新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

恋愛

2017年4月23日 (日)

NO.1396 フィリピンパブ嬢の社会学

Dsc_91121

この本は、以前ブログに掲載した記事で紹介した本と併せて読むと、フィリピンに対する理解がより一層深まるだろう。

■NO.1384 フィリピン
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2017/03/post-5378.html

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

愛知とその周辺にはフィリピンパブが多い。

中部国際空港からフィリピンの首都マニラへは毎日直行便が飛んでいる。

数年に1度の里帰りに、この飛行機を利用する旅客も多いことだろう。

それはともかく、今回紹介するのは冒頭の写真の本だ。

著者がユニークで、大学でフィリピンパブに興味を持ち、大学院に進学してフィリピンパブ嬢を研究対象にしてしまった・・・さらには、あるフィリピンパブ嬢と恋に落ちて・・・
 
という、まさに「ノンフィクション系社会学」なのだ。
 
これ以上はネタバレになるので書かないけれど、フィリピンパブをとおして、あるいはフィリピンパブ嬢をとおして、今なお貧しいフィリピン社会を知るのにはうってつけの本だと思うので、興味があればぜひ手にして読んでみてほしい。
 

●フィリピンパブ嬢の社会学(中島 弘象(なかしま こうしょう)著:新潮新書)780円+税

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年1月17日 (日)

NO.1196 今日は離婚記念日です(^-^;

今日は阪神・淡路大震災が発生してから丸21年の日なんだなとは思いながらも、これについては、特に書き連ねることがない。

その後に起きた数多の災害、そして東日本大震災共々、災害を風化させてはいけないと戒めるばかりである。

そんなことを考えていたら、ふと「今日で、離婚して丸4年」だということに気がついた。

今から4年前。

離婚届の紙切れをファミレスで記入して署名捺印し、二人で市役所に出してサヨナラして元妻は彼女の実家へ引き揚げた。

その後、何度か荷物を我が家に取りに来たものの、それ以来会っていない。

彼女の勤務先は、実は我が家のすぐそばだったけど、それから転勤したのかどうかは知らない。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

元妻は公立中学校の教員だ。

教鞭をとるだけでなく教材研究に生徒指導、会議、不登校対応、その他雑務、極めつけは土日も潰れるクラブ活動・・・多忙を極める教員という職業には今でも同情する。

もちろん今でも、多忙な彼女には同情する。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

反面、我が家庭を破壊した学校という職場を呪いもする。

私も、病に倒れるまで毎晩遅くまで残業していた。

それでも「私のほうが、若干早く帰宅する」ために、家事は全て私がこなしていた。

共に帰宅が深夜に及ぶときは、外食していた。

B級グルメブームとやらで、当時通っていた薄汚い某店が、今ではすっかり有名になり、そして小奇麗な店に建て替わったのは皮肉なものだ。

ところで家事といえば、ここには書けないような、もしそれを書いたなら、女性読者を全て失うような「あるものの面倒な洗濯」まで私が担っていたのだ(汗)

いちいち染み抜き用の強力洗剤をネット通販で購入して。。。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

話は4年前の離婚日に戻る。

私たちは円満と言えるかどうかはともかく、お互い納得したうえで財産分与した。 夫婦で築いた共有財産について、土地家屋などはローンと共に私が引き継ぎ、マイカーは、元妻が通勤に必要不可欠なため引き取った。

その他、分け難いものは基本的に「購入者=所有者」として財産を分けた。

離婚したのが4年前の今日だといっても、実はそれよりもさらに数年前に彼女は実家へ戻り別居状態が続いていた。つまり、今から遡ること7年半前くらいだろうか。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

離婚届を出す少し前、私は東京の女性と交際を始めた。

ところが。。。

「(何でも揃う都会の)東京以外での生活なんて想像もできない」

他の条件をクリアできても、さすがの私も職を捨てるわけにいかないため、半年余りでこの関係は破たんした。

(東京駅まで20分のところに住む人間と、名古屋駅まで20分のところで暮らす私とのギャップは、あまりにも大きかったというわけ)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

私の苦難は続く(^-^;

私のブログの読者は西日本を中心に全国にいるが、関西在住の、ある女性読者についての話。

女性は夫から度重なるモラルハラスメント(モラハラ)を受け続けていた。

私が離婚して半年経った頃、女性は、当時居住していた大阪府堺市の居宅から子供を連れて逃亡し、離婚調停を起こした。

※子供は自らの意思で母親に付いてきたそうである。当たり前だけどね。

キチガイじみた夫は、私が綴っていたブログを曲解し、あろうことかこの私を女性の「交際相手」と決めつけ、探偵を送ってきやがった。

探偵など一喝して追っ払うとともに警察に届け出た。

夫に手のうちを明かさぬよう詳細は一切伏せる。

その後、この女性から迷惑をかけたお詫びの連絡があった。

その際に聞いた話では、当初から弁護士を頼んで臨んだ離婚調停は不成立に終わり、裁判は「別居のまま婚姻継続」という内容で和解したそうだ。

なお、裁判用語の和解とは「仲直り」を意味しない。

別居期間が長期間に及べば、それ自体が「婚姻状態の破たん」という新たな離婚理由になることは読者もご存じかと思う。

(負けるが勝ち)

結局は、この夫婦は再度の離婚裁判で離婚することになるのだろう。

提訴理由が異なれば、再度裁判を起こすことができ、判例では別居期間は長ければ長いほど離婚裁判は勝訴する確率が極めて高くなる。

それから婚姻期間が長引くほど、(離婚成立まで毎月負担義務が生じる)婚姻費用の負担など、夫の金銭的損失は大きくなるのに、まあ愚かなことである。

この男は、大阪人のくせにお金の勘定もできない大馬鹿なのか?

それとも「お金の問題ではない」と言ってのけるほどの資産を持っているのかね(^へ^)?

とても、そのようには思えないことは「ショボイ探偵」を、しかも1人しか送ってきたことでよく分かる。

テレビ番組の「探偵ナイトスクープ」に登場するタレント探偵以下だった(笑)

私が探偵社を頼るなら「まともな探偵を」最低でも2人用意するね。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

とにかく、恋愛というのは面倒くさい。

少なくとも言えることは、パートナー同士は「支え合う」ものであって、一方が他方に依存しずぎたり、貶め(おとしめ)たりしてはいけない、ということである。

ところで今の私は?

諸々、様子見の段階です、としか言えません。

あとは、ノーコメントです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年1月10日 (日)

NO.1195 もらったプレゼントは忘れないけど、渡したほうはどうだろう?

私は、昔交際していた女性たちからのプレゼントや、離婚した元妻からの贈り物を今でも使っている。

こういうのって「新たなパートナー」は大概嫌がると思っていた。

ところが、意外と「そのまま使えば。残せば」というパートナーが多い(;'∀')

実際のところ、どうなんだろう???

人それぞれだとは思うけど。。。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ところで、プレゼントって、恋愛とかに関係なく、子供も含めて

「プレゼントをもらった方は、ずっと覚えている」

一方で、

「プレゼントを贈ったほうは、誰に何を贈ったか忘れてしまうこと多々ある」

皆さんは、いかがでしょう?

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2014年7月31日 (木)

NO.837 男女間に「恋愛感情のない友情」は生まれるか?

これは、永遠のテーマでしょうね。

よく、「友達以上、恋人未満」なんて言うけど、これもつまり、お互いに恋愛感情があるということでしょう。

そして、アンケートを取ると、この永遠のテーマに対して、肯定する考えと、否定する考えが見られ、大げさに言えば世論を真っ二つに割っていると思われる。

私の考えを申せば、男女間に「恋愛感情のない友情は成り立つ」と思う。

ただし、男はしょせん動物のオス。

なので、これがずっと続くかどうかは、分からない。

他方で、恋愛感情でなく、姉が弟を、兄が妹をみるような目で接することは、大いにあるでしょう。

俗にいう恋愛感情に思えても、それは弟や妹に対する「世話焼き」みたいなものが多いのではないかということ。

まあ、世間サマの目線は厳しく、勘違いしやすいから、誤解のないように振る舞ってください。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2014年5月23日 (金)

NO.767 リベンジポルノ(復讐ポルノ)による、わいせつ画像の流出

こんな事件が起きるようになったのも、フィルムカメラ時代からデジカメの世になったからだろう。

昔は、ワイセツな画像を撮影しても、フィルムを現像に出す必要があったから、自宅に暗室があるなど、自分で現像できない限りワイセツ写真をプリントするのは事実上不可能だったからね。

ところが、デジカメなら誰でもワイセツな写真を撮れるし、パソコンなどで見られる。

「2人だけの秘密」の、みだらな写真を撮って楽しむことができるようになった。

ところが、別れ話が持ち上がると、パートナー、その多くは男がこのワイセツ画像を使って、別れ話を留めようとするわけである。

「俺と別れるなんていうなら、この写真をネット上にばらまくぞ」と。。。

実際に、こういう被害に遭っている女性は多く、特に中高生など未成年の女子が被害に遭っているとのこと。

一度インターネットにわいせつ画像が流出したら、次々にコピーされるので、それを消し去るのは、実際には不可能である。

脅迫や、わいせつ画像流出などの悪事が見つかれば、そいつは逮捕される。

でも、インターネットに自分の裸体、そしてわいせつな画像を流された女性の傷を癒すのは不可能だろう。

こういう卑劣な奴らは、死刑に処すべきだと思うけど、いかが思われますか?

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2014年4月19日 (土)

NO.733 理想と現実 ~こんなはずではなかった・・・

中高生になって、彼氏ができただのと、カノジョができただのというレベルなら、可愛いもの。

でも、20代になると(たとえ学生であっても)、結婚を意識して付き合うカップルもいるでしょう。

結婚を意識する、しないにかかわらず、交際当時はお互いに相手を「異性」として意識しているでしょう。

多かれ少なかれ、緊張感を持って相手と接するのでは?

ところが結婚すると、互いに「正体」を現し、豹変(ひょうへん)する。

 

 こんなはずでは、なかった。。。

 

イケメンだって、カワイコちゃんだって、しょせん「人」という種類の「動物」。

汚いもの、見たくもないものが同居生活で見えてくるようになる。

やがて、カップル間の緊張感もなくなり、中には相手を異性と考えることがなくなり、単なる「同居人」としてしか、考えられなくなる人たちも出てくる。

あるいは、家庭内暴力(ドメスティック・バイオレンス(DV))、モラルハラスメント(モラハラ)が発生するカップルもいる。

つまりは恋愛感情が無くなる、あるいは倒錯した恋愛感情に陥る、ということ。

もちろん、多くのカップルが、恋愛感情を持ち続けて夫婦生活を送り続けることしょう。

でも、ある調査によると、日本人の1回あたりの「夜の営み」の平均所要時間は15分。

頻度は、年間50回ほど(記憶違いかもしれない。もっと少なかったかもしれない)。

諸外国と比べても、はるかに時間が短く、頻度も少ない。

週に1度、たったの15分では、多くの女性は満足しないと思いますよ。

男の自己満足に終わっているのでは?

中には、所要5分という回答もあって仰天しました。

夜の営みのすれ違いは、離婚の原因になりますよ。

国際結婚する日本人女性が多い理由のひとつとして、外国人の男のほうが、何かと優しいというだけでなく、夜の営みでも外国人の男のほうが、自分を大事にしてくれると分かったのでしょう。

だって、反対に日本人の男と欧米の女性とが国際結婚するというパターンは、ずっと少ないよね。

日本人の男はもう少し、いろんな世界の「夜の勉強」をした方がいい。

これ以上書くと、私が誤解され、変態扱いされかねないので控えるけど、まじめに書いた記事です。。。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2013年6月28日 (金)

NO.504 死にたいと思う前に、考えてほしいこと。

いじめを苦に自殺とか、後遺症が治らないから自殺とか、ニュースで聞くたびに辛い気持ちになる。

でも、大変失礼な言い方、人権侵害だと言われても仕方のない言い方をすれば、この方々は、自ら意志を固めて「決断」した。

もちろん、本人にしか分からない苦しみから解放されるには、それしか方法がなかったのかもしれない・・・

一方で、同じ世には、ガンが全身に転移し、もはや余命数か月という方々もいる。

この方々の中には、おそらくは1日でも長く「生きたい」と思っている方もいるはず。

私は、ガンに罹ったら、病院のスタッフに強力な鎮静剤と麻酔薬で殺してほしいと願っているけど、実際にガンを発病したら、「生きること」に執着する気もする。。。

とにかく、自分では、生死の選択ができない人たちが世の中に少なからずいるのです。。。

「死にたい」という願いは、本人の選択によって希望が叶えられます。

ところが、末期がん患者の「生きたい」という願いは、叶うことがないのです。

早く、エンディングノートを買わないと!

※以前、ブログで残した遺言?は、変わらず有効です。

私は、葬式もお墓も要りません。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2013年1月19日 (土)

NO.362 すきま風

「風通しのよい職場を作ろう!」

「うちの会社は、風通しがよくない・・・」

風通しを良くすることは、家の中でも職場でも大事なこと。

でも、困った風もある。

すきま風

これは、要注意ですよ。

特に、夫婦やカップルの間では。

繰り返すけど、風通しを良くするのは大事。

でも、すきま風が吹き始めたら・・・

早めに対処してください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

2012年11月14日 (水)

NO.325 御守の効果を信じますか?

今年の元旦に伊勢神宮へ初詣に出かけました。

御守を授かってきました。

「外宮(げくう)」「内宮(ないくう)」それぞれで。

Dsc01731

「開運鈴守」各1000円。

裏には、それぞれ「外宮」「内宮」の文字があります。

Dsc01732

伊勢神宮は日本の最高格の神社です。

なので、正式名称は伊勢神宮ではなく、シンプルに「神宮」。

当然ながら、御守にも、伊勢神宮とは書かれていないのですよ。

外宮、内宮と書かれているだけです。

交通安全や学業成就の御守はお伊勢さんにあるけど、恋愛成就はないです。

恋をしている方は、開運鈴守で恋が成就できるといいですね。

皆さんは、御守の効果を信じますか?

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

2012年10月21日 (日)

NO.317 結婚したい人へ

離婚した後に読んだ本です。

2012102411

未婚の方、バツ〇の方、結婚したいならとりあえず読んでみて損はないと思う内容です。

但し、内容的に私は「R18指定」を自主的にかけます(笑)

世の中、いろんなところに不思議な世界がいろいろあるものです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon