新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

NO.241 お食事当番 今夜はカレーライス

毎週土曜日は私が料理を作ることにしている。

実は、このブログを書いている昼の時点で、もう出来上がっている。

2012063001

今夜はカレーライスにした。

★材料(5皿分)

・カレールー(ザ・カリー辛口(ハウス食品))5皿分 ×1箱
・鶏モモ肉  ×380g
・玉ねぎ   ×大1個
・人参    ×中1本
・じゃがいも ×中2個
・ししとう  ×1パック(20個くらい?)
・まいたけ ×1個
・水 600ml
ねこバス新聞NO.236で紹介した謎の調味料 ×小さじ2杯

朝の8時には作り終え、ただいま熟成中。

夕方、再度あたためてから食べます。

お味のほうは?

後日報告します。

2012年6月26日 (火)

NO.240 不登校とひきこもり 再掲(コメントください)

当初、29日(金曜日)に載せると予告していましたけど、何とか原稿が完成しましたので今夜載せます。
ただ、体調の関係上コメントへのお返事は29日(金曜日)以降になります。
ご了承ください。

--------------------

今回は、半年前の12月11日にアップしたブログを再度載せました。
正確に言えば、当時のブログにリンクを貼りました。
ぜひ、寄せられたコメントと合わせてお読みください。

 こちらをクリック →NO.105 不登校とひきこもり

いじめ、不登校やひきこもりについてコメントをすることは、とても勇気のいることです。
にもかかわらず、当時多くの皆さんからたくさんの貴重な尊いコメントが寄せられました。

こういう問題はみんなで力を合わせて絶えず訴えていかないと無くなりません。
一人でも多くの皆さんが声をあげてほしいと思います。
もちろん、強制はしませんし、そうできない気持ちは百も承知なので無理強いはしません。

私がブログで取り上げたことで、それから多くのコメントが寄せられたことで、現にいじめやひきこもりなどで苦しんでいる方々は多少なりとも救われたのではないかと信じています。

それでも私一人の力ではどうにもなりません。
いじめや不登校、ひきこもりに苦しんでいる方々やご家族だけでなく、全く関わったことがない方のコメントでも結構です。
匿名でも結構ですから、ぜひコメントをお寄せください。

みなさんからのコメントは、少しでも役に立つはずです。

犯罪行為であるいじめについては、これからも取り上げていきます。

なお、にほんブログ村には、いじめや不登校で苦しむ方々のブログがたくさん載せられています。
ご参考までに。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

2012年6月21日 (木)

NO.239 【訂正】今月29日に再開します。

いじめ関係のブログを次回載せると、前回のブログで書きました。

今月末30日29日夜にアップする予定ですので、しばらくお待ちください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

2012年6月20日 (水)

NO.238 次回はバックナンバーを載せる予定です。

毎度ねこバス新聞をご覧くださいまして、ありがとうございます。

私のブログの読者層が、初めのころから随分と変わってきたということと、私が訴えたいことをもう一度載せたいということから、今後はバックナンバーも紹介していきたいと思います。

次回は不登校やいじめについて書いた記事を取り上げる予定です。
(それは止めてほしいという方は、名前は空欄で結構ですのでコメントください)

その他に取り上げてほしい記事等、新作でもバックナンバーでもリクエストがあればコメントください。
ご希望に添えるかどうかは分かりませんけど、可能な限り努力します。

よろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

2012年6月19日 (火)

NO.237 ラーマイオン

私はインターポット(IP)をやっていないけど、IPでこんなアイテムを売り始めました。

ラーマイオン

その名はラーマイオン。

シンガポール名物「マーライオン」とそっくり。
下がマーライオンの写真です(私本人の撮影)。

2012061901

マーライオン。
ラーマイオン。

マーライオンは上半身がライオン、下半身が魚です。

だったら、ラーマイオンとやらは上半身を魚、下半身をライオンにしないとおかしいんじゃないのかな(苦笑)

2012年6月17日 (日)

NO.236 昨日の夕食をつくりました。

毎週土曜日は私が食事当番なので、食事を作ったり外食に行ったりします。

昨日は家で食事を作りました。

実は、今月いっぱいが賞味期限の調味料があります。

2012061601

何年か前にシンガポールで買ってきた調味料で「チキンライスの素」と間違えて買ってきたものです。
ドロドロとした醤油色のソースが入っています。

瓶詰の写真下左に「YAM RICE MIX」と書いてあり、米を材料として作るのに使うのだということは分かりますが、英語と中国語で書かれた調理方法を読んでもさっぱり分からないので、とりあえず味見して考えることにしました。

アジアンチックな味がする。辛くはない。
焼きそばのソースがわりに使ってみることにし、食材を買ってきました。

2012061602

両親の分と合わせて3人分です。

焼きそば、鶏ムネ肉、チンゲン菜、エリンギ。

鶏肉は丸ごと茹でて、あとの具材を炒めてみました。

2012061603

完成品です。

茹でた鶏肉を上に載せ「YAM RICE MIX」のソースをかけてみました。

ちなみに左上のはシラスです。
初めはチリメンジャコにしようかと思いましたが、シラスに値引きシールが貼られていたのでお得な方を選びました(笑)

それで味のほうですが、当然ながら日本の焼きそばとは全く違う味です。
でも、美味しい。東南アジアの味がします。
香ばしいのですけど、辛くない。どちらかというと甘めの味です。
ビールとも相性は良かったです。

ちょっと分量が足りなかったかな。
焼きそばは4袋使いましたけど、1袋17円という信じられないくらい安い値段だったので、もう1袋くらい買えばよかったかもしれませんね。
両親には適量でしたけど。

2012年6月16日 (土)

NO.235 スマホを初期化 (>_<)

スマートフォン(スマホ)の不要なアプリを削除していたら、急にスマホの調子が悪くなりました。

電話帳はバックアップを取ってあるのでリセットすればいいやと安易に考えて初期化したら、何もかもが初期化されてしまいました。

まあ当たり前だけど。

スマホはミニPCだということを思い知らされました。

メールアカウントの設定も自動ではできずやり直し、お気に入りWebサイトも登録し直し。

とても面倒くさい。未だに復旧できません。

これなら、iPadと普通の携帯電話に分けて使ったほうがマシかもしれないと思いました。

スマホは、ネットをやるにはモバイルPCやiPadに劣り、通話は携帯に劣る。

中途半端。

しかも、バッテリーが持たない。1日最低2回は充電しないといけない。

なので充電器をつないだまま通話しないと不安で仕方ない。

これではまるでコード付き固定電話。全然スマートじゃない(苦笑)

2012年6月15日 (金)

NO.234 魑魅魍魎(ちみもうりょう)

パソコンは便利な道具で、難解な文字でも簡単に漢字で書けます(打てます)。

その代り、手書きの力は落ちてしまったようです。

ペンで文字を書くときに漢字を思い出せず困っているのは私だけでしょうか。

私の脳みそは、パソコンの漢字変換ソフトに比べてはるかに能力が劣るようです。

2012年6月13日 (水)

NO.233 牛乳パック

普通の牛乳パック、1リットル入りの。

たまに開けるの、失敗することありませんか?

何十年経っても進歩しない紙の牛乳パック、何とかならないのかな。

きれいに開けられる牛乳パックを作ってほしい。

今日もうまく開けられませんでした。

2012年6月12日 (火)

NO.232 県民性

Dsc01559
県民性というのは、あるのでしょうか。

東西日本の狭間に暮らし、あちこち旅した経験からすると、やはり「ある」気がします。

自らを客観視するのは難しいと思いますけど、皆さんはいかがでしょうか?

2012年6月11日 (月)

NO.231 美容院

日曜日、美容院に行ってきました。

毎度ながら美容院に行くのはおっくうで仕方ない。

頭を洗ってもらうのは気持ちいい、唯一の楽しみかな。

梅雨入り直後の晴天ということで、重い腰を上げ髪を切ってきた次第です。

あー、さっぱりした(笑)

2012年6月10日 (日)

NO.230 捨てられないもの

仕事でも、プライベートでも、頂いた名刺は捨てられません。

「名刺は、その方の分身」という言葉を聞いたことありますか?

名刺とはいえ人間。用済みになったからシュレッダーで切り刻む、なんて薄情なことはできません。

本を処分できないのも、同じ理由かもしれません。

話は変わるけど、去年奮発して買った私の扇子が見つかりません。

どこへ消えちゃったのかなwobbly

2012年6月 9日 (土)

NO.229 家政婦さん

2012060901

家事は大変ですよね。

時には、猫の手も借りたいと思うことだってあるのではないでしょうか。

ほしよりこ著「きょうの猫村さん」、ただいま第5巻まで発売中。

漫画のように、猫の家政婦がいたら楽しいでしょうね。

2012年6月 8日 (金)

NO.228 ココログのトラブル

昨日の朝、みなさんのブログを読もうと思ってアクセスしようとしたら、全くつながらなかった。

もちろん私のブログも、ココログのマイページもダメだった。

夕方、@niftyのトップ画面を見ると、電源装置の故障が原因で@niftyの各種のサービスがトラブルを起こしていたがほぼ復旧したと書かれていた。

やはりこういう場合は、会員あてにメールでお詫びと故障の原因、現在は復旧した旨周知すべきでは?

2012年6月 7日 (木)

NO.227 セールス電話

自宅にも、職場にも、スマホにも、主に不動産関係の迷惑電話がしょっちゅうかかってくる。

私の撃退方法はただ一つ。

「あとでこちらから電話するので、連絡先を教えてほしい」と言うと、99%向こうから電話を切られます。

やっぱり、何かやましいところがあるのかな。

2012年6月 6日 (水)

NO.226 昭南島

2012060201

アジア・太平洋戦争で日本軍が中国大陸で行ったことは歴史の時間で習うと思いますけど、シンガポールについて触れることはほとんどないのでは?

日本は英領シンガポールを攻略し、イギリス軍を降伏させ、終戦まで3年半統治しました。

日本占領時のシンガポール(日本占領時の名称=昭南島)の様子を、生き証人たちが語っています。

戦後東南アジア諸国が独立したのは、日本のおかげではありません。

あくまでも結果論です。

アジア解放のために戦争をしたのではありません。

日本は資源確保のために東南アジアを侵略しました。

特に戦争を知らない世代の人間は、主義主張を展開する前に、勉強して事実を積み重ねる必要があるのではないでしょうか。

2012年6月 5日 (火)

NO.225 塩狩峠

Dsc01570

主人公のような行動は、中々とれないと思います。

命の尊さを伝えてくれる小説です。

若い頃、とある休日に400ページ近いこの本を一気に読み終えた後、涙があふれて止まりませんでした。

本を読んで感動したことは何度もありますけど、涙を流すことは、滅多にありません。

2012年6月 4日 (月)

NO.224 勝者が敗者を裁くということ

Dsc01569


城山三郎の小説「落日燃ゆ」です。

若い方々はご存知ないかもしれませんけど、読んだことがあるという方、多いかもしれません。

東京裁判で絞首刑を宣告されたA級戦犯の中で、ただ一人文官として処刑された元首相、外相であった広田弘毅の生涯を城山三郎が綴っています。

戦争回避に努めながら、それに水を差し続けた軍人たちと共に処刑されるとは、あまりに酷い話です。

戦争というものの不条理さを、改めて思い知らされる小説です。

2012年6月 3日 (日)

NO.223 今年も咲きました。

今年もハイビスカスが咲きました。

2012060201


朝顔も。

2012060202


入梅を予感させるような曇天が続いています。

2012年6月 2日 (土)

NO.222 トイレ掃除

トイレ掃除の方は、私が見る限り女性しかいないのではないか。

私が知る外国では、男性用トイレには必ず男性の清掃員と決まっているけど。

用を足しているときに掃除に入って来られると、恥ずかしくて仕方ない。

2012年6月 1日 (金)

NO.221 ブックカバーに、更にカバーは要るのか?

2012060101

写真のとおり、多くの本にはブックカバーが付いています。

ブックカバーなしの写真は割愛しますけど、お堅い表情の表紙を、楽しげなカバーイラストで覆い隠す効果はあるようです。

でも、カバーとは、文字どおり本体を保護するものなのではないでしょうか?

しかも、書店ではご親切にも「カバーはご入用ですか」と聞いてくれる。

既にカバーで覆われている本に、さらにカバーを重ねる必要があるのかな。

2012060103

私は、専ら文具屋で買った合皮のブックカバーをかぶせて使っています。

文庫用と、新書用とを別々に持っていますよ。

本に付いているブックカバーは、本来の用途を失って、「装飾」の意味合いが強いから、どうしてもカバーが必要になるものの、本屋さんで都度カバーをもらうのは紙がもったいない。

ちなみに、文庫や新書以外のサイズの本の場合は、書店でもらった紙のブックカバーを再利用します。

もしくは新聞の折込広告で片面が白いものを選び出し、白面が表になるようにして手作りカバーをこしらえていますよ。

それにしても、カバーを保護するのに、更にカバーが要るとは…

似たような例に、今どきの車のバンパーがあります。

バンパーをぶつけたりこすったりした人なら分かると思いますけど、あれはバンパーというよりも、ボディ本体の一部です。バンパー保護材なるものも販売されていますよね。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon