新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NO.218 少年朝日年鑑 | トップページ | NO.220 ねこバス新聞 社説 (笑) »

2012年5月30日 (水)

NO.219 私は西ドイツからの帰国子女なの。

私が旧西ドイツのデュッセルドルフで幼少期を過ごしたことはご存じかもしれません。

ところで、肝心なことに筆者の私が以前何を書いたか忘れてしまったので、編集しなおして載せます。新しい読者さんも増えましたし。

私が通っていたのはデュッセルドルフ日本人学校。現地の日本企業や商工会議所などがお金を出し合い、教員は日本国内の公立小中学校からの派遣。

デュッセルドルフ。経済界に詳しくない方にはなじみのない地名ですよね。ルール工業地帯にある経済、商業都市で、以前ほどではないにしてもとにかく日本人が多い街です。ほとんど企業の駐在員とその家族。ヨーロッパにおける日本企業の拠点のひとつなのですよ。
だから日本人が多い。

リンクフリーなので、学校へのリンクを貼らせてもらいました。

 デュッセルドルフ日本人学校ホームページ:http://www.jisd.de/index.html

 校歌はこちら:http://www.jisd.de/about_jisd/outline/koka.html

1977年4月小学部入学から2年生の9月末まで1年半余り日本人学校に在籍していました。

私は、日本で生まれながら物心ついたときから西ドイツにいたため、幼時は日本のことを全く知りませんでした。

勿論、スーパーカーブームや超合金、プラレールやプロ野球選手の話題で友達と盛り上がっていましたけど、日本に「行きたい」とは考えていませんでした。

小学校2年生の秋、日本に帰ることになりました。

父に文句を言いました。ショックで涙が止まりませんでした。

現在、地元のローカルな国際空港から毎日ドイツのフランクフルト直行便が運航されています。

それを見るとやはり、ドイツ時代のことを懐かしく思ってしまいます。

もう一度行きたいドイツ。大人になったのでビアホールでしこたま飲みたいな♪

« NO.218 少年朝日年鑑 | トップページ | NO.220 ねこバス新聞 社説 (笑) »

【追憶】ドイツで過ごした幼少時の追憶」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

学校・学園生活」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

Ich war 2motae in Deutchland geweswn.

Einmal besuchte Duesseldorf.

ハクさん、帰国子女だったんですね!
子供のころの記憶はよく覚えているものですから、ハクさんにとってドイツは故郷のようなものなんですね(*^_^*)
私も最近、小学生時代など懐かしく思います。今度、旧友に会う予定です!
ハクさん、ドイツ行けるといいですね(^^)

よんじさん、コメントありがとうございます。

私は日本人学校に通っていたので、ドイツ語はさっぱり分からないのですよ。
ドイチュラント(=ドイツ)と、デュッセルドルフ以外の単語がさっぱりわかりません。
よんじさん、ドイツ語の達人なのでしょうか。
意地悪しないで、文章の意味教えてくださいよ。

kaguさん、コメントありがとうございます。

ドイツは確かに故郷みたいなものですね。
あまりに遠いしお金もかかりますけど(T_T)
でも、やっぱりまたドイツに行って、昔住んでいたところを訪ねてみたいなと思っていますよ。
いつまでも、お友達と仲良しでいられるといいですね。

オイラは2ヶ月位、ドイツにいた事があった。余計な荷物を日本に着払いで送り返す為に、日本人が多いデュッセルドルフで、日本の宅配便の業者を探した。ネコの宅配便の営業所があって、日本人スタッフもいたから助かった。
オイラのドイツ語は、大学教養課程レベルだ。

よんじさん、わざわざありがとうございます。

ごめんなさい、ドイツ語力がなくて。
なんとなく、よんじさんがドイツにいらっしゃったように書いてあるなとは思いましたけど、本当だったとは!
私が暮らしていた当時はネコの宅配便はなかったのですけど、今はあるんですね。
私たち家族が日本に引き揚げるときに、ホテル日航ができたんですよ。

10年位前に、1度だけ行きました。ライン川をそばに、古い町並みの間を走っている路面電車に感激した記憶があります。社会で習った工業の街という印象とはちがいましたね。
すこし先エッセンよりのミュルハイムに数日滞在したのですが、ペンションのようなホテルが素敵でした。今度、ゆっくり行ってみたいですhappy01

キハさん、コメントありがとうございます。

キハさんもお仕事だったのでしょうか。
デュッセルドルフは、観光地ではないですからね。
ルール工業地帯の中では経済都市的色合いが濃いです。
私が暮らしていたころは、3両編成のうち真ん中の車両が食堂車という珍しい路面電車が走っていたのですよ。
残念ながら食堂車には乗車する機会がなかったですけど、旧式の黄色い電車と、郊外へ直通する赤い電車によく乗っていたことを思い出します。

帰国子女だったのね。すごいな。ドイツは、第2の故郷かな?たぶんいい思い出がいっぱいだったのでは?貴重な体験をこれからに活かせたらいいですね。
外国旅行いろいろしてるのかな?これからも、ハクさんらしく旅行してね。

めぐさん、コメントありがとうございます。

父の仕事の関係でドイツで暮らしていたのですよ。
ドイツに住んでいたときはヨーロッパのあちこちを旅行しましたけど、例えばルーブル美術館なども、行ったという事実しか記憶がなくて、肝心の中身が抜け落ちているのですよ。
それに比べると、友達と遊んだこととかは鮮明に覚えていますよ。
お金も時間もないですけど、余裕ができたら旅行したいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578215/54831691

この記事へのトラックバック一覧です: NO.219 私は西ドイツからの帰国子女なの。:

« NO.218 少年朝日年鑑 | トップページ | NO.220 ねこバス新聞 社説 (笑) »

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon