新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

書籍・雑誌

2017年5月25日 (木)

NO.1412 発達障害

Dsc_0001
 
発達障害は、子供だけの病気ではありません。
発達障害と関係すると思われる人へも、そうでない人へも、とりあえず手にしてみることを薦めます
 
●発達障害(岩波 明:文春新書) 820円+税

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2017年5月21日 (日)

NO.1410 さらば資本主義

Dsc_92101
資本主義にもいろいろな形態があるけど、とにかくあなたは資本主義、民主主義に賛成ですか?
 
それとも反対ですか?

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2017年5月15日 (月)

NO.1407 坊主丸もうけ、は本当なのか?

Dsc_90201

あなたは仏教徒ですか。

仏教といえば、お坊さん。

お坊さんは儲かっている、というイメージをお持ちの人は、この本を読めばそれが出鱈目だということを知るでしょう。

だからこそ、全国に「廃寺」が増えている。

著者は九州大学大学院の博士課程を修了した博士(人間環境学)であり、浄土真宗本願寺派の住職です。

宗派が異なっても仏教徒なら大いに勉強になるし、信仰心のない人も向学のために読んでみてはいかが?

●お寺さん崩壊(水月昭道 著:新潮新書) 760円+税

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2017年5月11日 (木)

NO.1405 図書カードNEXT

昨年6月に登場した新しい図書カード「図書カードNEXT」。

こちらの写真は1000円券だ。

Dsc_91006

材質は、厚手の紙。

以前の、図書カードのほうが使い勝手は良かったな。

カードウラ面はこちら。

Dsc_91007

残高照会とかネットでできるみたいだけど、そんな面倒なことをする人がどれだけいるのだろうか?

Dsc_91008

上は、ウラ面右下を拡大した写真だけど、これまでの「図書券」、「図書カード」との違いはこれ。

必要にして十分なまでの期間があるとはいえ、図書カードNEXTには「有効期限」が設定された。

気が付いたら期限切れだった、なんてことがないよう、人から図書カードを貰ったら、さっさと使い切るのが正解だと思うし、私ならそうする。

■図書カードNEXT公式サイト
 http://www.toshocard.com/

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2017年5月 9日 (火)

NO.1404 親の介護をする前に読む本

Dsc_90118

私はこのブログで「読了した本」「未読本」の写真を掲載し、ごく簡単に紹介しているものの、あらすじすら教えない。

それは、ネタバレにより本を読む楽しみをほんの少しでも奪ってしまうことへの懸念と、単にあらすじをまとめるのが面倒だから(笑)

だから今回も同じく、あらすじは書かない。

この本は今年の初めに買った本で、タイトルに興味を持ち購入した。

幸いにして、我が両親は共に病気やケガもせず健康だ。

だからこそ、親が元気なうちに読んでおこうと思って、たまたま楽天ブックスで見つけたこの本を購入した次第だ。

たとえ元気であろうと、両親はいつか老い、そして介護が必要になろうとなかろうと、いつか必ず死ぬ。

せめて子の私が先に死ぬことのないよう、今後とも両親と共に生活していきたい。

再婚?それは条件と時期をはかって考えたい。

↓親の介護をする前に読む本(東田 勉 著:講談社現代新書) 800円+税

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2017年5月 3日 (水)

NO.1401 憲法記念日 ~ 科学者と戦争

Dsc_90112_2

科学の軍事化。。。

民生利用の技術には、軍事利用に転化できるものも多い。

科学者が軍事に加担するのは、古代ギリシャ以来のことなのではあるけれど。。。

着実に進みつつあると著者が主張する日本の科学の軍事化。。。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

今日は5月3日、憲法記念日。

改めて戦争と平和について考えてみませんか?

●科学者と戦争(池内 了 著:岩波新書) 780円+税

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2017年5月 1日 (月)

NO.1400 人生、やめますか?

Dsc_90111

薬物を用いて逮捕される有名人が後を絶たない。

けれども、それは決して有名人に限らずなのだ。

一般人?でも、誘惑に負けて麻薬に手を出して身を滅ぼす者が、実はたくさんいるようだ。

覚せい剤やめますか。それとも人生やめますか。

興味本位でもいいから、ぜひ読んでほしい一冊である。

●薬物とセックス(溝口 敦 著:新潮新書) 720円+税

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2017年4月27日 (木)

NO.1398 独占禁止法

Dsc_90130

この新書本は、同じ著者による、同じタイトルの新版で、旧版は2005年に刊行されている。

写真の新版は今年、すなわち2017年の刊行、帯のとおり独占禁止法に関し、この10年間で大きく変わった点を解説している。

ただ、この本は独占禁止法に馴染みがない方には難解かもしれない。

まず旧版を手に入れて、読了してから新版を読むと、頭に入りやすいだろう。

旧版は、楽天ブックスで手に入れられるので文末下のバナーから購入願いたい。

タイトル「独占禁止法」

著者:村上政博

もちろん新版だけ読んでも、帯のごとくこの10年で大きく変わり、今後10年で大きく変わるものを知ることができる。

今回も例の如く、本を選び、読む楽しみを奪いたくないので本のあらすじすら明かさないようにしている。

これが、中々もどかしいのである(^-^;

●独占禁止法 新版(村上政博 著:岩波新書) 840円+税 

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2017年4月23日 (日)

NO.1396 フィリピンパブ嬢の社会学

Dsc_91121

この本は、以前ブログに掲載した記事で紹介した本と併せて読むと、フィリピンに対する理解がより一層深まるだろう。

■NO.1384 フィリピン
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2017/03/post-5378.html

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

愛知とその周辺にはフィリピンパブが多い。

中部国際空港からフィリピンの首都マニラへは毎日直行便が飛んでいる。

数年に1度の里帰りに、この飛行機を利用する旅客も多いことだろう。

それはともかく、今回紹介するのは冒頭の写真の本だ。

著者がユニークで、大学でフィリピンパブに興味を持ち、大学院に進学してフィリピンパブ嬢を研究対象にしてしまった・・・さらには、あるフィリピンパブ嬢と恋に落ちて・・・
 
という、まさに「ノンフィクション系社会学」なのだ。
 
これ以上はネタバレになるので書かないけれど、フィリピンパブをとおして、あるいはフィリピンパブ嬢をとおして、今なお貧しいフィリピン社会を知るのにはうってつけの本だと思うので、興味があればぜひ手にして読んでみてほしい。
 

●フィリピンパブ嬢の社会学(中島 弘象(なかしま こうしょう)著:新潮新書)780円+税

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2017年4月21日 (金)

NO.1395 裁判の非情と人情

Dsc_91104

元裁判官が書いた本だ。

この本を読むと、時には死刑判決を下す裁判官も、ひとりの生身の人間なんだなと思わずにはいられなくなる。
 
法曹界を目指す人だけでなく、裁判所の実情を興味本位で知りたい人にもぜひ薦めたい一冊である。

●裁判の非情と人情(原田國男 著:岩波新書)760円+税

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

より以前の記事一覧

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon