新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NO.1274 ガス給湯器をエコジョーズに交換 前編 | トップページ | NO.1276 時間が足りないの(u_u。) »

2016年8月13日 (土)

NO.1275 ガス給湯器をエコジョーズに交換 後編

今日は、先日アップした以下の記事、

■NO.1274 ガス給湯器をエコジョーズに交換 前編
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2016/08/post-63e5.html

の続き。

随分前のこと、エコジョーズの設置工事を実施した。

業者でなく素人の皆さんがブログなどでアップしている、工事関係の写真やレポートって、リフォーム関係や、エアコン設置なんかも同じくなのだけど、何かと参考になるんだよね。。。

特に、工事その他の価格が。

今回は、業者の工事の邪魔になると思い、写真は撮らなかった・・・正確に言うなら、家族に写真撮影を依頼しなかった。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

Dsc_0723

↑新調した、高効率ガス給湯器「エコジョーズ」
前はノーリツだったけどリンナイ製を選んだ。
メーカーとしては甲乙つけがたいイメージだけど、私が求める条件を全て満たすのがこのリンナイの製品しかなかった。

Dsc_0725

箱にはエコジョーズのステッカーと共に、ラクラクリースの文字が。

つまり、このエコジョーズはリース品だから、所有権は私にはない。

その代わり、通常故障時の修理費用は「相手持ち」だ。

↓今は無き旧のガス給湯器のスペック。

Dsc_0715

↓新しく据え付けたエコジョーズのスペック。

Dsc_0027

↑我が家の都市ガスは13A。
 電力消費量が従来モデルより大幅に減っていることが分かる(読めるかな?)。

Dsc_0730

↑キッチンに設置のガス給湯器リモコン。

Dsc_0729

↑バスルームに設置のリモコン

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

取付け業者の方は、ガス給湯器交換工事に立ち会った家族に「これまでご使用の製品よりも使いやすくなる」旨言ったそうだけど、世の中の他のカテゴリーの商品と同じく、

 使わない機能てんこ盛り

としか思えない。

多分、新型の給湯器に搭載された「便利な機能」は、ほとんど使うことなく、これまでどおりの使い方をするんだろうな(^-^;

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

最後に、リース代の内訳を。

この給湯器は2016年某月から期間10年でリース契約した。

毎月の支払額は2521円。

うち、はじめの2か月分はリース代無料キャンペーンだったので、リース代の総額は次のとおりになる。

2,521円 x 12月 x 10年 - (2,521円 x 2月)

=297,478 円

30万円のリース代を、10年かけて支払っていくわけだ。

希望小売価格40万強の、この商品をリースすると30万円で済むわけだけど、家電量販店やガス屋などでは、もしかしたら同じく30万円くらいで「購入」できるかもしれない。

→衝撃!私がリースしたモデルと全く同一のモデルを希望小売価格の半額、取付工事費込で約20万円で販売している大手家電量販店を見つけた(ノ_-。)

ただ、購入となると、故障時の修理費用が自己負担になるし(リースなら無料で修理してくれる)、それからガス給湯器の寿命は10年程度と言われている。
諸々考えると、皆さんもリースを「選択肢のひとつ」に挙げてもいいのではないかと私は思う。

→しかし20万円で購入できる製品のリース代が10年で30万円とは、高過ぎる!
それでも、リースなら修理費をガス会社が面倒を見てくれるのだ。
仕方ない、リース代総額と購入代との差額を「損害保険料」だと割り切ろう(u_u。)

余談だが、実は以前乗っていた日産スカイラインもリースだった。450万円も即金で払うお金はなかったけど、どうしても欲しいものは手に入れたいから(;゚∇゚)
ガス給湯器と違い、カーリースの仕組みはややこしいので説明は省くが、使いようによっては、法人だけでなく個人でも金銭的メリットがあるのだけど、あいにく税制面での優遇措置はない。

※分割払いとリースとは違います。分割払いは、支払いが完了すれば所有権が販売者または信販会社などから購入者に移転するけど、リースは、支払いが終わっても所有権は、例えば今回の事例ではガス会社のまま。
我が物にするにはリース期間満了時に給湯器を「買い取る」必要があります。けれども、大概は、より新しい製品を求め新たにリース契約を結ぶのではないでしょうか。なお、マンション住まいでもガス給湯器の交換は自前で行わねばなりません。10年過ぎたら寿命が近いなと考えて、季節が良いうちに交換しないと後悔することになるかも(;^ω^)

もっとも、貧民の私は、結局はリースを選んだことだろう・・・

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

« NO.1274 ガス給湯器をエコジョーズに交換 前編 | トップページ | NO.1276 時間が足りないの(u_u。) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578215/63882449

この記事へのトラックバック一覧です: NO.1275 ガス給湯器をエコジョーズに交換 後編:

« NO.1274 ガス給湯器をエコジョーズに交換 前編 | トップページ | NO.1276 時間が足りないの(u_u。) »

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon