新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

映画・テレビ

2017年7月29日 (土)

NO.1427 君の名は。を観て。

昨年、全国各地で上映された「君の名は。」

ヒット作だから興行終了後Blu-ray化されるだろうと、スクリーンでは映画を観なかった。

そして先日、お値段は決して安くはない、事前予約していたBlu-rayディスクが届いた。

32239430020_2

本編1、特典映像2のディスク3枚組のプレミアム版だ。

特典映像は後回しにして(結局見ずじまいのことも多いのだが・・・)、リビングが1人になる時間に本編を5.1サラウンドをセットして大画面テレビで観てみた。

ジブリを超えた等々、呼び声高い作品だったけれども、私は「ジブリを超えた」とは思わなかった。

ストーリーには触れない。

ただ、精緻な描写はジブリに似ていなくもないが、ジブリ物と違い「本物そっくり感から伝わる迫力」に欠ける気がした。

もっとも「君の名は。」はジブリ映画ではないのだから、ジブリ物と比較することがナンセンスだとは思った。

これが新海映画の作風なのだろうか。

「君の名は。」は、これはこれで面白い作品だ。

新海監督の次作に乞うご期待、といったところか、私の感想は。。。

2017年4月13日 (木)

NO.1391 クローズアップ現代 国谷裕子キャスター

Dsc_91004
 
1993年(平成5年)から23年間、NHK総合テレビ「クローズアップ現代」のキャスターを務めた国谷裕子さんが、自ら番組制作の裏側、オモテ側を語っているのが本書である。
 
クローズアップ現代が「好きだった人」、将来「キャスターになりたい人」にはぜひとも薦めたい一冊だ。
 
●キャスターという仕事(国谷 裕子 著:岩波新書) 840円+税

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2017年1月23日 (月)

NO.1351 やっぱりジブリは強い

この秋冬シーズンは、観客動員数でジブリ系以外のアニメ映画「君の名は」が多くの人気を集めた。

それから、やはりジブリとは繋がりのないアニメ映画「この世界の片隅に」がジワジワと人気を伸ばした。

「君の名は」は、「千と千尋の神隠し」には及ばなかったが、歴代のジブリ系映画の観客動員数を上回った。これは「数字の上では」快挙だろう。

「この世界の片隅に」は、上映館が少ない。つまり爆発的な観客動員数を狙った映画でないことは容易に推察できる。それでも、私が旅先で観たシネコンでは満員御礼の大盛況だった。

■NO.1342 この世界の片隅に、を観ました。
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2017/01/post-87bd.html

最近、アニメ映画=ジブリ、特に宮崎駿監督という構図が続いてきた。

ところが、ジブリの巨匠ともいえる高畑勲監督、宮崎監督とも、もはやご高齢で長編映画を期待するには無理がある。

2013年に上映された、両巨匠最後の長編作品と思われる「かぐや姫の物語」(高畑監督)、「風立ちぬ」(宮崎監督)は、主要ターゲットとする観客層がぼやけたせいか、両作品とも人気がなかった。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

やはり宮崎駿監督は、子供を主要ターゲットとした作品が後世に引き継がれていくと思う。

「となりのトトロ」、「崖の上のポニョ」とか。

高畑監督の作品は、それよりは大人向けの作品だろうか。

「火垂るの墓」(子供と一緒にぜひ見てほしい)、「おもひでぽろぽろ」・・・

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

今冬シーズンの「この世界の片隅に」は、すぐにでも観たかったのでシネコンで観たけれども、昨年秋から大ブームを巻き起こした「君の名は」は、イマイチ足がシネコンへ向かわない。

というよりも、白状すれば「君の名は」のBlu-rayが予約発売されたならば、速攻で予約し、手に入れたら自宅で繰り返し観てみたい。

そして映画の評判が「かさ上げ」されたものでないかどうか、この眼で確かめてみたい。

特典映像にも興味あるし。

「この世界の片隅に」は、Blu-ray化、あるいはDVD化されるか分からないけれども、

もし発売されたなら購入したい。
 
こちらは「君の名は」のように映画を「評価」するというよりも、手元に置いて観たいときに観る、そのために買いたいのだ。
 
私の中で「君の名は」の評価は定まっていないけれども、「この世界の片隅に」は、高畑勲監督の「火垂るの墓」とは別個の、戦争アニメ映画として高く評価している。
 
とにかく、日本のアニメ映画は品質が高いと言われているけれども、CGの導入以来、画面はきれいになったけれども、ストーリーはイマイチの駄作が増えたような感がある。
 
その点、昭和末期から平成初期にかけてのジブリ映画、具体的には「魔女の宅急便」、「おもひでぽろぽろ」あたりまでは、完成度の高い作品が多かった。
 
「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」は、何でヒットしたのか、少なくとも作品からは想像できない。
 
鈴木敏夫プロヂューサーの功績が大きいのだろう。
 
アニメ作品も含めて、映画界は広告、宣伝と、作品の内容以外で勝負する世界になった。
 
子供をターゲットにし、見事に子供の心をつかんだ「崖の上のポニョ」。
 
これは、例外的にヒットしたし、私の好きな作品のひとつでもある。
 
いずれにしても、「君の名は」はまだ観ていないから伝聞による推測に過ぎないものの、「この世界の片隅に」にしても、ジブリ映画が得意とする「子供を引き付ける魅力」には欠ける作品だと思う。
 
だからこそ「君の名は」の大ヒットの不思議さを、映画を観ることで自分なりに考えてみたい。
 
いずれにしろ、ジブリ映画のように世代を超えて継がれていく邦画アニメ映画のクリエイターの登場が待ち遠しい。
 
この監督には、期待できそうだと私は思っている。
 
■NO.1285 ジブリの救世主~種田陽平
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2016/09/post-de30.html
 
■NO.1157 【11月8日まで開催】ジブリの大博覧会&サツキとメイの家に行ってきました
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2015/10/post-948f.html
 
 
゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
 
それにしても、ストレスフルな日々が続いている。
 
トトロに、癒されたいな(*^-^)

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2017年1月 5日 (木)

NO.1342 この世界の片隅に、を観ました。

去年の秋から話題になっている邦画アニメ映画といえば「君の名は。」だろう。

ジブリ映画の各作品の観客動員数を次々に塗り替えている。

さすがに、日本国内で歴代ナンバーワンの観客動員数を誇る2001年上映の宮崎駿監督作品「千と千尋の神隠し」を追い越すことはないとは思うけどね。

それにしても「君の名は。」にしろ「千と千尋・・・」にしろ、私は映画の観客動員数や評価は「バブル」だと思っている。

同じジブリ系アニメ映画なら、千と千尋・・・よりも、1988年上映の高畑勲監督作品「火垂るの墓」(ほたるのはか)のほうが、はるかに質が高い。

作品の内容もさることながら、CG(コンピューター・グラフィックス)などろくに無かった昭和時代に、あれだけ実写そっくりのリアルな描写を「火垂るの墓」で見せつけられて仰天した。

しかも、高畑監督は「火垂る・・・」で神戸大空襲を描く際に、本物のアメリカ爆撃機の編隊が辿った(たどった)コース、どの方角から神戸市上空へ侵入、どの方向へ去ったか、空襲当日の気象条件まで文献調査や被災者の聞き取りなどにより入念に調べ上げ、そのとおりに映画で表現したというではないか。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

さて、私が映画観賞に振り向ける予算も限られる中、大人気の「君の名は。」はいずれブルーレイ化されるはずだし、そうなれば即予約購入するから、年末、「君の名は。」に隠れながらもジワジワ人気を上げている邦画アニメ「この世界の片隅に」をシネコンへ観に行った。

孤独に観に行ったけれども、映画って子供連れを除き元々孤独に観るものだろ?

違うのか(笑)

Dsc_99585

写真の障がい者割引、という文字を羨ましがらないでほしい。

私と同じ病気になれば、その苦しみが分かるだろう。

この程度の対価を受けて何が悪い。

それ以上の時間とお金、気苦労が我が病にはかかっているけれども、禅問答にでもなったらややこしいのでこれ以上は控える。

それから、プライバシー保護のために写真で黒塗りした箇所が多くて申し訳ない。

上映期間が長い秋映画「君の名は。」の勢いはさすがに落ちてきたようだけど、そうでなくとも冬シーズンに封切された「バイオハザード」や「妖怪ウォッチ」などの人気映画に押されてか、「この世界の片隅に」に割り当てられたスクリーンは座席数が少ない。

この冬休みは、そこそこ人気の映画が多くて、人気が「意外にも伸びた」この映画を、今更別の座席数が多いスクリーンに変更するのは無理なのだろう。

映画を観た当日は満席だった。

だったら、上映回数を増やせばいいのにとも思ったけど、空きスクリーンもないのだろう。

太平洋戦争時の広島県呉市を描いた、どちらかというと子供受けしない「かもしれない」アニメ映画だったということで、客層は成人ばかり、それも私を含めて中高年が多かった。

映画の内容はネタバレになるので伏せるけれども、戦争の残虐性だけでなく「火垂るの墓」とも違った「優しさ」を随所に感じた。

私は、正月映画では「君の名は。」よりも「この世界の片隅に」を推したいけれども「君の名は。」を観ていないのでこればかりは何とも言えない。

いずれにしても、皆さんにぜひとも勧めたい作品だ。

どんな逆境に晒されても光り輝く主人公が、とても印象的だった。

そして広島、呉を訪ねたくなった。

■この世界の片隅に 公式サイト(リンク切れの可能性あり)
 http://konosekai.jp/

■この世界の片隅に ウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%93%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E7%89%87%E9%9A%85%E3%81%AB
 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年11月 3日 (木)

NO.1309 ジブリの仲間たち

今日は、本の紹介です。

ジブリの仲間には、多くの裏方、いや「仲間」が関わっていて、その人たちのおかげもあってジブリの大作が次々に作られていることを知ることができる本だ。

これ以上は、例によってネタバレになるので、中身には触れない。

けれども、面白い話が盛りだくさんだ(^へ^

2016090191

●ジブリの仲間たち(鈴木敏夫 著: 新潮新書)840円+税

せひ、下のバナーから購入してほしい。

送料無料です↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年10月 6日 (木)

NO.1295 ぼくのおじさん

Dsc_0096_2
↑今から30年前、高校生の時に読んだ本だ。
 
なんと、この本が映画化されることになった!
 
11月3日封切り。
私は、著者故北杜夫(きた もりお)の大ファンなので、当然観に行く。
たぶん名古屋まで行くことになるだろう。
あいにく近所には上映予定館がないので。
北杜夫は、芥川賞作家すなわち純文学作家なのだが、没後5年の今でも純文学よりも「マンボウ物」で知られるエッセイや童話など軽い作品のほうが世に知られているようだ。
とにかく、11月3日の封切りが待ち遠しい。
 
■映画『ぼくのおじさん』公式サイト

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年7月 8日 (金)

NO.1271 NHK受信料を払え!

総務省がNHKの受信料を見直す議論に乗り出した。

様々な案が検討されているようだ。

けれども、インターネットの普及により受信料を払わなくても、パソコンやスマホなどのネット端末でNHKを視聴できることから、これは受信料負担の公平性に反するとして、テレビを持たない家庭にもNHKの受信料を負担させる案が有力とのこと。

そのモデルとなっている国が、ドイツ。

ドイツでは、国営放送の受信料を税金化しており、テレビやネット端末の有無に関係なく、原則として全ての世帯が公共放送の受信料を払う義務がある。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

私は、この案に原則賛成だ。

NHKの放送にスクランブルをかけ、受信料を払う世帯のみスクランブルを解除してNHKを視聴できるようにする、という考え方もあるだろう。

私も、以前はこうすべきだと思っていた。

けれども、これではNHKの視聴者に「偏り」が生じる可能性がある。

これでは、公共放送とは言えない。

企業スポンサーが支える民放と違い、NHKは(様々な議論があることはさておき、)受信料を払う国民が支える公平、中立な放送局なのだ。

税方式にする場合、いかにして受信料を集めるのかは難しい面もあろう。

それにしても、元々テレビを見ない層はともかく、「受信料を払わずにNHKにタダ乗りする奴ら」には本当に腹が立つ!

だったら、NHKを見ないからなんてうそぶく連中は、国外に脱出してもらいたいわ!

様々な意見を持つ国民が受信料を払うことで、NHKの公平性、中立性が保たれる仕組みをもっと研究してほしい。

とにかく受信料の徴収漏れがないよう、NHKには頑張ってほしい。

くれぐれも、時の政権の宣伝放送局なんて言われることのないように・・・

※受信料の支払いが苦しい世帯向けには、現在でも設けられている減免措置を拡充すればいい。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年12月27日 (日)

NO.1190 料金高過ぎ!衛星放送受信料金

私はNHKをメインに視聴しているから、まだマシかもしれない。

けれども、視聴するのは専ら地上波。

衛星放送は、NHKだけでなく民放各局も、滅多に観ることはない。

それなのに、受信設備があるというだけで、受信料を払わねばならない。

■NHK受信料の窓口
 http://pid.nhk.or.jp/jushinryo/

地上波しか視ないからといっても、我が家のテレビはNTT西日本が提供するサービス、フレッツ・テレビに加入しているので、衛星チャンネルも視られちゃう。。。

だから、衛星契約にしないといけない。

既述のリンク先にあるとおり、衛星契約は、地上契約と比べ月あたり千円ほど高い。

だったら、もっとNHKの衛星放送で、面白い番組を流してほしい。

正真正銘の「全国放送」ならではの企画が、ないものだろうか。

各新聞社も悪い!

衛星放送は、番組欄が小さく見づらい。

テレビ製造メーカーも悪い!

テレビの「番組表」機能が、使いづらい。

新聞の番組欄のほうが、はるかに見やすい。

番組表、それからリモコンの使い勝手を改良してほしい。

家計を切り詰めてみると、月額に換算して2千円程度のNHK衛星契約受信料の高さが際立つ、といえば大げさかもしれない。

だけど、2千円あれば雑誌をあと2誌、購読できる。

確か「ネットで注文しポストへ返却する」システムのレンタルDVD会社の月額料金も、2千円程度ではなかったか?

とうの昔に退会してしまったので、料金は忘れちゃったけど。

いろいろ考えると「現状維持」は仕方なさそうなので、視聴者から徴収した受信料を、もっと有効に使ってほしいと願うばかりだ。

民放と違い「国民がスポンサー」なのだから、全ての「受信料納付者」が満足できる番組編成にしてほしい。

いつの間にやら、衛星契約への文句が、

地上波を含めてのクレームになっていた(^-^;

失礼しましたm(__)m

 

放送法に基づき、テレビ番組受信機器をお持ちの方は原則として、スマホやガラケー、カーナビのワンセグ放送を含めて、NHK受信料を払わなければなりません

■放送法(国のサイト:第六十四条に、受信契約及び受信料にかかる記載があります)
 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25HO132.html

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2015年6月10日 (水)

NO.1086 【再掲】猿の惑星 & 小豆島

円安のおかげで海外旅行が高くつくため、夏休みの家族旅行は国内にしようと考えている人たちも多いのでは?

ここに3年前のゴールデンウィークに訪れた、小豆島の記事を再掲します。

参考になれば幸いです。

 

■NO.156 猿の惑星 & 小豆島
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2012/03/post-a2f6.html

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2015年5月 1日 (金)

NO.1048 【地域限定】地上波で英BBCニュースを視聴できるんです

もうかなり前の話になる。

以前我が家では、ケーブルテレビで多チャンネル放送を視聴していた。

多チャンネル、といってもショボイ数のチャンネルだったし、ほとんど興味のない番組ばかり。

数少ない多チャンネル放送?の中でも私のお気に入り番組は、いわゆるナショジオと、イギリスのBBCワールドニュース。

ところがある日、BBCの電波を流すのを止めるとの通知がケーブルテレビ会社からあった。

極端な話、BBCを視るためにオプションで多チャンネル放送を契約していたようなものだったので、早速ケーブルテレビ会社に抗議した。

まあ、埒(らち)のあかない回答だったので、ケーブルテレビの「解約」を検討することにした。

我が家はインターネットを使うためにNTTの光ファイバー「フレッツ光」を引いていて、その他デジタルの固定電話回線も引いていた。

この機会にNTTの「ひかり電話」、「フレッツテレビ」、それから「スカパー光」にサービスを切り替えようと思い立った。

いずれもインターネットの光ファイバーを使って提供されるサービスである。

我が家の固定電話は「ひかり電話」に対応していた。

固定電話はほとんど使用しない「お飾り」と化しているので、「ひかり電話」に切り替えて料金を節約できるのはありがたい。

「フレッツテレビ」は地上波とBSが映る。やはり光ファイバー経由のサービス。

CS放送を観るためには、追加で「スカパー光」に申し込む必要があった。

スカパー光のチャンネルをチェックすると、アメリカのニュースチャンネル以外にBBCもあった。

いろいろ下調べしたうえで、ケーブルテレビを解約し、固定電話加入権を「休止」して、フレッツテレビ&スカパー光と、ひかり電話とに切り替えた。

ところがスカパー光、チャンネル数が多いのは嬉しいけど、それらを視聴する時間がない。

費用対効果を考えて、加入後1年でスカパー光だけ解約した。

こうして、大好きなBBCニュースを視られない時期が始まった。

 

ある日、インターネットで何気なくBBCの日本語サイトをチェックしてみた。

すると、地元の「三重テレビ」が、サブチャンネルで平日夕方その他にBBCワールドニュースを流しているのを発見した!

時間帯からして生放送は視られないので、録画を視ることにした。

こういうニッチなところを突いてくる三重テレビ、気が利いてるな(^ ^♪

 

■BBCワールドニュース
 https://www.bbcworldnews-japan.com/

■BBCワールドニュース 視聴方法
 https://www.bbcworldnews-japan.com/watch/

■三重テレビ
 http://www.mietv.com/

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

より以前の記事一覧

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon