新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 【号外】ホームページ完成しちゃったのでブログも復活です! | トップページ | NO.645 着々と進むホームページ構築工事! »

2013年12月15日 (日)

NO.644 今頃になって、戦争特番の録画を見ている私

ブログ「ねこバス新聞 社説」主筆のハクです。

しばらくブログ執筆を控えていましたけど、この記事をもって再開します。

これからもよろしくです<(_ _)>

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

毎年、8月15日の終戦記念日が近づくと、満州事変や日華事変(日中戦争)、太平洋戦争(当時の正式名称は、これらの戦争を一括した「大東亜戦争」)に関する特集番組をテレビ特番で放送する。

実は、これらの番組を録画しておきながら、ずっと放置していました。

他に早く見たい番組があったのが、そのいちばんの理由です。

今自宅にある大容量HDD付ブルーレイ・レコーダーは、以前持っていた旧モデルのレコーダーと違い、録画次第再生、削除して空き容量を確保する必要がない、つまり録画容量不足の心配がないから急いで視聴して削除する必要がないというのが次の理由です。

それに、やはり8月というのは、日本人、特に私のように戦争に関心を持つ人間には特別な月だからです。こういう時期に、戦争特番を見ると、どうしても偏った目で画面を眺めてしまいがちになる。やっぱり日本だけが悪かったのだろうと。。。

戦争は、勝ったものが負けたものを悪者扱いする、その典型例がドイツのニュルンベルク裁判と、日本の極東裁判です。
極東軍事裁判で裁かれる東条英機はじめA級戦犯の姿を見る人の多くは、アメリカが主導する勝者連合国が、敗者日本を裁く姿を見て、日本だけが戦争という罪を犯したと勘違いするのでは?

これまでの戦争では、その終結時に「講和会議」を開き、そこで勝戦国が敗戦国に賠償金や領土割譲などを求めることはあっても、敗戦国の指導者を裁きにかけることなんて、これまではなかったと思います。

勝者が敗者を個人レベルで裁く、アメリカの傲慢な態度はその後も続きました。

世界中のテロリスト集団や反米国家(国力のない小さな国々)を攻撃し、指導者を逮捕、拘束して「正義の国 アメリカ」が裁きにかける。

古くは朝鮮戦争から、最近では9・11の報復としてのアフガニスタンでの戦争。
(当時アフガンを支配していたタリバンも、アメリカが支援した反タリバン集団も、似たり寄ったりの、語弊はあるけど「自由や民主主義をみとめない、ならず者」です)

イラク戦争では、アメリカ軍は掘り穴に隠れていた大統領サダム・フセインを逮捕、殺害しました。

国際テロリスト集団アルカイダの指導者、オサマ・ビンラディンは、アメリカ軍に隠れ家を夜間急襲され、殺害されました。。。

アメリカは国連常任理事国です。

テロリストはともかく、外国の元首たる大統領や、国を率いる首相を殺したり、その人物を自国に都合よい人物に挿げ替える(すげかえる)など、許されることなのでしょうか?

このような超大国が、国際的ルールを無視して、世界中を我が物顔に振舞うことを許して良いのでしょうか?

アメリカの傲慢さが、テロの温床になっているのだと思います。

そして、中国のような、新しい超大国の勃興を招いているような気がします。

話が逸れました。

洗脳されないように、時期的に落ち着いたところで、しばらく熟成させた戦争番組を今頃になって見ているわけです。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

アドルフ・ヒトラー執筆の本「わが闘争」によると・・・
(大昔に本を買って読み始めたけど、文章の中身がアホらしくて、途中で読むのやめて放置したまま書棚に眠っています)

世界戦争が始まれば、ドイツは日本と共に米英ソを破り、勝ち残った両国が世界を二分する。

やがて最終戦争が起こり、日本はドイツに破れてナチスドイツが、アーリア人種が、世界を支配するという話だったと思います。

ちなみに「わが闘争」では、日本は「所詮、黄色人種という劣等民族が支配する国家」と書かれているそうな。

戦前だけでなく、戦後も「経済大国日本」と欧米先進国に持ち上げられ、利用され、コントロールされ続けながら、それを自ら知っていながら甘んじてそれを受け入れる一方、アジア諸国には強がる、アジアの一国である日本。

学校でのいじめられっ子が、近所のチビッ子や家で買っているペットに八つ当たりするのに似ているような気が・・・

どうして遠く位置する欧米には親日家が多いのに、反日の人たちが日本の近隣諸国であるアジアの国々、特に中国や朝鮮半島の人たち、それから東南アジアの華僑などに多いのか、もっと考えてみたいと思っています。

その答えが見つかればいいなと思いつつ、私は長年イギリスが植民地として支配し、戦時中日本が占領統治したシンガポールへの旅を続け、大東亜戦争について彼の地で考えるのです。
(今年はシンガポールへ行けないのが、残念でならない・・・)

※シンガポールは、今や1人あたりGDPで旧宗主国イギリスや、占領国日本をはるかに超える、アジアで最も裕福な国になりました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

« 【号外】ホームページ完成しちゃったのでブログも復活です! | トップページ | NO.645 着々と進むホームページ構築工事! »

人権(いじめ・虐待・ハラスメント他)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578215/58759429

この記事へのトラックバック一覧です: NO.644 今頃になって、戦争特番の録画を見ている私:

« 【号外】ホームページ完成しちゃったのでブログも復活です! | トップページ | NO.645 着々と進むホームページ構築工事! »

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon