新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

NO.1220 元上司が本日定年退職します

今の仕事場に転職する前、福岡市内の銀行系IT企業で働いていたことは、何度もブログに書いた。

私は東京の大学を出て、福岡の、この会社に入社した。

ご多分に漏れず「残業代のつかない」会社だった。

それでも私は、いくばくかの残業代を手にすることができた。

私の、直属の上司のおかげである。

残業代の予算は、限られている。

若い社員のほうが給料が安い、つまり残業代の単価が安い。

私が属するプロジェクトチームのリーダーだったこの上司、自ら率先してサービス残業をすることで、浮いた残業代を新入社員含め若手社員に付けさせてくれたのである。

ありがたいやら、申し訳ないやら。。。

残業の前には、会社の近くのビル地下にある食堂街で上司と軽く食事を摂った。

たまに残業が無いときには、一杯飲みに行くこともあったけれど、こういうときは大概上司にご馳走になった。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

4年弱勤めたこの会社を私が辞めて福岡を離れてからも、私が福岡へ行く折には、この上司と連絡をとり、博多駅界隈の居酒屋でご馳走になった。

確か3年前の秋に会ったのが、最後だと思う。

私が福岡の会社に入社した当時、元上司の年齢は30代後半だったのに、今では当時の上司の年齢を超えてしまい、そして元上司は定年を迎えた。

私が社会人になる前から、IT業界には「30歳定年説」というものがあった。

これは、中年になると頭が固くなり、日々進化するコンピューターの新知識を習得できなくなるとか、プログラムを組めなくなるということで会社に居づらくなる、というものだけど、元上司は30歳の2倍、定年の60歳までIT業界に身を置き、最後まで勤め上げたのである。

 

このトシでは、転職先がないから・・・

会うたびに漏らしていた。。。

 

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

Tさん、当時は大変お世話になりました。

我がままばかり申す私を会社から何度もかばってくださって、ありがとうございました。

お子さまが結婚されて、私が暮らす三重の近県にお住まいとのこと、お越しの際はぜひご連絡ください。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年3月30日 (水)

NO.1219 年賀はがき

10日ほど前。

ようやく、正月に届いた年賀状の当選番号をチェックした(^-^;

当選番号の照合を、すっかり忘れていた、というわけ。

きっかけは、書斎の整理だ。

年賀状の当選番号は、いずれホームページで調べるだろうとパソコンの脇に置いてあったのだけど、そのまま放置しており、すっかりその存在を忘れていた。

※個人情報の管理が杜撰(ずさん)だとお叱りを受けそうだけど、情報漏えいに繋がらない「仕掛け」をしているのでご安心を。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

以前、ブログで書いた気もするけど、私は年々年賀状のリストラを進めている。

つまりは、差し出す相手の数を絞っている。

普段、顔を合わせる人には、年賀状を出すのを止めるようにしている。

今では、主に遠方で暮らす友人や知人がメイン、あとはおじおばレベルと、一部のいとこへしか年賀状を送っていない。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

さて、年々枚数が減る一方の年賀状の中に「当たり」はあったのかって?

数が少ないんだから、そりゃ当たらないよね。

それにしても、大量に売れ残って処分された年賀はがきの中にも「当たり」があったんだろうな。

昔は、正月を過ぎると年賀はがきが売り切れて、やむを得ず普通はがきで返事を書いていたものだけど、今では正月でも郵便局員が余った年賀はがきを売ってるもんなぁ。

便利な世の中になったと思いながらも、年賀状の販売枚数が年々減る一方で、過重な販売ノルマを課される郵便局員が気の毒でならない。

年賀はがきは「生鮮品」なのに、安売りできないのがつらいところだね。

■2016(平成28)年用年賀葉書及び寄附金付お年玉付年賀切手当せん番号(日本郵便)へのリンクhttp://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2016/00_honsha/0117_01.html

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年3月28日 (月)

NO.1218 医者と患者のコミュニケーション論

Dsc_0016

本の帯では

「研修医諸君」と呼び掛けているけれども、この本は、医療関係者向きのもの、という訳ではない。

万人が楽しめる本である。

著者は現役ベテランの医者だから、診察室の裏側が垣間見えるようで面白かった。

病を患って、最も苦しむのは患者だ。

けれども、家族や親族も苦しむし、そして医師をはじめ医療関係者も苦しんでいるのだということは、この本を通して分かると思う。

これ以上、本の中身に触れては、ネタバレになるので控えます。

 

●医者と患者のコミュニケーション論(里見 清一 著:新潮新書) 740円+税

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年3月26日 (土)

NO.1217 今日は北海道新幹線 部分開業の日です。

今日は、JR各社のダイヤ改正日だ。

今回のダイヤ改正の目玉は、やはり「北海道新幹線」の部分開業(新青森-新函館北斗)だろう。

とうとう、新幹線が青函トンネルを潜って北海道に上陸、函館市の北側、新函館北斗駅まで達するのだ。

東京から函館までの所要時間において、新幹線で4時間を切れなかったのは残念だが、当面は諸事情により困難、これは仕方ない。

ただ「ヒコーキ嫌い」の人たちにとっては、東京から、新函館北斗駅で乗り換えるだけで札幌へ到達できるようになったのは朗報だろう。

Dsc_0013

この写真は、先日北海道へ旅した友達から頂戴したお土産だ。

酒好き、鉄道好きの私にとって、こんなに嬉しいお土産はない(*^m^)

最近は中々旅に出られない私、今日はこれを飲み干して新幹線北海道上陸を祝うぞ!

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年3月24日 (木)

NO.1216 もう契約更新ですか!?

Dsc_0012

いまは、2016年3月。

先日、新聞屋さんが我が家へやってきた。

(あれ?購読期間はまだまだあるはずだけどな・・・)

何とまあ、今年の10月以降の購読継続をお願いしますだと。

契約切れまで、まだ半年以上あるではないか。

お決まりの?景品の洗剤セットを受け取り「6ヶ月」契約で更新した。

ところで、うちの近所では全国紙の朝日新聞と、地元ブロック紙の中日新聞とがし烈な争いを展開している。

我が家では、日経新聞も中日新聞販売店経由で購読しているが、こちらは渋い。

契約は自動更新だから、景品なんて持ってこないし、夕刊を購読してもしなくても月極料金は同じ。だから、大して読みもしない夕刊も購読している。

一方、朝日や中日などの一般紙は違う。

購読契約期限切れ前に必ず景品を持って購読継続の手続きに来宅し、そして

「夕刊は要らない」

と言うと、月極料金から1000円ほど値引きしてくれる。

※夕刊不要時の値引き額は、中京地区は全国的にも大きいようである。

もし、私の同業者がこのブログ記事を読んでいたら、新聞くらい購読して読んでほしい。

新聞を読まない人間は、文章を書くのが下手くそだと、仕事場にいて実感する。

それに、情報収集のためにも新聞購読は必須だろ?

※ヤフーニュースの類は、閲覧者が好むニュースを選択して表示するような仕掛けになっているから、あんなものは情報収集の役には立たない。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年3月22日 (火)

NO.1215 憎きインバウンド

2015年のインバウンド(訪日外国人)の数は1974万人と、アウトバウンド(日本人の海外渡航者)の数を45年ぶりに上回ったそうだ。

普段、観光地から離れた地で暮らしていると、外国人観光客の存在を実感することはない。

けれども、地場にある全国的に有名な観光スポット、例えば伊勢神宮へ参拝すると、必ず外国人観光客を目にする。

新幹線に乗り、東奔西走するときも同じ。

駅コンコースで、ホームで、車内で、やはり外国人と遭遇する。

外国人にとっては「黄金の国ジパング」が、様々な面から魅力的に映るのだろう。

円安に伴う物価安、治安の良さ、異国情緒を満喫できること、その他諸々。。。

彼らが落としてくれるお金により、日本が潤うと考えている人たちは多いだろう。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

しかしながら、私のような旅人には、インバウンドほど迷惑な、いや憎たらしい存在はない。

最近、東京や大阪などの大都市や、観光地のホテルの予約が取りづらくなった。

仮にホテルの予約を取ることができても、宿泊料金が高騰している。

ゆえに、最近は国内旅行から遠ざかってしまった。

では、海外旅行は?

こちらも、円安ゆえの現地での宿泊料金高騰、物価高により、旅行を諦めざるを得ない。

まあ、いいですよ。

旅に出ず、家に引きこもって積読本(積読本=未読本)の消化に励むから。

それから、これは我が懐と相手の都合次第だけど、友達との意見交換会や親睦会を楽しむことにしよう♪

※インバウンドに頼るのは危険です。円高になったら爆買い中国人、アジアからの観光客は激減するだろう。また日本が欧米から離れて立地するゆえ、欧米人リピーターの確保は難しいと思われるので。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年3月20日 (日)

NO.1214 おしゃべりは個性? もしかして方言?!

Dsc_0008

ネタバレになるので、例の如く本の中身には触れない。

本の帯にあるとおり、世の中にはおしゃべりな人と、そうでない人とがいる。

これは、果たして「個性」なのだろうか?

あるいは、もしかして「方言」なのだろうか?

それを東北大学の文学博士らが日本中を調べ上げて書きおろしたのが、この新書本。

はじめは、とっつきにくいかもしれないけれども、読み進めていくうちに面白くなってくる。

まるで、スルメのように噛みごたえのある本だ。

時間があれば、二度読みしたいところだけど、積読本を処理せねばならないから、それは機会があればということにさせていただこうかな。

●ものの言いかた西東(小林 隆、澤村美幸 共著:岩波新書) 780円+税

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年3月18日 (金)

NO.1213 そろばん

私が小学生の頃、算数の授業で「そろばん」を習った。

これは、大の苦手だった。

そもそも、そろばんの仕組みがよく分からなかった。

そこで、どうしたかって?

計算式を急いで暗算して、その答のとおりにカチャカチャ(^-^;

これで、そろばんのテストは満点。

もう、時効だと思うから白状した次第だよΣ(;・∀・)

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年3月16日 (水)

NO.1212 モラハラ夫と離婚するとき協議離婚を選んではいけません

私は、ボランティアで数名の、離婚相談にのっている。

あくまでも相談のレベルである。

詳細は伏せる。

以下、実話をもとにしたフィクションである。

私の知人に、数年前、長年にわたり夫から妻子への暴力やモラハラに耐えかねて、大阪の居宅から子どもを連れて実家に逃亡してから弁護士を頼み家庭裁判所に離婚調停を申立てた女性がいる。

調停は、不成立となり裁判になった。

知人女性が原告として裁判を起こしたのだ。

被告である夫は離婚に反対した。

子どもの親権、婚姻費用(別居の夫から妻に支払われる生活費)、財産分与(離婚にあたって、婚姻期間中に夫婦で築いた財産を夫婦で分け合うこと)、その他諸々で真っ向から対立したと、知人から聞いた。

裁判所は、判決を下すことを渋ったようで「別居のまま婚姻継続」ということで双方和解したとのこと。

なお、裁判用語で和解とは、仲直りを意味するものではない。双方意見を一致させ、裁判を終結させるというものである。和解で決まったことには法的拘束力がある。

現在、離婚は成立していないものの、妻子共々、夫からの暴力やモラハラから解放されて、安心して別居生活をしている。

なお、和解したからと言って、再度離婚調停、裁判を起こすことは可能である。

ところで、毎月末日渡しの婚姻費用が月末日に女性の口座に入金されていない、つまり婚姻費用を滞納するというモラハラを、知人女性はしばしば受けているようである。

※婚姻費用の支払いを滞納した場合に、夫の給料を裁判所が差し押さえる準備は万端調って(ととのって)いるそうだ。弁護士にお願いして、会社にも直接連絡して給料を差し押さえようかとも考えていると、女性から聞いた。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

先日、知人から私に連絡があった。

何とまあ電話で夫から、こう言われたそうだ。

 

1 「親権を放棄して」、「条件を付けて、(調停離婚などでなく)協議離婚に応じる」。離婚の話し合いを直接したいから離婚届の用紙を持ってそちらへ行く。

しかしながら、同時にそれと矛盾したことも夫から電話で言われたそうな。

2 小学校に入学する子どもの入学手続きは俺がやる。子どもを引き渡せ。

 あんたは俺からお金(婚姻費用)を搾り取るつもりか。

その他、夫との電話でのやり取りを教えてもらった。

 

毎月の婚姻費用の支払いは、離婚に応じないのなら夫本人または妻子全員が死ぬまで続く。

夫が定年退職して収入が減っても、婚姻費用は変わらない。

一方、離婚に応じて、婚姻費用から「養育費」に切り替われば、普通は子どもが大学を卒業するまでの間支払えば済む。

そもそも現在の、裁判所で決められた婚姻費用が安すぎ、反対に妻子側から婚姻費用増額の調停を起こしてもいいくらいで、婚姻費用増額調停も検討中であるとのこと。

私は、夫が婚姻費用の支払いに苦しみ始めたのだと思っている。

だから、協議離婚に応じるそぶりを見せ始めたのだろう。

ただし、円満離婚でない限り、夫婦が別れる際は家庭裁判所に離婚調停を申立てるべきだ。そして調停や裁判の場で協議離婚の話が出ても、絶対に協議離婚を選んではならない。

協議離婚できたとしても、法的拘束力のある取り決めを何もしていないと、離婚後に養育費は払ってもらえず、財産分与も無し、年金分割もなしと、妻子が泣き寝入りすることになるので。

この案件では、夫が暴力をふるい、それだけでなくモラハラを加える異常人格者ということもあり、調停で揉めることが分かっていたので、調停の段階から弁護士をつけたとのこと。

弁護士がいなくても調停はできるけど、調停が不成立になり裁判になったときのことを考えると、調停の段階から弁護士に代理人を依頼したのは賢明な判断だったと思う。

なお、専業主婦やパートなど、弁護士費用を工面できない人は「法テラス」を利用して弁護士を頼めばいい。

詳しくは以下のリンクを。

 ■法テラス
  http://www.houterasu.or.jp/

弁護士費用は後払い、無利息だ。

 

話が少し逸れた(それた)ので、元に戻そう。

この夫は、お金に困りだしたから、協議離婚をちらつかせてきたのだと思う。

お金に困っていなかったら、3 あんたは俺からお金(婚姻費用)を搾り取るつもりか の言葉が夫の口から出るだろうか?

裁判所が下した判断は、法的拘束力を持つ。

現状を変えたければ、再度離婚調停をすればいいのだ。

今度は、夫が妻を相手に離婚調停を起こせばいいのだ。

ところが、聞くところによると、裁判にはしたくないと電話で夫は言ったそうだ。

 

これ以上は、話を聞かされていないので知らない。

 

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

なお、この夫なる大阪在住の会社員の男は、妻子が大阪の居宅、いや伏魔殿から逃げ出した後、2012年9月、我が家に人探しの探偵を送ってきた。

無論、妻子の居所を私が知っているか訊きに来たというわけだ。

私は玄関に入れず、探偵の質問には一切答えず「帰れ」と一喝した。

その後、探偵から渡された「ニセモノの名刺」を材料に、こちらも探偵の依頼者を調べ上げることにした。

そして警察署、それからわざわざ県警本部、大阪などへも足を運び、探偵の依頼人が、この大阪人であることを特定した。こいつが少しでも知人女性の件で、あるいは私の件で動いたら逮捕してもらうことになっているが、当然ながら詳細は伏せる。なお、逮捕され有罪判決を受けたら知人女性は離婚裁判を経て離婚できる。犯罪は離婚理由になるからである。

※探偵が敷地内に(アパートやマンションなら玄関)に一歩でも入って来たら、住居不法侵入になる。また、私は探偵を大声で怒鳴り追い払ったが、法的に何ら問題ないことを警察で確認した。不審者は相手にしないこと、さっさと追い払うこと、しつこく付きまとうなら警察を呼び逮捕してもらうことが肝要だ。

 

 

コイツのすることは、ボロだらけ。

法律の仕事をしている私を敵にしたのが、そもそも間違いだったんだよ!

私もコイツから被害を受けたんだ!!!

これから、反転攻勢に出るぞ。私も「四日市の裁判所で」裁判を起こすことを考え中(○`・ェ・)ノ!

こちらには、探偵を使った卑怯ものを刑務所にぶちこむ切り札があるんでね。。。

 

■この事案に係る過去のブログ記事

NO.299 探偵(2012.9.2)
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2012/09/post-01c1.html

NO.305 不正アクセスは監獄行き(2012.9.28)
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2012/09/no-8a15.html

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年3月15日 (火)

NO.1211 尋ねやすい人、頼みやすい人

私は孤独な男なので、孤独に行動することが多い。

旅行も然り。

その、旅行のときのことを今回は綴ってみよう。

私は、鉄道好き、旅好きゆえに国内外を旅行する。

もっとも、最近の海外旅行はシンガポールばかりで、その頻度もすっかり減ってしまったけど。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

平成バブル絶頂の頃、私は大学生だった。

たしか大学2年生の夏休み、その前半はフルタイム8時間労働の工場勤務のアルバイトをして、その稼ぎを使い、夏休み後半、9月初旬だったかな、鉄道で四国四県、周遊旅行した。

金毘羅さんへも行った。

あの階段を登るのはきつかった。

やっと登り終えた、そこから望む瀬戸内の、それから讃岐平野の景色は、絶景というよりも、何だか不思議なものを感じた。

そんなことを考えていると、唐突に、

「すみません、シャッターお願いできますか?」

と、3人連れほどの年配のご婦人方に頼まれた。

そう、独り者はシャッター係を頼まれやすいのだ。

私は、断りたかった。

当時のカメラはフィルムカメラだったから、写真が上手に撮れたかどうかは後日現像せねば分からない。

そして「その方々にとって満足できる写真」を撮る自信がなかった。

それでも「いいですよ」と、半ばひきつった顔をしていたであろう私は、写真を撮って差し上げた。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

中年になり、私は毎年のようlにシンガポールへ飛ぶようになった。

(さすがに飽きてきたのと、お金がないのとで、そろそろやめようかと思案中)

もちろん、単独行。

シンガポールでも写真撮影を頼まれるのだ。

国立蘭園なるものが、シンガポールにはあるのだけど、そこではインド人、あるいはインド系シンガポール人か分からなかったけど、やはり写真撮影を頼まれた。

親子四人家族だった。

やりとりは、もちろん英語だ。

私が最も苦手とする英語だ。

それでも、無事会話は成立し、お父さんと思しき中年男が持つ、当時普及し始めたデジタルカメラの使い方を説明してもらってから、写真を撮った。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

マーライオン。

ここは案外日本人は少なく、西洋人が多いのだが、マーライオンの付近でも英語で写真を撮ってくれと頼まれた。

やはり、親子四人家族、お父さんらしき中年男がコンデジを持っている。

東洋系だったので、中国からの観光客かと思った。

けれども、何とまあ、家族皆さん日本語を話しているではないか。

お父さんが私に細かく英語でカメラの使い方を説明してくる。

「あの、私も日本人なのですけど・・・」

一体、私はナニ人に見えたのだろうか?

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

シンガポールでは、こんなこともあった。

街のメインストリートから1本離れた道をブラブラ歩いていると、突然マレー系シンガポール人と思しき30代後半くらいの女性が、いきなり早口のシングリッシュ(シンガポール訛りの英語)で、ある女性物の洋服ブランドの店がどこにあるか尋ねてきた。

シングリッシュというのは、イギリス英語の方言だと思えばいい。

但し方言ゆえ、話し言葉はとても「クィーンズ・イングリッシュ」とは思えないのだけど(^-^;

何とか、意味を理解した。

私がたまたまそのブランドと、ショップの入っているファッションビルの名前と場所とを知っていたため、苦し紛れの英語で教えて差し上げた。

現在地からそれほど離れた場所でもなかったので、地図も使わず説明し、理解してもらった。

なお、この女性が探していたブランド、日本にはショップが皆無だ。

欧米やアジアでは結構あるのに、何でだろう?

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

学校で習う英語なんて、あまり役には立たない。

習わないよりはマシだけどね。

ただ、出来るだけ多くの単語を知っておいたほうが有利なのは間違いない。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年3月11日 (金)

NO.1210 小テストの裏紙

私が小学校のころ、時々「小テスト」があった。

小テストは、今でもあるようだけどね。

その小テストを解くのが、私は楽しみだった。

テスト問題は10分程度、早くて5分以内に解いてしまい、回答した問題の見返しもせずにテスト用紙を裏返しにした。

何も印刷されていないテスト用紙の裏に、ひたすら鉄道、旅客機、軍用機、それに戦争絵巻を黒鉛筆で書きまくっていた。テスト終了時刻まで。

ユーモアのある先生だと、小テストだけでなく私の書いた下手くそな絵まで採点してくれたものだった。

 

たまに、小テストの裏面にもテスト問題がびっしり載っていることもあった。

このときは、もちろん失望した。

無論、お絵かきができないからである。

小学生の頃から鉄道マニアだったのみならず、飛行機好き、軍国少年だったのである。

なお、テスト用紙に落書きをして、先生から叱られたことは、一度もない。

 

 

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

今日は東日本大震災の日から丸5年の日ですね。

地震をはじめ災害を防ぐことは不可能、備えることにも限界があるでしょう。

それでも、できる限りのことは、自分自身で行うべきだ。

いざというときに、誰かを、例えば行政や自衛隊なんかを頼ろうなんて思わないほうがいい。

5年前の、大津波の実況中継を仕事場のテレビで見ながら、そう思ったものである。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年3月 9日 (水)

NO.1209 レンタルビデオと市立図書館

私はレンタルビデオ店には、生まれて数回しか入店したことがないし、DVDなどをリアル店舗でレンタルしたことは、一度もない。

ネットで選んで、ポストで返却という、いわゆる宅配レンタルなら一時期会員だったので利用していたものの、そもそも借りたDVDを視聴する時間がなく、費用対効果を考えると会員であることがアホらしく感じられるようになったので、脱会した。

 

図書館も然り。

子供の頃、学校の図書室は毎日のように利用して本を借りていた。

ところが、わざわざ市の図書館まで行こうとは思わなかった。

恥ずかしながら私、市立図書館なるところへ行ったのは、小学生の時に1度あるだけである。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

子どもの頃は、レンタルビデオ店なぞ無かったから、図書館に限って話すと、私の場合、小遣いが平均より低く抑えられていた代わりに、欲しい本、かつ親も「良書」と認める本はいくらでも買ってくれた。

つまり、本を借りる必要がなかった。

※図書館の中を巡り、良書と出会うという機会には恵まれなかったわけだけど。

余談だが、子どもの学力に関して以下のような傾向がみられると新聞か何かで読んだことがある。

学力が高い順に、

1.本を買って読む。

2.本を図書館で借りて読む。

3.本を一切読まない。

大人になって、自分の意思とお金で本を買えるようになった。

福岡に住んでいたころ、そして現住所に引っ越してからは名古屋の大型書店へ行き、いろいろ物色して、買い込んだ本がぎっしり詰まった重い紙袋を両手に家路をたどったものだ。

ところが、21世紀に入り、インターネット書店が普及したことにより、わざわざ本屋さんまで行かずとも、本を大量買いできるようになった。

大型書店までの、往復の交通費で文庫本の1冊くらい買える。

一方、ネット書店は無料で宅配してくれる。

こうして、リアルの書店へ足を運ぶのは、手持ちの本がなく、どうしても本が欲しいときに立ち寄るだけになってしまった。

 

DVD(最近は専らBlu-ray)も同じ。

観たい映画が封切されても「繰り返しみたい」映画は観に行かない。

Blu-rayが発売されるのを、ひたすら待つ。

けれども、スタジオジブリの映画は特別だ。

シネコンで観て、Blu-rayも買う。

そして、数か月に1度は家で観る。

我が家の大画面テレビに5.1chサラウンドシステムでは、シネコンには劣るものの迫力ある映画を楽しめる。

家で映画を楽しめるのは、大いに結構なんだけれど、ひとつ難点がある。

どうしても睡魔に襲われて、気がついたら眠っていた!ということが多いのである。

久しぶりに「猿の惑星」シリーズでも棚から取り出して観てみるかな(笑)

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年3月 7日 (月)

NO.1208 多過ぎ!日本の家電メーカー

日本の家電メーカー、シャープが台湾企業に買収されることになった。

身内にシャープの社員がいるから、この先どうなるんだろうかと個人的には心配している。

でも、日本全体のことを考えれば、シャープが「外国の企業」になるのは、大いに結構だと思っている。

いや、日本はまだまだ家電メーカーが多すぎる。

せいぜい、3社くらいに統合できないだろうか。

かつて、数多の都市銀行が3社のメガバンクに集約されたように。

そうでないと、シャープのように海外の企業に各社狙い撃ちされるだろう。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

自動車メーカーも多すぎる。

中堅メーカーが、シャープのように外資に乗っ取られないようにしなければ!

ただ、こちらはトヨタを中心に再編の動きが少しずつ見られる。

地方銀行も、多すぎる。

こちらも、各地の有力地銀同士が経営統合する動きが見られる。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

大量生産により価格低廉をはかる家電、自動車は規模のメリットを追求することにより収益の極大化を図ることができる。

金融機関も然り。

あまりに合併、統合が進むと競争原理が働かなくなり、商品価格の上昇、金融機関なら貸出金利の上昇につながるが、今のままだと、優良中小企業が外資系企業に、次々に喰われていくのではないか?

産業構造の変革を急がないと、日本経済の浮揚力は、ますます失われていくのではないか?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年3月 5日 (土)

NO.1207 【無理】やっぱり福岡市に帰りたい

まずは、日本のIT産業の聖地、福岡が生み出した人気キャラ「妖怪ウォッチ」の「ようかい体操第一」をユーチューブで。

ボリュームには注意してね。
https://youtu.be/24cRbvzDbFk

 

もう、何度もこのブログでつぶやいてきた。

福岡に帰りたい、福岡に移住したいと。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ある日、Facebookで「福岡に帰りたい」旨投稿したら、同じ仕事場(部署は別だけど顔見知り)の女性が、

「じゃあ、福岡に帰れば?」と、思いやりの欠片(かけら)もないコメントを寄越した。

(それができれば、とっくにそうしているわ)

即座にfacebookの友達解除したのは言うまでもない。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

私が福岡から三重の、現在の仕事場に転職した当時は、

・シンガポール

・福岡

に事務所を構えていた。

どちらもお気に入りの都市で、何とか転勤できないかと思ったものだけど、私が体調を崩したのと同じころに、何れの事務所も閉鎖された。

(わが社を生身で宣伝するためには、シンガポールと福岡はうってつけなのにな!)

しかしながら、三重と結びつける需要が無かったのだろう。

名古屋中部(セントレア)-シンガポール便は1日1便しかないし、三重と博多とを結ぶ夜行高速バス路線が開設されたものの、僅か数年で廃止された。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

そうは言っても、福岡は政令指定都市で最も人口増加者数が多い、東京23区を含めて全国第6位、人口150万人の大都市だ。

そして、シンガポールは500万人の、アジアの金融経済都市、東南アジア最大のハブだ。

再度、反転攻勢に打って出るわけにはいかないのだろうか?

三重の出し物として、農産物の輸出、移出、それから観光客の三重への呼び込みが中心となるだろうけど。

それにしても、シンガポールのタクシーに乗る度に、運転手から

「大阪も名古屋も知らない」

「東京と北海道しか聞いたことがない」

と言われると悲しくなる。

日本人が、アメリカといえばニューヨークとハワイしか知らないと言うのと同じようなものだけどね。

※北海道はスキーリゾート地として、多くのシンガポール人観光客を集めている。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

福岡は、物価は安いし食べ物は美味い。

そして、一部の心無い名古屋人みたいに「自分たちは都会人だ」なんて恥ずかしくみっともないことを言う人は、まずいない。

みなさん、自分たちが田舎者だとわきまえている。

とにかく優しい人ばかりであるが、これは何処も同じだろう。

それから、博多駅、天神、百道(ももち)などのオフィスのすぐ近くにマンションが建っており、東京と比べて安い家賃で入居できる。おかげで通勤時間が短くて済む。

九州は高速道路網が発達しているので、それに伴い高速バスも九州各地を結んでいる。

福岡から長崎、熊本、大分あたりなら日帰りで、鹿児島、宮崎などでも1泊すれば小旅行を楽しめる。

父母の生誕の地、熊本のラーメンを食べたくなったら、天神から「ひのくに号」に乗れば、2時間半程度で熊本の都心に着く。そして美味しい熊本ラーメンにありつける。

名古屋でも、高速バスの楽しみを味わうことはできるけど、路線数、便数からして物足りない。

さて、何かの奇跡が起きて、今の仕事場を辞めずにシンガポールとは言わずとも、せめて福岡市内で働く機会を与えられることはないだろうか?

100%、ありえませんね(ノ_≦。)

なんだか最近、お疲れモード。。。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

2016年3月 1日 (火)

NO.1206 春ですね

今日から三月。

年度末の月だ。

卒業の月という学生、生徒さんたちも多いだろう。

社会人でも、定年退職するという人たちもいるだろう。

とにかく3月は、別れの月。

別れは寂しいもの?

そうとは、限らない。

この別れを、心待ちにしてきた人たちも沢山いるはずだ。

子どもも、学生も、社会人も。

このことは以前「新ねこバス新聞 社説」に記事をアップした。

■NO.124 もうすぐ卒業ですね
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2012/01/post-4713.html

いじめが原因の子どもだけでなく、今の職場が嫌だから配置転換してほしいという人、職場の人間関係がうまくいっていないから他の職場に移りたいという人、今の仕事に飽きたので他の業務に就きたいという仕事人も多かろう。

今年の3月から5月までの平均気温は、平年より高めとの予報が出ている。

ということは、夏は猛暑か?

今から、何かとブルーです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon