新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NO.258 何も目的がないシンガポール旅行、満喫しています。 | トップページ | NO.260 今日は私の誕生日です。 »

2012年7月17日 (火)

NO.259 のんびり、まったり、シンガポール滞在

読者の皆さんへ。

贅沢させてくれてありがとうございます。

今回は旅行記を書いていないので状況不明なところはあるでしょうけど、私はのんびりまったり過ごしていますよ。

さて、シンガポールにいるわけですけど、ここはイギリス英語の国です。

中国系8割弱、マレー系1割、インド系数%という国家なので、中国語優勢な気がするでしょう。

もちろん中国系同士では中国の言葉で話をしています。

それぞれの民族同士では、それぞれの言語を使う、これは当たり前。

でも、同じシンガポール国民としての共通語がいるわけです。

それが英語。

香港と同様、長い間イギリスの支配下に置かれたシンガポール。

イギリスの置き土産が、イギリス様式の文化と、それからクィーンズ・イングリッシュ(女王英語)。

日本人を見かけないホテルに滞在しています。

もともと1人しかいない日本人ホテルスタッフ(=唯一日本語が通じるホテルマン)、今回も見かけないな。

バカンス中なのか。

英語を話せるというのは、やはり強いと思います。

日本人の英語力は、アジアでは北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)と同じくで最下位だそうです。

これでは、やがて国際競争で中国や台湾、韓国に負けてしまうでしょう。

英語力を磨いてくださいね、と偉そうなことを英語下手な私からお願いしてしまいました(笑)

でも、何となく日本人は、シンガポールでは尊敬されているような気がします。

キティちゃんのおかげ?

それもあるでしょう。

日本人は、中国人にも韓国人にも勝る何かを持っているのだと思います。

礼儀正しさ?マナーの良さ、品行方正?

最近は韓国と中国、台湾のメーカーが生み出した品々であふれています。

日本に居ては分からないでしょうけど、シンガポールでは年々韓国車が増えています。

10年前は日本車だらけだったのが、最近は高級車はドイツ車、それ以外は韓国車が席巻しつつあります。明らかに日本車が減っています。

救いは、レクサスブランド車の増加。

ここに、日本が生き延びるヒントがあるような気がします。

皆さんが思っているほどシンガポールは遅れた国ではありません。

経済的には日本を上回る先進国になりましたよ。

治安も衛生レベルも、日本よりも良い、勝っている。

そのシンガポーリアンが、未だに日本を見習おうとしているのですよ。

これに応えるには、どうすればいいのでしょう。

やはり、政治の安定、経済構造の改革、それから英語力を含めた人材育成が求められているのだと思います。

経済改革には、思うところがあるのでいずれブログに書くつもりです。

私のブログは皆さんと一緒に勉強しようというスタンスなのですけど、最近独り言が多いですね。

現地での怠惰と退屈が、そのようにさせるのかもしれません。

シンガポールについて。英語について。経済改革について。

何でも構わないので、暇な私にお付き合いくださればと思います。

日本人、日本文化、日本企業。

今なら、建て直しができると信じています。

これを怠れば、英語が通じない日本は世界から取り残されたファーイースト(極東)の辺地になってしまいます。

おっと、小難しいことを考えてはいけない。

のんびり、まったり、シンガポールで静養します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

« NO.258 何も目的がないシンガポール旅行、満喫しています。 | トップページ | NO.260 今日は私の誕生日です。 »

【住みたい】シンガポール」カテゴリの記事

旅行・レジャー」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

シンガポールへ行ったことありませんが、先進の技術をショーケース的に導入している国なんですね。TVで水の国際週間の話をしていて、世界中から、日本も含めて出展した展示会があったようです。水に対する最新の処理技術PRの場として大きなシステムを稼働させて、逆に作り出された水の恩恵にあずかる。日本の技術がたくさん使われているようでした。

キハさん、コメントありがとうございます。

シンガポールは小さな島国ですけど、教育水準が高く、おかげで経済力も強いですね。
物価も日本並みに高いですけど。
アセアン、東南アジアのハブ、言い換えれば心臓です。
一方で、シンガポールは水資源に乏しい国です。
かつては同じ国だったマレーシアから水を購入しています。
両国関係が悪化するとマレーシアは水代の値上げをちらつかせます。
このためシンガポールは、水資源の自給率向上を図ることにしました。
まず「下水の浄水化」を始めました。
首相がこの水を国民の前で飲み干すというパフォーマンスまで行いました。
ホテルの部屋に置かれているペットボトルを調べてみました。
シンガポール産と書かれています。
これも下水から作られているようです。
数年前まではマレーシアやインドネシアの水だったのですけどね。
現在導入計画を進めているのが「海水の淡水化」です。
これらに日本の技術が導入されていると思いますよ。
キハさんがおっしゃるとおりの、水処理技術への日本の技術の導入。
大衆車が韓国勢に駆逐されつつある一方でのレクサスの伸び。
(参考までに:国策により自家用車は贅沢品になっています。カローラクラスで500万円!)
ここに、日本企業が生き残るヒントがあると私は思っていますよ。
機会がございましたら、シンガポールのMRTやLRTにもお乗りになってくださいね。
改札内の写真撮影は原則禁止なので、係員や警官の了解をもらってくださいね。
私はうっかり許可なく撮影したのが発見されて、警官だけでなく武装した兵士に囲まれて詰問されたことがあります。
もちろん、兵士の前で画像を消去させられました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578215/55202712

この記事へのトラックバック一覧です: NO.259 のんびり、まったり、シンガポール滞在:

« NO.258 何も目的がないシンガポール旅行、満喫しています。 | トップページ | NO.260 今日は私の誕生日です。 »

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon