新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

美容・コスメ

2017年3月 8日 (水)

NO.1373 地下街の理髪店 

私が大学を出て、博多駅前の会社で働いていたことはこのブログで何度も書いている
その仕事場の昼休みは、ちょうど1時間あった。
 
時には散髪するために、博多駅の地下街にある理髪店で、昼食を抜き昼休み目いっぱいの時間を使い散髪することもあった。
 
おなかは空くけど、残業前に多めに食べればいいやと(笑)
 
ところで、その理髪店の名は、確か「理容ロビン」だったと思う。
 
理容師さんは特に指名制ではなかったと思うけど、私の担当は大概同じ人だった。
 
はじめは他の理容師さんに髪を切ってもらっていても、やがて「いつもの理容師さん」と交代してくれた。
 
この理容師さんの、名前は忘れてしまった。。。
 
ところで私は、理髪店や美容院では「口を開きたくない、しゃべりたくない」タイプだ。
 
しかしながら、ロビンの、この私と同年代の若い理容師とは散髪してもらいながらよく話した。
 
年齢が近かったことと、何よりも「ウマが合った」からだろうか。
 
当時は、現在ほど個人情報に厳しくなかった。
 
お互いの住所を教えあって、年賀状の交換もしていた。
 
果たして、今でも「理容ロビン」はあるのだろうか?
 
インターネットで検索してみた。
 
 
今でもあるではないか!店名も間違っていなかった。
 
ただ、当時私の担当だった理容師さんは他の店に移ったようで、ホームページには掲載されていなかった。
 
とにかく今では「床屋派」から「美容院派」に変わってしまった私だけど、たまには理容店もいいかな、と思った。
 

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年9月24日 (土)

NO.1289 男だって、手入れしたい(。・ω・)

201699301

友人に頼んで、撮らせてもらった彼の「すね毛」の写真だ。

これを見て、気持ち悪いと思う人も多いだろう。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

実は私、「わき毛」の剃毛(ていもう。毛を剃ること)をしている。

そして、「陰毛」の手入れもしている。

そして願わくば陰毛や頭髪を含めて全身の脱毛をしたいと思っている。

だって、毛って、その存在自体が自分でも気持ち悪いし「メンテナンス」が面倒じゃないか。

人間と、サルとの違いは「毛を毛嫌いするか否か」だと私は信じている(笑)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

然るに、身近に剃毛や脱毛をしている男は皆無だ。

先日、大阪のテレビ局制作のバラエティ番組で「お父さんのすね毛が大好きな母娘」の話題が取り上げられているのを見たとき、「我が意を得たり」という光景を目にした。

娘は仕事があり立ち会えないため、日中一人で、すね毛好きの母が、梅田の街中を歩く男たちを一人ひとり捕まえ、ズボンの裾をめくり上げ、その脚の毛を「なでなで」して、亡きお父さん(すね毛好きの母の夫)とそっくりなすね毛を持つ男を探すというものである。

そのバラエティ企画自体は、私にはどうでもよかった。

さすが大阪は都会!

捕まえた男らの中に、すね毛の脱毛、剃毛処理を施した男が数人いたのだ。

もちろん、彼らはすね毛が無いのだからおかんには「興味なし」で即釈放(笑)

こういう連中が東京にいるとは知っていたけど、大阪にもいるんだ。

だったら、私が暮らす田舎にも、少数ながらいるかもしれない。

私の生活において、腕や脚を他人に見せる機会なんて、健康診断と人間ドックくらいではないか?

だから、毛なんて無くても恥ずかしくない。

いや、公衆温泉では目立つかな?

本当はチャレンジしたい全身脱毛は、費用面から厳しそうだから、既に脱毛処理している「わき毛」、形よく手入れしている「陰毛」に加えて・・・いちばん気持ち悪い「すね毛」、それから「腕毛」から脱毛を始めようか。。。

自分では目視できない、背中の毛も気になるな(*^ω^*)

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2015年10月17日 (土)

NO.1152 必死に抗っています(;'∀')

Dsc_0153

男だって、スキンケアするんです!

30代の頃から使い始めて、もう15年くらいになるかな。

アラミスの化粧水と美容液(アンチエイジングローション)だ。

写真の化粧水とアンチエイジング美容液は、いずれもイギリス製て書いてある。

ここら辺では、名古屋の百貨店まで行かないと入手できないとずっと思っていた。

けれども先日、インターネットにアラミスの公式サイトを発見した。

わざわざ名古屋まで行かなくても、ネットで買える。

しかも、ANA(全日空)のネットショッピングモールにも出店していて、ANAマイレージクラブの会員なら購入金額に応じてマイレージも貯まる。

アラミスの化粧水と美容液のおかげで、年齢よりも若く見られるのかどうかは、分からない。

けれども、幸いにしてこのトシになっても顔に小皺(こじわ)が1本もないのは、やっぱり嬉しい。

しかしながら、化粧水と美容液、合わせて1万円を超えるのは痛いな。

※年始に中部国際空港から出国する際に容量オーバーで没収されたのが、写真右側の青色の容器に入った化粧水です。左側が美容液(アンチエイジングローション)。両サイドは、容器が入っている箱です。

■アラミス ラボシリーズ 公式サイトへのリンク(ANAマイレージクラブ会員の方はこちら)
https://www.ana.co.jp/amc/reference/tameru/mileagemall/shop/beauty/aramisu.html

■アラミス ラボシリーズ 公式サイト(上記以外の方はこちら)
http://www.labseries.jp/

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2014年5月27日 (火)

NO.771 リンス、トリートメント、コンディショナー、ってどう違うわけ?

子供の頃は「メリット」のシャンプーを使っていた(笑)

大人になってからは、しばらく男物のブランドのシャンプーを使っていたものの、リンスやコンディショナーの類は使っていなかった。

そして今。

毎年のシンガポールや東京などへの旅行で、ホテルから持ち帰った「(未使用の)ロクシタンのボディローション、シャンプー、コンディショナー、(固形)石けん」を使い、時には職場の女性にあげる。

今は、在庫払拭(ふっしょく)のため、6年前から別居して2年前に離婚した元妻が使っていた、大量に残っている業務用(美容室で使う用)の高価なコンディショナーを使用している。

嫌な思いをしながら(笑)毎日せっせと、この「財産分与」(離婚経験者なら言葉の意味分かるよね)のコンディショナーを使ってるけど、あまりにも残りが多くて、使い切るのにあと2年はかかると思われる。
同じブランドのシャンプーもあったけど、こちらは年明けまでに使い切ったので、いまシャンプーは安物を買って使っている。

ところで、シャンプーでも家庭向け、女性向け、男性向けなど、いろいろある。

まあ、シャンプーは用途とお値段と相談して使うブランドを決めればいいのかなと思う。

別に、男が女性物を使っても問題なかろう。

 

以前から疑問に思っているのは、リンス、トリートメント、そしてコンディショナーの違いが、男の私にはよく分からないということ。

先に書いたように、今はコンディショナーが大量に余っているので、当分これらを買うことはないけれど。

リンスはいかにも女性物という気がするので、決して購入することはない。

トリートメントも、同じく女性物という響きがするから同じかな。

コンディショナー・・・こちらは、高級ホテルにはロクシタンはじめそれなりのブランド物が、男がひとり泊まる場合でもバスルームやシャワーブースにシャンプー、固形石けん、ボディローションと共に置かれている。

もちろん、持ち帰りできる。

せこい話だけど、私は高級ホテルに泊まる際には、常に使いかけのシャンプーやコンディショナー、石けんなどを持参し、それを使う一方で、ホテル客室に置かれているロクシタンなど欧米ブランドのアメニティ類は家に持ち帰り、専ら職場などの女性にプレゼントする。

タダでゲットしたアメニティで相手は喜んでくれるし、こちらも嬉しい(o^-^o)

モノの価値が分からない男どもには、決してプレゼントしないのはもちろんです(笑)

失礼、脱線しました。

それでは、ネットで調べてみましょう。

 

●花王のサイトより
 http://www.kao.com/jp/qa_cate/shampoo_02_02.html

 

どうやらリンスとコンディショナーは髪の表面に保護膜を作ることで髪をケアするもの。

一方でトリートメントとは、髪の内部に浸透して髪の状態を整えるもの。

これは分かった。

でも、今では髪の内部に浸透させ髪質を保つリンスやコンディショナーもあるし、反対にリンスとコンディショナーの効果を併せ持つトリートメントもあると書かれている。

更には、メーカー間でリンス、トリートメント、コンディショナーの定義が異なるとも書かれている。

大ざっぱな意味は分かったけど、どれを選んでもそれほど違いはないようですね。

メーカーによって「定義」が違うとされているので、目的に合った商品かどうか、あらかじめインターネットなどで調べてから、あるいは店頭で店員さんに質問してから購入するのが無難かと。

男の私には、とても難しいテーマでした(^-^;

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2012年6月11日 (月)

NO.231 美容院

日曜日、美容院に行ってきました。

毎度ながら美容院に行くのはおっくうで仕方ない。

頭を洗ってもらうのは気持ちいい、唯一の楽しみかな。

梅雨入り直後の晴天ということで、重い腰を上げ髪を切ってきた次第です。

あー、さっぱりした(笑)

2012年1月28日 (土)

NO.131 肌の手入れ

アンチエイジング。

めんどくさいし、お金かかるけど、毎日スキンケアしています。

化粧水だけじゃなくて、肌年齢の若さを保つために投資しています。

フランスのブランドのを使ってます。

それなりに効果はあるようです。

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon