新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

交通

2017年2月16日 (木)

NO.1363 電車通勤の利点

やはり、運転を人任せにできる電車通勤(以下「電車=バスなど含む公共交通機関」と読み替えてほしい)だと、本読みができるところがいちばんの利点だ、

マイカー通勤だと、そうはいかない。

それから私は、iPad で電子版の朝日新聞と日経新聞を通勤途上で読む。

新聞を広げることも iPad を見ることも、運転中のドライバーには不可能だ。

もちろん出勤時は朝刊、退勤電車内では夕刊を。

1日24時間しかないのだ。だから通勤時間は貴重だ。

電車を使えるのに車で通勤している人は、車のほうが通勤に便利に思えても、実は1日24時間の時間の使い方としては、甚だ(はなはだ)損をしているように私には思えてならない。

電車のみの通勤なら「帰りに一杯」といきなり当日誘われても「財布が許す限り」快く応じることができ、飲み会を楽しむことができる。

他には、交通事故のリスクが電車通勤のほうが断然小さいことだろうか。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2017年2月 6日 (月)

NO.1358 感情論だけでは鉄道は残せない

昨年、JR北海道が、鉄道として現行の枠組みでは維持できない路線を公表した。

その総延長は、道内路線の過半を占める。

早速Facebookで、「鉄道を残せ」「鉄道の赤字はJRの怠慢」「JR北海道だけ国有化せよ」などと、「部外者」の鉄道マニアと思しき連中から声が上がった。

中には欧州の鉄道のように「上下分離」により鉄道を維持せよとの声も少なからずあった。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

結論からして、面積は九州の2倍、人口は兵庫県と同じくらいで、しかも札幌集中、過疎化が進む北海道では、鉄道という形態で路線を残せるのは札幌都市圏(札幌都市圏も赤字だけど)だけだと思っている。

この先、札幌まで延伸開業する北海道新幹線も全線(新青森-札幌)赤字は必至だろう。

当初目論まれた、東京から札幌まで全線最高速度300キロ以上での運転が困難になったため、東京から札幌までの航空旅客の、新幹線への転移が見込めなくなったからだ。

だって、現在の北海道新幹線の終点「新函館北斗」まででさえ、東京駅から4時間かかるのだから、東京-札幌間を4時間以内で結ぶのは無理だ。

JR北海道の経営は、今後ますます厳しくなるだろう。

肥大化してきた札幌市の人口の伸びも、最近は鈍ってきた。

やがて減少に転じ、札幌都市圏の鉄道需要も減るだろう。

そして、赤字は拡大する。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

JR北海道は、国が株式を100%保有するとはいえ旧国鉄とは違う。

利益を計上するのが当たり前の民間企業だ。

ところが、黒字を出すのが不可能な会社、それがJR北海道。

必要性が高く、かつ「鉄道でなければ輸送できない」だけの需要がある路線に絞り込んで経営し、語弊はあるが他の大赤字路線はJR北海道から地元自治体に経営を移管し、第三セクター鉄道として鉄道を残すのか、あるいは鉄道を廃止して路線バスやコミュニティバス、乗合タクシーを運行するのか、地元で考えるしかないのではないか。

少子高齢化と過疎化、高速道路はじめ道路網の整備によりJR北海道の旅客は30年前の民営化当初と比べて激減している。

鉄道マニアも、ノスタルジックに鉄路を語り、廃線に反対と唱えることは慎んでほしい。

瀕死の重傷に陥っている赤字線は、地元利用者のために存在するのであって、鉄道マニアは所詮「おまけ」なのだから。

もちろん、赤字線での鉄道マニアのボリュームが増せば、当該路線の乗客が増えることを意味するのであって、それは大歓迎だけど、数年に1往復とか、あるいは全く乗車しない連中が「廃線反対」を唱えても、空々しく聞こえる。

鉄道マニアがJR北海道の鉄路を守るために協力したければ、飛行機で、あるいは新幹線で北海道へ入り、JR北海道の赤字路線にたくさん乗り、増収に協力することが必要不可欠だ。

焼け石に水だとは思うけど。

ちなみに、利用客が少なすぎる北海道では、上下分離方式でも赤字は必至です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年12月 5日 (月)

NO.1325 横断歩道、信号機って・・・

雨の日に、道路の水たまりをよけて徐行し、歩行者に水たまりの水がかからないように配慮する車は、ほとんどいない。

昭和時代は、今よりマシだった気がする。

ある日、私と一緒に登校中、水たまりの雨水をひっかけられた友達の場合、加害者である中年女性ドライバーは、運転する車を停車させ、友達に平謝りし、クリーニング代を渡そうとした。
 
もちろん、友達は謝罪だけ受け容れ、お金は受け取らなかった。
 
今時、こんな人、光景、見られるだろうか?
 
ドライバーは水たまりがあっても、構わず車を飛ばし水しぶきを上げる。
 
脇の歩道を歩く人たちの存在などお構いなしに。。。
 
だから私は、雨天時は安物の服と靴に身をくるんで外に出る。
 
゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
 
また、信号機のない横断歩道を、歩行者が横断しようとしている際に一旦停車する車も皆無に等しい。
横断歩道は、文字どおり、道路を横断するための「歩道」であるから、歩行者が優先なのだ。
踏切が、電車優先なのと同じ。
 
さすがに信号機がある横断歩道で、横断者がいるにもかかわらず信号無視をする車は滅多にいないだろうけど、これが1本道でなく交差点の歩行者信号となると状況が変わってくる。
普通の十字路で、信号機付き横断歩道の場合。
 
歩行者用信号機に従って横断する歩行者は、気をつけないと左折車に轢かれそうになる。
道路状況によっては、右折車にも轢かれそうになる。
 
これでは、何のための信号機、歩行者用横断歩道なのかということで、最近は「スクランブル交差点」が増えてきた。
 
 
これなら、歩行者用信号機が青の時は、自動車は全て赤信号で停車している「はず」だから、安全性は高い。
 
それでも、そもそもスクランブル交差点の信号機の仕組みを知らない人が信号無視を企てることはあるかもしれないし、実際に歩行者信号が青になったばかりのタイミングで、猛スピードで交差点を右折していった車を見かけたことがある。
 
赤信号を無視する歩行者、交通法規を守らず走る自転車など、自動車以外にも悪者はたくさんいるけど、歩行者はいちばんの「交通弱者」だ。
 
事故にでもなれば、歩行者が加害者になり自動車のドライバーが被害者になることは滅多にないだろう。
 
自家用車に限らず、トラックやバス、大型ダンプやトレーラー、バイク、そして自転車(これは加害者にも被害者にもなり得る)は、何のために交通法規があるのか、振り返ってみてほしい。
 
学校でも、歩行者、自転車の交通法規を徹底的に教え込んでほしい。
 
特に、運転免許不要の軽車両たる自転車を運転する児童や生徒にも、自転車運転用の試験を受けさせて学校、あるいは警察が免許証を交付する仕組みを構築できないものだろうか?
 
なお、歩行者へ水はねしたり、横断歩道で横断者または「横断しようとしている者」がいるときに、手前で一旦停止しなかったら、金額は忘れたけど罰金刑または懲役刑に処せられる。
 
会社や役所では、懲役刑=クビになるところがほとんどだろう。
 
交通違反で特に気をつけねばならないのは、飲酒運転だけではないのだ。。。
 
横断歩道で一旦停止を無視したばかりに一生を棒に振らないように。
 
気をつけてね(*^-^)

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年11月15日 (火)

NO.1315 電車が遅れたら遅延証明書を忘れずに!

Dsc_0038

ずいぶん前、まだ暑い夏の出来事で恐縮ですけど、8月のある日の写真。

写真左上に写る時計は、既に8時半を回っています。

私は、10月末まで早出シフト勤務だったので、朝7時半までに出勤せねばならなかった。。。

そして、この日も、自宅最寄駅からいつもの時間の電車に乗り、定刻に発車しました。

ところが、途中駅で土砂降りの大雨が降り、私が乗る電車が止まってしまいました。

定刻なら7時より前には仕事場最寄りの駅に到着するはずが、この日は、ご覧のとおり。

2時間近くの遅れです。

普段から、勤務開始よりもかなり早く仕事場に着き、不測の事態に備えているつもりだけど、それでもこの日は「遅刻」が決定してしまいました。

そこで、「遅延証明書」を貰う乗客の列に並びました。

Dsc_0041

↑これが遅延証明書。

つまりは、遅刻の免罪符を受け取りました。

定期入れに入るサイズです。

大雨は天災だから仕方ないと、みなさん「あきらめ顔」で免罪符を受け取っていました。

なお、近鉄の場合は、インターネットでも遅延証明書を印刷できますけど、遅延データがアップされるのにタイムラグがあるため、遅刻して仕事場で上司に提出するタイミングでは、Web上からは確認できません。

それに、インターネットからだと誰でも証明書を印刷できます。

駅員に証明書を発行してもらったほうが、遅刻の理由が電車の遅延だと上司に理解してもらえるでしょう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年4月19日 (火)

NO.1230 なぜ愛知県は交通死亡事故ワースト1を更新し続けるのか?(改版)

今回は、2014年8月22日にアップした記事が好評だったため、当時の記事へのリンクを貼り、若干加筆しました。

以下のリンクからご覧ください。

■NO.855 なぜ愛知県は交通死亡事故ワースト1を更新し続けるのか?
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2014/08/post-67ab.html

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

なお、2015年(1月から12月まで)の都道府県別交通事故死亡者数ワースト5は愛知、大阪、千葉、神奈川、北海道の順で、依然として愛知がワースト1です。

ところが愛知県、今年2月末時点で死亡者数ワースト2。

ワースト1の座を茨城県に譲っています(愛知県警資料)。  https://www.pref.aichi.jp/police/koutsu/jiko/koutsu-s/documents/koutsuushibouzikohasseizyoukyou2802.pdf

死亡事故が起きている限り、喜ぶべきものではありませんけど、愛知県警の交通事故抑止の努力の成果が数字に表れているのかもしれません。

茨城も、人口の割りに交通事故の多い県です。

交通マナーが悪いと言われる地域は、死亡事故が多い。

ドライバーも、歩行者も、気をつけたいものです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年3月 5日 (土)

NO.1207 【無理】やっぱり福岡市に帰りたい

まずは、日本のIT産業の聖地、福岡が生み出した人気キャラ「妖怪ウォッチ」の「ようかい体操第一」をユーチューブで。

ボリュームには注意してね。
https://youtu.be/24cRbvzDbFk

 

もう、何度もこのブログでつぶやいてきた。

福岡に帰りたい、福岡に移住したいと。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ある日、Facebookで「福岡に帰りたい」旨投稿したら、同じ仕事場(部署は別だけど顔見知り)の女性が、

「じゃあ、福岡に帰れば?」と、思いやりの欠片(かけら)もないコメントを寄越した。

(それができれば、とっくにそうしているわ)

即座にfacebookの友達解除したのは言うまでもない。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

私が福岡から三重の、現在の仕事場に転職した当時は、

・シンガポール

・福岡

に事務所を構えていた。

どちらもお気に入りの都市で、何とか転勤できないかと思ったものだけど、私が体調を崩したのと同じころに、何れの事務所も閉鎖された。

(わが社を生身で宣伝するためには、シンガポールと福岡はうってつけなのにな!)

しかしながら、三重と結びつける需要が無かったのだろう。

名古屋中部(セントレア)-シンガポール便は1日1便しかないし、三重と博多とを結ぶ夜行高速バス路線が開設されたものの、僅か数年で廃止された。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

そうは言っても、福岡は政令指定都市で最も人口増加者数が多い、東京23区を含めて全国第6位、人口150万人の大都市だ。

そして、シンガポールは500万人の、アジアの金融経済都市、東南アジア最大のハブだ。

再度、反転攻勢に打って出るわけにはいかないのだろうか?

三重の出し物として、農産物の輸出、移出、それから観光客の三重への呼び込みが中心となるだろうけど。

それにしても、シンガポールのタクシーに乗る度に、運転手から

「大阪も名古屋も知らない」

「東京と北海道しか聞いたことがない」

と言われると悲しくなる。

日本人が、アメリカといえばニューヨークとハワイしか知らないと言うのと同じようなものだけどね。

※北海道はスキーリゾート地として、多くのシンガポール人観光客を集めている。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

福岡は、物価は安いし食べ物は美味い。

そして、一部の心無い名古屋人みたいに「自分たちは都会人だ」なんて恥ずかしくみっともないことを言う人は、まずいない。

みなさん、自分たちが田舎者だとわきまえている。

とにかく優しい人ばかりであるが、これは何処も同じだろう。

それから、博多駅、天神、百道(ももち)などのオフィスのすぐ近くにマンションが建っており、東京と比べて安い家賃で入居できる。おかげで通勤時間が短くて済む。

九州は高速道路網が発達しているので、それに伴い高速バスも九州各地を結んでいる。

福岡から長崎、熊本、大分あたりなら日帰りで、鹿児島、宮崎などでも1泊すれば小旅行を楽しめる。

父母の生誕の地、熊本のラーメンを食べたくなったら、天神から「ひのくに号」に乗れば、2時間半程度で熊本の都心に着く。そして美味しい熊本ラーメンにありつける。

名古屋でも、高速バスの楽しみを味わうことはできるけど、路線数、便数からして物足りない。

さて、何かの奇跡が起きて、今の仕事場を辞めずにシンガポールとは言わずとも、せめて福岡市内で働く機会を与えられることはないだろうか?

100%、ありえませんね(ノ_≦。)

なんだか最近、お疲れモード。。。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年2月11日 (木)

NO.1200 危険極まりない堤防道路の走行

この記事は、先日JAFの会員誌の「堤防道路」に関する特集を読んで、書いてみようと思い立った。

うちの近所には、木曽川、長良川、揖斐川・・・いわゆる「木曽三川」(きそさんせん)が流れている。

何処の河川にも見られる光景だろうけど、木曽三川の堤防に沿って走る「堤防道路」は、信号がなく、渋滞もなくとても走りやすい。

遵法運転に徹すれば、こんなに便利な「抜け道」「近道」はない。

ところが、堤防道路は、河川の堤防の上に位置することから河川法では「河川施設の付属物」として位置づけられるはず。

※「河川法」について習ったわけではないので用語や説明に多少の誤りがあるかもしれないけどご容赦を。

このため、道路法で必要とされる標識やガードレール、カーブミラーなどが整備されていない堤防道路が多いけど、元々堤防道路は河川や河川の付属施設(堤防など)を維持管理するために整備されたもので、ガードレールを設けるにも堤防の強度がそれに耐えられない場合は設置できない。

しかしまあ、遠くから堤防道路を望むと皆さん、飛ばす、飛ばす・・・

あれではわき見運転したら堤防から転がり落ちるか、あるいは対向車と正面衝突するか。

実際に、そういう事故が堤防道路では非常に多いし、死亡事故も多発している。

私は、危険極まりない堤防道路を極力走らないようにしている。

ここ10年は、走っていないな。

 

 

 急がば回れ

 

 

ですよ('◇')ゞ

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2015年11月14日 (土)

NO.1167 伊賀鉄道を、助けてください!

Dsc_0364

先日、伊賀方面に日帰り出張した。

「伊賀鉄道」を利用するよう、職場から指示された。

伊賀鉄道の、用務先最寄り駅までの乗車区間の運賃は片道360円、往復だと倍の720円だ。

たまたま、乗換駅でこんなのを見つけた。

Dsc_0365

一日フリー乗車券、720円也。

伊賀鉄道乗り降り自由の、フリー乗車券だ。

職場から支給される、伊賀鉄道の往復運賃と同額だ。

職場から支給される交通費を下回ったら、これは実費を請求しないといけないのは当たり前(上回ったら、基本的には自腹)。

ところが偶然なのか、敢えてそういう料金設定にしたのかは知らないけど、出張先までの乗車区間の往復運賃と、フリー乗車券が同額なら、利用しない手はない。

実は伊賀鉄道、ほとんどが「無人駅」なので、路線バスと同じ整理券を取って乗車、下車時に車内精算が原則だ(一部駅員がいるので、その場合は切符を買って乗車する、下車時は駅員に切符を渡す)。

だけどフリーきっぷなら、運転士や駅員に提示するだけでOK!

だから、楽なんだよ( `ー´)ノ

しかも、日帰り出張の記念?に、手元にフリー乗車券が残る。

用務先へ行くのに、少し時間があったので、伊賀市を調査すべく、フリー切符を使いいくつか巡った。

※調査内容は、業務に関する機密情報なので秘匿(ひとく)します。

Dsc_0371

上野市で下車。

上野城(伊賀上野城)の、最寄駅だ。

可愛い忍者さんが駅前でお出迎え。

今回は出張なので、上野城へは行けず(ノω・、)

Dsc_0374

Dsc_0375

鉄郎・メーテルブロンズ像だ。

興味のある人は、調べてください。

いちいち読んでいる時間的余裕がなかったので写真撮影だけで観察は省略した。

Dsc_0383

もう少し時間があったので、調査がてら伊賀鉄道を全線乗ってみた。

伊賀上野駅。

JR関西本線との乗換駅だ。

写真左側2本、それぞれホームに入線中のがJR西日本の関西本線の列車、右で切れているのが伊賀鉄道の電車。

僅か6分で折り返した。

Dsc_0385

ほ場整備が進んだ、伊賀の田畑。ここまで仕上げるのは、とても大変なんだよ!

出張先の最寄駅で下車。 去りゆく電車を見送る。

Dsc_0393

Dsc_0396

これが、出張先最寄駅の写真だ。

昔ながらの木造駅舎。駅にはベンチと飲料の自販機しかない。

伊賀は、電車では遠いけど、現地では電車でも回れるかもと思った。

今回は、出張用務、それから業務に関する調査が目的の伊賀鉄道乗車だった。

観光も、散策も、グルメも、無し・・・

いわゆる「旅気分」を満喫できなかった。

日を改めて、今度は遊びで伊賀へ行こう!

※伊賀鉄道は、現在のところ存続する方向で話が進んでいますけど、将来のことは分かりません。私が調べた結果、それから出張先で聴取した結果では、ピーク時と比べて明らかに乗客が減っています。特に、少子化や学校統廃合による高校生の利用客減少が大きいのです。全国各地に見られる現象ですけど、一度剥がされた線路は、元には戻りませんし、バス転換しても乗客減少により、バス路線さえ無くなってしまう地域も沢山あります。よそ者の私たちにできることは、とにかく公共交通機関を使うことです。

※伊賀鉄道に限らず、全国各地の赤字路線、バス、航路、航空路などは「乗って残そう!」では、存続は不可能です。公共交通機関の運営の枠組み、仕組み自体を作り変えねばならないでしょう。道路と同じく、多額の税金投入も必要になってくるでしょうね。

■参考記事 
 NO.974 伊賀牛のすき焼きを食べにいくぞ( `~´)ノ
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2015/02/post-32fd.html

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2015年1月23日 (金)

NO.981 あなたはエスカレーターの側に立ち止まる? それとも駆け昇る?

世界の潮流に反し日本では、エスカレーターを歩くことが危険だとして、「規制をかける」、つまりは「歩行を禁止する」そうな。

もちろん、法で縛るのは難しいので、携帯やスマホの電車内での通話を禁止するのと同じく、あくまでも「マナー」の範囲でのことになるみたいだけど。

確かに、日本のエスカレーター製造メーカー各社も「弊社のエスカレーターは、歩行者の存在を前提に設計されていない」と口を揃える。

では、どうして諸外国の「日本企業がこしらえた」エスカレーターでは歩行を禁止しない、むしろスムーズに歩行できるように法なりマナーなりが整備され、定着しているのか?

同じ企業の製品でも、日本と外国のそれでは耐久性などが異なるというのか?

日本の各エスカレーター製造企業よ、嘘つくな!

(日本国内で)転倒などのエスカレーター事故が起きたときの責任を負わされないよう「予防線」を張っているのだろう、と勘繰りたくもなるわ!

 

そもそも、エスカレーターって「移動を楽にする」役割をもって設置されてるのでは?

移動を楽にする役割として「歩行せずとも自動的に上下させてくれる」だけでなく「普通に歩行するよりも『更に早く』上下させてくれる」ということを忘れてはいないだろうか。

今はどうだか知らないけど、ソ連時代のモスクワの地下鉄は大深度にあるためエスカレーターの距離が長く、人間を早く運ぶためにエスカレーターの速度を異常に早くしていたと聞く。

全く、日本のエスカレーターは、外国のと比べて速度が遅すぎ!

とにかく、階段を早く駆け上がったり、駆け下りたほうが、エスカレーターに「立ち止まったまま乗る」よりも昇り降りできる。

だから、日本ではみんなエスカレーターを歩いて昇降するんだよ。

先日訪ねた久々のシンガポールでは、「法律で」左に立ち、右側を(歩いて昇降する人のために)空けろと定められ、その旨のピクトグラム(案内表示)がエスカレーター付近にある。

余談であるが、日本と同じく右側を空けるのは(関西は左側を空ける)のは、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランドくらいで、その他多数の国々では、左側を空けるのがマナーなりルールなりだそうである。

ご参考までに。

 

それにしても、駅のエスカレーターや空港のムービングウォーク(動く歩道)を並んで立ち塞いでいる連中には本当に腹が立つ。

特に外国の大空港は、成田空港など比べ物にならないくらい広く、乗り継ぎのために急いでいる人も大勢いるので、そういう人の存在に慣れない日本人は、ムービングウォークやエスカレーターでは、片側を空けるよう心掛けてほしい。

 

グローバルスタンダードに逆らって、エスカレーターの歩行を禁止する?

ただでさえ外国人に「英語のバリアー」を張っている日本と日本人。

こんなので、2020年東京オリンピックを開けるのか?

東京圏のインフラ整備は必要だけど、言語バリアーを取り除くとか、社会ルールを国際常識に合わせるとか、なすべきことが他にも山ほどあるのではないか。

まして、エスカレーター歩行禁止なんて、時代錯誤も甚だしいルールを取り入れるだなんて、言語道断だ!エスカレーターの存在する意味や理由を理解していないとしか言いようがない。

その証左に、日本のエスカレーターは「昇り」しか設置されていないところが多いでしょう

あと、エスカレーターを歩くことはやっぱり危険だという人は「エレベーター」を利用すればいい。

我が意見への異論、反論、賛意、何でも歓迎する。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2014年12月16日 (火)

NO.943 横断歩道を渡る自転車についての素朴な疑問

素朴な疑問。

私はクルマを運転中、信号のない横断歩道が見えてきたとき、横断歩道を渡ろうとする人がいないかどうかきちんと確認して、歩行者が立っていたら、当たり前だが道路交通法に則り(のっとり)、一旦停止する。

横断歩道は

横断+歩道

つまりは歩道なので、道路交通法云々(うんぬん)以前に歩行者が優先なのである。

自転車から降りて、横断歩道を渡ろうとしている人を発見した場合も同様に一旦停止し、自転車を押して渡り終えるのを確認してから再発車する。

自転車から降りているので、この人も自転車を押す「歩行者」だろう。

ところが、自転車に乗ったまま渡ろうとしている人の場合はどうだろうか?

自転車も「軽車両」、つまりは乗用車などと同じく車両の一部であり、自転車に乗ったままということは、自転車に乗った人は「運転者」である。

横断歩道は、あくまでも「歩行者」のために設けられているのであって「運転する自転車」は、横断歩道を利用する資格がないのではないか?

だから、道路を走る車両のほうが、自転車に乗ったまま横断歩道を渡ろうとしている人に優先すると思うんだけど。

そうは言っても、自転車はマナーが悪い運転をする人が多いので挙動が怖い、怖い(;゚∇゚)

なので、自転車に乗ったままだろうと、下りていようと、横断歩道では必ず一旦停止して横断していただくようにしているけど。。。

みなさんは、どのように思われますか?

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon