新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NO.198 ドーナツ上司 | トップページ | NO.200 当たり前が、受け容れられない社会 »

2012年5月 9日 (水)

NO.199 二次元は、三次元にはかなわない

アバターがリアルには勝てないとか、アニメのキャラが実物には叶わないとか、そういう話を期待していた方、ごめんなさい。

地球儀は、地球を縮尺したもので、球体、三次元。

地図は、地球を平面、二次元に落とし込んだもので、メルカトル図法とかモルワイデ図法正距方位図法など、いろいろな地図があります。

でも、どの地図も私にとっては「帯に短し襷(たすき)に長し」です。

世界旅行気分を味わうには、地図はもちろん、地球儀も欲しい。

うちにある地球儀はこれです。

2012050901


40年近く前にドイツで入手した、発光式地球儀です。

古いので、色あせ、また紙が剥がれているところもあります。

もちろん、国名や地名などドイツ語で書かれています。

消灯時は普通の地球儀と同じく国別に色分けされています(でも色あせています)。

点灯すると国別の色が消え、地形別(標高帯別、深度帯別)に色分けが変化します。

今回アップした写真は点灯時のものです。

新しい地球儀が欲しいんだけど、高い割にいいのがなくて…

数年前、ようやくシンガポールの「ナショナル ジオグラフィック」のショップで素敵な地球儀を見つけました。

思わず衝動買いしそうになりましたけど、お値段を調べると日本円にして20万円近くも…。

もっと安くて、しかも出来の良い地球儀、ないのかな。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

« NO.198 ドーナツ上司 | トップページ | NO.200 当たり前が、受け容れられない社会 »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ハクさん、こんにちわ(*^_^*)
発光式地球儀キレイですね!おしゃれです
私も世界地図見るの楽しくて好きですよ。
どこにどんな国があるとか、国同士の大きさ比べたり
海外旅行行きたくなりました。笑

kaguさん、コメントありがとうございますhappy01

お褒めのお言葉、ありがとうございます。
地球儀もそうですけど、地図を見ていると海外旅行したくなります^^

国の大きさと言えば、メルカトル図法ではグリーンランドがオーストラリア大陸より大きくなったり、南極大陸がユーラシア大陸並みの面積になったりと、面白い現象が起きますよね。

御存じかもしれませんけど、国連(国際連合)の旗は、北極点を中心とした正距方位図法の地図になっているのですよ。

発光式地球儀は初めてみました。とても綺麗ですね~意外に地球儀って残るんですよね、我が家でも祖母が買ってくれた地球儀がまだあります。状態は良好ですが・・・ソビエト連邦、東ドイツ、西ドイツ、ビルマと表記は古いですね。私も地図を見るのが好きです。この国道はどこまで続いているのだろう・・等見てて飽きません。

たーぼぅさん、コメントありがとうございますhappy01

私の地球儀もレトロなのでソ連になっていますよ。

ところが私のは、東西ドイツと南北ベトナム、中国大陸と台湾、朝鮮半島は同じ色に塗られています。

ところで、私は20年以上前にJR路線地図を自作して壁に貼ってます。
乗った路線を赤マジックで塗りつぶしています。新規開業路線は黒マジックで加筆して、廃止路線は修正ペンで消して。

修正ペンで消した区間(=整備新幹線並行在来線)が増えているのが寂しいです。

とても綺麗な地球儀ですね。インテリアにもなるうえに多機能なのですね。

私は小学生の時に学校の工作で地球儀を作りましたが、捨ててしまったと思います。
私も地図や地球儀を見るのが好きで、時刻表も一緒にみて旅行プランを立ててみたりしたこともありましたね。

あかなめさん、コメントありがとうございますhappy01

ライトを点灯すると綺麗ですけど、消灯するとかなり色あせてるんですよ。
それにしても、小学校で地球儀を作るとはスゴイですね。
捨てちゃったとは、勿体ないです。

私は中学生の時、社会科の先生から国内の時刻表の楽しみを教わり、国語の先生から外国の時刻表(英トーマス・クック)を紹介してもらって、空想旅行の世界に夢中になっていました。

最近の時刻表の中身、要するに走る列車は、国内外とも「効率化」が進み寂しいものがあります。

そういえば航空会社が無料で配布している時刻表、搭乗するたびにありがたく頂戴していますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578215/54666541

この記事へのトラックバック一覧です: NO.199 二次元は、三次元にはかなわない:

« NO.198 ドーナツ上司 | トップページ | NO.200 当たり前が、受け容れられない社会 »

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon