新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NO.616 今日は「文化の日」です。 | トップページ | NO.618 楽天優勝セール(泣) »

2013年11月 4日 (月)

NO.617 消費期限がより長い生鮮品を選んで買う私って悪者ですか?

私には、まだまだ元気な両親がいるが、コアな読者ならご存知、毎週土曜日は「食事当番」として、私が厨房に立ち、調理の腕を振るう。

その、土曜日の朝に食事当番に必要な食材を買いに、隣町の大型スーパーまで車で出かける。

私はあらかじめ献立を考えてから買い物することが多い。

だから、必要とする食材を買物メモに手書きでリストアップして、スーパーへ持参する。

店のレイアウトの関係で、大概は野菜売り場、食肉売場、魚売り場、総菜売場、パン売り場の順番で回る。

例えば、生鮮食料品や総菜類には「消費期限」が書かれている。

肉でも惣菜でも何でも、私は商品の種類を決めたら、今度は消費期限が最も長いものの中からお目当ての商品を選ぶ。

1日違いでも鮮度は違うから、いくら廃棄ロスが勿体ないとか言われても、消費者としては鮮度が違うものに同じ対価は払えない。

2012072801

ところが、値引きシールが貼られている場合は、話は別。

鮮度は出来たてに適わないけど、その分値段が安くなっている。

こうなると、「価格重視」で商品を選択する(笑)

よく店側や、偉そうにモノ申す学者は、お客さんが(値段が同じ商品にもかかわらず)日付が古い、前に陳列してある商品から購入すれば、商品の仕入れ量、廃棄ロスが減ってコスト削減になり、ひいては値段の引き下げにつながると言っているが、そんなの店側の身勝手な考えだと思う。

同じ対価を払うなら、より新鮮な商品を選択する。

これは市場における消費者の、当たり前の選択でしょう。

私がスーパー経営者なら、肉でも牛乳でも惣菜でも生鮮品を、1日刻み、あるいは半日、数時間刻みで古い商品を値下げする。

この方が、

「定価でも新しい方がいい」

「どうせ今日食べるんだから、できるだけ安い方がいい」

という、両方のニーズを満たすことができ、結果として少ない仕入れ量で商品を売り切ることができると思っている。

新しいのと古いのと両方ある時、同じお金を払って、あえて古い生鮮品を買うなんて真似は、私にはできません。

牛乳だって、奥から日付が1日でも新しいのを引っこ抜く。
(もちろん、きれいに並べられている陳列を乱すようなことはしません)

古いのを買うなら、「値引きシール」は必須条件です(笑)

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

« NO.616 今日は「文化の日」です。 | トップページ | NO.618 楽天優勝セール(泣) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ハクさん、こんばんはぁ~!

私もハクさんと一緒です(苦笑)
スグに使わない、使い切らないものは期限をよく見てから買います。
逆に、スグに使うものは割引商品を買いますよぉ~。
家族の人数が多くて、消費量が多ければ気にしなくても良いんでしょうけど、
毎日買い物に出るわけでもないので、
少人数の我が家はよく見て買わないと、ロスになりますからね…sweat01

たみこさん、コメントありがとうございます。

まさに「我が意を得たり」ですよ!
1日の日付の違いでも値段が同じというのは、賞味期限ならともかく「消費期限」の場合はおかしいと私は思ってます。
同じ値段だから、牛乳は陳列スペースの奥から日付が新しいものを取る。
消費期限までに飲み切るには、できるだけ新しい方がいいからね~
でも、奥の牛乳を取るために、きれいに並べられているのをぐちゃぐちゃにする人がいる、これはやめてほしいものです。。。

ハクさん こんばんは〜

今回の記事は 消費者ならば
当然の事の様に 思えますよ (^^)/

我が家も 消費期限を確認してから
買い物カゴの中に 入れています

食品のみに限らず

本などを 購入する場合
出来るだけ キレイな物を選ぶ

やはり 他人が触れた物は
極力避けたいですから

harubonさん、コメントありがとうございます。

私の行動に理解と支持をくださって恐縮です
本なんかは、定価販売が原則だから難しいですけど、食料品なら消費期限が短いものは、商品価値が落ちているわけで、それだけ値引きすべきです。

本の場合も、最近は売れ残りをバーゲンで安売りすることがありますね。
でも、同じ値段で売られているなら、やはり誰も触ってなさそうなのを私も選びます。
雑誌の場合、平積みなら上から3番目より下、普通に立てて売られている場合も前から(上から?)3番目のを選んで買います。
上2冊は、他人が触れている、立ち読みしている可能性が高いからです。

それから、ネット販売の本なら、他人が触っている可能性はないと思っていたのですが、先日ネットで買った本に「●洋堂書店」から返本された旨の紙切れが挟まれてあって、ネットショッピングも安心できないなと思いました。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578215/58483085

この記事へのトラックバック一覧です: NO.617 消費期限がより長い生鮮品を選んで買う私って悪者ですか?:

« NO.616 今日は「文化の日」です。 | トップページ | NO.618 楽天優勝セール(泣) »

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon