新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NO.513 路線価に表れる日本経済の復調と地方都市の衰退 | トップページ | NO.515 ちびまる子ちゃんのお皿が届きました! »

2013年7月 8日 (月)

NO.514 平成の米騒動から20年

今から20年前、コメ余りの国であるはずの日本がコメ不足に陥り、古米や古々米、それから食用に転用した酒製造用のお米を市場に大量に投入しても足りず、外国、特にタイからの輸入米に頼って国民がしのいだのを記憶している読者も多いでしょう。

店頭に並んだタイ米。けど、さっぱり売れなかった。

理由は、コメの種類が違うため、日本人の味覚に合わなかったからです。

確かに、パサパサしたコメは、和食には合わないし、そもそも日本人は好まないと思った。

でも、私は、もっちり感が全くなく、パサパサしたタイ米が大いに気に入った。

カレーライスとの相性が抜群だったのです。

そのうち、タイ米と日本米を混ぜた「ブレンド米」なるものが発売されるようになって、それが主流になったけど、私は安いタイ米を食べ続けました。

日本米とタイ米は、併せる料理が違うので、和食にタイ米が合わないのは当たり前です。

インド系の人たちが経営しているインド料理のレストランも、日本ではコメは日本米です。
(私が時々訪れるシンガポールのインド料理店のコメは、タイ米ではないとは思うけど似たような、パサパサしたコメです。)

本場のカレーには、日本米よりもタイ米などのパサパサ米のほうが、相性が良いと思うんだけどなぁ。

米の消費量は年々減っていても、日本人はコメの中でも日本米が大好きなんだと、コメ不足の時思いました。

みなさんは、コメといえば、やっぱり日本米ですか?

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

« NO.513 路線価に表れる日本経済の復調と地方都市の衰退 | トップページ | NO.515 ちびまる子ちゃんのお皿が届きました! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あれ~ま~~~\(◎o◎)/!
ほんとだ!復活してた~!
ココログ追い出されたって言ってたから
消えてしまったもんだと思ってたよ~
御無事で何よりです^^; タイ米ね、ナシゴレンとか
チャ-ハン、もちろんカレ-に合うと思う!!
私は嫌いじゃないよ~♪

きなちゃん、お久しぶりです!

ココログは追い出されちゃったけど、なぜかブログは消されないで済んだんですよ!
タイ米を、和風の料理に合わせると不味いけど、アジアの料理にはよく合いますよね。
ナシゴレンも美味しいし・・・
またシンガポールに行きたいけど、当分無理そうなので、時々セントレアに行って飛行機見て、排気ガスの臭いを嗅いで旅行気分を満喫します♪

ハクくん、こんばんは(^^♪
ちょっと、久しぶり^^;
あったわね。米騒動。。
あの時、日本米がなくて一度だけタイ米を買ったけど
やっぱり私は日本米が好きだわね。
炒飯とかには合ったけどね^^;
私はご飯が好きでオカズはなんでもいいや・・って思っちゃうの。
白いお米が食べられるだけ幸せかな・・って^^;
こっちでは「やった」とか「楽勝」って言う意味で「コメの飯」って言葉があるのよ^^
そうそう、四十肩気をつけてね。私はなったことないけど、
知り合いに四十肩や五十肩になった人が多くて困ってたわ、
一年くらい経つと放っておいても治るらしいけどね^^;では(o・・o)/

みどりさん、お久しぶりです!

ご飯が好きな人にとっては、外国産のコメは不味くてたまらなかったと思います。
あの騒動の時は、「余っている古米はどうした?」と不思議でなりませんでした・・・
いつも、コメが余っているから減反せねば、なんて政府は言ってるけど、コメくらい自給してほしいですね。そして、日本のコメは中国のお金持ちがデパートで買っているくらいなので、もっと積極的に販路を拓いたらどうかと思っていますよ。
ところで四十肩と1年も付き合わないといけないの?・・・困ったものです(苦笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578215/57159213

この記事へのトラックバック一覧です: NO.514 平成の米騒動から20年:

« NO.513 路線価に表れる日本経済の復調と地方都市の衰退 | トップページ | NO.515 ちびまる子ちゃんのお皿が届きました! »

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon