新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

学問・資格

2017年6月15日 (木)

NO.1420 新訂版 日本のシンガポール占領

随分前のことだけど、ようやく、この本を読み終えた↓
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2016/09/post-d849.html

お金と時間とがないので、今年もシンガポール渡航は無理そう。

以前は毎年のように訪ねていたシンガポール。

既に2年半もシンガポールはご無沙汰だけど、これが3年、4年と延びようとしている。。。

観光目的で行っているわけではないから、ぜひ再訪したいんだけどな。

(飽きてしまった、というのも正直あるけど、まだまだ現地で勉強したいことがあるし・・・)

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2017年2月28日 (火)

NO.1369 電卓

Dsc_0042_2

四則演算を身につけた、小学校高学年の児童が電卓を使うことは、果たして悪いことなのだろうか?

私は、小学2年生の頃から、算数の宿題で電卓を使用していた。

決して、手計算ができなかったからではない。

このほうが、効率的だからだ。

家庭学習の時間を節約できる。

学力が身に付かないから電卓に頼らずに手計算で解きなさい!なんて、根拠のない単なる精神論だと思う。

この私の考え方のほうが、ひょっとしておかしいのだろうか?

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2017年1月21日 (土)

NO.1350 ナチスに関する本を読みました。

Dsc_90207

岩波文庫、岩波新書は、時々絶版本を「アンコール復刊」してくれる。

ありがたいことだ。

さすが、岩波!だと思う所以(ゆえん)である。

写真の本も随分前にアンコール復刊され、早速購入したものの、積読本(=つんどくぼん。いわゆる未読本のこと)として我が家の書棚に放置していた本だ。

ところで私は、世の中の大多数の人たちは、ろくに近代史を学びもせずに、歴史を知りもせずに、己の主義主張を展開していると思っている。

詳しく学んだ、研究したつもりでも、表面をなぞっただけなので化けの皮がすぐに剥がれる(私も同じ)。

学生時分に歴史教育を十分に、万遍なく勉強した人は、ほとんどいないだろう。

もちろん、学校で歴史教育を施す時間的余裕がないのと、教員自身が歴史を知らないからだ。

だからこそ、岩波に限らず左右あらゆる研究者、思想家が著した本を読み、友人らと意見交換し、教養を身につけることで、偏向しないように物事を判断する力を養いたいと、私は思っている。

例のごとく、写真の本についての内容は伏せる。

アンコール復刊だから、再度絶版になっているかもしれない。

その場合でも東京なら「岩波ブックセンター」、古本なら神田神保町(じんぼうちょう)の、岩波に強い古書店で手に入るかもしれない。

神保町のどこの古本屋に岩波新書がたくさん置かれているか?これも伏せる。

本を探がてら神保町を散策するのも楽しいよ♪

※岩波ブックセンターを経営していた会社(岩波書店とは無関係)が破産したようです。よって、本屋さんも閉店してしまったらしい。これはショック!詳細は不明です。

【参考】神保町へ行こう
 http://go-jimbou.info/
 
 

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年6月24日 (金)

NO.1264 日本語雑記帳

Dsc_0223

この岩波新書の本も、例の如く内容は明かさないけれども、皆さんにぜひ勧めたい一冊である。

岩波新書自体、「岩波本」の中では軽い部類に属する。

その中でも、とりわけこの本は読みやすく、そして面白い。

国語が苦手な、あるいは嫌いな人から、国語の教員まで、幅広い方々に楽しんでもらえるはずだ。

 

日本語雑記帳(田中章夫 著:岩波新書)800円+税

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年5月14日 (土)

NO.1244 中間テスト~初めての定期テスト

全国の多くの中学校、高校では、今月下旬に「中間テスト」が実施されるだろう。

新中学1年生にとっては、おそらく、生まれて初めての定期テストではないか?

私も、はるか昔にこの「生まれて初めての定期テスト」たる中間テストを受けた。

塾に通わず、親からも試験勉強の仕方を教わらなかった、つまりは「手ぶらで臨んだ」(要するに、何ら試験勉強をしなかった、ということ)、その結果は?

惨敗だった(;ω;)

数学こそ満点、社会科の点数もそれに近いものだったけど、他の教科が悪すぎた。

クラス内外の、学年の仲間と合計得点を教え合うと、私の順位は学年トップに及ばなかった。。。

ところで、我が家は「結果主義」だった。決して、褒められることのない結果主義。

勉強をしなくても叱られない。

その代わり、テストの結果が悪ければ叱られる。

仮に結果が良くても、それが当然と言わんばかりで、決して褒められることはなかった。

私も、親から褒められたいと思うことは全くなかった。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

それでも次の定期試験、つまり7月初旬の期末テストを受けるにあたっては、負けず嫌いでプライドだけは高かった私は、今度こそ学年トップになるため、自らテスト対策を考えてみた。

当時は運動部(卓球部)と、試験勉強との両立がきつかった。

なぜかって?

それは、私が

「早寝早起きの子供だった」から。

高校に入学するまで、就寝時間は夜8時、起床時間は朝5時と、まるで縄文人のような生活を送っていた。

部活で疲れた体で帰宅し、風呂に入ってテレビのニュースを見ながら夕ご飯を食べ終えると、もう7時前。それから、急いで夕刊に目を通した。

つまりは、私の試験勉強時間は、夜の7時から就寝時間の8時までの、たった1時間しかなかった。

(早朝起床により生み出された時間は、専ら読書と、新聞の閲読に充てていた・・・)

期末テストの試験勉強は、テスト開始日の2週間ほど前から始めた。

まずは、2週間分の時間割の作成だ。

1日あたり1時間を2つに割り、30分のコマを2つ。

 30分 X 2 X 14日 =28コマ

そこに、5教科プラス実技4教科、合計9教科をコマに押し込んだ。

30分というのは、テスト本番の「私の解答時間」と合致する。

本番では各教科ともテストを30分で解いてしまい、残りの時間を、テストの見返しに充てていた。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

実は、期末テストでも順位はともかく、主要5教科の合計得点は中間テストから伸びなかった。

(嫌いな英語を、敢えて勉強しなかったから・・・)

それでも、回を重ねるごとにテスト勉強の仕方に改良を重ねた結果、2学期になってから得点が伸び始めた。

英語を除いて。。。

余談だが、中学の英語なんて、教科書と問題集を丸暗記すれば簡単に満点が取れることが分かっていた。

実際に、満点を取った英語の答案用紙を、これ見よがしに私に突きつけてきた友達は多かった。

当時は単なる暗記科目など興味なしとばかりに英語を切り捨て、代わりに残り4教科は手抜きせずに頑張った。

1日の勉強時間は、高校受験を控えても1時間のまま。ひたすら効率的に学習するよう努めた。

さすがに高校では、定期試験期間以外でも毎日最低3時間くらい勉強しないと苦しかったけど、中学時代は、試験期間中は1日1時間、それ以外の日は、自宅では全く勉強せず友達と遊び呆けていた。

その代わり私は、集中力を発揮して授業に臨んだ。家庭学習なんて、大人の「風呂敷残業」みたいで絶対に嫌だったからね。

授業に集中する、これは小学校の時からアラフィフが見えてきた今に至るまで、変わらぬスタイルだ。仕事に集中する、研修も集中力を発揮して受講する、読書に専念する。

努力の賜物というよりは、勉強の仕方の改善、効率化により中学1年生終了時点で、内申点と実力テストの点数が学年トップになった。中3になり、高校については、特に理数の成績が良かったゆえに受けた、中学校からの圧力で仕方なく決めたこととはいえ、よくよく考えれば自分の夢をかなえるために選ぶべき進路とは全く合わない理数科に進学したことを、今も後悔している。同じトップ高なら、理数科目に縛られる理数科よりも、断然普通科のほうが向いていた。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

勉強が嫌いな子、苦手な子は、1日1時間でいいから、

「継続して試験勉強に取り組む」

それ以前に、普段から、

「集中力を発揮して授業に臨む」

これで上手くいけばいいし、どうしても上手くいかないと分かった時点で、通塾や通信教育の受講など、別の対策を検討すれば、それでいいのではないかな?

くれぐれも、親が子供に通塾や通信教育受講などを無理強いしないように。

強制された勉強のせいで、子供は学問に対する興味を失ってしまうだろう。スキコソモノノジョウズナレ、というではないか!(^^)!

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年4月30日 (土)

NO.1236 寒い寒い、連休スタート

今朝、未明に記録した我が家の外気温は、何と9度!

最近、晴れの日の昼間は、春らしい陽気が続いているけど、それでも暑くはない。

そして朝晩は冷える。

早くも明日から、クールビスがスタートする5月に入るというのに。

ゴールデンウィーク初日の昨日は、昼間も冷たい風が吹き肌寒かった、少なくとも私は。

そして、今朝の気温9度は、この時季にしては低すぎだろう。

皆さまにおかれては、体調を崩されないよう、お気をつけてm(_ _)m

Dsc_0094

ところで。

趣味と勉強とが、我が身を助けると私は考える。

雑誌は鮮度がいちばんだから早く読まないと(;;;´Д`)

※写真右に写っている赤い表紙の本は、ついこの間買ったばかりの岩波新書。

これは積読本にせず、いま読んでいる別の本を読了次第、読むつもりだ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年4月27日 (水)

NO.1234 5月は中間テストですか?

新中学1年生の皆さんへ。

来月には、初めての定期テストである中間テストが実施される。

これは今後の期末テストなども同じだけど、試験対策のためにテスト2週間前から、1日2時間、無理なら1時間程度は試験勉強に時間を割き、頑張ってもらいたい。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

それから、将来の高校受験、大学受験に備えて、いや受験対策だけでなく、教養を深めるために「少しハードルを上げた読書」を、つまり、少し難しい本を手にして読んでみてほしい。

読書は、テスト勉強や受験とは関係なく毎日続けてほしい。

どんな本がおススメかは、国語の先生に訊いてみるといい。

国語力は、簡単には身につかない。

だから、中間テストで国語の点数が悪くても気にしないことが肝要だ。

ところで読書は、中1から始めても、大学受験対策として早過ぎないと私は思う。

どうしても本が嫌いだという人は、推理小説や、映画の原作から読み始めてはどうかな?

国語力は、全ての学問の基礎だから、国語の成績が伸び始めたら、それは国語力が付いてきた証で、英語や数学など、他の教科の成績も伸びますよ。

それから国語力は、高校や大学を卒業して社会人になった時に、いちばん役に立つ、そしていちばん必要とされる力だと、私は痛感している。

勉強や部活に忙しくて読書の時間がない、なんて言わないで、騙された(だまされた)と思って本をたくさん読んでみてちょうだい( ̄▽ ̄)

どんな進路を歩み、いかなる職に就こうとも、必要とされるのが「国語力」だ。

その力をつけるためには、本読みが必要不可欠。

「読む力」がつけば、作文や論文などの「書く力」も、自然と備わるのだ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年3月18日 (金)

NO.1213 そろばん

私が小学生の頃、算数の授業で「そろばん」を習った。

これは、大の苦手だった。

そもそも、そろばんの仕組みがよく分からなかった。

そこで、どうしたかって?

計算式を急いで暗算して、その答のとおりにカチャカチャ(^-^;

これで、そろばんのテストは満点。

もう、時効だと思うから白状した次第だよΣ(;・∀・)

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年3月11日 (金)

NO.1210 小テストの裏紙

私が小学校のころ、時々「小テスト」があった。

小テストは、今でもあるようだけどね。

その小テストを解くのが、私は楽しみだった。

テスト問題は10分程度、早くて5分以内に解いてしまい、回答した問題の見返しもせずにテスト用紙を裏返しにした。

何も印刷されていないテスト用紙の裏に、ひたすら鉄道、旅客機、軍用機、それに戦争絵巻を黒鉛筆で書きまくっていた。テスト終了時刻まで。

ユーモアのある先生だと、小テストだけでなく私の書いた下手くそな絵まで採点してくれたものだった。

 

たまに、小テストの裏面にもテスト問題がびっしり載っていることもあった。

このときは、もちろん失望した。

無論、お絵かきができないからである。

小学生の頃から鉄道マニアだったのみならず、飛行機好き、軍国少年だったのである。

なお、テスト用紙に落書きをして、先生から叱られたことは、一度もない。

 

 

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

今日は東日本大震災の日から丸5年の日ですね。

地震をはじめ災害を防ぐことは不可能、備えることにも限界があるでしょう。

それでも、できる限りのことは、自分自身で行うべきだ。

いざというときに、誰かを、例えば行政や自衛隊なんかを頼ろうなんて思わないほうがいい。

5年前の、大津波の実況中継を仕事場のテレビで見ながら、そう思ったものである。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2015年12月15日 (火)

NO.1183 スマホに夢中の大学生たち ← これでいいのか(`ε´)

ある日の夕暮、私は家路につく電車に乗っていた。

地元国立大学の最寄駅から、どっと大学生の集団が乗ってきた。

制服などなくても、その風体からして、そこの国立大学へ通学する学生だとわかった。

それは、ともかく。

彼ら、彼女らは電車に乗りこむと、みなさん一斉にスマートフォン(以下「スマホ」という。)を取り出し、黙々といじり始めた。

友達と一緒の連中も然り。

隣りに腰掛ける友達とおしゃべりすることなく、それぞれ己がスマホを操作し続けているのだ。

これは気味が悪いぞ。

というより、こんなのでいいのか?

私立大学と比べれば相対的には安いとはいえ、高額な学費を「親のお金」「国や各種団体のお金」(=奨学金)の世話になっていながら、勉強も読書もせずに、スマホ、スマホ・・・

こんな体たらくで、就活して

 内定、取れない(ρ_;)

なんて嘆いても、同情できないね。

この国立大学だけでなく、全国の国公私立大で、偏差値に関係なく見られる現象だ、これは。。。

※若者の間に「スマホ老眼」なる病が流行っているそうな。皆さんも気をつけてください。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

より以前の記事一覧

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon