新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NO.150 ネットいじめについて 勉強を始めました | トップページ | NO.152 貸金業法改正と債務整理業者 »

2012年3月20日 (火)

NO.151 トイレット部長

食事中の方、ゴメンナサイ。

以前テレビで「トイレット部長」というタイトルの邦画を観ました。

国鉄(今のJRの前身)、たしか本社の営繕課長だったと思いますけど、全国の各駅から、(当時は水洗ではなかった)トイレが汚い、何でもトイレに捨てられる、何とかしてほしいと苦情が殺到するので山手線のある駅を視察して、改善をはかるとかいうストーリーだったと思います。

詳細は忘れましたけど、仕事ぶりが家族にも評価され、自宅では課長から「部長に昇進しました」というエンディングです。

それはさておき、国鉄時代のトイレはひどいものでした。
汚い、不潔、臭い。
駅によっても違いますけど、1987年4月1日に国鉄が民営化されてから(JRになってから)早25年。四半世紀。
ずいぶんときれいになったと思います。
ただ、曲者は未だに「紙がないトイレがほとんど」ということ。

催した時にトイレ入口にある「有料水洗ティッシュ?」を買わずに飛び込むと、えらい目に遭うことがあります。

ポケットティッシュは、「水に流しても大丈夫です」を使わないと故障させてしまいます。
少し値段が高くなりますけど、有事に備えて?ポケットティッシュは「水洗可能」のをまとめ買いして持ち歩いています。

あと、大きな駅だとホテルやデパート、ショッピングセンターなどが併設されていると思いますので、そちらを借用することもあります。

ホテルや百貨店のトイレは、文字どおり「化粧室」ですね。
トイレットペーパーがないなんてことは、まずないと思います。

とにかく、公共物はきれいに大切に使いましょう。

« NO.150 ネットいじめについて 勉強を始めました | トップページ | NO.152 貸金業法改正と債務整理業者 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道・飛行機・クルマその他乗り物」カテゴリの記事

コメント

悲しいことに日本のトイレは綺麗なところが限られていますよね。

アメリカへ行ったときに驚いたのですが、ごく普通の公園のトイレがすごく綺麗でトイレットペーパーも完備されていましたよ。

ハクさん、ほんとキレイになりましたよね。「きれいに使ってくれてありがとう」って、先手打ってPRしているところがいいです。ちなみに、東京近郊の駅では、JRや東京メトロなど紙ありですhappy01

こんばんは

トイレット部長ですかぁ。。。トイレット博士なら知ってますが・・・

哀川翔さんのお宅ではトイレットペーパーを補充しないと殴られるらしいです。

確かにトイレで紙が無い時は神頼みしたくなりますもんね。

では、では

あかなめさん、こんにちは。いつもコメント、ありがとうございますhappy01

アメリカの公園のトイレはきれいなのですね。
日本の公園のトイレ…極力使いたくないです。

ハクは毎年シンガポールに行くのですけど、どこのトイレも清潔ですよ。
掃除人が常駐していて、掃除しているんです。
これはこれで落ち着きませんけど…
小さい頃ドイツに住んでいたころも、やはりトイレはきれいでした。
ドイツでは入口にチップを入れる箱があって、実質有料制のところもありました。
掃除人の賃金に充当するんでしょうね。

キハ58さん、こんにちは。いつもコメント、ありがとうございますhappy01

国鉄時代は本当に酷かったですからね。
当時と比べれば雲泥の差ですね。
東京メトロや東京近郊はのJRはトイレットペーパーがあるんですか。
昔は、トイレットペーパーを置くと、それを持ち去る輩がいるから置かない。
と、国鉄当局は言っていましたよね。

ちなみに、私の地元のJRと大手私鉄のトイレは、未だに紙なしです。
キレイになったとはいえ、今でも駅ビルや商業施設のトイレを借用しています。

ぐん太郎さん、こんにちは。いつもコメント、ありがとうございますhappy01

もしもトイレで紙を使おうとして、それがなかったら、どうしましょう!?
考えるだけでゾッとしますよね。
非常用押しボタンもありませんしね(笑)

誰かがトイレに入ってきたときに、ドア越しに「助けて~」と、
SOSを送るしかないのでしょうね。
手で拭うわけにもいかないですし…

皆さん、最近は常備している駅が増えているそうですけど、
慣れない土地では、駅のトイレに入る時に紙を売っていたら買う、
使うときは事前に紙の有無を確かめる習慣を身につけるようにしましょう。

昔の電車は便器を覗くと線路が見えてまさに”ポットン”状態だったと記憶しています
今は、バキューム式の最先端トイレになっていますね。すごい進化だと思います。
いつぞや大井川鐵道のSLに乗った時、客車のトイレがやはり”ポットン”でした。
何か懐かしい気持ちになってしまいました(^。^;)

たーぼぅさん、こんにちは、コメント投稿、ありがとうございますhappy01

そうそう、昔の列車は、線路が見えましたよね(笑)
垂れ流し式トイレでした。
ですから、「駅停車中は使用禁止」という表示がトイレにありましたよね。
ホームに悪臭が漂いますからね。

あれは線路の保守、メンテナンスをする人たちからも苦情が多かったんですよ。

今の列車のトイレはバキューム式、飛行機のトイレと似たようなものになっていますよね。

環境に優しく、節水脱臭効果が高いものに変わりました。

トイレのコメントを書きながら、何だか旅に出たくなってきましたよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578215/54268727

この記事へのトラックバック一覧です: NO.151 トイレット部長:

« NO.150 ネットいじめについて 勉強を始めました | トップページ | NO.152 貸金業法改正と債務整理業者 »

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon