新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NO.1005 周りが見えない女たちと、足元に気づかない男たち | トップページ | NO.1007 保険屋が勧める商品への加入は、お客にとって安心か? »

2015年2月18日 (水)

NO.1006 曇りのち晴れの人間関係

まあ、これはケース・バイ・ケースなんだけど、人に忠告などするときには、私は「曇り のち 晴れ」とするように心がけている。

仕事などで何かを指摘、改めてもらいたい場合は、まず「提案」口調にするように心がけている。

なかなか、上手く行かないんだけどね。

つい、きつい口調になることもある。

ただ、私は「キレる」ことは滅多にない。多分ね(^-^;

そして、こちらの「提案」を聞いた相手に「納得したのか?」と確認するようにしている。

本人が納得しないまま、こちらの提案どおりに動いたとしても、思いどおりの仕事の成果は期待できない。

 

仕事の仕方について提案した、その後が大事だ。

言われたほうは、大なり小なり自らのプライドを傷つけられている。

これは、私が反省せねばいけないのだが、よそ者の私の口調は関東風、こちらの地元ではどうしてもきつく聞こえるようで。

そこで必ず、相手にアフターケアをするようにしている。

雑談をしたり、お菓子をおすそ分けしたり。

時には、飲みに誘ったり。。。

やっぱり、人間関係の良好な職場にしないと、1日の大半を過ごす職場空間が息苦しくなるからね(*^ω^*)ノ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

« NO.1005 周りが見えない女たちと、足元に気づかない男たち | トップページ | NO.1007 保険屋が勧める商品への加入は、お客にとって安心か? »

人権(いじめ・虐待・ハラスメント他)」カテゴリの記事

仕事・労働・就職」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578215/61099245

この記事へのトラックバック一覧です: NO.1006 曇りのち晴れの人間関係:

« NO.1005 周りが見えない女たちと、足元に気づかない男たち | トップページ | NO.1007 保険屋が勧める商品への加入は、お客にとって安心か? »

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon