新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NO.545 作文や小論文のコンクールに応募してみませんか? | トップページ | NO.547 オノマトペ »

2013年8月 9日 (金)

NO.546 縁の下の力持ち

アメリカが広島市に続き長崎市へ原子爆弾を投下、無差別殺戮(さつりく)を行なってから丸68年の今日。

まずは、黙祷。。。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

11月に中学校の同窓会があります。

その幹事のうちの一人に私は選ばれている。。。

同窓会の話、詳しく前に記事に書いたような、書いてなかったような(笑)

本当はお盆に故郷に戻って、地元にいる幹事たちと面と向かって同窓会の事前打合せをしたい。

でも仕事が忙しいし、土日1泊2日の強行軍は辛い。

おつかれモードなので、土日はゆっくりしたい。

新幹線は混むし、高速道路を車で運転するのも疲れるからさ。。。

それにしても、どうして遠方に住む私が幹事に選ばれたのか?

中学校では、生徒会役員も、学級委員も、そういうものは一切やってなかったのに・・・

では何をやってたかって?

= 図書委員です。

3年間、ずっとね・・・。

正確に言うと、小学5年生から高校3年生まで8年間、学校は違えどずっと図書委員だった。

幹事なんてものをやるようになったのは、社会人になってから。

「根回し上手」 <<自称

これは、幹事に求められる資質だと、実際に幹事やって痛感した。

要するに、学級委員や生徒会長タイプと、幹事タイプは違う、ということ。

幹事のような縁の下の力持ちも、表舞台で活躍する人たちと同じくらい大変だし、大事な存在だと我ながら思う。

私は、やっぱり裏側や縁の下から、表舞台に立つ人間を支えるほうが向いている。

時々、こういう自分が「嫌われ者」扱いされてるんじゃないかって思うときはある。

私は、ヒノキ舞台に立つ大物役者を裏で操ろうなんて思ったことは、一度もないんだけどね。

暑さで頭がフラフラするので、文章が変になっちまったよ(苦笑)

同じような記事、前にも書いたような気がするし。。。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

« NO.545 作文や小論文のコンクールに応募してみませんか? | トップページ | NO.547 オノマトペ »

地域、まちづくり、都市シリーズ」カテゴリの記事

旅行・レジャー」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 幹事、大変ですよね!
そう言えば、20歳ぐらいの時に小学校の同窓会を偶然にも
1回やったぐらいで、その後は~一切無いです、
はっきり言って、過去より今を大事にしたい私にとっては
その方が、楽でイイです。何やらカッコいい(???)
言い方をしてみましたが(苦笑)

 私も表舞台より裏方派です。
でも、ある意味裏方の方が大変だと思います。
全部把握してないと裏方なんて出来ないですヨ
きっと。。。

いんちさん、コメントありがとうございます。

社会人になって、仕事や宴会で幹事を務めて思ったのは、皆さんを公平に扱わないといけないということですね。
これが、なかなか難しい。。。

同窓会の会費では、同じ5千円でもある人にとっては安いでしょうけど、そうでない人もいますし。。。
(公立学校の同窓会は、いろいろな職業や立場の人がいるから難しいのですよ。私立だと、会費設定で悩むことはあまりなさそうな気がします)
それから、遠方から交通費を負担して駆けつけてくれる人(中には実家ごと引っ越している人も!)と、地元にいる人とでは、また違いますよね。
職場の宴会なら、お偉いさんから順に会費を傾斜配分にして、要するに役職によって会費に差をつけて「問答無用で」預かりますけど、同窓会は、やはり同額でないと変。だけど、そうすると不公平感が生まれる・・・
恩師も、リタイアした先生が多いから、すねをかじるにも限度があるし・・・

おっしゃるように、いろんなこと全部把握していないと幹事はできませんよね。
それにしても、同窓会は、奥が深い任務です(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578215/57895528

この記事へのトラックバック一覧です: NO.546 縁の下の力持ち:

« NO.545 作文や小論文のコンクールに応募してみませんか? | トップページ | NO.547 オノマトペ »

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon