新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NO.1109 縮小都市の挑戦を読んで | トップページ | NO.1111 何とぞろ目!で新ねこバス新聞創刊4周年記念号 ~ セルフスタンド(笑) »

2015年7月28日 (火)

NO.1110 やっぱり国産品に限るよ('ω')ノ ~ MADE IN JAPAN

普段使いにしていた腕時計の電池が切れたので、時計屋さんで電池の交換を頼んだ。

以前、海外の免税店で購入したスイス製の時計だ。

円高だったので、普段使いとはいえ相当高価な時計が格安で手に入った。

今の為替レートなら絶対に買わない、買えない、買ってはいけない・・・

「お客様の時計は舶来品(レトロな言葉!)ですので、電池交換にお時間がかかります」と言われたので、お店に時計を預けた。

10日くらい経ってから、お店から電話連絡があった。

悲しいお知らせが(p_q*)

「お客様からお預かりしております時計は、電池の液漏れにより故障しております」

「舶来品のため修理費用が3万5千円以上かかりますが、いかが致しましょうか?」

単なる電池交換だけなら、千円程度だろう?

それが、修理代に電池交換代を加えると4万弱?

そもそも、防水高耐圧の腕時計を買ったはずなのに、なぜ簡単に電池の液漏れを起こすわけ?

修理代に、もう少しお金を足せば、某国内有名メーカーのソーラー(太陽光発電)電波腕時計が手に入るのでは。。。

どうせ、普段使いの時計だ。

そんな時計の修理に4万も出すくらいなら、この際、新調したほうがマシではないか?

実は私、ソーラー電波腕時計を1本も持っていない。

かねてより、電池交換が不要なソーラー腕時計、出来れば電波時計が欲しいと思っていた。

この際、新調しようと考え、店に伺い、とりあえず商品だけ見せてほしい、電池交換はキャンセルすると伝え、早速店へと足を運んだ。

私は国内メーカーの腕時計に限るなら、セイコーしか買わない。

普段使いといえば、仕事場へ通うときにはセイコーの KINETIC (キネティック)腕時計も愛用している。

※キネティックとは、腕時計を振動させることにより発電するもので、セイコーが開発。20年近く前にソーラー時計と激しい競争を展開した。今でも売ってるのかは不明。

キネティックが定価7万、値切って5万円くらいだったから、今回もそのくらいを上限として予算を組み、商品の陳列棚に並ぶ時計をチェックした。

店員「お客さまのご希望に沿った時計となりますと、セイコーと・・・」

私「私は国産ならセイコーと決めています。今回の件(液漏れによる故障)で、海外製なんてコリゴリ、もう買いません!」

こうなると、選択肢は限られてくる。

価格が最優先、それから機能と、デザイン。

ソーラーと電波は外せない。

デザインは、価格が価格だから、ある程度妥協して「ダサくなく」無難なもの。

普段使いだと、やはりオールマイティーでないと。

それ以外に、シーンに応じて使い分ける腕時計も勿論持っている。

ともかく、キネティックと同ランクの時計を、同じくらいの価格で購入できた。

勿論、言い値ではなく、値切った(笑)。

高級腕時計を値切って買うのは見苦しいけど、安物だからいいよね(*^m^)

しかし、ソーラー時計は光で充電するのがめんどくさいな。

キネティック時計の弱点と同じではないか。

共に「発電するのがメンドクサイ」んだよ。

機械式腕時計が、ネジ巻くのがメンドクサイのと同じで。

勿論、この記事書いている時点ではソーラー時計を買ったばかりなので、「光による」充電は簡単なのかもしれないけど。

それにしても普段使いの腕時計って、どうしても手持ちのものと同じようなデザインのものを選んじゃうみたいだ。

Dsc_1330

左が今回購入したソーラー電波腕時計、右は15年ほど使いこんでいるキネティック腕時計。バンドは傷だらけ、でも一切故障なし。複雑な構造なのに、さすがは日本製だ。

全く同じようなデザインではつまらないしお金の無駄だから、キネティックより、ほんの少しだけカジュアルに見えるものを選んだつもりだった。

でも、よく見たら日付表示付きだね。

子供の頃はセイコーの、日付表示付き腕時計に憧れたけど、もはや私に日付は要らないかも。

とにかく、普段使いの時計は実用的なものでないと。

信頼のおけない腕時計なんて役に立たないだろう?

スイス製などの高級腕時計は、実用的ではなく「宝飾品」。

フェラーリのスーパーカーなんかよりも高い時計だってあるもんな!

宝飾品を普段使いにするほど贅沢できるお金なんてあるわけないので、これで我慢しよう。

ちなみに安物のスイス製は、カジュアルなシーンで使っている。

 

【ソーラー腕時計】

・長所:太陽光その他の光で充電できるため、電池交換は不要。

・短所:時計を充電するために、長時間光を浴びさせ充電させねばならない。但し直射日光厳禁。夜行性の人には不向き。

【キネティック腕時計】

・長所:常に腕に付けて歩くだけで、その振動で充電できるため、電池交換は不要。

・短所:振動を与えずに放置すると放電し、やがてバッテリー切れを起こして時計が止まってしまう。その場合は腕時計を何度も振って充電せねばならない。普段使いにしない時計には不向き。

ソーラーだろうが、キネティックだろうが、充電池を使用している以上、いつかは寿命を迎える。

機械式(ねじまき式)の腕時計なら、ネジをまくのが面倒だけど、手入れを怠らなければ長持ちします。

 

※国産品を愛するか、外国製の品々を愛するかは、もちろん人それぞれ。人さまの趣味や好みに口出しするものではないことを付言します。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

« NO.1109 縮小都市の挑戦を読んで | トップページ | NO.1111 何とぞろ目!で新ねこバス新聞創刊4周年記念号 ~ セルフスタンド(笑) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

同感です!

私も機内販売で買った、英国メーカーの腕時計のバンドが壊れ、修理に出したところ「日本にはこのサイズのバンドは無い。海外で修理してくれ」と言われた事があります。

クルマもそうですが、外国メーカーの機械ものを国内で修理すると高くつきますよね。
趣味のものならともかく、実用品なら価格と品質のバランスが良い、日本製が一番かと思いますね。

まり☆さん、コメントありがとうございます。

好みの問題になりますから、人それぞれでしょうけど、私も日本製がいちばんだと思いますし、好きですね。
勿論、外国製の高級腕時計やスポーツカーなど、宝飾品として持つなら魅力を感じます。
けれども、それを買うだけのお金がありませんよ(;ω;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578215/61831339

この記事へのトラックバック一覧です: NO.1110 やっぱり国産品に限るよ('ω')ノ ~ MADE IN JAPAN :

« NO.1109 縮小都市の挑戦を読んで | トップページ | NO.1111 何とぞろ目!で新ねこバス新聞創刊4周年記念号 ~ セルフスタンド(笑) »

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon