新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NO.897 お薬手帳のデザインが変わった | トップページ | NO.899 経営品質向上活動(≒業務改善活動) »

2014年11月 1日 (土)

NO.898 「死にたい」なんて考えてはいけません!

よく「ブログ巡り」をしていると、時に自殺念慮があると思われる人が書いているブログに遭遇する。

それを読むと、

・リストカットした

・苦痛から逃れたい

・死にたい

等々と、同じような内容の記事が連日のように綴られている。

でも、こういう人は、自分自身は大概自死しないものである。

連日のようにブログを綴ることが可能な人間が、実際に死を選ぶか?

問題は「ブログを読んで、本当に死を決心する」人が生まれやしないかということ。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

私は毎年数回、神宮(=伊勢神宮)参拝をする日本人であるが、特定の宗教は信仰していない。

つまりは「無宗教」である。

主に外国で、新興宗教の団体が「集団自殺」したなんてニュースを聞くと、理解に苦しむ。

宗教は、時には人を死に追いやることもあるのだなと。

第二次大戦中の「神風特攻隊」も、「靖国で会おう」を合言葉に多くの若人が散華していった。※散華:死ぬことの仏教用語

イスラム過激派による「自爆テロ」も、到底理解できない。

私が、無宗教だからなのか?

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

最も悲しいのが、いじめやパワハラ(=大人の世界のいじめとでも言えよう)、金銭苦などによる自殺。

ある子供が、いじめを受けることによって「死ねば楽になるだろう」と思う気持ちは、私はパワハラにあっただけに少しは分かるつもり。

だけど、当の被害者に言わせれば、「私の苦しみなんて、誰にも分るわけない」というのが本心だろう。

そして、実際に「行動」に移す子供が毎年いる。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

私は無宗教だけど、人の世についてはこのように考えている。

人は、誰でも楽しいときも、苦しいときもあって、死を迎えた際には「プラスマイナス、ゼロ」になるのだと。

つまりは「帳尻合わせ」が出来ているのではないかと。

だから、いじめやパワハラに遭っている人は、死んだほうがマシと思う人も多いだろうけど、何とか我慢すれば、卒業や転勤によって「周りの環境」が変わると思ってさ。

それまでの辛抱だよ。

もちろん「言うは易し、行うは難し」だとは承知している。

私はパワハラを受け続けた後、周りの環境が変わり、一転「天職」とでも言えるほどの仕事を与えられ、上司らから過分な評価を頂戴するようになった。

パワハラに屈しなくて、本当に良かったヽ(´▽`)/

私は、中学生の時自ら立てた目標「辛抱」、そして出身高校の校訓「忍」(にん)を、心の支えに生きています。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

世の中には「生きたくとも、願いが叶わない」不治の病に苦しんでいる人が大勢います。

私の伯父も「生きたい」と漏らし続けながらも、パーキンソン病で死にました。

何だか支離滅裂な文章になったけど、言いたかったのは、こういうことかな。

「死にたい」という言葉は、「生きたい」との願いが叶わず死んでゆく人に対する冒涜(ぼうとく)である。。。

 

いじめやパワハラはじめ、人を死に追いやる「ハラスメント」は、絶対に赦せないが、一方で、ハラスメントの被害者も「命を粗末にしてはいけない」と私は考える。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

« NO.897 お薬手帳のデザインが変わった | トップページ | NO.899 経営品質向上活動(≒業務改善活動) »

人権(いじめ・虐待・ハラスメント他)」カテゴリの記事

健康・躁うつ病他メンタル疾患・他の病気」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578215/60442552

この記事へのトラックバック一覧です: NO.898 「死にたい」なんて考えてはいけません!:

« NO.897 お薬手帳のデザインが変わった | トップページ | NO.899 経営品質向上活動(≒業務改善活動) »

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon