新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NO.216 三島由紀夫「豊饒の海」 | トップページ | NO.218 少年朝日年鑑 »

2012年5月28日 (月)

NO.217 早起きのススメ

おかげさまで体調も良くなり、29日には予定どおり職場に戻ります。

生活のリズムも、元どおりになりました。早寝早起き。

Dsc01562

私は、遅くとも始業時刻の1時間前までには出勤します。

始業前に仕事をするわけではありません。

始業時刻にベストコンディションで仕事を始められるようにコンディションを整えるためです。

人間は、起床してから3時間以上経たないと完全に目が覚めないそうです。

始業時刻に合わせて、私の起床時刻も決めています。午前5時半。

朝の支度をし、朝食を取り、出勤すると、大体始業時刻の1時間から1時間半前に仕事場に着いてしまいます。

始業前のこの時間は、私にとって1日でとても貴重な自由時間です。

モバイルPCでメールのチェックをしたり、読書をしたりして有効活用します。

ちなみに、紹介した本は20代の頃に買った本で、今は絶版になっていると思います。

本を読まずとも、タイトルどおり「出勤前90分」の使い方で、貴方にも奇跡が起きるかもしれませんよ。

私は、「始業前90分」と読み替えて実践しているわけです。

とにかく仕事は効率的に行い、残業しないで帰るのが理想です。

これこそまさに、「ワーク・ライフ・バランス」です。

« NO.216 三島由紀夫「豊饒の海」 | トップページ | NO.218 少年朝日年鑑 »

学問・資格」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ハクさん、おはようございます。
お仕事復帰するんですね。
おめでとうございます。
無理をなさらずに頑張って下さいね(o^-^o)

抹茶シフォンさん、コメントありがとうございます。

それから、お気遣いありがとうございます。
おかげさまで体調も回復し、明日復職しますよ。
職場の皆さんに迷惑をかけてしまいましたので、早く元の環境に慣れてマイペースで頑張ろうと思っております。

ハクさん、おはよう御座います✿
具合悪かったのですね…
お仕事復帰との事(*´∀`)/良かったね✿
あまり無理をせず…復帰してくださいね…
お体ご自愛ください(ノ´∀`*)/clover

AreRoseさん、コメントありがとうございます。

そしてお気遣い、ありがとうございます。
順調に回復して自分でも嬉しく思っていますよ。
身体が慣れるまで時間がかかりそうですけど、マイペースで頑張ろうと思います。

仕事復帰おめでとうございますcatface
 
こう見えても?私は早起き得意です
どんなに遅くまで起きていても、決まった時間に起きられます
コツは、寝るときに「早く起きるぞ」を繰り返すだけヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
って……聴いても居ないのに出しゃばってスミマセン
 
何かを始めるときは、やっぱり疲れやすく
ストレスも溜めやすい時期になりますので、無理はしないで下さいねdash
そんな私も、今日は一日中、機嫌が悪く・だるい日でした
 

木南さん、コメントありがとうございます。

それから、お心遣いありがとうございます。
人間の身体は1日25時間周期という話は聞いたことありますか?
朝決まった時間に起きて日光を浴び、体内時計をリセットして「1時間の時差」を調整しているそうです。
決まった時間に早起きるのは、生活リズムを保つうえでも大切なことだと思うので、これからも頑張ってくださいね。

 体調も良くなり職場へ復帰出来るとの事で本当に良かったですね。
無理せずに…お仕事出来ますように。。。

 朝起きてベストコンディションまで時間かかるんですね!
知らなかったです。私、今何気に5時10分ごろ起きて色々何かしています(笑)
仕事始め迄には、ベストコンディションかと思います。

 私も前の会社の時、仕事は効率的に行い、残業しないで帰るが
モットーでした!

いんちさん、コメントありがとうございます。

それから、お心遣いありがとうございます。
いんちさんは、自然とベストコンディションを作り上げていたのですね。
仕事に対する考え方は、私と同じようですね。
残業はしないに越したことはありませんから。
昔も今もそうですけど、アフター5を充実させようと思うと、自然と仕事は捗るものです。
これからも、無理のない範囲で早起きスタイルを続けようと思っていますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578215/54806805

この記事へのトラックバック一覧です: NO.217 早起きのススメ:

« NO.216 三島由紀夫「豊饒の海」 | トップページ | NO.218 少年朝日年鑑 »

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon