新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月31日 (土)

NO.989 友人から借りて読んだ本

2015011701

「知の訓練」(原 武史著)新潮新書 740+

私がブログで本を紹介するときには、いわゆる「あらすじ」を紹介しないようにしている。

なるべくね。

あらすじを言ってしまうと、今風に言えば「ネタバレ」になってしまい、本を手に取る楽しみが無くなってしまうので。

新書なんかは、本屋さんでお客さんに手にしてもらうため「本のタイトル」に各出版社が工夫を凝らしている。

帯も含めて。

この友人から借りて読んだ本であるけれども、帯に「天皇から●まで」なんて書かれているので、これに釣られて購入した御仁も多かろうと思われる。

なお、友人の名誉のために申し上げるが、友人はそのような、邪(よこしま)な動機でこの本を購入したのではないことを申し添える。

まあ、別に帯に釣られて本を買っても、それはそれでいいと私は思う。

とにかく今どきの人間は本を読まないから、きっかけは何でもいい、本を読みさえすれば。

特に新書は気楽に、こま切れ時間に読めるのでお勧めする。

夏休みの子供と違い「読書感想文の提出義務」も大人にはないんだし。

新聞や本を読むことで、知識や教養を身に着けることは、社会人としての「たしなみ」だと私は思う。

それに、本を読めば自然と「書く力」つまり文章力も身につく。

現代人の国語力が、某公共放送のアナウンサー、新聞記事、小説家の作品なども含めて全体的に落ちているのは、本を読まなくなったからではないのか?

特に小説家の「初歩的な文法や文字の誤り」は、「芸術」という名ではごまかせないと思っている。

なんていうお前の国語力、文章力はどうなんだと問われると、答えに窮するんだけどさ(苦笑)

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月30日 (金)

NO.988 日本人は苦手かな ~ドレスコード

日本人が苦手とするもののひとつに、「ドレスコード」がある?

同じく苦手なチップと共に、日本では馴染みが薄いということもあろう。

チップについてはいずれ書くとして、今回はドレスコードについて少しだけ触れてみよう。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

披露宴には「平服」でお越しください。

これなど、まさにドレスコードである。

平服と案内されても、まさかTシャツにジーパンなんて恰好で参加する人はいないだろう。

普通のスーツ(またはそれに相当する恰好)でいいですよ、という意味である。

高級ホテルなどでも、小ざっぱりした格好をしていれば、普通の日本人ならまず問題ないけど、ホテル内のフランス料理店なんかでは「ネクタイ着用」が求められることが多い。

最近、外資系高級ホテルの国内進出で、従来からある日本のシティホテルも含めて「クラブフロア」と呼ばれる(ホテルにより名称が異なる場合あり)、主にホテルの高層フロアに位置する値の張る客室が増えてきた。

クラブフロアには、クラブフロアの宿泊者専用のラウンジ「クラブラウンジ」が設けられている。

ここでは朝から深夜までソフトドリンクが飲み放題、加えてブッフェスタイルの朝食、ティータイムの菓子、カクテルタイムのアルコールや軽食が好きなだけ無料で供される(もちろん宿泊料金は他のフロアの客室よりも高い)。

クラブフロア自体には、ドレスコードは「ない」。

でも「クラブラウンジ」には、ほとんどのホテルが「スマートカジュアル」というドレスコードを設けている。

これは、まあ普通の格好でいいですよ、という意味なんだけど、この「普通」という言葉を勘違いしてはいけない。

クラブラウンジは「公の空間」であり、そこに居る他の宿泊客を不快にしない程度の服装、つまり「カジュアルでいいけど、スマートな」恰好が求められるわけ。

だから暑い夏でも、男なら最低でも半袖でもいいから「襟付きシャツ」に「長ズボン」でないと、ドレスコードに引っかかって、コンシェルジュはじめラウンジスタッフから追い返される。

たとえ追い返されなくても、ホテルライフに慣れた宿泊客から「白眼視」されることは間違いない。

ドレスコードはホテルに限らず高級レストラン、旅館、料亭などにも存在する。

誰も教えてくれないドレスコード。

でも、普段から「お店や周囲の人たちに不快感を与えないように」心がけていれば、何ら気にすることはないのである。

だって「タキシード着用」なんてドレスコードを指定されることが頻繁にある読者さん、いる?

豪華クルーズ客船に乗るときには、タキシード要る場合が多いけどね!

ちなみに私は一度もタキシードなんて着たことないけど、一度くらい豪華客船に乗ってみたいよ(*^-^)

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月29日 (木)

NO.987 横綱 旭富士

大鵬の優勝回数記録を塗り替えた、平成の大横綱「白鵬」の発言が物議を醸しているな。

ということで、今回は相撲の話を。。。

 

子供の頃は、私はNHKテレビで大相撲を観戦するのが大好きだった。

夕方5時頃から6時までは相撲タイム。

勉強は、二の次だったな(笑)

当時の私の相撲好きは、とうの昔に死んじゃった、母方の祖父の影響が大きかった。

今では外国人、特に白鵬中心にモンゴル人力士の活躍ばかりが目立ち、また平日は仕事がありテレビ観戦ができないということもあって、大相撲に興味を持つこともなくなった・・・

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

私が高校生から大学生の頃「旭富士」という力士がいた。

最後は横綱まで昇進したけど、ブログの読者で知っている人は相当な「相撲好き」だろう?

北の海や千代の富士、若貴兄弟、小錦などに比べれば、地味な存在だったので。

旭富士の来歴について知りたい方は、以下のリンクからウィキペディアの記事をご覧いただきたい。

■旭富士正也:ウィキペディアより
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%AD%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E6%AD%A3%E4%B9%9F

力士としての才能に恵まれながら、横綱としては短命に終わった「苦労人」である。

なかなか横綱になれなかったのは本人の「努力不足」だという親方衆も当時は多かったけど、相撲雑誌を読むと、(部屋の)親方のいないところで一人稽古に精進していたとは弟弟子(おとうとでし)の話。

リアルに、身の回りにもこういう「怠け者」に見えながらも、実は人目につかないところで努力している人、いるかもしれないよ。

私は、こういう旭富士の大ファンだった。。。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月28日 (水)

NO.986 どうしてホテル客室のお茶はマズいのか?

Dsc_0951

最近のホテルには、客室でインスタントコーヒーやティーバッグの紅茶も無料で飲めるところが増えつつあるけど、まだまだ主流は、客室のポットでお湯を沸かして飲む、ティーバッグの「緑茶」「ほうじ茶」だけの無料サービスでしょう。

これがビジネスホテルのものであろうと、ビジネスホテルの10倍もの宿泊代がかかる、我が東京の定宿である某外資系高級ホテルのものであろうと、等しくマズくてたまらない。

お茶のマズさに、ホテルの違いは関係ないのである。

特に、緑茶が美味しくない。ほうじ茶は、まだマシ。

私は、鉄道趣味が嵩じて旅行そのものが大好きになり、シンガポールや東京などでホテルライフなんかも満喫することが多い。

もちろん、シンガポールにはインスタントコーヒーや紅茶はあれど、緑茶やほうじ茶はない。

東京の定宿、某外資系高級ホテルのお茶なんか、時に無料でアップグレードしてもらったジュニアスイートの客室には「急須」が備えられていたけど、葉っぱは所詮同じ緑茶のティーバッグだから、やはり不味くて飲めない。

ネスレのインスタントコーヒーのほうが、よほど美味しかった。

ただし、東京の定宿にはクラブフロアがあり、そこのラウンジで私はそこでコーヒーメーカーで挽いたコーヒーを飲んでいるから、あまり不自由はしていない。

東京でも、靖国神社へ参拝し、神田神保町の書店街を回る以外は、ホテルに引きこもる生活が多い。

高級ホテルでは、ホテルライフを楽しまなくっちゃ!

余談だがホテルへは、書店街で本を大量買いするため、荷物を考え自家用車で行くことが多いな。

東名高速を長距離ドライブする楽しみもあるし(海老名SAの混雑だけは毎度ながら辟易する)。

そしてカクテルタイムには、おつまみ片手にギネスビールや、ウィスキーを味わう。

その後、ホテル内の寿司屋さんや中華料理店、あとはコンシェルジュに紹介&予約してもらい、外に出て好きなものを食べに行く。

それにしても、閑散としているゆえ落ち着くシンガポール定宿のクラブラウンジと異なり、東京の定宿のラウンジは日本最大の規模を誇るためか、お客さんも多くやかましい。

そして、どちらかといえば「ミーハーな」客層のため、カクテルタイムになると「餌とガソリンを求めて」主に若いカップルの行列ができる。

とにかく、まるで社員食堂の昼食みたいで、見苦しい。

まあ彼女に、かっこいいところを見せたいのだろう。可愛いね(*^m^)

1泊1室定価5万円(2人部屋なので2人で泊まるなら1人あたり2万5千円)は、私には高いぞ。若者には、もっとキツイのではなかろうか?

もっとも、私はホテルの公式サイトから会員価格で大幅割引により宿泊しているので、定価では泊まらないし、泊まろうと思わない。

 

それにしても、緑茶はティーバッグには合わない。

むしろ粉末状の、溶かして飲む緑茶のほうが美味しいのではないだろうか?

全国の高級ホテルからビジネスホテルまで、再考願いたい。

まあ、マズいマズイと言いながら、勿体ないのでお茶のティーバッグを我が家に持ち帰り、愛飲しているんだけどさ(笑)

※たまに、粉末スティックタイプの緑茶が客室に置かれているビジネスホテルがあります。
 もちろん掃除の際の後片付けがティーバッグよりも楽だから粉末にしてるんだろうけど。
 でも、粉末のお茶のほうが高級ホテルのティーバッグ緑茶よりも美味しいと思うのは、
 やっぱり気のせいなのかな?

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月27日 (火)

NO.985 いいモノは、売れるんだよ!

年初に訪れたシンガポール。

年々、日本車が街から減っていくのを改めて実感した。

タクシーからは「クラウン」「コンフォート」が消滅し、メインは韓国現代(ヒュンダイ)の「ソナタ」になった。

「シルフィ」「カローラ」が消えた。

たまに見かけるのは、日本でも安価に発売されているマツダやスズキの大衆車。

それから「カムリ」や「セフィーロ」(日本名ティアナ)。

雰囲気としては、カムリやセフィーロのクラスが「最低ライン」で、多くが高級車ばかり。

「ソナタ」は、タクシーだけでなく自家用車でも目立つ存在になった。

ソナタは「最低ライン」の中で、カムリやセフィーロよりも価格的に優位にあるのだろう。

高級車は、メルセデス、BMW、アウディはじめドイツ車が優位なのは日本と同じ。

あとは、欧州の高級スポーツカーや、ポルシェ、マセラッティ、フェラーリ、ランボルギーニなどが目立った。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

救いは、高級車の中に「レクサス」も目立っていたこと。

それから、タクシーには少なからずの「プリウス」が見られた。

価格競争に巻き込まれては、もはや日本製品は韓国や中国などに負ける。

韓国や中国が太刀打ちできない「高級品」で、日本は世界挑戦を仕掛けるべきではないかと思う次第である。

いいものは、大枚はたいても買ってくれる。

シンガポールに限らず、どこの国でも同じであろう。

韓国車を見かけない日本、そして日本車を見かけない韓国が、異常なのである。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月26日 (月)

NO.984 自動車保険の複数年契約

昨年、酒気帯び運転の車に愛車の「カマを掘られた」事故は、本当に腹立たしいわ(`Д´)

100%相手が悪い追突事故なので、修理費用も100%相手方加入の任意保険で賄った。

それにしても、相手方が任意保険に加入していたのがせめてもの救いだった。

※相手方は酒気帯びだったため、自車の修理に保険は使えず、また酒気帯び運転で現行犯逮捕された。。。

ところが、私が懇意にしているカーディーラーの営業マンによると、我が愛車は「事故車扱い」となり、事故時点でまだ2年少ししか乗っていなかったのに「残存価値」がほとんどなくなってしまったとのこと。

ところが「価値減耗分」までは、現行の自動車保険ではいずれの保険会社でも保障してくれない。

つまり、中古で売ろうにも売れない以上、貧民の私としては「乗りつぶす」しかないわけである。

本当は、今の車は「中継ぎ」にして、別の車を買うつもりだったのにな!

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

それはともかく、私は手厚いサービスを期待して、ディーラーをとおして自動車保険に加入しているけど、最近自動車保険の値上げが相次いでいる。

もちろん、人身事故が減っても「物損事故」が増え続けているからである。

保険の更新の際に、少しでも保険料を節約する方法はないかと営業マンに相談した。

「3年間の『複数年契約』というものがありますよ!」

だってさ。

・契約期間中事故を起こして等級が落ちても、保険料は上がらない(勘違いしてはいけない。事故すれば等級自体は落ちる)。

・複数年契約のため、保険料が値上げされても差額を徴収しない。

3年間、同じ保険屋に縛られるわけだけど、私は保険についてはディーラー任せにしているので、私が保険会社を変える可能性は極めて低い。

保険屋を変えることは考えられない、ということで去年複数年契約を結んだ。

少しでも「節約」するよ( ^ω^ )

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月25日 (日)

NO.983 和式トイレに困惑する子供たち

「昭和時代」と異なり現代のトイレは「洋式」がすっかり定着し、「和式トイレ」を見かけることも減ったのではないか。

然るに、洋式への改修が進んでいるとはいえ公立学校の大半は「和式トイレ」が主流だそうで。

小学校に入学した新1年生は、トイレに行っても、和式トイレの使い方が分からず、困惑するそうだ。

中には「小学校に入学する前に「和式の練習」をしておくといいよ」というアドバイスもあるけど、そもそも自宅のトイレも、外出先のトイレも洋式ばかりでは、練習のしようもなかろう。

男の子は、まだいい。

小便器と分かれているので、何となく使い方の想像がつく。

※男性用小便器は、様々な形状があれど日本も含め世界共通である。

でも、女の子の場合はどうだろう?

立ってするのか? しゃがんでするのか?

前向きに? それとも後ろ向きに?

英語での案内表示の充実など、外国人向けに国際化の対策を図るのも大事だけど、日本で暮らす人々の生活様式の「洋式化」への対策にも、もっとお金をかけてほしい。

可愛い女の子がもよおしているのに、用が足せずお漏らししちゃったでは、あんまりにも可哀想ではないか。。。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月24日 (土)

NO.982 浴槽のお湯、再利用していますか?

よく災害、火災に備えて浴槽に「残り湯」を張ったまま残しておきなさい、と言われている。

私は「雑菌がわくので気持ち悪く」、やってませんm(__)m

ぬるま湯の温度は、雑菌が繁殖するのに適度な温度だな。

確かにお湯を張っておくと、災害対策になるだけでなく、この残り湯を洗濯機に使うこともできる。

でも、洗濯機で使うには電動ポンプで残り湯を汲み上げねばならない。

それが、とても時間がかかる。

一時期、バケツを使って残り湯を浴槽から洗濯機に移し替えていたこともあったけど、横着してどうしても床が水浸しになることもあった。

 

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

風呂の残り湯を張らない代わりに、我が家では大量のペット水(2l入り、500ml入り)を備蓄している。

それを少しずつ消費し、消費した分を補充して賞味期限が切れないようにしている。

皆さんのお宅では、風呂の残り湯を災害対策として残していますか?

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月23日 (金)

NO.981 あなたはエスカレーターの側に立ち止まる? それとも駆け昇る?

世界の潮流に反し日本では、エスカレーターを歩くことが危険だとして、「規制をかける」、つまりは「歩行を禁止する」そうな。

もちろん、法で縛るのは難しいので、携帯やスマホの電車内での通話を禁止するのと同じく、あくまでも「マナー」の範囲でのことになるみたいだけど。

確かに、日本のエスカレーター製造メーカー各社も「弊社のエスカレーターは、歩行者の存在を前提に設計されていない」と口を揃える。

では、どうして諸外国の「日本企業がこしらえた」エスカレーターでは歩行を禁止しない、むしろスムーズに歩行できるように法なりマナーなりが整備され、定着しているのか?

同じ企業の製品でも、日本と外国のそれでは耐久性などが異なるというのか?

日本の各エスカレーター製造企業よ、嘘つくな!

(日本国内で)転倒などのエスカレーター事故が起きたときの責任を負わされないよう「予防線」を張っているのだろう、と勘繰りたくもなるわ!

 

そもそも、エスカレーターって「移動を楽にする」役割をもって設置されてるのでは?

移動を楽にする役割として「歩行せずとも自動的に上下させてくれる」だけでなく「普通に歩行するよりも『更に早く』上下させてくれる」ということを忘れてはいないだろうか。

今はどうだか知らないけど、ソ連時代のモスクワの地下鉄は大深度にあるためエスカレーターの距離が長く、人間を早く運ぶためにエスカレーターの速度を異常に早くしていたと聞く。

全く、日本のエスカレーターは、外国のと比べて速度が遅すぎ!

とにかく、階段を早く駆け上がったり、駆け下りたほうが、エスカレーターに「立ち止まったまま乗る」よりも昇り降りできる。

だから、日本ではみんなエスカレーターを歩いて昇降するんだよ。

先日訪ねた久々のシンガポールでは、「法律で」左に立ち、右側を(歩いて昇降する人のために)空けろと定められ、その旨のピクトグラム(案内表示)がエスカレーター付近にある。

余談であるが、日本と同じく右側を空けるのは(関西は左側を空ける)のは、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランドくらいで、その他多数の国々では、左側を空けるのがマナーなりルールなりだそうである。

ご参考までに。

 

それにしても、駅のエスカレーターや空港のムービングウォーク(動く歩道)を並んで立ち塞いでいる連中には本当に腹が立つ。

特に外国の大空港は、成田空港など比べ物にならないくらい広く、乗り継ぎのために急いでいる人も大勢いるので、そういう人の存在に慣れない日本人は、ムービングウォークやエスカレーターでは、片側を空けるよう心掛けてほしい。

 

グローバルスタンダードに逆らって、エスカレーターの歩行を禁止する?

ただでさえ外国人に「英語のバリアー」を張っている日本と日本人。

こんなので、2020年東京オリンピックを開けるのか?

東京圏のインフラ整備は必要だけど、言語バリアーを取り除くとか、社会ルールを国際常識に合わせるとか、なすべきことが他にも山ほどあるのではないか。

まして、エスカレーター歩行禁止なんて、時代錯誤も甚だしいルールを取り入れるだなんて、言語道断だ!エスカレーターの存在する意味や理由を理解していないとしか言いようがない。

その証左に、日本のエスカレーターは「昇り」しか設置されていないところが多いでしょう

あと、エスカレーターを歩くことはやっぱり危険だという人は「エレベーター」を利用すればいい。

我が意見への異論、反論、賛意、何でも歓迎する。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月22日 (木)

NO.980 朝日新聞

諸般の事情から、今月限りで「とりあえず」朝日新聞の定期購読を「休止」する。

然るに私は、五大全国紙(朝日、読売、毎日、産経、日経)から、日本を代表する新聞社を1社選びなさいと問われれば、自信を持って「朝日新聞」と答えるだろう。

実は朝日新聞、地方紙を含めた全国の都道府県別購読者数で、トップである府県はゼロなんだそうな。

やっぱり、田舎では地方紙が強いので(読売がトップの府県はいくつかある)。

例えば、偉大なる田舎とか、日本一の田舎とか揶揄(やゆ)される名古屋を擁する愛知、岐阜、三重の東海三県。

東海三県では、新聞を購読する世帯の4分の3が東海地方のブロック紙「中日新聞」を購読しているとのこと。

※余談だが「東京新聞」は、中日新聞社が発行する新聞です。つまりは中日新聞の姉妹紙です。

地元ネタを知るには、都道府県単位で発行される地元紙や、ある程度広範囲で発行されるブロック紙(北海道新聞(札幌市)、中日新聞(名古屋市)、西日本新聞(福岡市))で十分かもしれない。

でも地元紙、ブロック紙は全国記事が弱い。

これらの新聞社、そして日経新聞なんかも、自社で賄えない記事を「共同通信社」や「時事通信社」に依存している。

私は現在、日経新聞も購読しているけど、やはり経済関係以外のニュース、特に社会面が弱い。

時には、外部の通信社が配信する記事を載せる地元紙と日経とで「全く同一の記者が書いた記事(共同、時事)」が載る、つまり「かぶる」ことがある。

一方で、自社で国内外にネットワークを張り巡らせている読売や朝日などは、自前で記事を載せる。

このことで、新聞社の「顔」が見えてくるわけ。

産経は右寄りだとか、朝日は赤だとか(笑)

読者が最も多い新聞は、読売新聞だ。

一時期私も、購読していた時期がある。

ただ、首都圏を中心とした都市部に読者が偏る読売新聞を「日本を代表する新聞社」と言えるのか?

朝日新聞は、読者数でこそ2番手に甘んじているものの、全国各地にむらなく読者がいる。

そして、とかく「左に偏向している」とされている朝日の記事であるが、決してそのようなことはないと思う。

朝日新聞は、時の政権に批判的な記事を載せるのである。

だから、民主党政権時には民主党の政策を非難する記事を載せ続けた。

毎日新聞・・・かつて「報道の毎日」と呼ばれ、読売、朝日と購読者獲得競争を展開した面影は、ない。

毎日新聞は、発行部数において「ブロック紙」の中日新聞に抜かれてしまったと記憶している。

産経新聞・・・他紙とは異なる切り口から論陣を張る姿勢には、好感を抱くこともあるものの、自分に子供がいたら「絶対子供に読ませたくない」と思う。

インテリ層に、産経を愛でる人間がいったいどれだけいるだろう?

新聞記事に「面白さ」を求める読者のための、単なる娯楽紙としか思えない。

日経新聞は、言わずと知れた日本随一の経済新聞で、多くのビジネスパーソン中心に読者がいるけど「本当に中身を理解して購読している」読者は、ほとんどいないのではないか?

以前どこかで書いたけど、通勤電車内で「カッコつけ」のために日経を読んでいるとしか思えないスーツ姿の人間が多い。

運転が下手なサンデードライバーがフェラーリを運転するようなもので、(他紙より高い)お金と、時間の無駄ではないか。

話は逸れるけど日経の、他の全国紙に勝る記事が「競馬ネタ」だということは意外と知られていない。

週末になると、お馬さんの話題が必ず日経に載る。

 

朝日新聞は、時の体制にも、大衆にも迎合しない稀有な新聞社で、政治、経済、文化、社会等々内容のバランスがとれ、記事の水準も高い。

先日宿泊したシンガポールのホテルでは、宿泊者は日経と朝日、いずれかの新聞を選択できるようになっていた。

ドアノブにかけるプラスチックの札の面に「朝日新聞」、反対面に「日本経済新聞」と書かれ、どちらを部屋に持ってきてほしいか意思表示するシステム。

そこに読売や毎日、産経という選択肢は、なかった。。。

機内紙には「中日新聞」があったけどね。

さすが中部国際空港発着便。

 

本当は朝日を止めたくないんだけど、いろいろ事情があって、併読している日経新聞1本に絞ることにした。

日経と朝日との併読は、記事が「かぶる」こともなく、ベストミックスだったんだけどね。

子供がいれば、迷わず朝日新聞にするけど。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月21日 (水)

NO.979 職場で何か飲んでますか?

セールスなど外回りの仕事や、工場での仕事なんかだと「机で、コーヒーでも飲んで一服」とはいかないよね。

まあ、外回りなら空き時間に喫茶店で一服できるけど、工場やコールセンターなどでは、そうはいかないだろう。

幸い?私はデスクワークがほとんど、しかもパソコンや書類とにらめっこの仕事なので、適度に休憩をとり、その際にはインスタントコーヒーを自分のデスクで飲んでいる。

※ある日以降、こぼした飲物が書類やパソコンを痛めるからと、机上での飲食が禁止されたことがあったけど、いつの間にか「元どおり」になった。

私は主にインスタントコーヒー、自宅ではネスレジャパンの「ゴールドブレンド」を飲んでいるけど、職場ではワンランク上げ見栄を張り、同じネスレの「香味焙煎」シリーズを愛飲している(笑)

粉末状の緑茶なんかをポットのお湯で溶かして飲むこともあるけど、私は圧倒的に香味焙煎でーす('◇')ゞ

あとは、お菓子も食べる。

チョコ系が多いのだけど、とにかく小袋に入っているものを買うようにしている。

それを、時には周りの皆さんにも「おすそ分け」する。

デスクワークは、時々休憩しないと目が疲れ、頭も疲れ、身体全体も疲れてくる。

だから、時に一服して(タバコは吸わないけど)、菓子を周囲に分けて「楽しく仕事しましょう」モードを作るように心がけている。

それと、コーヒーに入れる、またお菓子に含まれる砂糖は、脳みその必須養分です。

言い換えると、脳の栄養素は天然の糖分だけ。

人工甘味料ではダメ!

さて、皆さんは職場で何か飲んでいますか?

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月20日 (火)

NO.978 中学校の同級生へ~同窓会についての私見

私が卒業した中学校は、卒業当時学年に3クラス、生徒数合計90数名という、こじんまりとした学校だ。

それだけ、クラス単位でなく「学年単位」での団結心?が強い。

そして数年に1度、同窓会を開く。

幹事は、持ち回り。

ところでこのブログを、少数ながらも同級生も読んでいることを幸い「幹事」について私見を述べたい。

つまりは、お願いですm(__)m

お読みくださっている同級生は「地元在住の同級生」に、アイツがこんなことをブログっていたと伝えてくだされば幸いである。

結論から言えば、地元から離れた同窓生を「幹事から外して」ほしい。

地元で暮らす同級生と違い、遠方からわざわざ交通費と時間をかけ、故郷へ戻ってくるのである。

同窓会に参加する予算は、私の場合、もはや故郷の実家に泊まることができないため、同窓会費、交通費に加えてホテルの宿泊費まで加わる。

同窓会参加にかかる経費は、合計で3万円くらいか?

二次会、三次会となると、さらにお金が要る。

私は、どうしても二次会へ進んでしまう(笑)

地元で暮らす同級生は、同窓会の会費に若干の交通費なり駐車代なりを払えば一次会に参加できるわけだ。

然るに、地元を離れた人間が同窓会に参加するには、同窓会費の何倍ものお金をかけねばならない。

そして、地元への往復に時間も要する。

そのうえ更に、幹事までさせられてはたまらない、というのが私の本心だ。

誤解なきよう断っておくが、前回の同窓会を「幹事役を拝命しながら欠席」したのは、あくまでも祖母の突然の死によるショックが大きかったためだ。

次回の同窓会の幹事は既に決まっているはずだけど、「その次の幹事」を決めるにあたっては、遠方からの参加者へ少し気配りしてもらえないだろうか。。。

ところで皆さんの同窓会やクラス会は、どうやって運営していますか?

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月19日 (月)

NO.977 【再掲】ホテルのスリッパ?

今回は約3年前、2012年3月10日にアップした記事を再掲します。

以下のリンクからご覧ください。

■NO.144 ホテルのスリッパ?(2012年3月10日付)
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2012/03/post-9197.html

今後とも、評判の良かった記事を随時「再掲」しますね♪

我が家は「未使用の」スリッパで溢れかえっています。

使い捨てスリッパ、来客用にも便利ですよ!

お客さんにも「清潔」だと思ってもらえるのでね。

それから吸水性も高いので、お風呂上がりにも便利。

使い捨てスリッパ・・・私は自家用として重宝しています(*^-^)

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月18日 (日)

NO.976 名古屋 VS 福岡 第2弾 ~ニューヨークよりメキシコシティのほうが都会なのか?

今回も、博多びいき、福岡びいきの私が書いた記事なので、名古屋人は大目に見て読んでね(^^♪

生粋(きっすい)の、ニセモノでない名古屋人なら「余裕をもって」この記事を読むことができるだろう。

私だって豊かな名古屋エリアに住んでいるから、名古屋の良さは十二分に理解してるし、それを享受した暮らしを送っているのでね。。。

 

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2ちゃんねるで引用されているおかげで、根強い人気を誇るのが以下私がアップした記事だ。

■NO.726 名古屋 VS 福岡
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2014/04/vs-959e.html

試しに2ちゃんねるを覗いてみようか。

●Yahoo!JAPAN
 http://www.yahoo.co.jp/

 の検索窓に

 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2014/04/vs-959e.html
 ↑このアドレス、つまりは名古屋 VS 福岡のアドレスをコピーペーストして検索してみて。

 すると、以下の2ちゃんねるサイトがヒットする(たぶん)。
 

■福岡が名古屋を追い抜く日は来るか? Part6
 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/develop/1407511994/

 これの「NO.60」に、私のブログが引用されている(たぶん)。

 ところが、ここには、こうも書かれている。

 

>>しかも所々データを捏造(ねつぞう)してるしw

 

 

私は、東洋経済新報社が毎年刊行する「都市データパック」という、全国すべての市区町村の統計データを集めた本と、日本経済新聞社が刊行している調査報告書に基づき、当該記事を書いた。

データという事実に基づき書いているのであって、捏造など一切していない。

 

ところで、名古屋人というより愛知県民は「自給自足ができる、数少ない県民」ゆえに、東海三県から外に出たことがないという人が珍しくない。

工業都市名古屋が商業都市福岡よりも都会だという連中は、福岡市へ行ったことがあるのか?

街の賑わいは、電灯に例えるなら、こんな感じだろうか?

名古屋は照明器具のサイズは大きい、けれども電球のワット数が小さいから暗い。

一方の福岡は、照明のサイズこそ「ナゴヤ電灯より」小さいものの、ワット数がより大きいからナゴヤ電灯よりも明るい、といったところかな?

小さいけど、より強く光り輝く。

 

名古屋はビジネス、特に工業中心の街。

福岡もビジネス中心の街だが、それだけでなく福岡はグルメ含めて観光地でもある。

そして西日本のサービス業の中心地でもあり、さらには九州大学はじめ各大学が集う「学生の街」でもある(市人口に占める大学生の割合は、政令指定都市では京都市に次ぐ)。

名古屋には、東京、大阪、福岡、札幌のような、街の華やかさも、夜の賑わいもない。

演歌に唄われることもない(たぶん)。

仙台といえば「青葉城恋唄」、みたいに有名なご当地ソングが、名古屋にあるか?

とにかく名古屋にあるのは、荒漠たるビル群と、地下街と、発達した道路網、そして田畑。。。

福岡市内に高層ビルがないのは、中部国際空港セントレアの2倍以上の発着便数&利用客数、そして羽田、成田に次ぎ全国第三位の発着便数、利用客数を誇る福岡空港が福岡市内のまさに市街地の中にあり、建築物に高さ制限がかかっているからだ。

しかも、たった1本しか滑走路がない福岡空港の移転計画はとん挫し、現在地に存続したまま並行滑走路を増設することが決定した。

 

都会の定義とは、商業が発達し、人々が国内外各地から集い、そして各種情報を発信する街だと私は考える。

それから、中心繁華街が24時間賑わう街。

あとは政治、経済、文化、交通、学問などにおいて地域の拠点となる街。

東京や大阪、福岡、札幌同様に、名古屋にも、それが当てはまるだろうか?

私には、どうしても名古屋が「都会」だとは思えません!

・JR名古屋駅には、2両編成の列車が相当な頻度で出入りします!

・JR名古屋駅には、ワンマンカーまで頻繁に入線してきます!

・器はご立派な中部国際空港セントレアに駐機しているのは、特に国内線は小型機ばかりです。

※都市高速はじめ充実した道路網や地下鉄は名古屋のほうが充実しているけど、実際に利用されているか?東山線以外の地下鉄はガラ空き、日本一通行料金が高い名高速(名古屋高速)もガラガラ。

※発着枠に余裕がある中部国際空港は新規就航路線を確保すべくセールス活動に力を入れている。反対に福岡空港は発着枠に余裕がないため、国内外の航空各社の新規路線の就航を断り続けている。同じく1本しか滑走路がない空港なのに。。。

 

これが、三大都市名古屋の実態だよ。

福岡市は、名古屋に比べればその3分の2と人口規模は劣るけど、毎年全国一の人口増加を続けている。東京23区を除けば人口日本一の大都市、横浜市よりも実数で多いとは、驚異的ではないか。

数年前に京都市の人口を抜き去り、更には間もなく、人口微減の神戸市を追い越すことが確実視されている(数年後に人口で福岡市に抜かれるとは、神戸市長も明言している)。

そうなれば、人口順位は、

東京23区>横浜市>大阪市>名古屋市>札幌市>福岡市>神戸市>京都市

となるわけ。

横浜と名古屋、神戸は明らかに工業都市だし、横浜と神戸はそれぞれ東京と大阪のベッドタウンでもある。

札幌は福岡市よりも人口が多いけど、「都市圏人口」が福岡都市圏よりもはるかに少ない。

繰り返すが、都会とは、

「人々、特に若者が各地から集い、お金を「消費」し、各種情報を発信する街」

「中心繁華街が24時間賑わう街」

「政治、経済、文化、交通、学問などにおいて地域の拠点となる都市」

 

 

カード会社の問い合わせ先に東京、大阪と書いてある場合、そこにTELすると、ある会社は東京へ転送され、別の会社は大阪へ転送される。

この「名古屋飛ばし」は、名古屋に拠点性がないことの証左だろう。

 

博多・中洲、札幌・ススキノ、大阪・北新地、銀座、新宿・歌舞伎町は全国区の知名度を誇り誰でも知っている。

けれども、名古屋の錦三(きんさん。錦三丁目のこと)なんて、よそ者は誰も知らんぞ。

もちろん、夜の需要自体がないというのもある。

名古屋は大都市だけど、決して都会ではない。閉鎖的な田舎。

福岡は、大都市ではないかもしれないが、やっぱり名古屋よりも都会。

昔から開けた街だし、よそ者にも優しい。

 

戦前の帝国大学も、名古屋帝国大学は最後に開学した。

名古屋帝大開学時、既に九州帝国大学や東北帝国大学などもはそれぞれ福岡、仙台にあった。

つまりは、名古屋は決して昔からの伝統ある「学都」ではない。

学都というなら、名古屋よりもむしろ仙台のほうがふさわしいのでは?

それにしても「都会」と「大都市圏」との区別ができない馬鹿どもが2ちゃんねるに集まって、くだらない議論をしているようで。

 

最後に整理して終わりにする。

「大都市圏」と「都会」とに分けてみよう。

 

●大都市圏はこんな順か。名古屋は大都市ではある。札幌は都市圏が弱いのでカット。

 ・首都圏(=東京圏。東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城の一部)

 ・近畿圏(=大阪圏。京都、大阪、兵庫、奈良、滋賀、和歌山)

 ・中京圏(=名古屋圏。愛知、岐阜、三重)

 ・福岡圏(=福北都市圏。福岡、佐賀の一部、山口の一部)

 

●都会は以下の4か所だけ。名古屋は都会ではないと思う。

 ・東京、横浜

 ・京阪神(大阪、神戸、京都)

 ・札幌

 ・福岡

 

異論のある方々へは、この言葉を贈る。

ニューヨークよりもはるかに人口が多いメキシコシティのほうが、ニューヨークよりも都会だと断言できるのか?

おわり(◎´∀`)ノ

 

いま名古屋圏で暮らし、福岡の中心部で暮らしたことがある人間が書いてるんだから、自信をもって「名古屋のほうが大都市だけど、福岡のほうがはるかに都会」だと断言できる。

反論があれば、2チャンネルなんかでこそこそやらないで、堂々とコメント欄でどうぞ。

ただし「公序良俗に反する」とブログ管理人つまり私が判断したコメントは載せない。

 

※勿論、2ちゃんねるというくだらない世界で福岡びいきの持論を展開している連中も、名古屋びいきの連中と同じくアホだと思う。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月17日 (土)

NO.975 離婚して丸3年~思えば贅沢すぎる結婚生活だったな…

1995年1月17日の阪神・淡路大震災から、今日で丸20年。

大震災でお亡くなりになった方々のご冥福をお祈り申しあげます。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ところで、今日1・17は、私にとって「離婚記念日」でもある。

そう、3年前の1月17日に私たちは協議離婚した。

夫婦共有名義だった土地と家屋は、同じく夫婦連帯債務だった住宅ローンと共に全て私のものになった。

2倍以上になった住宅ローンの返済は、きついよー゚゚(´O`)°゚

何せ、元々「2人分の給与収入」でローンを返済していたのだから。

しかも元妻のほうが稼ぎが多く、不動産の持ち分も多かった。。。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

結婚していたころは、互いにフルタイムで勤務していたために相当な収入があった。

名古屋のそばで暮らしているために、洋服や靴などは主に名古屋市内の百貨店で購入し、名古屋にないものは東京や福岡まで「買い出しに」出かけていた。

名古屋にないものは、大概は大阪にもないので自然と足が東京と福岡へ向かっていたのだ。

名古屋にも大阪にもないものが、意外と福岡にある(女性物のブランドの場合。男物は知らない)。

これを口実に「福岡旅行」を企てていたというのもある(笑)

とにかく私は、それほどブランド物にはこだわらないが、元妻は違った。

というわけで東京、福岡へ「お買い物」となるわけだが、そういうわけで「お供」をする私も「まんざら」ではなかった。

元妻にとっては「お買い物」でも、私にとっては「小旅行」だったからね。

東京では某高級ホテルの、クラブフロアを定宿としていた。

夕食は、ホテル内の寿司屋やフレンチ料理店。

ルームサービスを頼むこともあった。

福岡でも似たような感じ。高級ホテルに泊まっていた。

ただ、福岡では「とんこつラーメン」を食べたいと強硬に主張する私の意見が優先され、昼も夜もラーメンの食べ歩きをすることが多かったな。

それに福岡の定宿には、当時はクラブフロアがなかったので、どうも落ち着かなかったというのも「外向けにさせる」理由だったのかもしれない。

大阪市内へ行くときも、某高級ホテルを定宿としていた。

ここには福岡のホテルと違いクラブフロアがあったので、まずは夕方のカクテルタイムでまったり飲み、それからホテル内のレストランか、梅田や難波で食事することが多かった。

ただ、大阪で買い物をすることは、あまりなかった。

既述のとおり、大阪にあるものは大概名古屋にもあるし、名古屋にないものは、大概大阪にもないので。

大阪へ行くのは、USJで遊ぶのが目的だったことが多かった。あとは神戸の港を散策。

東京へは年に4回、大阪が2回、福岡は1回、各々2泊3日程度の行程で旅行していた。

それから実は、最寄りの街名古屋の高級ホテルへも年に4回ほどお泊りしていた。

こちらは、さすがにほとんど1泊しかしなかったけどね。

栄で買い物をしてから、そのまま帰宅せずに夕食を摂りホテルに泊まるというのが多かった。

それも決まって、ホテル内の中華料理店。

1人あたり1万5千円くらいの料理をとって、加えてアルコール代が二人で1万円以上、合計4万円を超える、宿泊代をも上回る、思い返せば贅沢すぎる食事をしていた。

今では、その100分の1の予算で私は自炊しているよ(笑)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

東京、名古屋、大阪、福岡。

これらの大都市へは、すでに書いたとおり買い物&遊びで元妻と出かけることが多かった。

一方で、元妻が買物の目的地として興味を示さなかった札幌や仙台などへは、私一人で出かけていた。

その他の地方も、私は日本全国全都道府県を旅したけど、ほとんど孤独な旅行だった。

孤独な旅行のときは、高級ホテルでなく安価なビジネスホテルに泊まり、食事も地元の産物を食べつつも節約するように努めた。

一度だけ、元妻と四国を旅したけど、この時も松山市内のふぐ料理店で1人2万円のコースを食べ尽くすという、贅沢三昧をした。

店主は、2万円でも「下関のふぐ」よりも安いと言っていたけど、下関でふぐを食べたことがないので真偽のほどは定かでない。

とにかく、贅沢三昧の罰があたったのか、ふぐを食べた翌日に、当時東京の聖路加国際病院に入院していた我が祖父の訃報が入り、急きょ旅行を切り上げ松山空港から羽田へ飛んだ。

名古屋近傍で暮らす私にとり、松山-羽田便に搭乗することは、おそらく2度となかろう。

そして離婚したことで収入は減り、贅沢三昧の生活を送ることは、一生ないだろう。

趣味の鉄道も、年々つまらない、味気ないものになってしまった。

食堂車、寝台車は間もなく消滅。

鉄道を趣味としない普通の人と同じく、私にとり鉄道は単なる「移動の手段」となってしまった。

それでも、鉄道旅行のときには多少なりともワクワクするけど(笑)

とにかく年に一度行けるかどうかの、シンガポールへの旅を楽しみとして、本に囲まれた清貧な生活を送る毎日である。

■聖路加国際病院
 http://hospital.luke.ac.jp/about/index.html

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月16日 (金)

NO.974 伊賀牛のすき焼きを食べにいくぞ( `~´)ノ

三重県といえば、松坂牛(松阪牛)が有名だけど、同じ三重県内の伊賀地方で肥育される高級牛「伊賀牛」も、その味においては決して松阪牛にひけをとらない。

 

今度、食べに行くお店だよ。

■元祖 伊賀牛 金谷
http://www.gansoiganiku-kanaya.co.jp/index.html

しゃぶしゃぶ、バター焼、ステーキと、いろんな肉料理がある。

私の仕事場で仲間たちに聞いてみた。

金谷といえば、やっぱり「すき焼」とのこと。

予約の電話をお店に入れた際に店員さんに確認したところ、やはりおススメは「すき焼」だと言われたので、すき焼を頼んだ。

ちなみに、我が家から伊賀へ鉄道で行くにはお金も時間もかかる、ということで車で友人と出かけるんだけど、伊賀市内の無料駐車場が思いつかない。

以前は、市役所の駐車場に無料で駐車できたんだけどね。

そこで「金谷」に予約を入れた際に、ダメ元で電話でお店に頼んでみた。

私「食後に伊賀市内(旧上野市内)を散策したいので、クルマをそのまま駐車場に置かせてほしいのですけど・・・」

店員「どうぞご遠慮なくお駐めください。当日、係の者から観光パンフレットなどを差し上げますので、よろしければお使いください♪」

と快諾くださった。

さすが伊賀上野を代表する名店!

サービスも一流だなと予感させる(゚ー゚)

 

ところで、仕事場で金谷へ行く話をしたときに、すき焼きの「肉の枚数」の話題になった。

多分3~4枚は出るでしょうというのが多数意見だったけど、その後の、お店をよく知る新人さんの冷たい言葉が、ぐさりと我が胸に突き刺さった( ̄Д ̄;;

 

「二切れです」

・・・(;ω;)

 

それでも、美味しい伊賀牛を食べられる「金谷」に行くのが待ち遠しいな♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月15日 (木)

NO.973 ステップファミリーって知ってる?

恥ずかしながら先日、テレビニュースで「ステップファミリー」なる言葉をはじめて知った。

要するに、家族の中に「血縁関係のない」親子関係などが存在する家庭のことだ。

■ステップファミリーとは(はてなキーワードより)
 http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a5%b9%a5%c6%a5%c3%a5%d7%a5%d5%a5%a1%a5%df%a5%ea%a1%bc

今や、夫婦の3分の1が離婚する時代である。

そして、婚姻中の家族の何と4分の1が、ステップファミリーなんだそうな。

離婚すれば、次に再婚を考える人も多かろう。

その結果として、ステップファミリーを築く人が多いということなんだろうね。

たとえ親子間の血が繋がっていなくても、子供に注ぐ愛情が実親のそれに引けを取らぬものであれば、必ずや子供もそれに応えてくれるだろう(v^ー゜)

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月14日 (水)

NO.972 年末に我が家の外壁塗装工事&防蟻工事をしました。

まずは気になる税込工事金額を、お知らせしましょう。

外壁塗装工事(バルコニー床防水塗装工事付)に130万円、防蟻工事(=ぼうぎこうじ。シロアリ防止工事)に20万円、総額150万円です。

リフォーム業者は多々あれど、「お値段が高いな」と思いつつも安心できる、ミサワホーム東海株式会社(本社:名古屋市)に依頼しました。

外壁の塗装については寿命18年程度と長寿命の、ミサワホームが提供する中で最も高品質な塗料を用いました(その分価格もいちばん高い)。

外壁塗装工事、防蟻工事ともに10年間の保証付きです。

ちなみに我が家の土地は約50坪、建坪は約30坪の2階建です。

2014122601_2

2014122602

築12年。

色褪せ、また汚れが目立つ我が家の外壁に足場を組んでいきます。

 

2014122603

工事中に大雪に見舞われ、工期が延びるかと心配されましたけど、順調に進みました。

足場の外側に覆いをして、隣家に塗料やゴミなどが飛ばないように外壁塗装工事を進めていきました。

防蟻工事は、外壁塗装と並行して行いました。

キッチンの床下収納庫から床下に潜り施工するもので、工事は短時間に済むもので、ある日の午前中、たった3時間程で終わりました。

 

2014122604_2


2014122605_2

上2枚の写真が、塗装工事完成写真。

イメージチェンジを図るべく、工事前と全く異なる色にしようかとも思いましたけど、やはり周囲の家屋との調和を考えて、若干明るめの色にしたものの、以前と比べてあまり変化のない色に仕上げてもらいました。

 

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

12年前に、この建売を買った当時はまだ結婚していました。

狭いながらも立地の良さから約5000万円もした新築建売住宅。

購入時は「土地の「オマケ」に家が付いている」という感覚で、リフォームする予定はありませんでした。

つまりは、築10年程度で家屋を丸ごと「建替え」する計画だったのです。

当時は夫婦共働きで、それなりの収入があったので。

それが、3年前に離婚して元妻は実家に去って、家計収入が半分以下になりました。

購入当時の計画が、すっかり狂ってしまいました。

そこで、家屋を解体することなく「延命」を図るべく、外壁塗装からリフォームを始めることにしたわけです。

今後は、狭い「箱庭」に植えられている木々の伐採、木製フェンスのアルミ製フェンスへの取り換え、ガス給湯器の交換など、少しずつ手を入れていきます。

木々の伐採とフェンス交換も、ミサワホーム東海が取り扱っているそうなので、多分またミサワさんにお願いすると思います。

それにしても、お金がどんどん消えていきます(ノд・。)

離婚に備えて家計には余裕を持たせておかないと、皆さんも後悔するかもですよ。。。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月13日 (火)

NO.971 蔑視されるイスラム教徒

先日フランスで起きたイスラム過激派によるテロについては、断じて赦してはならない!

民族や宗教、政治体制の違いを理由とした戦争や紛争、内戦、テロは、停戦中のものを含めて世界各地で続いている。

武力衝突には至らずとも、民族単位、地域単位での独立運動も各地で起きている。

・パレスチナ

・朝鮮半島

・チベット

・ウイグル

・カシミール

・ネパール

・スリランカ

・アフガニスタン

・カタルーニャ

・バスク

・スコットランド

拾い上げれば、キリがない。

ところで、紛争などに「イスラム」が絡むと、西側諸国は常に「イスラム側が悪」だとの偏向した報道をしていないだろうか。

このたびの、フランスでのイスラム過激派によるテロリズムは論外だとしても、例えばイスラエルが国際法に違反して占領を続けているヨルダン川西岸やガザ地区などに関して、どうして世界中の国々、特に欧米諸国はイスラエルを非難しないのか?

答えは分かりきっているので、あえて書かない。

少なくとも言えるのは、占領地区で暮らすパレスチナ人の多くが「イスラム教徒」だということ。

イスラエル軍とパレスチナ住民が武力衝突するたびにイスラエルはパレスチナを非難し、弾圧するが、西側諸国はだんまりを決め込む。

何といってもイスラエルとアメリカは「特別な関係」で結ばれているのでね。

 

アフガニスタンでも、イラクでも、イスラム国家が常に悪者。

特にアメリカ人と、ユダヤ人が絡むとそういう構図になる。

自由のない独裁国家はケシカラン!とアメリカは言うが、では何故北朝鮮の「紅い王朝」には手をつけず、共産国家中国の「紅い皇帝」による、市場経済の「マナー」を犯した、資本主義での反則プレーを赦し続けるのか?

 

そんなにも、イスラム教徒だけ過激なのか?

仏教徒やヒンズー教徒とかだって、戦争してるじゃないか!

 

かつてヒトラーが、欧米人に根強い「ユダヤ人への差別意識」を巧みに利用して、600万人ものユダヤ人を虐殺したのと、根っこは同じなのではないか?

急増するイスラム教徒=キリスト教徒である白人の異教徒=排除すべき存在

80年近く前にドイツ人が行ったユダヤ人虐殺行為を、現在は欧米各国がイスラム教徒に行っていると、言えなくはないか?

繰り返すようにテロは赦せないが、それに対する「レジスタンス」として、デモやストライキ、果ては自爆テロはじめテロ行為が起こるのではないだろうか?

イスラム国家、イスラム民族に対する偏見と蔑視、差別が、イスラムからの反発を生み、そしてテロ行為につながるのだろう・・・

 

どうも、うまく書けない。。。

製本するからきちんと「原稿」を書け!と命令されれば、もう少しマシな文章に書き直すけど、ブログだから赦してね人( ̄ω ̄;)

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月12日 (月)

NO.970 天命を尽くして人事を待つ!?

人事を尽くして天命を待つ」という言葉がある。

■故事ことわざ辞典より引用
 http://kotowaza-allguide.com/si/jinjitsukushitetenmei.html

これに関する話題は、文末に書くのでとりあえず頭からお読み願いたい。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

私が東京の大学へ通っていた時、私の伯父は同じ東京で某銀行の役員、つまり重役を務めていた。

ある日、昼食を済ませてから銀行にいる伯父を訪ねた。

建物内にいる銀行員に、どうやって伯父に取り次いでもらったらよいのか分からなかったけど、とりあえず「苗字呼び捨て」で呼び出すことを試みたが、相手の行員は、どうもピンとこなかったようで通じなかった。

あまり詳しく、行員に話したくなかったけど仕方ないので、実は私はあなたのところの○○○○役XXXXの甥で、アポなしで申し訳ないけど在室なら伯父に会いたいと思い伺った旨伝えると、伯父の部屋へ行員が電話連絡を取った後、ようやく伯父の部屋へ通してもらえた。

銀行って、何もかも堅い、硬い、固いところだな!

だからこそ、皆が低い金利でも現金資産を託すのだろうけど(笑)

 

それはともかく、在室していた伯父に会い、銀行近くの喫茶店に連れて行ってもらった。

役員は、スケジュールが入っていなければある程度自由に行動できると言っていたが、やはり銀行から離れた場所へ行くことは、伯父は決してしなかった。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

昼を過ぎた、東京の金融街にある閑散とした喫茶店にて。

「今日は時間がある。1杯のコーヒーだけで、どれだけの時間、お店で「粘れる」かが大事」だと(笑)

「銀行マンたる者、お店に入ったら、客が注文している品々を見て「平均単価」を割り出し、そしてランチタイムならランチタイムの「テーブルの回転数」、「料理の材料費や光熱費、人件費などの諸経費」を瞬時に計算して、この店の利益を出しているのかどうか(融資するに値する店なのか)、これを判断する癖をつけるべし」

などと、伯父はアルコールも入っていないのに滔々(とうとう)と話し出した。

それから、私の就職の心配、というよりも「就職後の職場での仕事仲間との接し方」について心配し、話し始めたのであった。。。

 

「職場での飲み会には「必ず」参加すべし。宴会に参加しなかった人の「欠席裁判」になるからだ。出世する人間は、そういう宴席などで皆から選ばれた者が持ち上げられていく」

「仕事での頼まれごとはできる限り引き受けること」

「仕事仲間との付き合いを大事にすること」

それから伯父は、自身の就職から現在に至るまで話し始めた。

「私は大学を出てから「頭を取る」(頭取になるということ)と宣言して銀行に入行した」

「ところが、○○支店長時代に仕事で軽いミスを犯した。それが命取りになった」

とりあえず重役になったんだから、それでいいのではと思わず口が滑りそうになったけど、伯父の気持ちを察しグッと抑えた。

他愛ない話題を含めて3時間ほど雑談して、夕方に会議があるという伯父と喫茶店で別れた。

その後伯父は故郷に戻り、役員を退任してからは出身銀行系の経済研究所長、国立大学経済学部の客員教授、その他、職を渡り歩いて現在は某大手企業で監査役をしている。

もちろん伯父を受け入れた企業は、銀行との「パイプ」をつなげるために「銀行出身者の椅子」を用意している、これは誰しも察しがつくだろう。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

話を喫茶店に戻す。

伯父が、含蓄(がんちく)ある言葉を発した。

 

「人事を尽くして天命を待つ」という言葉があるけれども、私は間違っていると考える。

 

そうではないのだ。

 

 天命を尽くして、人事を待つ

 

これが正しい。そのように銀行マン生活を送ってきた。

 

なるほど、「天命」と「人事」を入れ替えただけで、ニュアンスが変化(へんげ)する。

 

伯父が言うのも正しいのかもしれない。

この言葉は、伯父が考えたオリジナルだと思うので、辞典には載っていないはず。

私はもはや、紹介した伯父はじめ親戚一同のように出世できないが、出世したい人は参考にしてくださればと。

 

まあ人間性に欠けた奴は、出世したくてもできないということだ。

反対に、人間味あふれる人は、能力があれば自身が望まなくとも「担ぎ上げられて」出世するだろう。

・敵を作らない

 

・仲間を大切にする

 

・宴会その他の集まりに必ず参加して、自分のグループ(派閥?)の団結をはかる

 

三番目はともかく、出世以前に「人間として」当然のことではないか?

人事は、仕事の能力だけで決まることは決してないから、伯父がいうことは「ごもっとも」だとも思う。

それにしてもうちの親戚は、いとこを含めて、いわゆる一流とされる大学の卒業者だらけ。

そして多くが一流と言われる企業や銀行の役員の経験者。

そして副知事、局長はじめ、お役所の幹部の経験者。

 

子供のころは、おじたちの全盛期で、親戚一同会するのが「半ば楽しみ(小遣いもらえるから)、半ば苦痛(会話したくないから)」で仕方なかった。

「ハクちゃんも○○大学へ行くんでしょ!それともXX大学なの?」

 

つい最近までも、

「いつになったら(仕事場で)昇進するの!?」

 

今では聞かなくなった、懐かしい言葉だな。

ようやく私に、愛想を尽かしてくれたたようで(笑)

それでも、親戚と顔を合わせるのは、やっぱり楽しい♪

私がオッサンになった今でも、おじおばからすれば私は「可愛いハクちゃん」なんだよね(*^-^)

 

余談だが、今回紹介した伯父は、時間的余裕ができた今は仕事の合間に趣味の絵を描き、小説を編んでいる。

絵画については展覧会に出展し、小説については同人誌を刊行している。

私も趣味を持っていることには、伯父も安心しているようだ。

 

 

趣味を持つようにとは、私が以前、職場でお世話になった幹部からも同じことを言われた。

仕事を失った後でも一生続けられる、生きがいとなるものを持ちなさい、ということである。

その方も、多彩な趣味をお持ちで、時にお誘いを受けることがあったが丁重にお断りした。

↑どうしても出世したい人間は、絶対に断ってはいけない!

確かに仕事一筋では、引退後することがなくて退屈する、そして認知症を発症するリスクも高くなるだろう。

趣味については、いずれ書こうと思う。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月11日 (日)

NO.969 しまかぜに乗車して、伊勢神宮へ初詣♪

平成27年(2015年)1月10日、遅れ馳せながら神宮へ初詣。

日帰り旅行の出発地は、近鉄名古屋駅。

2015011001_4

 

近鉄特急は、全席指定の有料特急にもかかわらず「愛称」がない。

つまり、東海道・山陽新幹線の「のぞみ」や東武鉄道の「きぬ」、南海電車の「こうや」のような名前が、一切付されていない。

だから乗客は「何時何分発の特急ドコソコ行き」という、特急券の買い方をする。

ところが、今回乗車する特急「しまかぜ」だけは特別に、愛称が付されている。

2015011002_3

 

しまかぜが、5番線ホームに「ゆっくりと」入線。

昨年末、しまかぜのお顔を拝見したときには可愛らしく見えたけど、この写真を見る限りでは、ちょっと怖いな。

お顔を拝む角度によって、表情が変わるのかな?

2015011003_2


2015011004_2


2015011005


2015011006

しまかぜは、昨2014年に「ブルーリボン賞」を受賞している。

ブルーリボン賞は「鉄道友の会」会員の投票により、最多票数を獲得した「新車」から選ばれる。

プロ野球選手に例えるなら「新人王」みたいなものだろう。

 

しまかぜは、名古屋以外に京都、大阪(なんば)からも出ていて、何れもが三重県志摩地方の賢島(かしこじま)とを結び、1日1往復している。

2015011007

 

しまかぜは、普通の特急よりも停車駅が少なく、名古屋を発つと次は四日市(近鉄四日市)に停車する。

かつて名阪ノンストップ特急と呼称された、名古屋を発車すると大阪の鶴橋までノンストップだった特急アーバンライナー(甲特急←業界人と鉄道マニアしか使わない言葉(笑))は、全列車が三重県庁所在地の津に停車するようになった。

アーバンライナーが停車しない四日市に、しまかぜは停車する。

その代り、アーバンライナー全列車が停車する津に、しまかぜは停まらないのだ。

2015011008


2015011009

旅のお供(笑)

こちらは、しまかぜ乗車記念スタンプ。

女性のアテンダントが配ってくれた。 

2015011010


2015011011

勤め先の最寄駅を猛然と通過した!

四日市から伊勢市まではノンストップ。

私は伊勢市で下車して、終点賢島へ向かう「しまかぜ」を見送り、神宮(外宮)へと向かった。

昨年末の「お礼参り」の時よりも混んでいたけど、待つことなくスムーズに外宮→内宮の順に参拝した。

■参考:昨年末にアップしたお礼参りの記事

 NO.958 お礼参り&本年もお世話になりましたm(__)m
  http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2014/12/post-6089.html

 

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ここで、しまかぜを運行する近鉄(近畿日本鉄道)へ苦言を。

大勢の客が、終点賢島でなく途中の「伊勢市」「宇治山田」で下車してしまうのに、過剰なまでの供食サービスは、「使いこなすことができず」残念で仕方ない。

新宿と小田原、箱根湯本とを結ぶ「ロマンスカー」で実施されていた「走る喫茶店」のほうが便利ではないか?(今でもVSE(50000形)でサービス提供中)

■小田急電鉄トップ
 http://www.odakyu.jp/

名古屋から伊勢市まで1時間程度では、わざわざ足を運んで食べに行く「時間的余裕」がない。

一方で、欠けているサービス。

Wi-Fiに接続できる、そして手持ちのスマホで前面展望を楽しむことができる。

これは便利だし、展望サービスは面白い。

でも使わなかった。

何故かって?

「充電器を繋ぐコンセントがなかったから」

一気に、スマホのバッテリーを消費しそうだわ。

 

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

【補足訂正】

しまかぜに乗車経験のある読者さんから情報提供がありました。

ありがとうございます('◇')ゞ

腰掛下部にコンセントが設けられているのを「しまかぜ公式ページ」で初めて見つけた、ご自身が乗車された時にもコンセントの存在には気づかなかった、とのことです。

 こちら → http://www.kintetsu.co.jp/senden/shimakaze/train/

コンセントがあるなら、分かりやすく表示してもらいたいですね!

訂正してお詫びいたしますm(__)m

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 

あと、USBケーブルを繋ぐジャックもなかった。

今どきの、しかもデラックスカーを謳うならコンセントくらい「当たり前」のサービスだろう?

コストパフォーマンスを考えると、しまかぜはお客さんにとってだけでなく、近鉄にとっても「採算の取れない」お荷物になりかかっているのではないか?

しまかぜに乗るために余分に払うお金を、旅先での昼食代に充当したほうが賢いなと思う。

でも私、きっとまた乗っちゃうんだろうね。

それが、鉄道マニアというものなんだよ(^-^;

■近畿日本鉄道トップ
 http://www.kintetsu.co.jp/index.html

■しまかぜ公式ページ(近鉄ホームページのサブページ。リンク切れの際は近鉄トップページからどうぞ)
 http://www.kintetsu.co.jp/senden/shimakaze/

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月10日 (土)

NO.968 消費期限切れの牛肉を使ってうどんを作ってみた

先月、師走の話です。

12月17日(水曜日)朝、その日の夕食用にと「刺身」と「牛肉」とを冷凍庫から冷蔵庫に移し替え出勤しました。

ところが、午後になり自宅付近は積雪という情報をキャッチ、万一翌日出勤できないと困るので、仕事場そばのホテルに投宿する羽目になりました。

翌18日(木曜日)になっても、自宅付近の雪が降りやまず、新聞屋さんの情報と、地元のFacebook友達のアドバイスに従って。。。

この日も続けて仕事場そばのホテルに連泊しました(泣)

ようやく自宅に戻ったのが、19日(金曜日)の夜遅くです。

気になっていた冷蔵庫を急いで覗いてみると、恐ろしいことが。。。

牛乳やアップルジュースは消費期限がとうに切れ、先に挙げた、解凍した刺身と牛肉はこんな感じに。

Dsc_0705

写真を御覧になると分かると思うけど(スマホや携帯では無理かな?)「きはだまぐろ」は、明らかに変色していて、これは食べられないと判断しました。

再度冷凍して「燃えるゴミ」の日に処分することに(;ω;)

牛乳とジュースは「箱庭」に撒きました。

一方「国産牛肉小間切れ」は、表面が若干乾燥している気がするけど、見た目は傷んでいないようだ。

ということで、こんな風に調理しちゃいました。

Dsc_0709

牛肉うどんのできあがりだよ(^-^)/

うどんの上に、砂糖と醤油、それから出汁(ある読者さんからコメントで頂いたアドバイス!ありがとう♪)で甘辛く炒めた牛肉をのせ、私が愛用している「ブロッコリースーパースプラウト」をのっけて、彩りよくしてみました。

お味は上々ヽ(´▽`)/

飲み物やキハダマグロを処分せざるを得なかったのは、そして2泊分のホテル代は、節約生活を送る私としては痛い出費だった。

けど、肉うどんが上手にできたから、まあ良しとしようかね(^.へ^)

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月 9日 (金)

NO.967 シンガポール旅行記(2015年1月7日~8日、帰国)

無事に中部国際空港へ帰国しました。

 

シンガポール日記、1月7日と8日の分をアップしていなかったので、2日分まとめて記事にしました。

というか、シンガポールの空港で搭乗待ちの間に日付が変わってしまったので、1本の記事にまとめたというのが実態です。

ただし、帰りのことはあまり書きたくない。

悲しくなるので。。。

ということで搭乗前の空港ラウンジの話題が中心になります。

8日の分の記事は、つまり「ない」ということです(笑)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

1月7日(水)

今日は、いよいよホテルをチェックアウトする日だ。

前回2年半前は6泊、どこにも行かず「引きこもり滞在」したこのホテル、今回は4泊しかしなかったけど、それ以上に時間に追われる感じであまりゆっくりできなかった。

ということで、次回こそは「滞在型」のシンガポール再訪としよう。

カメラを持たず、インターネットを「遮断」するのも手かもしれない。

日本人には珍しいと思うけど、西洋人にはシンガポールへ長期滞在旅行する人、多いみたいですよ。

少なからずの日本人が、ハワイに長期間滞在するような感覚と同じでしょう。

それはともかく、昼前にホテルを離れてタクシーで空港へと向かいました。

ピークアワーでないため、空港への道路を滑るようにタクシーは走り、あっという間にチャンギ空港・ターミナル3に到着しました。

空港も「撮影注意エリア」ということで、皆さんには物足りなく思われるかもしれませんが、撮影を極力控えました。

2015010701

(上の写真を拡大)
2015010702

ミッキーとミニーが出迎え。

 

2017010703

出国。

 

2017010704

免税店を無視し、シルバークリスラウンジ(主にビジネスクラスの客が利用)で、「明日の午前0時50分」の搭乗開始まで待つことにしました。

然るに今は、正午を少し回った頃。

つまり「ラウンジで12時間」過ごすことにしたわけ。

2015010705

24時間営業のこのラウンジは、セントレアのラウンジと比べて格段に広く、サービスも桁違いに優れている。ビール、ワイン、ウィスキーその他のアルコール、各種ソフトドリンクだけでなく、ブッフェスタイルの食事が食べ放題。

「そば」や「うどん」まであるよ。

 

2015010706


人が使う度に清掃してくれる、清潔なシャワーブースまであります。

さっそく、使わせてもらいました。

2015010707


いろんなタイプの腰掛があったけど、いちいち撮影するのは見苦しいので避けました。

私は角の壁を背にした、空間全体を見渡せる席におさまりました。

私がいつも座ると決めている、この一番落ち着く「安全な」場所の撮影はしません。

ヒ・ミ・ツ、です(笑)

ここで搭乗まで飲み食いして、本を読んで、時間を過ごしました。

実は、今回の旅行でいちばん落ち着くことができたのが、このラウンジかもしれません。

日付が変わった。

そろそろ、ボーディングタイム(搭乗時刻)だな。

名残惜しいけど、ラウンジを離れるとしよう。

以降の写真撮影並びに旅行記の執筆は、夜行便ということ、また私も金曜日から「お仕事」なので、体力と精神力を温存するために控えます。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

今回はせわしい旅となったけど、その分、皆さんも楽しんでくださったのであれば幸甚(こうじん)です。

最近は、シンガポールへ飛んでも「どこにも行かず、ホテルに引きこもる」静養スタイルが定着していたのですけど、今回は「復習」も兼ねることができ、つまりかつて訪ねたマーライオンや、ナイトサファリなどを見物、見学できたのはよかった。

ただ、4泊6日であちこち巡るのは、行程としてはきつい。

前回、2012年7月のシンガポール渡航は、確か7泊9日だった。

しかも、どこにも行かなかった・・・

 

 

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

初めて訪ねる場所ならともかく、シンガポールのように、毎年のように訪問する地の場合は、あえて「観光を予定」する必要はない。

気が向いたときに、それを考えればいいのだ。

次回、いつシンガポールを訪ねるのかは未定。

今回は2年半ものブランクが空いたので、次回は早くも今年の夏休みに飛ぶかもしれない。

実は、再びビジネスクラスに乗るだけのマイレージが貯まっているのよ(*゚▽゚)ノ

熱帯から真冬の日本へ戻るのはきつい。

シンガポールへは、できれば夏に訪れることを皆さんに勧める。

常夏の都市国家シンガポールへ行くのに、日本の夏なら服装の調整が不要なので。

でも私は、秋に行ってみたい。

春夏秋冬のうち、秋だけシンガポールへ行ったことがないのでね。

でも、10月頃に休暇を取るのは、現状では難しいな・・・

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

読者のみなさんへ。

長い間、拙い(つたない)シンガポール旅日記にお付き合い下さって、ありがとうございました。

<m(__)m>

 

 

それから、年始に4連休も取り外国旅行を続けるという、まさに「我がまま」を許してくれた仕事場の上司と仲間にも、この場を借りてお礼申し上げます。

 

それにしても、旅行記を綴りながらの旅は、白状すれば「疲れる」よ。

なので、今後シンガポールに行くことがあっても、リアルタイムではFacebookで報告するのみとしようかな、どうしようかな?

未定です(笑)

何ごとも「・・・せねばならない」なんて堅苦しいこと、決めなくていいと、ようやく思えるようになった今日この頃である。。。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月 8日 (木)

NO.966 シンガポール旅行記(番外編:ez-link card)

このブログ記事がアップされるのは、1月8日、午前3時です。

おそらく私は、日本へと向かう「機上の人」となっており、多分寝ていることでしょう♪

今回の旅行記は、前日の話題をその翌日にアップするスタイルを取ってきました。

けれども、昨日7日の話題を今朝アップすることは困難を伴うので、今日8日の話題と共に明日9日に掲載する予定です。

あくまでも「予定」なので、過度な期待を抱くと失望するよ(笑)

ということで今回は「番外編」、有効期限が撤廃された ez-link card(以下「イージーリンクカード」という。) についての話題です。

イージーリンクカードとは、スイカやパスモ、イコカなどと同じくプリペイド方式のIC乗車券で、これらのカードと同じくソニーのFeliCaの技術を使っています。

ただし、日本では当然ながらイージーリンクカードは使えない。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

1月4日、今回の旅行で初めて、一昨年の夏にたっぷりチャージした手持ちのイージーリンクカードを地下鉄(MRT)の自動改札で使おうとしたら、ブロックされて使えなかった。

■NO.963 シンガポール旅行記(2015年1月4日、有名スポットへf ^ー^)
http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2015/01/post-4d9a.html

先日書いた、このブログに盛り込むのを忘れていた話題である。

カード残高は十分にあるはずだと思い、自動券売機&チャージ機にカードをかざしてみると、確かに29ドル90セントもの残高がある。

駅の係員に「カード残高があるのに使えない。カードを有効化してほしい」と話すと、

「実は昨年12月から「有効期限のないカード」と交換を進めている。このカードも新しいカードと交換する。今から新しいカードへチャージされた残高を移す」と言われ、新しいカードを渡された。

これが新しいカード。オモテ面。

Dsc02341

 

こちらがウラ面。ウラ面のデザインは変更されていないようだ。

Dsc02342

 

カード交換の際にもらったレシート。 

Dsc02343

 

文字が小さく、見にくいので拡大します。

Dsc02344


Dsc02345

いったん29.90ドルを古いカードから払い戻して、新しいカードに全額移し替えているのが分かるかと思います。

「有効期限が撤廃された」と言っていたけど、最後の写真には

Expiry 07/06/2020 とある。

これって、有効期限ではないのか?

2020年6月7日まで有効と・・・

もちろん、有効期限が到来しても、即残高が吸い上げられるわけではなくて、単にカードがロックされるだけで、利用不可になっても払い戻しはしてくれるはず。

それにしても、2020年6月7日という日付の根拠が分からない。

まあ、それはさておき2012年夏の、空前の円高の時にたっぷりとイージーリンクカードにチャージしておいてよかったわ。

今回の旅では残高を気にせず、一切チャージすることなく運賃格安の地下鉄や路線バスに乗れるので。

しかしまあ、しくみや制度がコロコロ変わるのも困ったものだね。

めんどくさいわ ┐(´-`)┌

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月 7日 (水)

NO.965 シンガポール旅行記(2015年1月6日、午後は静養)

【日本時間午前7時過ぎに、少しだけ加筆しました。加筆箇所は文末です】

今日は、いよいよチェックアウトか。。。

なんだか、静養に来たはずが、忙しい毎日だった。

2年半前の、何もしないで1週間ホテルに滞在したシンガポールの時のほうがゆっくりできた。

でも、2年半の空白を「観光」で補うことができたのは「収穫」だったのかもしれない・・・

とにかく、あまり静養にはならなかったのは確かだな。

ということで、いつになるか分からないけれどもシンガポールを再訪するときは、記念碑以外はどこも訪ねずホテルに引きこもることにしよう(笑)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

1月6日(火)

今日は終日、何も予定を入れていない。

そこで朝食後、ホテルからゆっくり歩いて15分程度のところにある「シンガポール植物園」へ散歩がてら出かけてみた。

2015010601

ここは無料で入れる、シンガポーリアンの憩いの場です。

要するに、欧米のどこの街にもある、広い公園と同じ。

日本には、札幌など一部の都市を除いて、このような空間があんまりないよね。

なお、この植物園の中には有料の「国立蘭園」があります。

以前何度か入ったことがあるので、蘭園はパス。

 

それにしてもこの植物園、というか公園、高級住宅街という場所柄か、散見される人たちのほとんどが白人。

ジョギングする人もいれば、ベビーカーを押す人もいる。

2015010602_2

池の向こうには熱帯雨林がある。

ベンチに腰かけて、休憩しました。

2015010603

植物園から戻りがけに、ホテルそばにある「タングリンモール」へ。

 

2015010604

タングリンモール地下のスーパーマーケットで買物してから、昼食を摂りにフードコートへ。

 

 

2015010605

フードコートには、インド料理、マレー料理、コリアン料理、日本料理、麺、その他いろんな店があるけど、私はシンガポールを訪ねるたびに必ず、写真に写っているここの店のチキンライスを食べます。

2015010606

薄味で、さっぱりしていて美味しいんですよ。

ここのチキンライス。

ところで右上の緑色のものを拡大してみると。。。

2015010607

これは「グリーン・チリ」です。

緑のトウガラシを酢と塩、砂糖に漬けたもので、少し辛い。

これを、食事前に寄ったスーパーで買いだめしようとしたら、何と売り切れ!

自宅の在庫は、次回シンガポールに来る時まで持つだろうか。。。

昼食後、まっすぐホテルに戻りました。

午後は本でも読みながらのんびりします。

私にとって、シンガポールは観光地ではなく、保養の場なのでね(^-^)

次にシンガポールに来るときは、記念碑へのお参りと、植物園への散歩以外は、どこにも行かずホテルにこもって静養します。

 

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

※以下加筆

前回、2年半前の旅行記でもある、以下の過去時事を参考にしてください。
時間がない方は後半部「NO.258以降」を、特に読んでほしい。

通し番号に「抜け」があるのは、そこに記事がないわけではありません。

興味があれば、それらも読んでみてください。

現在は永久追放されたけど、当時はニフティの「ココログ広場」というものの会員になっており、そこでの出来事も書かれています。

何のことやらわからない人は、そこを読み飛ばしてください。

■NO.254 旅日記(旅立ち前夜祭)
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2012/07/no-5081.html

■NO.255 今年は日本人が多い。
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2012/07/no-d1bd.html

■NO.257 使えないクレジットカード
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2012/07/post-00c3.html

■NO.258 何も目的がないシンガポール旅行、満喫しています。
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2012/07/post-c6b9.html

■NO.259 のんびり、まったり、シンガポール滞在
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2012/07/post-0897.html

■NO.260 今日は私の誕生日です。
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2012/07/post-479c.html

■NO.263 帰国
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2012/07/post-4761.html

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月 6日 (火)

NO.964 シンガポール旅行記(2015年1月5日、ちょっとお出かけ♪)

おことわり。

記事をかなり書き上げたところで、突然データ(=記事の原稿)が消失してしまい、そのショックから立ち直れないために簡潔にまとめます。

時間の余裕もないので、ご容赦くださいm(__)m

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

1月5日(月)

201501050102

201501050101

地下鉄に乗り、郊外の「アン・モ・キオ」という駅で下車しました。

アン・モ・キオ・・・漢字を見ても、意味不明どころか、最後の文字は日本語にない漢字だろう?

路線バスに乗り換え「リバーサファリ」と、隣接する「ナイトサファリ」へと向かいます。

201501050103

郊外から、さらにまた郊外へと向かう片側3車線の幹線道路なのに、なぜか大渋滞です。

ジュロン地区とは若干方向が違うし。。。謎です。

リバーサファリは「シンガポール動物園」と「ナイトサファリ」とに隣接しています。

それぞれ別料金ですが、以下4か所の施設を複数利用できる入園券を購入すると割引になります。

・シンガポール動物園

・リバーサファリ

・ナイトサファリ

・バードパーク(=中華系民族に人気の「鳥公園」。バードパークのみジュロン地区という離れた場所にあります。タクシーで15分くらいだったかな?忘れた(笑))

2施設よりも3施設、3施設よりも全施設を利用できる入園券を買うほうが「お値打ち」だけど、それだけ回る余裕が旅行中にあるだろうか?

私は「せいぜい1滞在2施設」ほどにしておいたほうが体力的負担が少ないと思っています。

私が手にしたのは、今日はナイトサファリへも入場するので「リバーサファリとナイトサファリの2施設割引入場券」です。

まずはリバーサファリへ。

201501050104_2

水族館のようなところですが、ここの「ウリ」は、これです。

2015010508

久しぶりに見ましたよ!

ジャイアントパンダ。

随分前に、上野と和歌山で見たっきりだからね。

2頭いました。

2015010509

もちろん、レッサーパンダもいましたよ(^ ^)

2015010506

昼食です。

日本円で、2千円くらいだったかな。

かなり高いけど、ディズニーやUSJと比べれば「マシ」なほうでは?

店内は、がら空きだったし。

それから園内では、船にも乗りましたよ。

2015010502


2015010503


2015010504

隣接する動物園の「象さん」が見えます。

肝心の、水生生物の写真を撮り損なった(汗)

正直、水族館としてのクオリティは高くなかったですね。

やっぱり、みなさん「パンダ」が目当てのようでした。

「リバーサファリ」・・・まあ、水辺から象さんを拝めるんだから、名前に偽りはないのかな(笑)

次に、ナイトサファリへといきたいところですが、まだ昼間なのでナイトサファリの開園時間まで時間をつぶす場所を探しました。

2015010510

ケンタッキーフライドチキンです。

チキンの味は日本のと一緒だけど、トマトケチャップが別添えで。

どうやらシンガポーリアン、これをチキンにかけて食べるようです。

試しにつけてみたけど、私は何もつけない、かけない、普通の味のほうがいいなと思いました。

2015010511

それにしても、ナイトサファリの開園時間遅すぎ、といっても日没にならないと「ナイトサファリ」にならない。

だから、仕方ないですよね!

2015010512

シンガポール時間夕方5時半(日本時間6時半)に、ようやくナイトサファリ開園ですが、ゲートの中に入れるのは1時間後の6時半から。

それまでは、食事と土産の購入、あとは「トラム」の予約受付ができるだけ。

とりあえず「日本語トラム」の予約を済ませました。

追加料金10シンガポールドル(約920円)。

先に結論から言うと、日本語トラムに乗るのに10ドルも払うのは馬鹿らしい。

2015010516

午後7時25分とは、日本語トラム「最初の便」です。

夕食はこれ。

ホテルのカクテルタイムなら無料で飲み放題のタイガービールと、ハンバーガー。

たったこれだけで消費税7%込、29.4ドル(約2700円)もしましたよ。

動物園やリバーサファリよりも食事が高い気がする!?

ナイトサファリは日本人観光客が多いせいか?

Dsc_0893

お値段の割に、さして旨くもない食事を済ませました。

済ませたといえば、こちら。

Dsc_0894

トイレに、こんなものが「立って」いました(笑)

シンガポールって、日本と比べてはるかにポルノ関係の取り締まりや罰則が厳しい国なのに、こういうのは「ユーモア」の範疇(はんちゅう)として許容されるみたいです。

これ、リアルにやったらシンガポールでは当然ながら、日本でも速攻で「逮捕」されますよ!

開門したので入園して、まずはショーを見学。

白人の観光客が指名され、ショーに参加しています。

原始人の踊りという設定みたいだけど、原始人の着衣が「ふんどし」に見える(笑)

2015010513

2015010514

これが、トラムです。

まだ空が明るいうちに出発しましたけど、熱帯雨林の中に入ると薄暗くなり、やがて陽も暮れました。

2015010517

2015010518

唯一撮影できた写真だけど、これがコンデジと、我が腕前の「限界」ですね。

当然ながら「フラッシュ禁止」だし、トラム動いてるしで、撮影条件も最悪だったんだけど・・・

2015010519

朝からずっと回っていたのでさすがに疲れ果て、トラムに乗っただけでナイトサファリを後にしました。

たかがハンバーガーと小瓶1本のビールに2700円も取られたので「帰りはタクシー」の予定を変更して、行きと同じくバスと地下鉄で帰ることにしました。

おひとりさまの場合、公共交通機関の利用だとタクシーの15分の1の運賃・料金で済みます。

片道2ドル(190円弱)もしなかったと思います。

これがタクシーだと、混雑時間帯(午後は18時から24時まで。それ以降はさらに高い「深夜料金」)の追加料金が加算されて3千円くらいするんじゃないか?

ただし、シンガポールのバスは「次に停車するバス停の自動案内放送」もなければ、肉声による案内もない。

よそ者にとってはバリアーだらけのバスです。

幸い、アン・モ・キオと動物園エリアとを結ぶバス「138系統」は、起点から終点まで乗っていればいいので「途中下車」する必要がなく安心です。

それにしても138系統のバス、実は10年ぶりに利用したのですけど、いつの間にやらアン・モ・キオにバスターミナルができていてビックリ!

バス乗り場を探すのに苦労したよ!

それに、系統番号も変わった?これは自信がない。

とにかく「安くて便利なシンガポールのタクシー」がウリだったはずが、急激な円の上昇から一気に円安になったおかげで、それほど安い乗り物ではなくなってしまったのは残念です。

公共交通機関は、異常なまでに安いですね。

車の増加を抑制する国策のおかげで(話が長くなるので詳細はカット)。

それも効果なく、経済発展と共に車は増え続け、ラッシュ時間帯になると渋滞することもあります。

そういえば、いわゆる「大衆車」が、本当に少なくなりました。

ヒュンダイの「ソナタ」やトヨタの「カムリ」、日産の「セフィーロ」(日本では「ティアナ」)あたりが大衆車になって、カローラやブルーバードなどを見かけなくなりました・・・

それにしても、韓国車(ヒュンダイ、起亜)が増えた。

引き換え、日本車は減る一方。

特にタクシーは、日本車は「プリウス」しか見かけなくなった。

 

ところで明日、6日は、ホテルで終日マッタリします(* ̄ー ̄*)

なので7日にアップする予定の、1月6日の記事は短くなるか、ひょっとすると「休刊」するかも(笑)

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月 5日 (月)

NO.963 シンガポール旅行記(2015年1月4日、有名スポットへf ^ー^)

ブログや Facebook で「実況中継」しながらだと「静養」できないので、フルコースの観光案内は今回限り、今後は、あまり期待しないでください。

と言いながらも、下手くそながら文章を編むのは大好きなので、張り切っちゃうかも(笑)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

1月4日(日)

シンガポール到着の翌朝6時半頃、クラブラウンジ「The Regent Club」で朝食。

昨夜のカクテルタイムとは打って変わって、貸切状態です。

「オムレツおばさん」は、10年前から変わらずいらっしゃいました。

おばさんに、「オニオン」「マッシュルーム」「ベーコン」の入ったオムレツをオーダーして、作ってもらいました。

これが美味しいんですよ!写真右下のオムレツ!

Dsc02150

Dsc02153

朝食を終え、外出すべくロビーへ降りると、昨日は気づかなかったクリスマスツリーです。

 

Dsc02155

ホテルの外観。

さりげなく停まっているのは、やっぱり韓国ヒュンダイのタクシー「ソナタ」ですね。


Dsc02157

シンガポールのメインストリート「オーチャード・ロード」を歩き、地下鉄(MRT)オーチャード駅へと向かいます。

相変わらず警備が厳しいオーチャード駅。

なので、これ以上の写真撮影は控えました。

だって、武装警察官に兵士がウロウロしているんだもん。

かつて、シンガポールの建国記念日にオーチャード駅で写真撮影をしていた時に、兵士や武装警官らに拘束され、写真データを消去させられたのを思い出します。

外国では、鉄道施設は「軍事施設」とされている国が多いので、気をつけてください。

韓国や台湾なんかでも、気をつけたほうがいいかも。

とにかく、オーチャード駅から地下鉄に乗りました。

Dsc02176

シティーホール駅で下車。

地下鉄は、都心部では「ホームドア」になっているので電車の撮影はできませんでした。

Dsc02179

シティホールに来たのは、祈りをささげるためです。

大東亜戦争(アジア・太平洋戦争)当時、3年半もの間シンガポールは日本に統治され、当時は「昭南島」と呼ばれていました。

当時、中華系の民族を中心に5万人もの地元住民が日本軍の手により虐殺されたと言われています(諸説あり)。

日中戦争で、中国と戦争をしていたため、「敵性民族」として、中華系民族を虐殺したわけです。

この4本の尖塔は「中華系」「マレー系」「インド系」「ユーラシア系」の4民族を表し、それぞれの慰霊のために日本とシンガポールの両政府、それから華僑などがお金を出し合って建立した祈念碑です。

Dsc02190


Dsc02191


Dsc02196

マーライオンのすぐそばに位置しながら、このたびも日本人は皆無。

観光ばかりでなく、歴史を見つめてほしいものです。

アジアの人たちが、どのような目で日本人を見ているか、振り返ってもらいたい。

 

Dsc02208

言わずもがなの、マーライオン(笑)

後方にそびえる高層ビル群が、アジアの金融センターです。

Dsc02206

実は、マーライオンの後ろには「ジュニア」がいるんですよ(笑)

Dsc02209

マーライオンから湾を挟んで向こうに見えるのが「マリーナ・ベイ・サンズ」です。

以前行ったことがあるけど、ホテル、屋上プール、ショッピングセンター、フードコート、それからカジノがあります。

今回は時間がないのでパス。

 

Dsc02219

これは、とある場所にあった表記。

Lift とは、エレベーターのことです。

ピクトグラム(絵文字)のおかげで意味が分かるけど、日本人には馴染みのない表現ですよね。

シンガポールは「クィーンズ・イングリッシュ」(イギリス英語)の国なので、こういう表記になります。

Dsc02220

シティホールには、「大阪王将」がありました。

興味はあったけど、開店前で閉まっていました。


Dsc02222

オーチャードに戻り、WHEELOCK PLACE なるところに進入(笑)

少し早目の、お昼ご飯を食べるために。

この入口から中に入ると、ION(アイオン)というショッピングビルにつながっていて、そこの地下のフードコートに行きました。

 

Dsc02221_2

店構えの写真を撮るのを忘れた(笑)

ラクサ麺という、少し辛い麺を食べました。

ちなみに、写真右上のは「レッド・チリ」、つまりはトウガラシです。

食べたら汗が噴き出してきた( ̄Д ̄;;

Dsc02228

ホテルの近くにある「タングリンモール」へと。

ここの地下には、高級スーパーマーケットとフードコートがあります。

Dsc02230

スーパーでお土産を買って、午前11時半ごろホテルに戻りました。

午後は、ホテルでまったり過ごしますよ。

Dsc_0879

お土産と共に、スーパーで買ってきた、夜食用のカップ麺。

左端のが明星、あとは日清です。

左から順にカレー、チキン、ビーフのヌードルです。

割り箸なんて貰えないので、私はスーツケースの中に常に割り箸をストックしています。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

それにしても、今回の円安はすさまじい。

これまで1万円をシンガポールドルに両替すると、150シンガポールドルくらいになったのに、今回1万円両替したら、たったの108ドル10セントにしかならなかったぞ。

1ドル92.5円。

分かりやすく言えば、日本人にとって、シンガポールの物価が約5割増しになったということです。。。

Dsc_0880

以前のレートが、以下の過去記事に載っています。

■NO.109 クリスマスイブのシンガポールへGO!
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2011/12/post-ab30.html

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月 4日 (日)

NO.962 シンガポール旅行記(2015年1月3日、旅立ち)

昨日は、長い一日だったわ。

シンガポールは日本と時差があり、シンガポール時間は日本時間より1時間遅い。

つまりは、昨日は「1日25時間」あったわけです。

では、昨日の日記を綴ります。。。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

1月3日(土)

Dsc01996

セントレアホテルをチェックアウトして、ターミナルに向かいます。

そう、今年でセントレアは開港10周年を迎えるんですよ!

8時ちょうどに、空港カウンターでチェックイン。

そのまま、手荷物検査、そして出国手続きへと・・・

ところが、手荷物検査で「アラミスの化粧水」を没収されてしまいました(;ω;)

容器の大きさが限度を超えているということで。

うっかりしていたよ。いつも「小さな容器」に移し替えていたのに、今回は忘れてた。

化粧水を取り上げられてしまったので、仕方なく出国後に免税店でアラミスでなく別の、某ブランドの「乳液」を買いました。同じ「化粧水」を買うのは癪だったので(笑)

とにかく5400円、無駄に吹っ飛んでいきました・・・

 

気を取り直して「スターアライアンスラウンジ」へ。

Dsc02010

今回のシンガポール旅行も、ビジネスクラス利用なので、このラウンジを利用できます。

 

Dsc02014

世界各地の空港の「ラウンジ」に比べると、いかにもショボイセントレアのスターアライアンスラウンジ。

でも、いかにも名古屋らしい「ナポリタン」があるではないですか!

これくらいしか食べるものがなかったというのもあるけど、ありがたく頂きました。


Dsc02015


10時ちょうどにボーディング(搭乗)、シンガポール航空(SQ)のエアバスA330-300に乗ります。

どう見ても、クリスマスの飾りにしか見えないけど、幼少の折ドイツに住んでいたころは、クリスマスツリーを正月まで飾っていたっけ。

Dsc02083

機内食の評判がすこぶるよろしいシンガポール航空。

ビジネスクラスでは「ワンプレート」で料理が供されます。

メインのお肉。柔らかくて美味しかったですよ!

Dsc02091

フルコースの昼食を終え、マッタリしていたら、カリマンタン島(ボルネオ島)にある小国ブルネイの首都「バンダルスリブガワン」付近へとさしかかり、目的地シンガポールが近づいてきました。

Dsc02122

まもなくシンガポール。

マラッカ海峡の船団は、いつ見ても壮観です。

 

Dsc02125

シンガポール・チャンギ空港に無事着陸しました。

入国手続きをして、空港の銀行で両替してから(円安のせいでレート悪すぎ!)タクシーでホテルへと。

Dsc_0869

それにしても、タクシー待ちの行列が凄まじい。

空港から市街地までは地下鉄(MRT)もあるけど、メインの交通機関はタクシーです。

シンガポールのタクシーは比較的安いので。

Dsc_0873

片側4車線の道路を、ひたすら市街地へと進んでいきます。

乗っているタクシーの車種は韓国現代自動車(ヒュンダイ)の「ソナタ」です。

前回、2年半前にシンガポールを訪ねたときは、トヨタの「クラウン」や「コンフォート」などのタクシーもわずかに残っていたけど、今回は見かけなかったぞ!?

「ソナタ」ばっかり。。。

あとは「ベンツ」が少々。

タクシーの行列待ちでベンツが「当たる」と、お値段が若干高くなるので「覚悟」してくださいね(笑)

初めてシンガポールを訪ねた15年ほど前は、シンガポールのタクシーといえば日本と同じ「クラウン」だったのにな!

Dsc02136

リージェント・シンガポールに滞在します。

今は「フォーシーズンズ」の傘下にある5つ星ホテルです。

10年前からの、シンガポールでの定宿なんですよ。

キングサイズのベッドに、ひとりで寝るのはもったいないね(笑)

Dsc02138

約40平米の広い客室にはソファーがあり、くつろげます。


Dsc02137

インターネット完備、大きな机もあって仕事も捗りそう(^ー^)

ちなみに、いつもどおり今回も「クラブフロア」に宿泊なので、クラブフロア宿泊者専用のラウンジ「The Regent Club」へと向かいます。

Dsc02145

Dsc02147

カクテルタイム・・・アルコールとおつまみを自由に口にすることができます。

以前よりも料理の種類が増えて「おつまみ」というよりも限りなく「食事」に近い。

今日は昼の機内食がフルコースだったため(普段の勤務日は、1個58円の安物のカップめん(笑))、あんまりお腹が空いていなくて、この「おつまみ?」を夕食代わりにすることにしました。

部屋に戻り、ペット水を飲みました。

Dsc02149

Dsc02148

知る人ぞ知る、これが「下水を浄化した飲用水」なんです。

浄化技術は、某日本企業のもの。

シンガポールは、慢性的に水不足で、隣国マレーシアから水を融通してもらっているのですけど、マレーシアが水の値段を「引き上げ」にかかっているので、シンガポールはできるだけ多くの水を自前で賄おうとしているわけです。

海水の淡水化事業も進行中です。

ところでこの「下水」、案外美味しいですよ♪

リアルに欲しい人には1本ずつ差し上げるので、私がシンガポール滞在中に連絡ください(笑)

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月 3日 (土)

NO.961 シンガポール旅行記(2015年1月2日、中部空港前泊)

本日午前の便で、セントレア(中部国際空港)からシンガポールへ旅立ちます!

 

しばらくは旅行記スタイルにしようかと。

つまりは「前日の日記」を、翌日午前3時に自動アップするスタイル?を、帰国まで続ける予定です。

いつも私のFacebookをご覧の方々は、現地では無料の Wi-Fi 環境でない限り高額な通信費を請求されかねないので「実況中継」は、あまり期待しないでくださいね。

スマホは、フリースポットでしか使いませんので。

代わりにブログをご覧になって「異国情緒」を満喫してくださればと思っています。

ただし、私はシンガポールへは、いつも「静養」目的に訪ねているので、あんまり観光地を回らないと思います。

ナイトサファリくらいは行きたいけど、どうなるかは自分でもわかりません(笑)

ブログ面白くなかったらごめんなさいm(__)m

 

今日の夕方、シンガポール=チャンギ空港という、成田空港なんて比べものにならない、香港と並ぶアジア随一の巨大ハブ空港へ到着します。

今夜は、ホテル近くのショッピングセンター「タングリンモール」にあるフードコートで、チキンライスを食べる予定です。

その後、タングリンモールの食品スーパーで買物します。

いつもどおりの、マンネリ化した「儀式」なんです(笑)

 

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

1月2日(金) 出発前日

拙宅(せったく=自宅のこと)からセントレアまでは、道程50㎞あまり。

一部高速道路を使い、車で40分程度で行けます。

いったん名古屋へ出る必要がある、つまりは遠回りな電車ルートを使うよりも車のほうが早いし、今回の旅の如く常夏の国で不要な荷物が多いとき、そして重いスーツケースがあるとき「玄関から玄関まで」の車は本当に助かる。

しかも、空港の駐車場はインターネットでセントレアの公式サイトから予約できるので「満車」の心配もない。今回は予約しなかったけど。

それにしても車で利用するには、本当に便利な空港である・・・トヨタ系の人間が代々、空港会社の社長をしているので「トヨタ空港」とも揶揄(やゆ)されるほどなんですよ。

前泊の予定が、元旦からの連泊になってしまったのは昨日のブログ「新ねこバス新聞 社説」のとおりです。

■NO.960 中部国際空港セントレアで、お正月(^ ^♪
 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2015/01/post-01ac.html

お値段は、ちょっと高めです。

ビジネスホテルと、シティホテルの中間くらいか。

特に初日の追加予約は宿泊直前で入れたので、定価で止まらざるを得なかったのです。

でもビジネスホテルよりも部屋が広いし、お風呂場が「和式」で、洗い場があるのは、昨日のブログでも紹介したけどやっぱり嬉しいな♪

今日は、終日フリータイムです。

ということで部屋に引きこもって、これらを読みます。

空港ホテルという性格上、静かなので読書も捗る(はかどる)ことでしょうl。

特に「鉄道ジャーナル」は本日中に読了して、空港に駐車してある車に置いていきたい。

雑誌は、記事の鮮度が落ちると面白くなくなるし、現地に持っていくには邪魔だし。

2015010201

 

随分前に読み始めたワーグナーの「芸術と革命」、あと20ページほどで読了なんだけど、ほかの本を優先して読んでいたら、いつの間にか「放置状態」になっていました(汗)

鉄道ジャーナルとワーグナーとを片付けたら、「白い巨塔」(山崎豊子著)を読み始めます。

実はまだ読んだことがなかった、つまりは積読本です。

文庫で5分冊もの大長編。普段は中々読めませんよ~

全部持ってきたけど、ではシンガポールで静養中に読了できるか?

それも、怪しい。。。

2015010202


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

これから「旅行モード」に入るので、いただいたコメントへの返事が、下手すると数日遅れるかもしれません。

また、シンガポール旅行とは何ら関係のない記事をアップする日もあるかもしれません。

あらかじめ、ご了承ください。

とりあえず今日は、まず読書してから、昼寝をします。

どうも、疲れが取れない。

だから、シンガポールで静養してくるのですよ( ^ω^ )

目覚めたらこれを食すことにして。

2015010203

せっかく家で用意した「年越そば」。

行程変更のおかげで食べられなかったので、あらかじめ用意した年越そばの材料は冷凍庫に入れてきました。

空港のコンビニで買った、このカップめんで代用します。

年明けに一人でカップめんの年越しそばなんて・・・自由気ままな孤独生活は、お気楽だけど侘しい(´・ω・`)

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月 2日 (金)

NO.960 中部国際空港セントレアで、お正月(^ ^♪

明日3日に、シンガポールへと旅立ちます。

ところが、名古屋の元日は積雪との天気予報。

正月早々の雪に備えて昨日、中部国際空港(セントレア)へと向かいました。

空港ターミナル内のホテル「セントレアホテル」に、前泊のみならず「前々泊」、つまり2泊3日することにしたわけです。

ホテルの入口です。

2015010114_2


■セントレアホテル 公式サイト
 http://www.centrairhotel.jp/

2連泊も空港のホテルに前泊するなんて、生まれて初めてだわ(笑)

2015010101

空港ターミナルの屋上展望デッキから、国内線の駐機スペースを臨む。

たった4機!しかもB737に、ボンバルディアのプロペラ機。

奥におわすB767が「大型機」に見える、つまりはトリプルセブンB777と錯覚してしまう。

さみしい国内線です(´・ω・`)

 

2015010102

逆光で見づらいけど、こちらは国際線の機材。

名だたる国内外の大空港と比べると、ショボすぎだけど、それでも中大型機がメイン。

そう、セントレアは正式名称「中部国際空港」という名にふさわしい、国際線利用客が多い空港になったのですよ。

 

2015010103

センターピア奥に駐機しているのが、明日3日に搭乗するシンガポール航空の機材、エアバスA330-300です。

伊勢湾が時化ていますね。

セントレアは晴天なれど、名古屋市内は予報どおりの雪だそうです。

未明に空港へ到着してよかったよ(*^-^)

2015010104

約10年前の、開港当初からの人気店「まるは食堂」(中部国際空港店)。

エビフライで有名なお店なんですよ。

2015010105

お値打ちなのは、刺身もエビフライも食べられる「セントレア定食」です。

でも明後日午前の、シンガポール行きの便への搭乗まで時間が有り余る私は、単品攻めにすることに。。。

話が前後しますが、ブログで「まるは食堂」を紹介&宣伝したいので写真を撮らせてほしい旨店員さんにお願いすると、ご快諾くださいました!

まず、ビールの友にすぐ提供できる一品を頼みました。

2015010106

たこぶつ、です。

生ビールに、よく合う味だ。たこぶつも、ビールも美味しかったですよ♪

 

2015010107

写真撮影に失敗して、うまく写ってないけどこれは「はまちのカマ」です。

本日のおススメ、とのことだったのでオーダーしました。

程よく脂がのっていて、旨い味だわ(◎´∀`)ノ

写真には写っていないけど、すでにビールは干され、麦焼酎にチェンジしています。

 

2015010108

ごめんなさい。

エビフライ・・・あまりにも美味しかった!

キャベツを食べつくしエビを1本食べ終えたところで「まるは食堂」の名物を撮影し忘れていたのに気づきました(^-^;

コロモが薄く、エビが大きいんですよ。

エビフライとともにご飯を食べて「ブランチ」を終えました。

私は、セントレアを訪ねるたびに「まるは食堂」で食事します。

お代は、3000円強。

そりゃ、定食よりは高いけど、好きなものを好きなだけ食べられるのが「単品取り」のメリットですね。

■まるは食堂公式サイト
 http://www.maruha-net.co.jp/

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

まるは食堂で食事中に、私の携帯電話へセントレアホテルから部屋の準備が整ったと連絡があったので、食後はホテルへ直行しました。

2015010109

セミダブルの客室です。

2人でも泊まれます。

ビジネスホテルと比べると、床スペースに余裕があるので大型スーツケースも床に広げられますよ。

 

2015010110

客室の窓から遠くに望む伊勢湾。

本当に名古屋は雪なのというほどの、よい天気です。

そして、セントレアホテルの「ウリ」がこの浴室。

2015010111

「和式」の浴室なんですよ。洗い場つきの浴室。

だから、ホテルの浴室に必ずある「カーテン」がなく開放的だし、実際に浴室スペースが広い。

洗面台とトイレは、それぞれ独立して設けられています。

セントレア(中部国際空港)がある空港島には、ほかにもビジネスホテルが2件あるけど、若干お値段が高いセントレアホテルを私が定宿としているのは、空港ターミナルに隣接する立地の良さだけでなく、チェックインタイムの柔軟さ(ビジネスホテルは、アーリーチェックインしようとすると追加料金を取られるところが多い)、それからこの「和式の浴室」の存在、それが理由です。

ちなみに、ホテルを出たところに24時間営業のファミリーマートがあり、客室の冷蔵庫は空っぽで、持込み自由です。

 

あれ、いつの間にか雪が降ってきた!

2015010112

一時大雪になり、セントレアに着陸できなかった国内線の飛行機が目的地を伊丹に変更したり、また出発地に引き返した飛行機もあったりしたとのこと。

 

2015010113

それでも夕方になると、運航スケジュールも元に戻ったようです。

この写真は、客室のテレビで見られるフライトインフォメーションです。

夕方から夜にかけては中国、韓国、グアムなど近場への便が多く、あとはマニラ、ちょっと遠くの中東アブダビまでの便も。


2015010115_2

ブランチにお金をかけすぎたので、夕食はコンビニで調達した弁当とサラダ、牛乳とウィスキー。

私はパソコンのデスクトップ画面の壁紙をシンガポール航空の機材にしています。

我すでに「シンガポールモード」なれど、明日も終日セントレアに釘付け(苦笑)

DO NOT DISTURB の札をドアノブにかけてあるし、チェックインの際にも清掃とリネン類の交換は不要と告げてあるので、明日は部屋に引きこもって読書に勤しむことにしよう。

なんだか、へんてこりんな外国旅行だな。

まあ、いいじゃないですか、こういう旅も(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

2015年1月 1日 (木)

NO.959 元日早々、中部国際空港セントレアへ行きます(;'∀')

2015年が始まったーヽ(´▽`)/

本年もブログ主筆である私「ハク」ならびに「ねこバス新聞 社説」、どうぞ宜しくお願いいたします m(__)m

※身内や読者の方々に服喪中の方々がいらっしゃるので「おめでとう」は控えます。

 

 

元旦といえば、お節料理と行きたいところだけど、今日は昼前から家人に留守番を頼んで、しばらくの間ひとり家出する(笑)

なので、お節料理は、数の子と、刺身、「リラックマの蒲鉾」、焼き餅、そしてプレミアムビールと焼酎だけ。

実は、晦日から食べてるけど(笑)

Dsc_0736

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

神宮へは年末30日にお礼参りした。

旅行から戻ってから、改めて10日に神宮へ初詣する予定。

それにしても、昨日は夜更かしして、今日も昼前にセントレアへとはちとキツイな。

当初は2日だけ空港に前泊するはずが、年末28日発表された、元旦の名古屋の天気予報が「曇り時々雪」となっており、万一に備えて前泊の日数を2日間にしたわけですよ。

このブログ、実は昨年末に書いている。

なので、天気予報が当たり私が酷い目に遭っているのか、それとも「空振り」に終わり、1泊余分に前泊するお金を損したと嘆いているかは、「過去の、2014年12月の私」には知る由もない。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

そうそう、今年の我が目標を、披露しよう。

 克己(こっき)

です!

己(おのれ)の欲望などに、打ち勝つことですね。

酒を飲みたくても、昨日大酒飲んだから、今日明日は2日連続で我慢して禁酒しようとか・・・

少々眠くても、積読本を読破するとか・・・

これは難しい目標だと思うけど、頑張りますよ(^-^)b

間もなく、セントレアへ出発します。

明日はUターンラッシュで空港ターミナルが混みそうなので、今日じゅうに空港の「まるは食堂」で、遅めのランチをディナー代わりにして、美味しいエビフライや刺身を堪能しよう。

定食物だけを取ると、早く出なきゃという「無言のプレッシャー」を感じるけど、アルコールや単品料理をとり「居酒屋」感覚で食事すれば長居できますよ。

その代わり単品ばかりでは値が張るので、高飛びする前からお金が吹っ飛んでいく(゚ー゚;

■まるは食堂 中部国際空港店
 http://www.maruha-net.co.jp/tenpo/kuko/

まるは食堂のエビフライ、本当に美味しいよ!

どちらかというとエビが苦手な私が「美味しい」って言うんだから、間違いないと信じてくださいよ~~~

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon