新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月27日 (土)

NO.320  しばらく休刊する前に・・・東京裁判の正当性

※諸般の事情により、当分の間休刊します。

インド人のパル判事(パール判事)、知っていますか?

アジア・太平洋戦争終戦後、1946年から48年まで極東国際軍事裁判(通称:東京裁判)が開かれました。

この裁判では、連合国が日本の戦争指導者を「平和に対する罪」で訴追しました。

米英など11か国を代表する11人の判事団が審理し、多数派判決は被告全員を有罪とするものでした。

5名の判事は少数意見を述べました。

うち、インドのパル判事のみ、被告全員を全員無罪であるとする反対意見書を提出しました。いわゆる「パル意見書」です。

東京裁判の正当性が問われる際に、パル判事、パル意見書は、もっぱら右翼の思想的拠りどころとなってきました。

そのパル判事を「岩波新書」で取り上げていることに、この本を読む価値があると思って買いました。

2012102413

岩波版パル判事の読後感。

ひとつの事象は左右あらゆる角度からとらえないといけないと痛感した。

世の中の少数意見にも、耳を傾けていこう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

2012年10月23日 (火)

NO.319 救いようのない国ということ?

こんな本も読みました。

1012102412

新潮新書は普段ほとんど読まないけど、タイトルに魅かれて衝動買い。

興味がある方は読んでみてください。

アメリカのオバマ大統領や民主党を支持するかどうかはさておき、超大国の底辺で貧しく危険な生活を送る人たちがたくさんいることを知るのに、少しは役立つと思う。

ちなみに、アメリカの底辺社会を抉った(えぐった)本はたくさん出版されているので、本を1冊読んだだけで物事を決めつけないようにした方がいいかと、思いますよ。

ひと口感想。

日本の地に、日本人に生まれて本当によかった。。。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

2012年10月22日 (月)

NO.318 岩波の栞(しおり)

岩波書店の文庫と新書には、『広辞苑』の宣伝栞(しおり)が挟まっています。

2012102401_4

裏側には。

2012102402

広辞苑に載っている言葉と意味がランダムに書かれています。

このしおりは、前回ねこバス新聞で紹介した岩波新書に挟まっていたものです。

広辞苑は自宅にありますけど、滅多に使うことはないですね。重いし(苦笑)

一方、岩波文庫や岩波新書に挟まっているしおりはしっかり読みます。

視力検査で使う、切れ目のある環のことを「ランドルト環」というなんて知らなかったし、考えもしませんでした。

もっと好奇心を高めないと。。。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

2012年10月21日 (日)

NO.317 結婚したい人へ

離婚した後に読んだ本です。

2012102411

未婚の方、バツ〇の方、結婚したいならとりあえず読んでみて損はないと思う内容です。

但し、内容的に私は「R18指定」を自主的にかけます(笑)

世の中、いろんなところに不思議な世界がいろいろあるものです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

2012年10月20日 (土)

NO.316 意識がないように見える子供に接して・・・

重症心身障害児(者)について、滋賀県の社会福祉法人「びわこ学園」園長を務めていた方が書いた本です。

2012102301

身体的、精神的、知的に重度の障害を抱えた、意識すらはっきりしない子供を目の前にして、「生きているのがかわいそうだ」「本当に生きているのが幸せなのだろうか?」等々思われている方は、ぜひ読んでみてください。

「生きていることが快適である」「生きている喜びがある」という状態が可能であり、そのことを実現していくのが、直接かかわっている人の役割であり、そのようなことがなされうるように社会的な取組をおこなうことが社会の役割であり、人間社会のありようではないかと思うと著者は締めくくっています。

重症心身障害児に限らず、医療や介護の問題は難しい。
難しいテーマですが、いのちを粗末にしてはいけないと、私は強く思いました。

参考までに、びわこ学園のホームページアドレスをお知らせします。
http://www.biwakogakuen.or.jp/

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

2012年10月19日 (金)

NO.315 夜の靴下

30代後半頃から、寝るときの足の冷えが気になるようになった。

加齢現象なのかな?

真夏でさえ、エアコンが効きすぎていると足が冷える。

どうやら私は「冷え症」のよう。

就寝前。

足裏に手を触れてみる。

冷たい。

一方、頭や胴体は温かい。

明らかに血液の巡りが悪い。

足が冷たいと、眠れない。

仕方がないので靴下を履く。

段々、足が温まってくる。

そうすると、眠たくなる。

そのまま眠ってしまう。

翌朝。

あれっ?

いつの間にか靴下が脱げている。

無意識のうちに自分で脱いでいるのだろうか?

それとも、誰かが靴下を脱がせてくれるのだろうか?

寝たい→足が冷たい→靴下を履く→寝る→(靴下を脱ぐ)→起床

毎晩、この繰り返し。

ということで、夜の靴下は欠かせない。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

2012年10月18日 (木)

NO.314-2 帝国ホテル、の補足

前回のブログ。

NO.314 帝国ホテル

で紹介している本は、良き礼儀作法について教えてくれますよ。

あいさつの大切さ、姿勢をしっかりすること、清潔な格好をすること、等々。

これは高級ホテルだけでなく、普段の生活にも役に立つので、お気軽に読んでみてください。

帝国ホテルの敷居は高くても、この本は千円札1枚でお釣りがくる値段ですし。

外国のホテルでチップの渡し方が分からない方にもおすすめ。

スマートなチップの渡し方を、著者犬丸さんが本の中で教えてくれますよ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

2012年10月17日 (水)

NO.314 帝国ホテル

2012102101

随分前に、タイトルに魅かれて購入して読んだ本です。

著者は、父親、自身と二代にわたり帝国ホテルの社長を務められた方です。

感想を一言。

モダンで洗練された外資系高級ホテルチェーンが東京を席巻する中、やっぱり日本の高級老舗ホテルは「違う」と思いました。

ホテル業界に興味がある方だけでなく、サービスの極意を知りたい方、紳士淑女になりたい方にこの本をお薦めします。

皆さんも2、3泊して、帝国ホテルの心地よさを体感されてみてはいかがでしょうか。

私は、そのような身分でもないので遠慮しますけどね(笑)

ちなみに「バイキング」なる名称の食べ放題の料理形式を取り入れたのは帝国ホテルが日本初だそうですよ。

【リンク先】

(帝国ホテル)http://www.imperialhotel.co.jp/j/

(楽天トラベル)http://travel.rakuten.co.jp/

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

2012年10月15日 (月)

NO.313 近況報告(=回復基調)

国内外の経済状況は相変わらずですが、体調は随分良くなってきました。

この調子を維持していければと思います。

少しずつ、負荷をかけていこうと思い今日から読書を再開しました。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

こちらは以前読んだ本です。

2012102001


特定の思想・宗教観にとらわれないようにしたいと思っている私は、左右上下様々な本を読みます。

写真のような著者が書いた本も読みます。

小林よしのりさんを漫画でしか知らない方は、機会があれば読んでみてください。

私が読む本は岩波新書と新潮文庫が多いですが、新潮新書と岩波文庫はあまり多くない(苦笑)

新書ではやはり岩波が群を抜いて水準が高い。

ただ、岩波新書だけでは思想的に偏る可能性があるので、岩波半分、他出版社の新書半分、という配分で読書しています。

文庫では、新潮文庫が国内外あらゆる作家やジャンル(小説、随筆等)、名作を網羅しているため、どうしても家の本棚は新潮文庫だらけになります。

岩波文庫は、本が苦手な人には難しい、取っつきにくいと思うけど、反面レベルの高い良質な作品が揃っています。
岩波文庫の小説を読み漁れば確実に国語力がつきます。

このままでは床が抜け落ちそうなので家中の本を整理したいけど、愛着があるから中々処分できない…。

処分するよりは、図書館みたいに本を分類分けして並び替えたいナ。

けど、それも面倒(苦笑)

今後、時折本の紹介をしていきたいと思います。

中身は、基本的には触れません。

読書の楽しみがなくなるから。

今回みたいに本の写真を載せるので皆さんにタイトルから想像していただきたい。

※このブログは読者の皆さんの思想・信教を否定するものではありません。ご理解ください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

2012年10月12日 (金)

NO.312 謹告

10月15日再開しました。

都合により、10月21日頃まで記事の更新をストップします。

 

明かせば、最近は、あらかじめ書きだめしてあった記事を小出しにしてきましたけど、それも尽きてしまいました。

 

この記事へのコメントは控えていただいと思います。

 

他の記事へのコメントはありがたく頂戴しますけど、返事は記事更新と同じく21日頃になります。

 

ご了承ください。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

2012年10月11日 (木)

NO.311 波乱万丈?

調子はイマイチながらも、微かに回復基調にあります。

記事を書くのも辛いですが、ここは頑張らないと…。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

気がつけば社会人生活20年目。

人生の折り返し地点です。

これまで、波乱万丈の人生を送ってきました。

転校、受験、就職、引越、恋愛、転職、病気、等々

確かに普通の人生、平凡な人生ではなかったと思います、相対的には。

けれども、自分の人生が「絶対的に」波乱万丈だったかどうかは、

死に際に人生を振り返ってみて初めて分かるものだとも思っています。

まだ、後半生が残っているから。

いずれにしろ、恵まれた環境に育ってきたことは間違いありません。

両親をはじめ職場の方々、友人知人その他周囲の皆さんに感謝しています。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

余談ですが、能力や学力は相対評価よりも絶対評価で測ってほしい。

相対評価は「他人を蹴落とす」評価システムだから。

さて、1994年の大江健三郎さん以来のノーベル文学賞受賞作家は今年生まれるのだろうか?

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

2012年10月10日 (水)

NO.310 お詫び

先日、ある方から、ねこバス新聞でその方が運営しているサイトの紹介をしてほしい旨の依頼がコメント機能で寄せられました。

結論として、お断りすることにしました。

理由は2つあります。

ひとつは、サイト運営者さんのメールアドレスが不明であったため。

もうひとつは、そのサイトが抱えるテーマがかなり重たく、何かトラブルが発生した場合に私が責任を負えないため。

以上の理由により、申し訳ありませんがお断りしました。

なお、ねこバス新聞にリンクを載せたい場合はトラックバック機能を使ってください.。
(掲載をお断りする場合があります。あらかじめご了承ください)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

2012年10月 8日 (月)

NO.309 不買運動

宅配便は9月以降、ゆうパック(=郵便小包)を利用することにした。

理由は、これまで愛用してきた某大手宅配会社の、個人情報に関する不手際に関して苦情の電話をして文書での回答をお願いしたところ、一切回答がなかったため。

個人客が1人消えたくらいで、王者の地位は揺らぎないと勘違いしているのではないかと思うとますます腹立たしくなる。

正直言って、この会社のサービスを利用せずに生活することは非常に苦しい。

コンビニの大半が、この会社の宅配便しか扱っていないから。

それから、通販等で受け取る宅配便は、大半がこの会社のものである。

でも、発送の際には郵便局まで荷物を持っていく。

確かに手間はかかるけど、各都道府県にある24時間営業の拠点郵便局に持参すれば、この会社の宅配便よりもゆうパックのほうが早く届く。

最近は郵便局のサービスも接客態度も向上した。

それに引き替えこの会社は…。

ちなみに、私がボイコットしているこの宅配便会社は宅配便ではトップシェアであるが、某大手運送・宅配会社の猛追を受けている。

盛者必衰は、あると思う。

トップの座に胡坐をかいていると、いつかはその座から陥落する。

その原因は、ほとんどがその会社・組織の傲慢さ、硬直化、陳腐化にあると思う。

私は、黄組から赤組にチェンジしました(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

2012年10月 7日 (日)

NO.308 尖閣諸島とオスプレイ

沖縄のアメリカ軍駐留問題は、沖縄の方々にとっては申し訳ないとしか言いようがない。

日本の平和は、戦中も戦後も、沖縄の方々の犠牲の上に成り立っていると思う。

ところで、尖閣諸島や竹島問題で日中、日韓関係がぎくしゃくしている。

北方領土に関してロシアと大きな問題にならないのは、表立って話し合おうという姿勢を双方とも示しているから(但しロシアは自国の領土だという既成事実を着実に積み上げています)。

けれども、北方領土が1島でも日本に帰ってくるのは、非常に難しい。

日本国民の盛り上がりが、以前ほどに見られないから。

北方領土の日が何月何日か、皆さん覚えているかな?

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

尖閣諸島も、北方領土や竹島と同じく日本固有の領土であることは間違いなく事実である。

でも、中国や台湾(中華民国)に、領有権を主張され日本は防戦一方。

日本人の中には、「日米安保条約を発動せよ」との主張もある。

ところが、同一人物が「オスプレイ反対」と唱えていることがある。

片やアメリカ軍に助けを乞い、一方ではアメリカ軍はけしからんと言う。

明らかに矛盾している。

オスプレイ反対、でも尖閣諸島を救ってほしい。。。

こんな身勝手なことを言う日本、日本人の言うことを聞くようなお人好しではないだろう、アメリカは。

原発問題と同じで、沖縄県民ならともかく、当事者でもないものが「オスプレイ反対」と唱えても、何ら説得力がない。

オスプレイを沖縄から追い出したければ、日米安保条約に頼らずに日本国が生存できる方法を模索するべきではないだろうか。

その方法は、私には分からない。

誰か分かる人がいれば、ぜひ教えてほしいものである。

ひとつ言えるのは、日米安保条約のおかげで日本は核の傘に守られ、多額の軍事費をかけずに経済成長にお金をつぎ込むことによって世界有数の経済大国に成長したという事実を忘れてはいけないということ。

たとえ、冷戦時代のソビエト連邦との対峙があったから、アメリカの都合があったからと言っても、大幅に防衛費を節約し、浮いたお金を経済成長に振り向け、甘い果実を得てきたことは間違いない。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

2012年10月 6日 (土)

NO.307 電気の地産地消

原発反対、でも快適な電化生活を送りたい。

こういう都会人は身勝手だと思う。

原子力に限らず、発電所で生み出された電気は高圧電線を伝って消費地に送られる。

発電所の多くは、火力を除き、多くは都会から遠く離れた過疎地に立地している。

発電した電気を遠方に送るため、高圧電線を使って消費地に届ける。

実は、電気を遠方に届ける途中で、多量の送電ロスが発生する。

送電ロスを減らすのは簡単。発電所を消費地のそばに設ければいい。

空調完備の贅沢な生活を送りたければ、東京や横浜、大阪、名古屋の港に発電所を作ればいい。

電気の地産地消。

現段階で、脱原発を図るには、天然ガスや石油石炭など多量の化石燃料を燃料とする火力発電に頼るしかない。

現に、原発がストップしている現在、古くて有害物質を大量にまき散らす、稼働停止していた予備の火力発電所まで動かして、電力不足分を補っている。

火力発電は、大量の二酸化炭素だけでなく前述のとおり有害物質を発生する。
(新型の火力発電所は高性能の有害物質除去装置が備わっているけど、ゼロにはならない)

しかも、化石燃料の可採埋蔵量(可採年数)は原子力発電の燃料であるウランよりもはるかに少なく、採掘可能年数は短い。

化石燃料は限りある資源だということを忘れてはいないか?
(原発の燃料のウランも限りあるけど、可採年数ははるかに長い)

暴論かもしれないけど、農産物などで盛んに言われている「地産地消」を、発電でも行ってはどうかと思う。

少なくとも、自分たちだけ放射能が届かない安全地帯に居ながら、快適な電化生活を送りながら原発賛成反対を唱えるのはナンセンスだと思う。

原始人の生活に戻るか、あるいは地産地消で電気を作るか。

それとも、第三の解があるのか。

軽々に考えられない、述べられない、難しい問題である。

※異論反論あると思います。コメントは基本的に登載しますけど、登載しない場合、あるいは登載しても返事しない場合があります。あらかじめご了承ください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

2012年10月 3日 (水)

NO.306 岐阜県可児市(かにし)のいじめ対策

テレビ報道によると、岐阜県可児市で全国初の「いじめ防止条例」が市議会の全員一致で可決、本日10月3日付で施工されたとのことです。

(岐阜県可児市HPより:可児市子どものいじめの防止に関する条例)
http://www.city.kani.lg.jp/view.rbz?cd=4022

可児市では、2年前に当時中学1年生だった女子生徒が上級生に、裸になるよう無理強いされ、その画像がインターネットに流出するという酷いいじめがありました。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

いじめ事件については、被害者(あるいは被害者の家族や遺族)が警察沙汰にしてほしいという考えと、警察沙汰にすると加害者と被害者やその家族、遺族との対話の機会が奪われるのでやめてほしいという、両方の考え方があるようです。

いじめ問題は、やはり「これが正解」といったものがないだけに、難しいものがあります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon