新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NO.1004 家を売ってください ← 嫌です(笑) | トップページ | NO.1006 曇りのち晴れの人間関係 »

2015年2月17日 (火)

NO.1005 周りが見えない女たちと、足元に気づかない男たち

仕事が終わって、最寄り駅で電車をおりて狭い街路を家路につくと、部活動帰りと思しき(おぼしき)帰宅時間が遅い高校生の集団とすれ違う。

その際に、日々「面白いな」と思う現象がある。

男子の集団は、私とすれ違う際に狭い歩道をよけ「通り道」を確保してくれる。

まあ、当たり前のことだとは思うけど。

ところが、女子の集団は違うのだ。

仲間とのおしゃべりに夢中な女子の集団は、滅多に私をよけようとせず、下手するとぶつかりそうになる。

これでは、私の進路が確保できないので、こちらが歩道から車道に避けざるを得なくなる。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

では、高校生男子のマナーが良いかって?

そんなことはない。

電車に乗った時に、それを思う。

大股開いて、部活で使うでっかいカバンを床に置き、電車の席に腰掛けるのは、男子が多いな。

それだけ、着席できる人数が減る。

私は、政策的に格安に運賃が設定されている「通学定期」を使用する児童・生徒・学生は、大人に席を譲るべきだと思う。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

男女平等、男女共同参画という言葉のもと、男女同権へ向かって日本社会は進んでいるけど、男女の「性差」だけは、どうしようもない。

異性との違いを意識しながら、異性を尊重し合う生活を送ることが大切なのかな?

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

« NO.1004 家を売ってください ← 嫌です(笑) | トップページ | NO.1006 曇りのち晴れの人間関係 »

人権(いじめ・虐待・ハラスメント他)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

通学定期の立席定期化、良いアイデアですね♪

鉄道会社によって割引率は違いますが、通勤定期の半額以下のところもありますからね!
そもそも、まだ社会に貢献していない学生は社会人に席を譲るべきですよ!

まり☆さん、コメントありがとうございます。

ヨーロッパ各国などでは、電車内で子供が椅子に腰掛けていると、見知らぬ人から注意されることがありますよ。
幼少の折、西ドイツで母と市電の椅子に腰掛け乗っていたら、乗客のドイツ人のご婦人から英語で「子供は立って大人に席を譲りなさい」と、母が強く叱責されました。
それ以来、ヨーロッパの路面電車やバスでは、椅子に腰掛けずに立つようにしました。
日本では、お客様は皆さん神様!みたいなところがありますけど、私も子供は大人に席を譲るべきだと思いますね。
それだけでも、かなり痛勤が楽になりそうです(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578215/61049993

この記事へのトラックバック一覧です: NO.1005 周りが見えない女たちと、足元に気づかない男たち:

« NO.1004 家を売ってください ← 嫌です(笑) | トップページ | NO.1006 曇りのち晴れの人間関係 »

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon