新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 【号外】台風接近中・・・無理をしないでください! | トップページ | NO.880 地産池消の居酒屋「三重人」おススメです »

2014年10月 7日 (火)

NO.879 台風接近に対する母校の対応に物申す!

今回は、自由闊達な校風である母校に、物申したいと思い記事をアップした。

愛校心ゆえの記事内容なので、失礼があればご容赦願いたい。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

昨日、10月6日(月)午前8時頃、台風18号は静岡県に上陸した。

ところで、私は静岡、伊豆の出身である。

台風上陸の前日の5日(日)、Facebookをチェックすると、私の出身高校が同日14時55分付で「台風18号について」とのタイトルで投稿していた。

それを読むと、

・11時までは暴風警報の有無にかかわらず自宅待機とする。

・11時の時点で暴風警報が発表されていなければ「午後の授業を実施する予定」。

と書かれていたのである。

(何分おきに警報や注意報を発令するのか知らないが、たとえ10時59分に暴風警報が解除されても登校せよとのこと)

台風上陸前日の台風情報では、静岡県は台風進路予報円の真ん中に入っており、母校の生徒の登校に支障する可能性が極めて高いことが予想された。

私は、直ちにFacebookで母校の対応を批判した。

翌日(月曜日)の休校を直ちに決断するべきだと。

何故かって?

台風情報からして、暴風警報により休校の可能性が極めて高いことが分かっていながらも、生徒は11時まで、テレビやインターネットなどで警報発令の有無をチェックせねばならず、落ち着かないだろう。

それに、万一暴風警報が解除されたとしても、洪水への対応はどうなのか?

暴風雨と洪水のピークには、タイムラグがあるだろう。

風雨が収まったからといっても、そのあとで川が氾濫することも考えられる。

登校途中の安全は、暴風警報が解除されたとしても確保される保証がないのである。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

今から半世紀余り前の1958年(昭和33年)、伊豆半島に大災害をもたらした台風がある。

台風22号「狩野川台風」(かのがわたいふう)である。

 狩野川台風:ウィキペディアより
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%A9%E9%87%8E%E5%B7%9D%E5%8F%B0%E9%A2%A8

現在の学校関係者は、狩野川台風を体験したことのない方々ばかりである。

それゆえ、災害に対する意識が欠如しているのではないだろうか?

私が小学生の時は、地元の、多分教育委員会?が作成したと思われる社会科の副読本で「狩野川台風」を学んだ。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

先日この母校で、同窓生でもある地元の某市長が、講演をした。

私は講演会に参加していないので直接は聴いていないのであるが、市長の言葉に、印象深い言葉があった。

災害対応においては、

「空振りの三振はいいが、見逃しの三振はあってはならない」

要は、警報を発令したものの災害が起こらないのは結構なことだが、反対に警報発令を躊躇したせいで災害が発生し被害に遭うのは言語道断ということ。

せっかくの素晴らしい同窓生の言葉を母校の関係者は、今回の台風接近時の対応に活かせたとはとても思えない。

 

母校は、地域で偏差値トップの進学校である。

ところが学区制の廃止に伴い、隣接するライバル校との競争が激しくなっている。

このため、できる限り学習時間を確保したいが故の学校の判断だったのだろうけど、「授業時間の確保」よりも「登校する生徒の安全確保」のほうが優先する、これは当たり前のことなのではないか?

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

結局、台風上陸日の11時の時点で暴風警報は解除されることなく、学校は休校になった。

改めて、休校の旨Facebookで学校から情報提供された。

最初から休校を決めていれば、生徒は警報発令の有無を気にせず、落ち着いて自宅学習できたのではないか?

 

備えあれば憂いなし

とか、

災害は、忘れたころにやってくる

とか言われているではないか。

 

関係者は猛省すべきだし、狩野川台風から学んだはずの教訓を再度思い起こし、今後の災害対応に活かしてほしい。

卒業生としての、切なる願いです。。。

 

※休校の判断は、各学校がするものだと私は思っているが、もしかしたら県教委がするのかもしれない(静岡には県立高校の教職についている友達がいるので、今度会ったときに訊いてみます)。
いずれにしろ、県教委は県内の各高校に対し「安全第一」で対応するよう指示するべきだろう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

« 【号外】台風接近中・・・無理をしないでください! | トップページ | NO.880 地産池消の居酒屋「三重人」おススメです »

学校・学園生活」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578215/60432329

この記事へのトラックバック一覧です: NO.879 台風接近に対する母校の対応に物申す!:

« 【号外】台風接近中・・・無理をしないでください! | トップページ | NO.880 地産池消の居酒屋「三重人」おススメです »

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon