月20日 (水)

NO.406 都会は東京だけ!?

先日、以下の記事をアップした・・・けど何の反応もなかった。

「NO.388 相模原や堺って都会ですか?」
http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2013/03/post-e28c.html

共感してもらったのか?それとも両市民から反感を買ったのか?

相模原は戦後に市制施行されて、政令指定都市にまで上り詰めた恐るべき都市です。
それだけ、京浜地区のベッドタウンとして、発展してきた証でもあります。
神奈川県は、横浜、川崎と古くからの政令市に加え相模原と、全国最多の3つの政令市を擁する県になりました。

一方、堺は博多(福岡市)と並び、古くから開かれた街。
知名度と街の規模では、福岡とは大きな差があるけど、堺は大和川を挟んで大阪市と市街地が繋がっています。大阪の一部と言ったら、生粋の堺の人は怒るかもしれませんね。海側に工業地帯、内陸部には、泉北ニュータウンがあり、大阪のベッドタウンとして発展してきました。

ただ、両市とも元気がありません。「平成の政令指定都市」は、どこも等しくそんな感じです。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

私が考える都会は、こういう大都市です。

・東京は別として、背伸びして政令指定都市を目指さなくても、ごく自然に政令指定都市になった都市。すなわち、横浜、川崎、名古屋、京都、大阪、神戸、北九州(最近は低迷してますが)、福岡、札幌。

・人、モノ、カネが各地から集まってくる都市。

・マスコミやファッション流行などの情報発信をし続ける都市。
(地上波テレビのチャンネルが多いというのも、目安かも)

・芸術や文化を身近に楽しめる都市。

・大学その他高度研究教育機関が集結する都市。

・空港、新幹線、高速道路、地下鉄などの交通網が充実している都市。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

首都圏、京阪神圏、中京圏を三大都市圏とか言うけど、やっぱり、東京は別格だと思う。

東京には全国から人が集まり、東京から全国各地に情報を発信している。

大阪は関西限定、名古屋は東海3県限定。

三大都市圏に次ぎ、伸びを見せる福岡は九州限定。

それでも、大阪や名古屋、福岡は都市の規模が大きく活気があり、中心性もあります。

札幌は、新しい街。後背地の人口が少ないので、私の線引きではボーダーラインです。ただ、札幌市自体の人口は増加を続けていて、もうすぐ200万人になります。
やっぱり押しも押されぬ、北の大都会かな。

一方、横浜や京都、神戸は人口が多く商工業も発達している、昔からの都会でしょうけど、都市圏はあくまでも東京や大阪に組み込まれている。
それぞれ、東京都市圏と大阪都市圏(京阪神都市圏)の都市です。

・東京(世界に知られる、日本最大の都会)

・大阪(独自の文化圏を持つ関西の中心であり、東京に次ぐ人口集積地の中心)

・名古屋(これまた独自の文化圏を持つ、モノづくり中部・東海の中心)

・福岡(まだまだ若い、これから成長を続ける都会)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

都市圏人口(カッコ内は都市の人口)はこんな感じ。

・東京3000万(23区900万)

・大阪1400万(大阪市270万)

・名古屋700万(名古屋市230万)

・福岡350万(福岡市150万)

・札幌220万(札幌市190万)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

私が昔住んでいた福岡は東京の10分の1か。でも九州各地から人、モノ、カネが集まる街。

大学や短大、専門学校が多く、京都市と並び住民に占める大学生の割合が高い都市です。

つまり、若者が多いおかげで、街も若々しいのです。

若者のファッション感度は、名古屋や大阪よりも高いと思う。←大阪・名古屋の人、ゴメン^^;

福岡空港の羽田便は、世界第2位の旅客数を誇ります(1位は新幹線がない羽田-新千歳)。

福岡空港は国際空港としても機能し、海外からも人がやってきます。

観光客も、出張族も、転勤族もたくさん集まる。

人口も増え続け約150万人。京都を追い抜きました。
神戸の人口を抜くのも時間の問題です。

(政令指定都市というものがなかった時代、「大阪」「名古屋」「横浜」「京都」「神戸」は5大市と言われていました。京都と神戸の落ち込みは、東京一極集中による関西経済の低迷と、関西での大阪一極集中のダブルパンチ、さらには神戸は阪神淡路大震災の影響が大きかったのでしょうか・・・)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

単にベッドタウンがあって人口が多いのではなく、街の発展に伴って勢いを増し、人、モノ、カネが集まり成長を感じる街。

そして誰もが行ってみたい、勉強したい、働きたい、暮らしたい、と思える街。

さらには、芸術や文化に触れることができる街。

これこそ、都会だと思う。

大阪、名古屋は人は多いけど、芸術・文化面では物足りない・・・

福岡に至っては、人の数からしても都会というには物足りないかな。

でも、ヨーロッパなら福岡クラスの都市は間違いなく都会です。

一方、中国なら大阪クラスでも中規模地方都市です。

まあ地方から見れば、名古屋も大阪も人混みが凄い都会ですね。

都心には住みたくない。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

私の頭の中では、本物の都会は、やっぱり東京だけ。

名古屋駅新幹線上りホームからは、数分おきに「のぞみ」が東京目指して発車していく。

在来線よりも多くの本数の新幹線が、それも16両編成で。

それに乗って、私は東京へ毎年数回出かける。

それは、東京の空気を吸いたいから。

私が生まれた時の本籍地が東京都区内だったせいか、何となく東京が恋しいのかもしれない。

終点、東京駅に近づくと「東京に帰ってきた」という不思議な感覚に襲われる。

やっぱり、私は名古屋や大阪より東京のほうが好き。

東京では、神田神保町(じんぼうちょう)の古書街や大型専門書店をひやかすのが楽しみです。

本屋さん巡りは、名古屋や大阪では絶対に味わえない、東京での私の楽しみです。

それでも、東京には住みたくない。

住むなら、東京、名古屋、大阪の郊外か、もしくは福岡市内(福岡の郊外は田舎で不便)。

住環境に恵まれつつ、都会の便利さを享受できるところで暮らしたい。

以前は福岡市内で暮らし、コンパクトな都会の便利さを存分に感じてきました。

東京に行かなくても、欲しいものは大概手に入ったし、東京と違って市内中心部近くに住める。

今は、名古屋のベッドタウンに暮らして名古屋の便利さを享受しながら生活してます。

東京に出るのも、大阪に行くのも、全国各地に飛行機で飛ぶのにも、高速道路で足を伸ばすのにも名古屋は大変便利ですよ。地元の人たちはみんな親切だし。

それにしても、みそかつにあんかけスパゲティ、きしめんにみそ煮込みうどんは、なぜ全国に波及しないのかな?

ココイチのカレーは名古屋発(正式には愛知県一宮市発)だけどね。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2013年3月 2日 (土)

NO.388 相模原や堺って都会ですか?

都会の証とか言われている、100万都市とか、政令指定都市。

ところが、例えば平成生まれの政令指定都市…神奈川県の相模原市と、大阪府の堺市。

果たして、これらを都会と言えるのか?

どちらにも、何度か足を運んだことあるけど、私は都会とは、言えない。。。
(相模原と堺の関係者には申し訳ないけど・・・)

もちろん、都会を肯定的にとらえているわけではありません。

相模原も、堺も、いい街ですよ。ただ、いわゆる「都会」とは違うような気がします。

ところで、政令指定都市の「政令」を読んだことある人いますか?
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S31/S31SE254.html

読むと分かるように、この政令は、地方自治法の規定に基づいて定められています。

平成になって、大都市に加えて、100万都市にはなり得ない地方中核都市や、ベッドタウン都市も政令指定都市に加わる時代になりました。

私は道州制、地域主権、地方分権反対論者ですが、府県と市の二重行政解消に寄与する政令市制度には、賛成します。

大阪都構想は、賛成しませんが、もし実現させるなら、まずは基礎自治体である「大阪市」の、周辺都市との合併による拡大でしょう。

例えば大阪市と堺市、2つの政令市が隣り合っているのを、まずは「合併」することは難しいのでしょうけど、大阪都構想を進めるなら、ここから始めないと。。。

それがうまく行ったら、東京23区のように大阪市を大阪府の特別区にすればいい。

相模原と堺の話から、大阪都構想の話にずれてしまった(A;´・ω・)

たこ焼きとお好み焼きさえ美味しく食べられたら、大阪がどうなろうと私には問題ない☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2013年1月 7日 (月)

NO.351 日本一の工業地帯~中京工業地帯

今回はつまらない記事です、ということを前置きしておきます。。。
ちら読みの方は、スルーしてください(笑)

私が子供の頃は、記憶違いでなければ製造品出荷額では四大工業地帯はこんな順番だったはずです。

1 京浜工業地帯

2 阪神工業地帯

3 中京工業地帯

4 北九州工業地帯

それが今では

1 中京工業地帯

2 京浜工業地帯

3 阪神工業地帯

4 北九州工業地帯

という順番に変わっています。

阪神工業地帯は工場の閉鎖が相次いで、低迷しています。

北九州工業地帯は、もはや工業地帯とは言えなくなってきました。
昭和初期の北九州は筑豊炭田を有し、鉄鋼業を中心とした日本最大の工業地帯だったのに・・・。

京浜も、工業はイマイチかな・・・

ところで、そもそも中京工業地帯とはどんなところなのでしょう?

(ウィキペディア:中京工業地帯)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E4%BA%AC%E5%B7%A5%E6%A5%AD%E5%9C%B0%E5%B8%AF

中京工業地帯というと、どうしても自動車産業や四日市の石油化学コンビナートを連想してしまう方々が多いと思われますけど、実際にはいろんな工業製品を生み出しています。
陶磁器から日本随一の航空宇宙産業まで、何でもあります。

少子化、過疎化が進む現在、人口が増加している都道府県は、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、滋賀県、福岡県、沖縄県だけです ← 最新データを調べてないので間違いがあるかもしれません。

全国ニュースを見ていると、首都圏一極集中ばかり強調されているし、人口も関西その他地方から流出して首都圏に集中していますけど、もう少し中京地区の底力も紹介してほしいものです。。。
愛知県の工業出荷額はずっと日本一です。
調べるのが面倒なので、詳細は省きますけど嘘ではありませんよ。

名古屋港・・・貨物取扱量で横浜港、神戸港、東京港、大阪港をはるかに凌ぎ、全国一だって知っていましたか?

名古屋に来ることがあったら、時間があればぜひ港まで足を運んでください。
地下鉄で行けますよ。

(名古屋市営地下鉄)http://www.kotsu.city.nagoya.jp/subway/index.html
(名古屋港水族館)http://www.nagoyaaqua.jp/aqua/
(南極観測船ふじ)http://www.nagoyaaqua.jp/fuji/index.html
(名古屋海洋博物館)http://www.nagoyaaqua.jp/muse/index.html
(名古屋港ポートビル)http://www.nagoyaaqua.jp/buil/index.html
(ガーデンふ頭臨港緑園)http://www.nagoyaaqua.jp/ryok/index.html
(ポートメッセなごや)http://www.nipc.city.nagoya.jp/pmn/

余談ですが、名古屋には全国唯一の「地下鉄環状線」(名城線)があります。
(東京の大江戸線が、実は環状運転ではないことは東京の方ならご存知ですよね)

名古屋はご存知かもしれませんが昔から地下街が発達しています。
つまり名古屋は「地下生活の都市」なので、環状線も地下を走っているんですよ(゚ー゚)

あとは、四日市のコンビナートの夜景もおススメです。
車があると、便利にアクセスできます。

(四日市市役所)http://www5.city.yokkaichi.mie.jp/menu1.html
(四日市港ポートビル)http://www.yokkaichi-port.or.jp/ypbd/

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

2012年8月21日 (火)

NO.292 【都市シリーズ第27回】武田氏が開いた甲斐の城下町~甲府

今回取り上げる都市は山梨県の県庁所在地、甲府市です。

甲府の推計最新人口は約19万人、都市圏人口約58万人。

山梨県全体の人口が85万人程度ですから、山梨県は県庁所在地甲府への一極集中が進んだ作りです。

------------

以下のアドレスから甲府市観光協会HPをご覧ください。
http://www.city.kofu.yamanashi.jp/welcome/index.html

甲府ブランドにご注目ください。

宝石・水晶の加工技術は日本一を誇ります。
お金に余裕がある方は、ぜひ注文購入してみてください。

それから甲州のグルメといえば郷土料理の「ほうとう」が有名ですけど、近年はB級ご当地グルメ「甲府鳥もつ煮」がスポットを浴びています。

私はほうとうは山梨県内で何度も食べたことがありますけど、甲府名物、鳥もつ煮はまだ食べたことがありません。ぜひチャレンジしてみたいです。

私は山梨のお隣りの静岡県に生まれ、育ちました。
けれども甲府へは武田神社に何度か日帰りしたことがあるくらいでほとんど知りません。

でも、調べてみると何かと面白そうな街なので、機会を作って再訪したいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

2012年8月20日 (月)

NO.291 【都市シリーズ第26回】かつての四国の玄関の今は?高松

本四架橋の前、四国へ渡る手段は船と飛行機でした。

マイカーやトラックなどの場合
本州と四国の間に3ルート(明石-鳴門、児島-坂出、尾道-今治)の連絡橋が開通するまでは、四国と本州を行き来しようとなるとフェリーを使うしか方法がありませんでした。

鉄道の場合。
東京や大阪方面などから新幹線で来たお客さんは岡山で在来線に乗り換え、宇野から高松まで国鉄の連絡船で渡っていました。
宇高(うこう)連絡船です。

高松を起点に松山、高知、徳島方面へ多くの特急や急行が運行されていました。

高松駅は、まさに「四国の玄関駅」でした。

1988年4月の児島-坂出ルート連絡橋開業に始まって本州と四国とが複数のルートの橋で結ばれるようになり、本州と四国との間の往来は格段に利便性が増しました。

鉄道の場合は1988年宇高連絡船が廃止され、替わって瀬戸大橋線の開業により松山方面と高知方面は高松を通らずにダイレクトに岡山と結ばれるようになりました。

車や高速バスも同じです。
四国内の高速道路の整備によりマイカー利用者が増え、高速バス路線も相次いで開業、増便されました。
特に明石-鳴門ルート開業はフェリーのみならず鉄道からも多くの利用客を奪い、関西方面を中心に四国各地の都市と高速バスが結ぶようになりました。
高松を通らずに。

四国の玄関、高松という言葉は死語になってしまったのではないでしょうか。

とはいえ、やはり四国の中枢機能管理都市としての機能を守り続ける高松市。
全国展開する企業の四国支店は四国最大の人口規模の松山よりも高松のほうが断然多いです。

人口といえば、高松の推計最新人口は約42万人、都市圏人口約61万人。
市の人口では松山市に大きく水を開けられていますけど、都市圏人口は拮抗しています。

つまり、両市は同じくらいの規模の都市ということです。

------------

高松の見どころはこちらを参考にしてください。
私は高松も観光で訪れたことがないのでよく分かりません。
やはり信頼ある情報がいちばんでしょう。

高松観光情報(高松市観光課)HP
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/kankou/

同じく高松は通ったことしかない、あるいは仕事でしか行ったことがないという人も多いのでは。

市外に金毘羅さんがあります。
そこはぜひ訪れたいところですが、市内にも見所がたくさんあるようなので、高松へ行く機会があったら観光もしてみてはどうでしょうか。

それから「讃岐うどん」は外せませんよね。うどん食べたい(苦笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

2012年8月19日 (日)

NO.290 【都市シリーズ第25回】日本三大夜景が自慢の平和都市~長崎

今回は長崎市です。広島に続き原爆が投下された平和都市です。

また、古くから外国に開かれた港町でもあります。

推計最新人口は約44万人、都市圏人口約66万人。

長崎市も観光地としては栄えつつも、街の活気は今ひとつです。

休日になると多くの観光客が長崎を訪れる一方で、買い物や遊びに車やJR、高速バスで福岡市へ行く人が多いですね。

人口が50万を切ると、県庁所在地といえども市街地は衰退する傾向にあります。

車での移動が当たり前になり、郊外に作られる大規模ショッピングモールにお客さんが流れる構図です。

公共交通機関が発達し、商業施設が集積した都市圏人口100万人以上レベルの都市でないと商業上生き残るのは厳しい。

九州で都市圏人口が100万を超えるのは福岡市、北九州市、熊本市です。

いずれも政令指定都市です。

北九州はいま一つながら福岡と熊本の中心街は賑やかです。

全国各地の都市共通の問題。どうしても大都市に人が流れる。

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡などへ…

------------

長崎市は「坂の街」です。平地がほとんどない。

山の斜面にも家々が密集して建っています。

そのわずかな平らな土地に路面電車が走っています。

(長崎電気軌道HP)
http://www.naga-den.com/

観光地は路面電車を利用して回るといいでしょう。

観光案内は、市役所のホームページをご覧ください。

(ながさき観光ガイド「長崎のさるき方」)
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/kanko/

地元発の情報なので、市販のガイドブックには掲載されていない情報があるかもしれません。

白状すると私はまともに長崎観光をしたことがないので、ここがおススメという場所がよく分かりませんけど、夜景が綺麗だったことだけは覚えています。

稲佐山からの夜景は、長崎観光から外せないでしょう。
函館、神戸と並ぶ「日本三大夜景」です。

三大夜景と言っても、神戸、函館、長崎、それぞれ景色は異なります(当たり前ですね)。

ぜひ三大夜景を制覇してください。私は三大夜景を全部訪れたことがありますよ。

それからグルメ。

ちゃんぽんと皿うどんはぜひ食べてみてくださいね。

卓袱(しっぽく)料理は食べたことがないので、機会があればチャレンジしてみたいです。

長崎は見どころが多いので、少なくとも2泊はしたいところです。

見どころスポットを一度に全部回るのは不可能なので、自分が本当に行きたいところを選んで巡ってください。

記事を書いていて、15年以上ご無沙汰の長崎に行きたくなってしまいました(笑)

ちなみにカステラは私の大好物です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon