新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NO.1210 小テストの裏紙 | トップページ | NO.1212 モラハラ夫と離婚するとき協議離婚を選んではいけません »

2016年3月15日 (火)

NO.1211 尋ねやすい人、頼みやすい人

私は孤独な男なので、孤独に行動することが多い。

旅行も然り。

その、旅行のときのことを今回は綴ってみよう。

私は、鉄道好き、旅好きゆえに国内外を旅行する。

もっとも、最近の海外旅行はシンガポールばかりで、その頻度もすっかり減ってしまったけど。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

平成バブル絶頂の頃、私は大学生だった。

たしか大学2年生の夏休み、その前半はフルタイム8時間労働の工場勤務のアルバイトをして、その稼ぎを使い、夏休み後半、9月初旬だったかな、鉄道で四国四県、周遊旅行した。

金毘羅さんへも行った。

あの階段を登るのはきつかった。

やっと登り終えた、そこから望む瀬戸内の、それから讃岐平野の景色は、絶景というよりも、何だか不思議なものを感じた。

そんなことを考えていると、唐突に、

「すみません、シャッターお願いできますか?」

と、3人連れほどの年配のご婦人方に頼まれた。

そう、独り者はシャッター係を頼まれやすいのだ。

私は、断りたかった。

当時のカメラはフィルムカメラだったから、写真が上手に撮れたかどうかは後日現像せねば分からない。

そして「その方々にとって満足できる写真」を撮る自信がなかった。

それでも「いいですよ」と、半ばひきつった顔をしていたであろう私は、写真を撮って差し上げた。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

中年になり、私は毎年のようlにシンガポールへ飛ぶようになった。

(さすがに飽きてきたのと、お金がないのとで、そろそろやめようかと思案中)

もちろん、単独行。

シンガポールでも写真撮影を頼まれるのだ。

国立蘭園なるものが、シンガポールにはあるのだけど、そこではインド人、あるいはインド系シンガポール人か分からなかったけど、やはり写真撮影を頼まれた。

親子四人家族だった。

やりとりは、もちろん英語だ。

私が最も苦手とする英語だ。

それでも、無事会話は成立し、お父さんと思しき中年男が持つ、当時普及し始めたデジタルカメラの使い方を説明してもらってから、写真を撮った。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

マーライオン。

ここは案外日本人は少なく、西洋人が多いのだが、マーライオンの付近でも英語で写真を撮ってくれと頼まれた。

やはり、親子四人家族、お父さんらしき中年男がコンデジを持っている。

東洋系だったので、中国からの観光客かと思った。

けれども、何とまあ、家族皆さん日本語を話しているではないか。

お父さんが私に細かく英語でカメラの使い方を説明してくる。

「あの、私も日本人なのですけど・・・」

一体、私はナニ人に見えたのだろうか?

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

シンガポールでは、こんなこともあった。

街のメインストリートから1本離れた道をブラブラ歩いていると、突然マレー系シンガポール人と思しき30代後半くらいの女性が、いきなり早口のシングリッシュ(シンガポール訛りの英語)で、ある女性物の洋服ブランドの店がどこにあるか尋ねてきた。

シングリッシュというのは、イギリス英語の方言だと思えばいい。

但し方言ゆえ、話し言葉はとても「クィーンズ・イングリッシュ」とは思えないのだけど(^-^;

何とか、意味を理解した。

私がたまたまそのブランドと、ショップの入っているファッションビルの名前と場所とを知っていたため、苦し紛れの英語で教えて差し上げた。

現在地からそれほど離れた場所でもなかったので、地図も使わず説明し、理解してもらった。

なお、この女性が探していたブランド、日本にはショップが皆無だ。

欧米やアジアでは結構あるのに、何でだろう?

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

学校で習う英語なんて、あまり役には立たない。

習わないよりはマシだけどね。

ただ、出来るだけ多くの単語を知っておいたほうが有利なのは間違いない。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

« NO.1210 小テストの裏紙 | トップページ | NO.1212 モラハラ夫と離婚するとき協議離婚を選んではいけません »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578215/63336617

この記事へのトラックバック一覧です: NO.1211 尋ねやすい人、頼みやすい人:

« NO.1210 小テストの裏紙 | トップページ | NO.1212 モラハラ夫と離婚するとき協議離婚を選んではいけません »

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon