新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

経済・政治・国際

2017年5月21日 (日)

NO.1410 さらば資本主義

Dsc_92101
資本主義にもいろいろな形態があるけど、とにかくあなたは資本主義、民主主義に賛成ですか?
 
それとも反対ですか?

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2017年5月 3日 (水)

NO.1401 憲法記念日 ~ 科学者と戦争

Dsc_90112_2

科学の軍事化。。。

民生利用の技術には、軍事利用に転化できるものも多い。

科学者が軍事に加担するのは、古代ギリシャ以来のことなのではあるけれど。。。

着実に進みつつあると著者が主張する日本の科学の軍事化。。。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

今日は5月3日、憲法記念日。

改めて戦争と平和について考えてみませんか?

●科学者と戦争(池内 了 著:岩波新書) 780円+税

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2017年4月27日 (木)

NO.1398 独占禁止法

Dsc_90130

この新書本は、同じ著者による、同じタイトルの新版で、旧版は2005年に刊行されている。

写真の新版は今年、すなわち2017年の刊行、帯のとおり独占禁止法に関し、この10年間で大きく変わった点を解説している。

ただ、この本は独占禁止法に馴染みがない方には難解かもしれない。

まず旧版を手に入れて、読了してから新版を読むと、頭に入りやすいだろう。

旧版は、楽天ブックスで手に入れられるので文末下のバナーから購入願いたい。

タイトル「独占禁止法」

著者:村上政博

もちろん新版だけ読んでも、帯のごとくこの10年で大きく変わり、今後10年で大きく変わるものを知ることができる。

今回も例の如く、本を選び、読む楽しみを奪いたくないので本のあらすじすら明かさないようにしている。

これが、中々もどかしいのである(^-^;

●独占禁止法 新版(村上政博 著:岩波新書) 840円+税 

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2017年4月25日 (火)

NO.1397 教育勅語

■教育ニ関スル勅語 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%99%E8%82%B2%E3%83%8B%E9%96%A2%E3%82%B9%E3%83%AB%E5%8B%85%E8%AA%9E

1948年(昭和23年)に廃止されたはずの教育勅語を復活させようとする動きがチラホラと・・・

世間を騒がせた大阪の某学校法人の幼稚園で、園児が園庭でロボットのように規則正しく大声で教育勅語を暗唱し、時の首相にエールを送る行進をする姿をテレビでご覧になった方も多かろう。

教育勅語は、主権在君という、現行の「主権在民の」日本国憲法とは相反する思想に基づいて作られたものだ。

教育勅語の復活が、公教育の場で許されていいのだろうか。。。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2017年4月23日 (日)

NO.1396 フィリピンパブ嬢の社会学

Dsc_91121

この本は、以前ブログに掲載した記事で紹介した本と併せて読むと、フィリピンに対する理解がより一層深まるだろう。

■NO.1384 フィリピン
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2017/03/post-5378.html

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

愛知とその周辺にはフィリピンパブが多い。

中部国際空港からフィリピンの首都マニラへは毎日直行便が飛んでいる。

数年に1度の里帰りに、この飛行機を利用する旅客も多いことだろう。

それはともかく、今回紹介するのは冒頭の写真の本だ。

著者がユニークで、大学でフィリピンパブに興味を持ち、大学院に進学してフィリピンパブ嬢を研究対象にしてしまった・・・さらには、あるフィリピンパブ嬢と恋に落ちて・・・
 
という、まさに「ノンフィクション系社会学」なのだ。
 
これ以上はネタバレになるので書かないけれど、フィリピンパブをとおして、あるいはフィリピンパブ嬢をとおして、今なお貧しいフィリピン社会を知るのにはうってつけの本だと思うので、興味があればぜひ手にして読んでみてほしい。
 

●フィリピンパブ嬢の社会学(中島 弘象(なかしま こうしょう)著:新潮新書)780円+税

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2017年4月19日 (水)

NO.1394 シルバー・デモクラシー

Dsc_91103
 
今回は、敢えて書評どころか本の概要すら一切記さないことにした。
 
帯を読んで想像を膨らませてほしい。
 
シルバー世代に限らず、若者を中心に幅広い世代に読んでほしい一冊である。
 
●シルバー・デモクラシー(寺島実郎 著:岩波新書) 760円+税

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2017年4月17日 (月)

NO.1393 ロシア好きの人々へ

Dsc_0015

今回紹介する本は、やはりシベリア好き、極東好き、ロシア好き、ソ連好きに薦めたい。

換言すれば、これらに関心を持たない方々にはおススメしないということだ。

実はこの本、初版が1974年(昭和49)で、つまりは40年以上前の本なのだけど、今年の2月に、岩波お得意の「アンコール復刊」された。

シベリア研究の「入門書」として、参考テキストになるかもしれない。

あくまでも「アンコール復刊」なので、品切れの際は古書店や図書館で探してほしい。

●シベリアに憑かれた人々(加藤 九ゾウ(かとう きゅうぞう) 著:岩波新書) 840円+税
 ※ゾウは「しめすへんに「乍」」

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2017年4月13日 (木)

NO.1391 クローズアップ現代 国谷裕子キャスター

Dsc_91004
 
1993年(平成5年)から23年間、NHK総合テレビ「クローズアップ現代」のキャスターを務めた国谷裕子さんが、自ら番組制作の裏側、オモテ側を語っているのが本書である。
 
クローズアップ現代が「好きだった人」、将来「キャスターになりたい人」にはぜひとも薦めたい一冊だ。
 
●キャスターという仕事(国谷 裕子 著:岩波新書) 840円+税

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2017年4月 1日 (土)

NO.1385 損する結婚、儲かる離婚

Dsc_0012

「損する結婚」と読んで結婚をためらいながらも、「儲かる離婚」という文字に興味を持つ方々も多いのでは?

幸いにして私は、結婚でも離婚でも損失を被ることはなかったけれども、これは納得という事柄だけでなく、こちらはいかがなものかという、著者とは正反対の意見を持つ個所もあった。

未婚者、既婚者、それから「離婚を考えている人」におススメの一冊だ。

●損する結婚、儲かる離婚(藤沢 数希 著:新潮新書)  740円+税

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2017年3月28日 (火)

NO.1383 日本人の甘え

Dsc_91010

曽野綾子さんは、好きな人、嫌いな人、知らない人、それぞれ大きく分かれるだろう。

それはともかく「嫌いな人の本は読まない」では、視野が偏る危険性があるので、皆さんも好き、嫌いを問わず様々な本を読んでみてはいかがだろうか。

●日本人の甘え(曽野綾子 著:新潮新書) 740円+税

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

より以前の記事一覧

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon