新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NO.406 都会は東京だけ!? | トップページ | NO.408 アベノミクスによる景気回復は可能なのか? »

2013年3月21日 (木)

NO.407 電気ケトル

昨日は休みだったので、家にこもってスカパーで放送した映画の録画を見て過ごしました。

それにしても、スカパー光は高すぎ。名前忘れたけど、なんとかパックとかいうので割引になっているけど、それでも高い。しかも、あまり見ない割にはいろんなチャンネルの番組を見るので、単チャンネル契約ではさらに高くつくので、見ないチャンネルがたくさん込みになってるけど、セットで割引にしています。

昨日見たのは、「ターミナル」。

思ったよりも期待外れだったけど、飛行機好きとしても、まあまあ楽しめましたよ。

やっぱり空港で生活するなんて無理だと思いますよ。
もしこれが、ファーストクラスやビジネスクラスなら無料のラウンジがあるし、ラウンジではタダで食事ができ、これまたタダでシャワーを浴びれるところが多いので(少なくともシンガポール空港のラウンジにあるシャワーは、1人使用するごとに綺麗に掃除しているので、清潔です)、空港で暮らすことも不可能ではないかもしれませんが(笑)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

話題は変わって、こんどは、ポットについて。

以前は4リットルの電気ポットを使っていたけど、これは待機電力が勿体ない。

2年ほど前に、電気ポットが壊れたのを機に、ティファールの電気ケトル(1リットル)を買った。

Dsc_0015

ちっともお洒落な写真じゃないので、載せない方がよかったかな(苦笑)

ティファールの下に敷いてあるタオル、醤油か何かのシミで汚れてるし。

必要な量だけお湯を沸かせて、しかも沸騰したら本体を台座から外して「やかん」のように持ち歩きでき、カップめんとかにお湯に注げる。

それから沸騰と同時にスイッチが切れるので、やかんみたいに空焚きになる心配はないし、スイッチの切り忘れを心配することもない。
とにかく電気代は削減されていると思いますよ。ポットみたいに保温という待機電力がないし。

写真にも写ってますが、電気ケトルの脇には水の計量カップが置いてあって、これを使って水の必要量を正確に測って電気ケトルでお湯を沸かしています。無駄なく沸かすのが節約の基本。お湯が余ってはもったいないですからね。

最近のカップめんは、必要湯量が書いてあるのが多いけど、電気ケトル派には本当に便利です(・∀・)

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

« NO.406 都会は東京だけ!? | トップページ | NO.408 アベノミクスによる景気回復は可能なのか? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 うちのは、タイガーです。
最初は、必要無いかなぁと思っていましたが
母が、お客さん来た時に湯を沸かせるモノ…何も無いのは
見っともない!と言い出し(やかんも無かったので)
買いに走りました。

 かなり、かなり重宝しています!!!
毎日使っています!インスタントもすぐ作れるし!!

 あっ、私は…水の量毎回適当なので
無駄に水が、残ってしまいます。
いけませんね、、、反省。。。。

いんちさん、コメントありがとうございます。

タイガーの電気ケトルをお使いなのですね。
電気ケトルは便利ですよね。
すぐにお湯が沸くし、それに待機電力を節約できますから♪
お湯は、カップ麺とかだと必要湯量が書いてあるので計量カップで測って沸かしますけど、
お茶やティーバッグの紅茶を入れるときは、まず湯飲みやティーカップに水を入れて、
それを電気ケトルに移して沸かします。
こうすると、お湯の無駄が出ませんからね。
昔ながらのやかん・・・そういえばいつの間にか我が家から消えてました(苦笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578215/56914526

この記事へのトラックバック一覧です: NO.407 電気ケトル:

« NO.406 都会は東京だけ!? | トップページ | NO.408 アベノミクスによる景気回復は可能なのか? »

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon