新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

NO.160 視聴率

今回は、お友達読者のリクエストに応じて「視聴率」を取り上げます。

調べてみて、仰天することが。

今まで無意識に視聴率という言葉を聞いてきましたけど、それを調査するのは1社のみ。

しかも民間企業。

1)株主は?

民間放送会社や広告会社が名前を連ねるものの、日本を代表する大手広告会社1社が株式の3分の1以上を占める、持分法適用会社。

つまりは、最大株主の広告会社の関連会社ということです。

まずこれを念頭に置いてください。

2)次に、視聴率の定義について。

「世帯視聴率」と「個人視聴率」とがあります。

世帯視聴率とは、1世帯あたり1台、調査機器を設置しての調査。

リビングに機器を設置しているなら、そのテレビがどのチャンネルになっているかを調査するもので、同じ家の他のテレビのチャンネルはカウントされません。

一方、個人視聴率は、世帯ごとに各テレビそれぞれどのチャンネルを見ているかすべてをカウントするものです。

視聴率の測定に置いては、「世帯視聴率」で比較する場合がほとんどとのこと。

3)最後に、調査対象世帯について。

調査世帯は、本人及び関係者にマスコミ関係者がいないかどうか調査し、不正が行われないように選び(特定の番組を見てもらうよう依頼し対価を支払うなど…)、定期的に調査対象世帯を入れ替えているとのこと。

以上、調べてみた結果、視聴率というものを出すことに、どれだけの意味があるのかという疑問が湧き起ってきました。

1)親会社である広告会社の影響について

各放送局の番組が、特定の株主(調査会社の親会社)の意向に沿った番組編成にならないのか?

2)視聴率のデータの信憑性(→分子が固定されない)

昔のようにテレビは1世帯に1台しかなかった時代。

つまり「サザエさん」の時代から、現代は「1人複数台」の時代です。

家族がみなさん別々の番組を見ているのに、「リビングのテレビ」の視聴率だけ測定して、正確なデータが拾えるのか。

おまけに、録画した番組の再生や、有料多チャンネル放送は視聴率に反映されません。

3)調査対象世帯が少ないことによる、視聴率の変動の大きさ(→分母も固定されない)

うまく説明できないのですが、調査対象世帯数が数百世帯と、国内全体の視聴者と比べてあまりにも世帯数が少ないため、つまりは分母も分子も小さいため、数値がコロコロ変わる…政党別支持率が毎月のようにコロコロ変わる、その数値がマスコミによってもそれぞれ大きく異なるのと同じです。

おまけに。

4)競争原理が働かない

視聴率の調査会社が現在1社しかないため、競争原理が働かない。

これは、視聴率調査には独特のノウハウが必要で、しかも参入には各放送会社とのパイプを作る必要がある、でもこれは難しそう、ということで、仕方ないのかもしれませんけど、他の業界では、独占の世界になると癒着やら何やら不祥事が起きやすい。

実際、視聴率を操作するような悪事がありました。
事象の説明については割愛しますけど、もう1社調査会社があれば、つまり競争原理が働いていれば、異なった視聴率となり、国民は!?と思えるけど、現在は、不正が発覚しない限り、視聴率の数字が独り歩きするわけです。

以上、勉強してみた結果「視聴率の測定結果」を素直に受け容れることに、抵抗を感じるようになりました。

各マスメディアによる世論調査結果についても、かねがね疑問に思ってきましたけど、競争原理が働かない「視聴率」結果、どうも信用できない…。

これ以上書くと、訴えられるかもしれませんので控えます。

ネタを提供しててくださった読者様、ありがとうございます!

2012年3月30日 (金)

NO.159 チップと握手

毎年シンガポール旅行をしています。

現地は、建前はチップ不要、実際は・・・という国家です。

タクシーの運転手、ホテルのベルマン&ハウスキーピング、食事・・・

まあ、数え切れないほどではないですけど、チップを渡す機会は多いですね。

旅の後味を好くするために・・・

帰国時、タクシーに乗ってシンガポール・チャンギ空港に着きました。

車内で料金を払うときにチップを渡しましょう。

大概は、運転手がスーツケースをタクシーから下ろしてくれると思います。

その時に、「右手」を差し出してみましょう。

(左手はマナーに反するのでやめましょう。宗教によっては左手は穢れたものを扱うというのもありますので。。。握手に慣れない日本人、よく間違えています)

「この客、日本人にしては愛想がいいな」と思ってくれます。

笑顔で手を握り締めてくれると思います。

まさに、ハッピーエンドな旅になるわけです。

日本では、握手というと儀礼的な感じがするのでしょうか、抵抗を感じる方が多いようですが、ふとした時、伯父が握手好きなのを思い出して、自分もマネして握手するようにしてみました。

初対面の人に会ったときとか、宴会がお開きになってサヨナラするときなど。

初めはキョトン顔の人も、大概は「握手ですか」と言いながら握手してくれる。

相手が有名人でなくても、心地よいものですよ。

たとえ、商売上の付き合いであっても、簡単にできるコミュニケーション。

英語が話せなくても、日本人ならではの「お辞儀」、それに世界標準の握手が加われば、言葉が通じなくてもコワイものなしだと思うけど、さて皆さんは握手ってどう思いますか?

握手はちょっと、という方もいるでしょうね。恥ずかしいですし。。。

2012年3月29日 (木)

NO.158 学歴が高い人や成績がいい人 =かしこい人なのかな?

仕事をしていて、あるいはテレビを視たり本を読んだりしていて思うこと。

学歴が高い人が賢い(かしこい)人なのかな。

成績が良い人が賢い人なのかな。

高学歴でも仕事ぶりが?というケースもあれば、学歴が?でも仕事がバリバリできて評価が高くて出世する人がたくさんいます。

勉強はできることに越したことはありませんけど、「人間として」もっと大切なものがあるような気がします。

・偏差値が高い学校を卒業し、仕事もバリバリこなしているけど性格は?という方

・偏差値が低いし、仕事もできない、けど性格はステキという方

・偏差値も低いし、仕事も性格も?失礼ながら一見、何の取り柄もなさそうな方

・偏差値が高い学校を卒業しているけど仕事は?、でも性格が良い方

私は、いずれの区別も差別もしてはいけないと思います。

人間、誰でも良い面を持っているはずです。

偏差値が高い大学を出ているから仕事ができる、そのような相関関係、全否定はしませんけど、実際には例外が多いような気がします。

世の中、ほとんどいい方ばかりです。

ただし、反社会的行為を行う人、例えば殺人など凶悪な犯罪を犯す人や、身近で言えば学校や職場などで「いじめ」を行っている人、そういう人の行為は赦せません。

法やルール、常識を侵す人間は、それなりの報いを受けて当然だと思っています。

2012年3月28日 (水)

NO.157 なぜ車内での通話は禁止なのか?

電車やバスの中での、携帯電話やスマートフォンの通話は禁止されています。

特急列車など一部の車両では、デッキ(デッキって何語?後日取り上げましょう)で使用するよう呼びかけています。
最近は、「通話はデッキでお願い…」の車内放送を取りやめ、「マナーを守って」などと言い換えている列車も多いみたいだけど。

私が暮らす地域だけかもしれないけど、老若男女、相も変わらず「ケータイでおしゃべり」「優先座席でのスマホやゲーム」が多いんです。

こういうのに遭遇した時、大概本人に直接、あるいは車掌をとおして注意します。
一度だけ相手とトラブルになったことがあります。

直接注意したら逆ギレされたのです。
周囲のお客さんが車掌さんを呼んでくれ、電車が駅に止まるごとに車掌が駅に降ろそうとするものの下車しない。

私が下車するはずだった駅につきました。

ここでも、降りない(苦笑)

「仕方ないので、一緒に乗って付いてきてください」
終着駅の駅長室まで足労し、別々のブースで事情聴取されました。

「本人も反省しているようなので、今回、は赦してやってください」

「(直接謝ってほしいけど、これ以上無駄に時間を喰いたくないので)わかりました。。。」

下車予定駅まで引き返す運賃はタダでしたけど、時間を返してほしい…

車掌が乗務しているのなら車掌に、ワンマンカーは…停車中に運転手に告げましょう。
みなさん、我が身がいちばんですからね。

でも車内での通話、なぜイラつくのでしょうか?

・マナーを守らない人間と同じ空間を共有していることの不愉快さ?

・公共の場に、赤の他人がプライベートな空間を作り出していることへの嫌悪感?

どうも、モヤモヤとしてうまく説明できません。

2012年3月27日 (火)

NO.156 猿の惑星 & 小豆島

原作はフランス人が書いたSF小説だそうで。

今回ブログを書くにあたって調べてみて初めて知った!

それはさておき、猿(映画では類人猿。原作は読んだことないので知らない)が地球を支配し人間を使役する。

とてつもない世界が、未来には待っているようです。

人間が環境破壊やら戦争やら、無茶苦茶しているので、映画の世界よりも早く、「猿の時代」がやってくるかも。

香川県・小豆島のサル山に行ってみてください。

動画はこちらです。

ちなみに私の撮影ではありません。

「銚子渓の日本サル群」…香川県指定天然記念物です。

「日本ザル」ではなくて

「日本サル」が正しいみたいです。

猿に支配された人間の、お猿さんへの恐怖をリアルに感じることができますよ。

Dsc0022801_3


2年前に小豆島へ渡ったときに撮影した、瀬戸内の写真です。

のんびりまったりした、いいところですよ。

ぜひ、小豆島へ行ってみてください。

2012年3月25日 (日)

NO.155 航空会社 ~2強その他多数でいいのか?

(訂正)タイトルの通し番号が漏れていたので訂正しましたcoldsweats01

昔の航空路線就航は、

日本航空(JAL)=国際線と国内幹線(羽田、伊丹、千歳、福岡、那覇の相互間)

全日空(ANA)=国内幹線と、それに準ずる路線(羽田、小牧(名古屋)、伊丹、福岡と地方主要空港を結ぶ路線)

日本エアシステム(JAS)=JALが就航しない路線、特に地方空港同士を結ぶローカル線

というように、国の強い行政指導のもとに置かれ、日本国籍の国際線はJALの独擅場でした。

競争原理が働かず、高い航空運賃を乗客に強いるというマイナス面はあったものの、おかげで国内の地方赤字路線は保護され、「生活の足」が守られることになりました。

「足の保護」という点では、国際線も同様です。

採算性を度外視した外国の路線。

日本から遠く離れた空港でもJALの「鶴丸」の尾翼を見て、望郷の念にかられた駐在員やその家族もいたことと思います。

規制緩和、そしてJALとJASの合併により、日本の空は、JALとANAの2強グループに再編され、それぞれ国際線を飛ばし、一方で新規航空会社がたくさん誕生しました。

最近はLCC(ロー・コスト・キャリア)という、格安航空会社誕生のニュースも流れています。

大手2強と新規航空会社、LCCと競争原理が働くのは、乗客にとっては大歓迎です。

でも、海外から日本の空を見た場合はどうなんでしょうね。

ドイツ=ルフトハンザ

香港=キャセイパシフィック

オーストラリア=カンタス

フランス=エールフランス

シンガポール=シンガポールエアライン

ロシア=アエロフロート

イギリス=ブリティッシュ・エアウェイズ

アメリカと中国を除くと、国を代表する航空会社、すなわち「ナショナル・フラッグ・キャリア」があります。

これは「国旗」のようなもので、まさに国の象徴なんです。

かつてのJALや、消滅したアメリカの「パンナム」も、ナショナルフラッグキャリアでした。

世界中をJALのB747ジャンボやDC-8が飛び回っていました。

世界各国は、自国のナショナルフラッグと共同で外国からの観光客誘致活動をしています。

現代の日本では、ANAとJALの片方と組むことは、もう一方から文句を言われますし、双方と組んでも、効果は期待できないでしょうね。

国際線は外国の航空会社と競争原理が働くので、旗(ナショナルフラッグキャリア)は1つでいいような気がするんですけど。

昔のJALの、外国での知名度は、パンナム並に高かったんですよ。

JALの飛行機を空港で見て、いつか日本に行ってみたいなと思う外国人がたくさんいました。

最近有料テレビ放送で、パンナムのドラマが始まったので、飛行機をテーマに書いてみました。

鉄道マニア、失格かもしれません(笑)

2012年3月24日 (土)

NO.154 カラオケと人権

リアルに低音で、声変わりがなかった私。

昔から歌を唄うのが苦手です。

苦手というよりも、嫌いで下手です。

高校1年生の時まであった、音楽の授業での「歌のテスト」は恥さらしの場でした。

低音、シブいねなんて言われるけど、歌のテストってクラスのみんなの前でやるから本当に嫌でした。

笛のテストのほうがイヤだとみんな言ってたけど、それは普通に歌えるからでしょう。

低音の私は、普通に歌うと声が暗くなりすぎ。

そして高音部になると声がかすれ、出なくなる。

1オクターブ上げて歌うと、今度はヘンテコリンな声になって、これまた苦しい。

----------

社会人になってからは、宴会の2次会と言えば、カラオケ。

これまた苦痛でした。

酒の席で、飲めない人に無理やり酒を進めるのは御法度なのに、カラオケでは、無理やり歌わされる。

頑なに拒絶し続けると、場がシラケる。

ということで、お酒が好きな私は宴会大好きでも、「カラオケ2次会」は不参加を続けてきました。

----------

仕事上、どうしても断りきれない「カラオケ2次会」が出てきました。

卒業以来初めて参加した同窓会でも、「カラオケ2次会」

いずれも、「参加したいけど歌いたくない、でも歌わなければならない」

何れも惨敗。

これは持ち歌をいくつか作って、そのためには練習しないとで、何とかこしらえました。

地声を活かせる歌で、カラオケ向きの有名な歌って、限られてきますね。

フォークソングと演歌。

宴席でアルコールを飲まない権利と同じく、カラオケに参加して歌わない権利って、保証してもらえないのかな?

アルコールを飲めない人の気持ちが、飲み過ぎの私にも少しは分かる気がします。

2012年3月23日 (金)

NO.153 欄干のない橋

視覚障害者にとって、電車の駅ホームは「欄干のない橋」と呼ばれているそうです。

新幹線や地下鉄などでは、ホームドアの導入によって転落防止を図っている駅が増えてきましたけど、全体からすればごく一部です。点字ブロックは大概の駅にありますけど、点字ブロックの先は…

視覚障害者で電車を利用する人の約4割が、ホームから落ちた経験があるとの調査結果があります。

障害者団体によると、白いつえを持った人が危ない方向に向かっていたら、ためらわず声を出して教えてあげてほしいとのこと。

何でも、そっとしておけばいいというものではありません。

「特別扱いしない」を隠れ蓑に、見過ごすことはやめたいものです。

2012年3月21日 (水)

NO.152 貸金業法改正と債務整理業者

平成22年6月、貸金業法が大幅に改正されました。

 (参考)金融庁HP:貸金業法が大きく変わりました

国民が安心してお金を借りられるために、要は多重債務者の発生を防ぐために、
法律が改正されたのです。

上限金利の規制強化と、「総量規制の導入」。

これからお金を借りたい人にとっては、安心して?お金を借りられるようになったのかもしれません。

問題は、既に多重債務に陥っている人。
そのなかでも、破産とはいかなくてもどうにか毎月きちんと返済してきた人。

法改正は、これらの人たちに「総量規制」という、新たな、とても悩ましい問題をもたらしました。

総量規制とは、「年収の3分の1以上貸し付けてはならない」ということなのです。
同一貸金業者だけでなく、複数の貸金業者の合計です。

例えば、年収600万円の人は。
サラ金A社から100万円の借金あり。
クレジット会社Bのカードローン残高70万円あり。
クレジット会社Cのキャッシング残高30万円あり。

この人は、A+B+Cの合計200万円の借金があって、年収600万円の3分の1の借金を抱えていることになります。
これ以上は、お金を借りることはできません。

この人は、毎月きちんと返済していても、年収の3分の1=借金残高200万円以上は借りられません。

急にお金が必要になったらどうすればいいのでしょうか?

ちなみに、貸金業者にはサラ金やクレジットカード会社は含まれますが、「銀行」や「信用金庫」などの「金融機関」は含まれません。

法外な金利をむさぼるヤミ金は減りましたけど、「債務整理業者」の広告が増えましたよね。

ヤミ金の減少と債務整理業者の増加とは、何か因果関係があるのかな?

債務整理、お金の悩みを解決しますとはいっても、ボランティアで解決してくれるわけではありません。

「お金儲け」のために債務を整理するわけなので…

なお、銀行が総量規制の対象外とはいっても、銀行からお金を借りるには、かなりの信用が必要です。

クレジットカードの使い過ぎ、お金の借り過ぎには注意しましょう。

2012年3月20日 (火)

NO.151 トイレット部長

食事中の方、ゴメンナサイ。

以前テレビで「トイレット部長」というタイトルの邦画を観ました。

国鉄(今のJRの前身)、たしか本社の営繕課長だったと思いますけど、全国の各駅から、(当時は水洗ではなかった)トイレが汚い、何でもトイレに捨てられる、何とかしてほしいと苦情が殺到するので山手線のある駅を視察して、改善をはかるとかいうストーリーだったと思います。

詳細は忘れましたけど、仕事ぶりが家族にも評価され、自宅では課長から「部長に昇進しました」というエンディングです。

それはさておき、国鉄時代のトイレはひどいものでした。
汚い、不潔、臭い。
駅によっても違いますけど、1987年4月1日に国鉄が民営化されてから(JRになってから)早25年。四半世紀。
ずいぶんときれいになったと思います。
ただ、曲者は未だに「紙がないトイレがほとんど」ということ。

催した時にトイレ入口にある「有料水洗ティッシュ?」を買わずに飛び込むと、えらい目に遭うことがあります。

ポケットティッシュは、「水に流しても大丈夫です」を使わないと故障させてしまいます。
少し値段が高くなりますけど、有事に備えて?ポケットティッシュは「水洗可能」のをまとめ買いして持ち歩いています。

あと、大きな駅だとホテルやデパート、ショッピングセンターなどが併設されていると思いますので、そちらを借用することもあります。

ホテルや百貨店のトイレは、文字どおり「化粧室」ですね。
トイレットペーパーがないなんてことは、まずないと思います。

とにかく、公共物はきれいに大切に使いましょう。

2012年3月18日 (日)

NO.150 ネットいじめについて 勉強を始めました

今年度の仕事も僅かですけど、業務の一部としてここ数年間ずっと人権問題に携わってきました。

今回はその前振り。

先日このような本を入手しました。

『ネットいじめはなぜ「痛い」のか』(原清治、山内乾史 編著 :ミネルヴァ書房 税抜1800円)

京都にあるミネルヴァ書房は、流通量は多くなくても良質な本を出版し続ける教養系出版社で、大学の教官や研究者が編んだ本を生み出しています。

私も大学生の時テキストとして購入して以来、たまたま「インターネット上のいじめ」について勉強しようと探していたところ、上記の本と出会いました。

この3月で終了のNHK「中学生日記」をたまに見ることがあるのですけど、そこに出てくるいじめが、30年前の私たちの時のいじめと何かが違う、と思っていたところにこの本が届き、早速ページをめくってみると、「なるほど、やっぱり」でした。

最近の書籍は、まず少量刷ってみて(販売して)、感触がよければ増刷、悪ければそのまま絶版という弱肉強食、資本主義至上主義の世界ですから、もし興味がおありでしたらお早めに手にされてみてください。

さわりしか読んでいませんけど、部外者の私にも読みやすい本です。
興味ある方は、買って後悔することはないと思います。

問題は、読み終わってから、これをどのように活用するかです。

続きのアップがいつになるかは分かりませんけど、それまで勉強の時間をください。

2012年3月16日 (金)

NO.149 春休み

学校に通っている皆さんには春休みがありますよね。

 

勤め人の私には、春休みがない(>_<)

 

もしも、私に、春休みがあったなら?

 

買ったばかりの新車であちこちドライブしようかな♪

 

それとも、しばらく行っていない沖縄へ飛ぼうかな♪

 

北斗星やカシオペア、トワイライトエクスプレスに乗って北海道もいいな♪

 

うーん、選択に迷うな。

 

何せ、時間ができても、先立つものがないので・・・

 

子供の頃の春休み。

 

大学のときは旅行三昧でしたね。

 

高校のときも。

 

学割証を発行してもらうのに、担任から「旅行なんかより勉強しなさい!」と言われながらも、権利?を行使して旅行していましたよ。少ないお小遣い貯めて。

高校のときを除いて、春休みは宿題がなく、自由に時間を使うことができました。

 

こうして、学校の勉強大キライ!旅行大好き!人間が完成しました。

 

もっとも、最近は旅する時間もお金も限られていますので、なかなかね^_^;

 

じゃあ、シンガポールは何なのかって?

 

シンガポールでの静養は現実逃避のために必要なんですよ。

 

現実から逃避して何もかも忘れ、自分を解放することによって、リセットするんですよ。

 

7月に「夏休み」をとって行ければと思っています。

2012年3月15日 (木)

NO.148 ブルートレイン(死語?)

30年以上前、子供の頃はブルートレインブームでした。

当時、既にお客さんは減少傾向にありましたけど。

20系が好きとか、やっぱ25形でしょうなんて言ってる方は鉄道マニアですね。

マニア=狂人ということで「鉄道マニア」という表現を嫌がる方もいますけど、気にしなくていいと思いますよ。

マニアという言葉を使わない=狂人を避けたい、なんて誤解を招きかねないので。

ハクは鉄道マニアと自称しています。

さて、ブルートレイン=寝台列車ですね。

寝台とは何なの?て思ってるそこの貴方!

広J苑に載ってるかも。

昔乗ったトワイライトエクスプレスのA個室、ロイヤル。

機会があればもう一度乗りたいなぁ。トワイライト。

北海道新幹線新函館開業まで、残って残そうブルートレイン!

2012年3月14日 (水)

NO.147 ダイヤ改正

今月、地元の大手鉄道会社2社が、ダイヤの見直しをします。

それぞれ、「ダイヤ改正」「ダイヤ変更」と、表現が異なります。

改正とは、文字どおり改め正すことなんでしょうけど、誰のために正すのでしょう?

不便になるお客さんもいるのに「改正」。

「変更」という表現なら、改正も改悪もありですけど。

「改正」とは、違和感を覚える表現です。

大好きな寝台列車「日本海」(大阪-青森)が消えます。

東海道新幹線「こだま」の全列車で車内販売を取り止めます。

さみしい、ダイヤ改正です。

2012年3月13日 (火)

NO.146 高速道路は危険がいっぱい

高速道路の運転は、ご近所の街路とは違った恐怖が潜んでいます。

スピード超過は当たり前。

法定速度を守って「走行車線」を走っていても、地域によっては煽られる。
左側車線、「登坂車線」から、さらには「合流車線」を使って左側から後続車に追い越される。

合流箇所での譲り合いにも危険が。

下手に譲って前に入れると、「ハザードランプお礼」と共にブレーキを踏まれて追突という危険も。

タイミングに寄りけりですけど、合流地点では、前方に十分な車間があれば、本線を走行中のクルマが加速して、その後ろに合流させるのが安全です。

なぜか、本線走行車の前に入りたがる合流車が多いですね。
やめてもらいたいです。

「ハザードお礼」といえば、「パッシングどうぞ」と共に、街中では譲り合いの際に使っていますけど、本来ハザードランプは危険を知らせるためのものです。

蛇足ですけど、関西ではパッシングは「譲るよ」でなく「譲らない、止まれ」の意味だと聞きましたけど、本当なんでしょうか。

かなり前に、名古屋で地元のクルマと大阪のクルマとが、「ご当地ルール」の違いにより悲惨な交通事故がありました。

高速道路での使用は、前方に渋滞を発見した際に使用するとか、自車が故障したとか、トラブル発生時だけ使用しましょう。

お礼かと思ってブレーキ踏まなかったら実は!!!では遅いですから。

走行マナーについても気をつけましょう。

県外(圏外)ナンバーに寛容な地域もあれば、イジワルな地域もあります。

もちろん、ドライバー個人によっての相違も大きいのですけどね。

高速道路の本線では、渋滞や規制など、やむを得ない時以外はブレーキとハザード点灯は危険なのでやめましょう。

お礼の仕方はケース・バイ・ケース、高速道路では、渋滞等低速走行時だけでいいと思います。

とにかく、安全運転が、同乗者、他の走行車両にとってもいちばんの親切です。
(片側1車線の地方の高速等では、もし煽られても法定速度以上には加速せず、落ち着いて走行し、パーキングエリアや退避スペース等を見つけたらそこに避難してやり過ごしましょう)

嫌がらせ運転は、やめましょうね。
高速道路は地元民の道路でなく、全国各地のクルマが走行する道路です。
ご当地だから割込み幅寄せOKルールなんて、無謀なことはやめてください!

2012年3月11日 (日)

NO.145 二番煎じ(ホテルのアメニティ)

二番煎じ…いいイメージないかもしれません。

でも、前回(NO.144 ホテルのスリッパ?)のついでに、これも書いてみたいなと。

二番煎じでごめんなさい。

スリッパはホテルのランクに関係なく普及しているけど、石鹸その他アメニティ類は?

こちらは、二極化状態ですね。

昔は、ホテルのお値段や格によって使用するブランドやグレードは違いこそすれ、シャンプー、コンディショナー、石鹸類は使い捨てが基本でしたけど、現在のホテルはこんな感じでしょう。

●一部の高級ホテル(何を持って高級とするかは難しい)

全て使い捨てのブランド物のミニボトル入りシャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ボディローションなどが部屋に置いてある。
石鹸は固形。

それから女性用には化粧水とか乳液とかスキンケア用品、男性用にはヒゲ剃り用品。
同様にいずれもブランド物で、使い捨て。

特定のブランドのアメニティグッズ持ち帰り目当てでホテルを選ぶ女性客も多いようで、ホテル側もブランドの選択はおろそかにできませんよね。

ハクは、未使用や使いかけのアメニティ用品を持ち帰ります。
固形石鹸は、バスタオルで水分を取った後、広告チラシなどに包んで持ち帰ります。
大切に家で使います。

●その他多くの高級ホテル、ビジネスホテル

シャンプー、リンス(またはコンディショナー)、ボディソープの「3点セット」がユニットバス壁固定のボトル式になっている。

高級ホテルでは、手洗い用にプラスして「ハンドソープ」を置いてあるところも。
ボディソープでは手肌への刺激が強すぎるので。

女性用アメニティや髭剃りの類は使い捨てが備わっている場合が多い。

最近ビジネスホテルでは、歯ブラシや櫛を含めて置いていないところが増えています。
環境保護という名の「経費節減」ですね。
有料にすると客から文句を言われるのか、無料でフロントに歯ブラシ、櫛、髭剃りを置いてあるところもあります。
女性用アメニティは、置いていないところが多いのではないでしょうか。
彼女らは普段持ち歩いていますから、要らないのでしょう…

さて、ビジネスホテル、それから高級ホテルでも多くはビジネスホテルと同様、3点セット(シャンプー、リンス、ボディソープ)は「使い回し」なわけです。

環境保護の観点からは、使い回しに軍配が上がるでしょう。

清潔さや楽しさ…それはブランド物を持ち帰る方に軍配を。
ビジネスホテルのボトル式…中身が見えない、けどふたが空く…気持ち悪い。
仕方ない、これしかないので使うけど。。。

さて、みなさんはどちらを選ぶんでしょうね。

マイボトルみたいに、自分用のアメニティを持ち歩き、たまにリッチしたときには、未使用のまま持ち帰るのがベストかもしれませんけど、荷物が増えますしね。

東日本大震災をはじめ、本日までに多くの戦争や災害、犯罪などの被害を蒙られた方々がいらっしゃることを忘れずに生きていこうと思います。

皆さんの信仰する宗教との絡みもありますので、文章にするのはここで留めます。

2012年3月10日 (土)

NO.144 ホテルのスリッパ?

「どうぞご自由にお持ち帰りくださいませ」

持ち帰り自由(≒使い捨て)のスリッパ。

たまに、「使い回し」のスリッパをホテルの部屋で見かけると、「消毒済」のサインがない限りぞっとする今日この頃です。

使い捨てとは贅沢な私、日本人、世界人。

自宅で持ち帰りスリッパ、愛用しています。

2012年3月 7日 (水)

NO.143 逆走怖い…高速道路編

一時期、高速道路や自動車専用道、対向車線が離れた道路(意味わかるかな?)などを逆走するクルマがいると問題になったことがあります。

恐いな…

お互い100キロの速度出していたら、相対速度200キロ!

正面衝突なら間違いなく死にます。

逆走してくる車は、対面通行の道路と勘違いしている場合が多いから、追越車線のほうが断然危険性が高い(意味わかるかな?)。

というわけで、走行車線を走ることをお勧めします。

こういうクルマ、実際いるから、みなさん気をつけましょう。

安全第一ですね。

2012年3月 6日 (火)

NO.142 親知らずを抜いてから調子が悪い。

2年ほど前に、親知らずを抜きました。

上下あご左右両奥、計5本。

1本余分じゃんって?

親知らずの奥隣りに、もう1本、小さな歯が生えていました。

珍しいですね。可愛い(*^_^*)

と言われながらも、問答無用で抜かれました。

抜歯によって、親知らずの痛みは取れたけど、それから、あごの調子が悪くなりました。

顎関節症(がくかんせつしょう)のようです。

右あごの調子がずっと悪いけど、我慢するしかないのかな。

2012年3月 5日 (月)

NO.141 ストレスが原因ではない

どうも体調が悪い。

こう言うと、周囲の人たちは気を遣ってくれる。

その気持ちに感謝している。

でも、病気の原因は、ストレスとは関係がない。

それを、なかなか理解してもらえないのが、私の持病。

双極性障害(躁うつ病)。

心配事は人並みにあるけど、ストレスフルな生活ではない。

現代医学では治療不可能な病気を、薬で騙しだましコントロールしている。

何ごともやる気が出ない。

つぶやきも減ったし、ブログも短くなった。

もちろん、仕事の手抜きはしていないよ。

つまらない詩?にお付き合いくださったみなさん、ありがとう。

(参考:厚生労働省ホームページ 躁うつ病(双極性障害) )

2012年3月 3日 (土)

NO.140 新車をゲット(クルマ社会に復帰?)

午前中、販売店に新車を取りに行ってきました。

行きの足はないので、電車プラス徒歩、トホホ(笑)

徒歩でディーラーへ出かけた記憶は、これまでありませんね。

とにかく、半年前に事故を起こして愛車を失ってから半年、クルマ社会に復帰です。

前のと比べてずいぶんと小さな車に変わったけど、道具ならこれでいいかも。

サファイアブラックなる黒のボディです。1500cc。

一般道、高速道路、狭い道、大型スーパーでの駐車…

帰宅時に試してみたけど、不足はないなと思っています。

家に帰ってから、パワースポット伊勢神宮で授かったお守りを車内に装着しました。

安全第一で運転します!

2012年3月 2日 (金)

NO.139 明日、新車引き取りに行きます

やっぱりクルマは必要悪ですね。

明日、お雛祭りの日に新車を引き取りに行きます。

事故廃車以来約半年、クルマなしの生活を送ってきたけど、もう限界。

公共交通機関があっても、買物や通院などにはクルマがないと、とっても不便な社会だと思い知らされました。

これまで乗り換えてきた車は、どちらかというと「運転する楽しみ」「高級感」を重視してきたけど、今度のクルマは「道具」と割り切りまし…たとは言えないですね。

本体だけなら、これまでのクルマの半額以下のお値段。

ところが、相応のお値段のクルマなら標準装備のカーナビや安全装置(カーテンエアバッグなど)が、オプションになっていて、それらを全て追加したら、「値段の張る道具」になってしまいました。

安全をお金で買う、これは仕方ないですね。

まだ死にたくないですから。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon