新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NO.1079 【再掲】寝室にこそ、省エネモデルのエアコンを設置しよう | トップページ | NO.1081 愛しのナゴヤ »

2015年6月 2日 (火)

NO.1080 夫や姑はお嫁さんの味方をしよう!

嫁姑問題、特に夫が親と同居の長男の場合はよく起きるのではないか?

最近は少子化のおかげでパートナーが「長男」である割合が増えている。

そして、若いカップルに財力がないことも相まって、親世代との同居も多いのでは?

親との同居は、夫の親との同居、妻の親との同居のパターンに分かれる、更にドイツの田舎に行くと夫婦双方の親と同居なんていう村もあるけど、以下「夫の親との同居」に絞って綴る。

妻の親との同居も、考え方は一緒だから、夫と妻とをひっくり返して読んでみればいいと思う。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

私は、まだ結婚して自分の両親と同居していた時、自分が悪役を演じることで、離婚した元妻が孤立しないように努めた。

妻が私を咎めるときには、我が両親もそれに同調して私を責めた。

私は孤独になっても、両親との「血のつながり」があるから、ちっとも構わない。

そんなの、へっちゃらさ(*゚▽゚)ノ

実際に、私の両親と元妻との関係は良好だった。

もし、親が私の味方をして、妻を責めるようなことになったら?

いわゆる「嫁 VS 姑」の関係になったら?

そして、私までも妻を責めるようになったら?

これでは、妻の家での居場所が無くなってしまう。

最近は、何事も親に頼る男が多い。

そして、マザコンの存在。

マザコンは、結婚できても夫婦関係、家族関係を破壊しないように気をつけないといけない。

学校や職場のいじめも同じなんだけど、パートナーが「孤独」にならないように配慮しないといけない。

どうしても嫁姑間の仲が悪いときは、夫は母親でなく妻の味方となるように振る舞うべきだ。

ただし父親がいない場合、今度は母親が孤立してしまう。

この場合は、血の繋がった母親へのフォローも大事になる。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ところで。。。

大阪に、結婚前から義母との折り合いが悪く、夫はマザコン、そして平素から妻と子供を危険運転する夫の車に無理やり同乗させ、家庭では暴力とモラハラを加えるという、どうしようもない伏魔殿から母子共々自宅から実家へ逃亡して別居し、離婚調停&裁判を起こした女性知人がいる。

夫への離婚調停を起こすのが早すぎたため、裁判所で離婚は認められなかったけど別居は続いている。

もちろん、再び同居するなんてあり得ない別居だ。

まあ、婚姻費用を貰いながら別居してるわけで「負けるが勝ち」と言える。

別居であっても夫は「離婚するまで」妻に婚姻費用(家族皆が同一水準の生活ができるよう、収入が多い方から少ない配偶者へ渡すお金)を支払う義務があるし、裁判沙汰になったおかげで、支払いを滞納した場合は、裁判所により給料その他資産が差し押さえられる。

給料を差し押さえる時点で、勤務先に「家庭の不祥事」がバレることになる。

 

離婚に応じれば「子供が大学を卒業するまで」の養育費の支払いだけで済む。

養育費は、子供のために払うお金で、離婚した配偶者へ支払うものではないから、

(婚姻費用)>(養育費)

となる。

婚姻費用は、たとえ子供が大学を卒業しようとも、子供が母親と同居し続ける限りずっと夫から妻に支払う義務がある。

大仰に言えば、夫は離婚しない限り自分が死ぬまで婚姻費用を支払わねばならない(笑)

養育費の支払いなら、子供が大学を卒業するまでだ。

 

どうせ夫は、いずれ再び離婚裁判を起こされ、その際には離婚確定!財産分与!となるのが常人なら分かるはずなのに、そんなことも分からないんだろうか?

金銭の損得勘定すら理解できない馬鹿な夫。

一旦勝訴しても、再度の調停&裁判により結局敗訴し、結婚生活に終止符が打たれる日が到来することを理解できない夫。

財産分与は別居開始時点での財産に基づいてなされる、つまり「ひとり勝手に使いきることは許されない」ことも、実は知らないのではないか。

 

まあ、金銭的、時間的損得勘定よりも「離婚&再婚を許さない」というモラハラを妻に加えたいのだろう、この大阪の小心者は。

それから、この夫は小心者ゆえ猜疑心が強いのか?

あろうことか、いや笑えることかな(笑)

この私を「(自分を捨てた)妻の交際相手」と勝手に決めつけたのか???

3年前に我が家に探偵を送りこんできやがったヽ(*≧ε≦*)φ

私と探偵との詳しいやり取りは秘匿する。

もちろん、最後に探偵を一喝して追い返した。

その前に、探偵から情報を訊き出し「逆探知」した。

(中略)

そして私は、地元の警察署と県警本部、それから夫の居住地を管轄する大阪の某警察署その他へ足を運んだ。

まあ、今は警察その他機関に「くさびを打ち込んた」と記しておこう。

このブログは、夫も読んでいると判明したので、詳細は書かない。

まあ、馬鹿モラ夫につける薬はないわ、という言葉を残して本稿を終えたい。

話が脱線したうえに長引いちまった(;;;´Д`)

 

以下、本稿後段に関係する過去記事へのリンク

■NO.299 探偵
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2012/09/post-01c1.html

■NO.305 不正アクセスは監獄行き
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2012/09/no-8a15.html

※知人女性は、自分に無断で夫からFacebookやメールなど各アカウントへ不正アクセスを受けたらしい。家族間であっても「不正アクセス」は犯罪です。犯罪だから当然警察に届けたようです。委細伏せます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マクロミルへ登録

« NO.1079 【再掲】寝室にこそ、省エネモデルのエアコンを設置しよう | トップページ | NO.1081 愛しのナゴヤ »

人権(いじめ・虐待・ハラスメント他)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

離婚・結婚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578215/61675149

この記事へのトラックバック一覧です: NO.1080 夫や姑はお嫁さんの味方をしよう!:

« NO.1079 【再掲】寝室にこそ、省エネモデルのエアコンを設置しよう | トップページ | NO.1081 愛しのナゴヤ »

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon