新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NO.702 3丁目 と 三丁目 | トップページ | NO.704 最近減ったような・・・ヤンキー車! »

2014年3月13日 (木)

NO.703 うちの商品、なるべく買うの控えてね、という摩訶不思議な会社あり

混雑時の公共交通機関、大晦日の晩から年明けの携帯電話通話規制は、「(電話がつながらないので)ピークをずらして使ってね」、ということでまあ理解できる。

使用量ピーク時の、真夏の午後の電力会社なんかもそうですね。

電力会社が「節電指南」を、ということは、すなわち「うちの商品(電気)、なるべく買わないでね」と言っているような響きがする。

いわゆる「緑のカーテン」を作るための、ゴーヤや朝顔の種の配布も、消費電力量を減らす効果がある。

それだけ、客への売電量は減る。

 

ガス会社も、電力会社ほど極端ではないにせよ、まあ似たようなところがある。

エコジョースとエコキュートという商品で、電力会社とガス会社が互いに競争することはあったけど、東日本大震災をきっかけに、家庭でのエネルギー源を電気だけに頼るのは危険だということで、売れなくなったのか、CMが無くなってしまいました。

それと、電力事業を例にとると、法人客相手には他社参入が認められ、競争原理が働いているけど、個人レベルでは、電力会社を選ぶことは不可能です。

それなのに、電気を買わないでほしいと言わんばかりの節電CM。

何だか不思議な気がする。

経済学の世界では、1社独占状態になると、普通は価格が上昇するとされているんだけどね!

それとも、携帯電話みたいに競争原理が働くようになれば、電気料金もさらに安くなるのかな?

そうは思えない。

携帯電話の通信網の整備と違って、発電所や変電所、送電設備はじめインフラ整備に莫大な投資を必要とする。

一方で個人客が各家庭で使う電気の使用量なんて、たかが知れている。

だから、個人電気事業に参加する会社なんて、今の発電、送電の仕組みを続ける限り、出てこないと思う。

発電、送電分離がなされたら、家庭向けの参入業者は現れるかもしれない。

けど、そんなメンドクサイことをお客さんは望んでいるのかね?!

ゆえに、電気事業が完全自由化されたとしても、投資(費用)に見合う効果(利益)は見込めないと思う。

もっとも、電気、都市ガス、水道、通信(電話、インターネットなど)など、「公共財やサービスの提供」を第一とする会社や公営事業は、、、

「お金儲け第一主義」に走ることなく「本業の安定化」を最優先にして、本業を補完するために異業種参入、そして公営事業なら「民営化の検討」などを進めてほしい!

そもそも、事業展開に莫大な投資を必要とする電気、通信、都市ガス、水道など公益事業には、「規模のメリット」というのがあり、独占状態でも事業規模の大規模化により価格を低廉にできる(はず)。

もちろん、価格が高止まりしないように、何らかの監視体制なり、部分的な競争原理を働かせる必要はあるかもしれないけど!

そこに「無条件の競争原理」を導入すると、2重、3重の大規模投資が必要になり、過当競争に陥る。

投資資金を回収できない企業は事業継続が困難になり、ライバル企業に買収され、市場から「退場」させられる。

 

結局のところ、お客さんが公益事業に何を求めているのか?

・価格が下がれば、品質が落ちてもいいと思っているのか?

・それとも、高くても商品の安定供給を望んでいるのか?

二兎を追う者、一兎をも得ず。。。

安い価格で、品質のよいサービスを望むのは、莫大な投資を必要とする公益事業では、とても難しいことを知ってほしい・・・

 

それにひきかえ、ガソリンスタンドはどうだろうか。

電気やガスと違い、「うちのスタンドでどんどん買って(給油して)!」と言わんばかりに、価格競争をする激戦区が都市部の郊外を中心に、全国あちこちにある。

そして、儲けが出ない消耗戦を繰り返し、相対的に強いものが残る。

結果として、寡占状態になり、やがてガソリンも値上がりするのではないでしょうか。

電力やガスと違って、価格をスタンドが自由に決められるから。

実際、田舎の「ガソリンスタンド独占地域」へドライブすると、ガソリンのお値段が都市部と断然違いますよね。

でも、ガソリンのほうが「経済学の寡占、独占状態」の、単純な理屈どおりに価格が決まっていて、お値段には不満があっても、価格決定のプロセスについては納得できます。

いやはや独占販売の、家庭の電気を節約しろって、他の商売をしている人から見ても、何とも不思議な世界なのでは?

自由主義市場経済も、奥が深いね~

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

« NO.702 3丁目 と 三丁目 | トップページ | NO.704 最近減ったような・・・ヤンキー車! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578215/59230670

この記事へのトラックバック一覧です: NO.703 うちの商品、なるべく買うの控えてね、という摩訶不思議な会社あり:

« NO.702 3丁目 と 三丁目 | トップページ | NO.704 最近減ったような・・・ヤンキー車! »

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon