新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月29日 (日)

NO.132 天空の城ラピュタ アニメや漫画も立派な趣味だよ

天空の城ラピュタ(宮崎駿監督)を見るたびに、勇気と優しさと感動を与えられる。

いい年して…余計なお世話です。

趣味や好みとは、こういうものです。

ジブリ系のアニメ映画は全部好きだけど、実はハクのいちばん好きなものは「鉄道」です。

他にも小説を読むとか、好きなのはたくさんあるけど、次のようなのはいただけない。

高校生や大学生などが、就職活動で、「趣味は読書です」と、いとも簡単に答えること。

本当はワンピースなど、マンガのほうが好きなら、漫画が趣味だと言った方がいいと思います。

いかに漫画が好きか、面接官を口説いた方が有利です。

読書は、趣味というよりは、身だしなみを整えるための最低限の常識かもしれませんので、よほど好きでない限り、気をつけた方がいい。

AKB48をはじめとするアイドルでも好いと思いますよ。

採用する企業は、個性的な人間を求めてるんです。

なお、メイド喫茶系は、勇気が要ります。

うまくいけば、採用内定を取れるかもしれませんけど。

面接官の判断によるので勝負に出るか、黙っておくかは自己責任でお願いします。

2012年1月28日 (土)

NO.131 肌の手入れ

アンチエイジング。

めんどくさいし、お金かかるけど、毎日スキンケアしています。

化粧水だけじゃなくて、肌年齢の若さを保つために投資しています。

フランスのブランドのを使ってます。

それなりに効果はあるようです。

2012年1月25日 (水)

NO.130 山本五十六

山本五十六の名前を知っている人は少なからずいるだろう。

ただ、山本を、多くの人が「軍国日本」の象徴としてとらえているのではないかと思う。

それは、誤解だ。

①山本は、戦前のアメリカ駐在時代に、日本とアメリカとの国力の差には100倍の開きがあると繰り返し唱えていた。

②山本は、終始対米戦争に反対していた。ただし、思い切って反対を唱えるならば右翼に命を奪われかねない立場にあり、自分の力ではどうしようもなかった。

③対米戦争開戦当時、連合艦隊司令長官の立場にあったが、本来、彼の年齢ではとうに退官して予備役に編入されているはずであった。対米戦争という現実が、彼の在職期間を延ばすことになり、ひいては戦地で命をおとすことにつながった。

④対米戦争以前に、戦艦「大和」「武蔵」の建造計画が持ちあがった時、山本は「これからは航空戦の時代になる。巨大戦艦を作る予算と資材があるなら、軍用機製造に振り向けたほうがはるかにコストパフォーマンスに優れる」と語っていた。

真珠湾攻撃や、中国大陸への渡洋爆撃は、まさに「軍用機を使った戦争」だった。

数え上げればキリがないが、要するに、こういうことを山本は言いたかったのかと。

・アメリカと戦争しても負けるのは明らか。

・艦船同士が大砲を射ち合って相手を撃沈させるという従来の発想を転換し、航空機を使用した戦が有効に機能する。

戦争で美化されている人間が、全員開戦賛成だったなんて、とんでもないよ。

2012年1月22日 (日)

NO.129 ネパールカレー?

拙宅から車で20分のところにあるネパール料理の店でインドカレーのランチをしてきました。

愛車は、昨年の事故で廃車したので、父親の運転する車で母親と親子3人で。

おとなりの市なんですけど、県境を越えて。

Aセット750円(日替カレー+ライス+サラダ)+ドリンク100円=850円

いちばん辛い「10辛」にしました。

辛い物好きなのと、負けず嫌いが嵩じての選択ですね。

鼻かみながら食べました。

「超激辛おいしい~」

ネパールは、ご存知の方も多いでしょうけど、インドと接する小国です。

地元には、カレーをはじめインド系料理を提供するインド近傍の外国人の店が多いんです。

今日食事した店を含めて、インド系料理の店だけどオーナーがインド人ではない。

どうして、でしょう~か?

ちなみに、ネパールの多くの人たちもカレーを食べます。

2012年1月21日 (土)

NO.128 灰谷健次郎

ご存知の方も多いのでは?

もう、亡くなってしまいましたけど。

「兎の眼」や「太陽の子」で有名です。

社会人になって、好きな女性から紹介され読むようになりました。

常に弱者、特に弱い子供にスポットを当てる、素敵な作家でした。

芥川賞がターゲットとする純文学、それから直木賞の大衆文学だけじゃない。

児童文学は、ひとつの大きなジャンルです。

2012年1月20日 (金)

NO.127 サイン帳

ただいま、離婚に伴い家の片づけをしています。

ハクはパワーがないため、元妻が作業を進める傍で呆然として…

いえいえ、昔なつかしい物の数々を発見して、見入っています。

結婚前に福岡でひとり暮らしていたころ、全国各地を旅した時に撮影した写真。

あれから20年近く経つんだなぁ。

今はなきJR西日本美祢線大嶺支線を走行する写真、広島電鉄の市内電車なども出てきました。

福岡から日帰りで出かけた時に撮りました。

釧路湿原など、北海道の写真も出てきました。

おやおや、これも懐かしい。

サイン帳発見!!!

ドイツのデュッセルドルフから帰国するときに、クラスのみんなに書いてもらいました。

デュッセルドルフ日本人学校

校歌

1978年、小学2年生の9月末まで通っていました。

4年半にわたるドイツ・デュッセルドルフでの生活を終え、帰国することになりました。

あれから30年以上。

みんな元気にしてるのかな?

~にほんのそらと、ドイツのそらを♬

2012年1月18日 (水)

NO.126 【改題】今日、離婚届を出しました

阪神大震災の命日である、2012年(平成24年)1月17日、離婚した。

共にする最後の食事は、市役所へ手続きに行く前にファミレスで。

最後に握手して別れた。

紙切れ一枚だけ、というわけにはいかなかった・・・

2012年1月15日 (日)

NO.125 おねしょ

小学6年生まで続きましたよ。

お・ね・しょ

なので、林間学校とか修学旅行は恐怖でした。

ちなみに、中3の修学旅行も、念には念を入れて…

そう、眠っちゃダメなんです。

そしたら、おねしょするかもしれないので。

幸い、外で恥をさらすことはありませんでした。

2012年1月13日 (金)

NO.124 もうすぐ卒業ですね

この3月に卒業という方も多いんでしょうね。

学校では、楽しいことだけでなく、イヤなこともあったでしょう。

卒業したくないという方だけじゃないんですよ。

一刻も早く卒業したいと、願っている方、たくさんいますよね。

いずれにしろ、落第しない限り、3月に学校から追い出されます。

あと少しの、辛抱ですよ。

新しい世界で、頑張ればいいよ。

でも、無理はしないでね。

以上、早く卒業したいと思っている方々への応援メッセージでした。

2012年1月12日 (木)

NO.123 言葉の乱れ 大人と子供?

大人と子供って言い方に、実は抵抗を感じる。

子供という言葉を考えてみよう。

子と供に分けると、

子…文字どおりお子様。

供…お供のこと。

つまり、その子が親や教師など、上下関係にある場合は大人と子供で正解。

他人の子を、子供というのはその子とその親に対して失礼になるのではないかな?

大人と対等に並べるには、正しくは、大人と小人(コビト)なんじゃないのかな?

これは意外と難しい問題かもしれない。

何気なく子供って使っている自分に問うてみて、よく分からなかったので載せてみた。

2012年1月11日 (水)

NO.122 女性専用車

最近、女性専用車なるものが、増殖している。

高速バスでも女性専用バスを走らせている路線がある。

痴漢犯罪の防止という点からすると、女性にとってはありがたいことだと思う。

チカンは、卑劣極まりない犯罪だよ。

でも、男性である私にとっては、首をかしげたくなる点もあるかな。

●その1
連結位置、運用時間等が各社、各路線でバラバラなので、利用者である男女双方とも戸惑う。

●その2
女性の安全は確保されたが、では男性はどうなの?
携帯電話で通話している女子高校生に注意したオジサンが「キャー!チカン!!捕まえて~」なんて言われて、濡れ衣着せられたらたまらない。
若い女性が隣りや正面に立ったり腰かけたりするだけで、実は恐怖です。

●その3
お年を召した方、障害を抱えた方、妊娠された方、その他病気の方等々については?
優先席、実際に機能しているのかな?

2012年1月10日 (火)

NO.121 クリニック その3(最終回)

(今回は急いで上稿したので誤字脱字だらけ、表現もおかしなところだらけです)

その2は、注意喚起だけで終わった。

とにかく、ためらってはいけない。

単なる腹痛のうらに精神疾患が潜んでいる場合があるので。

では、続ける。

双極性障害(躁うつ病)には、治療薬がない。

うつ状態の際に、下手に抗うつ薬を処方すると、躁転(うつ状態からある時突然躁状態になること)してしまうのである。

どうしてもうつ状態が耐えられない時のみ、少量の抗うつ薬が処方されることもあるけれども、主治医の注意をよく聞き、慎重に服薬せねばならない。

現代の医学では治療不可能である躁うつ病の場合は、「治療」ではなく「安定」「寛解」を目指すことが大事。

病気を治すのではなく、病気を安定させ、仲良く付き合いましょうということ。

治療方法は、薬物療法。

治療薬はないものの、気分安定薬なるものが数種類あり、これを服用し続けることで気分の変動を抑え込むわけである。

ただ、各個人と薬との相性から、なかなか効かない場合が多い。

幸い、リーマスとデパケンという薬を毎日服用し、それから慢性的な入眠困難になりつつあるうえに、後述する躁状態における睡眠確保のため、数種類の睡眠導入剤(睡眠薬、眠剤)を上限値まで服用して、ようやく数年前に寛解して普通に働いている。

うつ病は、治療困難な場合も多いけれども、外的要因(職場環境や家庭環境、地域での人間関係など)を取り除けば、薬物療法、認知療法その他によるカウンセリング、その他の方法で治療できるようになりつつある。
寛解し、あるいは完全に治癒し、そのまま再発せずに服薬終了し社会生活に復帰している人たちがたくさんいる。

もちろん、未だに治癒困難な患者も山ほどいる。

ところが私の、双極性障害(躁うつ病)は、テンションが高い躁状態と、落ち込みが激しいうつ状態とを繰り返し、再発防止が困難な病気なのである。

寛解する患者は、「治療薬」がない以上、まずいない。

「躁うつ病」と「うつ病」

似て非なるもの。

どちらが、より重篤で苦しいという話ではない。

2つの病気はどこが違うのか。

症状を単純に比べれば、躁状態があるかないか、これに尽きる。

躁状態の患者には、以下の現象がみられる(全て出現するわけではない)。

・徹夜を繰り返す(「眠れない」から「眠らない」へ)

・同時並行で多くの用事を片付けようとする

・性的に奔放になる

・金づかいが荒くなる

・言葉遣いが乱暴になる

・自分が言っていることがすべて正しいと言う

・喧嘩や口論が増える

・音信不通の同級生に電話をしまくる…

・遠くへ旅をする、あるいは旅行したいと言い出す

いずれも、失職や家庭崩壊、離婚につながりかねない。

このような症状を、患者本人が自覚できる場合はまだよい。

そうでない場合は、家族が主治医と相談し、場合によっては入院しかない。

本人の同意がなくても、強制的に入院させるしかない(措置入院)。

措置入院については、双極性障害の診断が下った時点で主治医と最寄りの保健所で聞いておくとよいかもしれない。

私は、薬のおかげで「寛解」し、通院し続けながらも普通に仕事をできるようになって数年経った。

このような事例は稀有であると主治医から言われたけれども、逆に言えば、治癒できなくても、職場復帰、社会復帰できるケースが存在するということ。

今回の記事が、同じ病気を患っている人の参考になれば、望外の喜びである。

また、うつ病、統合失調症、強迫性障害、パニック障害、アスペルガー症候群等、様々な「心の病気」で苦しんでいる人とともに、画期的な治療薬の登場を期待したい。

また家庭や社会、職場、学校、地域における精神疾患患者への偏見や差別的待遇の除去と、病人への理解が進むことを願って本稿を閉じたい。

※補足:精神病には様々あり、同じ診断名でも病因は人それぞれです。

・自分を責めないでください。あなたのせいで病気になったのではありません。

・家族や周囲の方は、せめて病名と主な症状だけでも簡単に調べてほしいと思います。メンタル=うつ病ではありません。

・精神病は治そうとすればするほど焦り、ついには、治療をあきらめて服薬中止して症状悪化につながる場合が多々あります。家族の「薬が多すぎ」主治医の指示には従ってください。

・患者本人が主治医に上手に症状を伝えられない場合もあります。その場合は家族が付き添ってください。

・「治療」ではなく「安定」や「寛解」を目指してください。病気が治らなくても、仕事や家事、勉強が60%できるようになったら、自分を褒めてあげましょう。

あ~あ、どくとるマンボウ北杜夫のファンになったら、躁うつ病までマンボウと一緒になっちゃったよ、ある意味うれしいな(笑)

NO.120 クリニック その2

少しでも調子がおかしいと思ったら、直ちにかかりつけのお医者さん、または、精神科、神経科、心療内科、メンタルクリニックで診てもらってください。

ご家族の方は病院に連れて行ってください。

メンタルの場合は家族同伴のほうがいいと思います。

2012年1月 9日 (月)

NO.119 クリニック その1

月2回ほど、メンタルクリニック(精神病の診療所)に通っている。

国民の6人に1人が一生のうち罹患すると言われるうつ病への偏見がなくなるにつれて、他の精神病者や精神障害者(この2つは異なるものだけど、等しく扱う)への理解も僅かに進んだ気がする。

10年前のとある朝、鉛のように重い身体を起こすことができなくなった。

その前から、入眠障害があり、すなわち、「眠れない状態」が続いていたが、朝は起きることができた。

誰でも朝はイヤだよね、程度に。

ところがである、その朝は。

有給をとって眠ることにした。

随分寝ることができた。

昼間はほんとうによく眠れた。

けれども、夜に目が覚める。

それで、眠れない。

翌朝、やはり起きられない。

また有給。

それの繰り返しで総合病院へ行くことにした。

結果?

「自律神経失調症、眠剤7日分」

1週間休んだけど、寝つきがよくなっただけで朝はダメ。

病院変えて別のクリニックに。

電話帳で探したんだけど、県外なのに載ってる。

なるべく薬に頼らない治療、というフレーズもいいなあ。

県外とはいっても、近いので。

妻に連れて行ってもらった。

(このことは、別れる妻に感謝している)

診断名。

「うつ状態、3か月の休養」

はあ?うつ?

確かに仕事で行き詰っていたけど、そんなに精神的にも追い詰められていたかな?

でも、やはり精神的におかしな状態だったんだ。

SNRI(第4世代の抗うつ薬)メインでの治療。

さっぱり効果なし。

のどが渇くという副作用ばかり。

病気休職期間は延長された。

発病後半年も経っただろうか、突然沖縄へ旅行をしたくなった。

なぜ沖縄なのかは自分でも分からない。

ネット通販での購入も増え、金色のカードを何枚も持ち始めた。

主治医に話すと、「そう状態が出たのでうつ病ではない」と言われた。

診断名「双極性障害

治療方針ががらりと変わった。

2012年1月 8日 (日)

NO.118 みなさんの好きな作家は?

私の好きな作家を選んでみた。
①から③の順に好きだが、各数字の中での順は不同だ。

括弧内は、個人的に好きな作品。
一般に代表作と称されるものとは相違するかもしれない。
私の好みにフォーカスするため、やむを得ずカットした作品もある。

①片っ端から、作品を読み漁った!
・北杜夫(楡家の人びと、輝ける碧き空の下で、どくとるマンボウ航海記)
・宮脇俊三(時刻表二万キロ)

②結構、読んだなあ。
・灰谷健次郎(兎の眼、太陽の子)
・遠藤周作(白い人・黄色い人、沈黙)
・山崎豊子(沈まぬ太陽、二つの祖国)
・阿川弘之(井上成美、南蛮阿房列車)
・三島由紀夫(豊饒の海)
・宮沢賢治(風の又三郎)
・城山三郎(落日燃ゆ、わしの眼は十年先が見える、官僚たちの夏)

③あまり読んでない、けど、よかった!
・トーマス=マン(魔の山)
・ドストエフスキー(カラマーゾフの兄弟)
・小林多喜二(蟹工船)
・安部公房(砂の女)
・水上勉(飢餓海峡)

③はキリがないので抜粋。

前にも書いたかもしれないけれども、現代作家には興味がない。

敬語の使い方もできない作家の、それも「重みのない」作品に、どうしても関心が向かわない。

決して、食わず嫌いではない。

正確に申せば、かつては食わず嫌いではなかった。

現在活躍中の作家がまだ若手だった20年ほど前、大学生の頃は時間があったので、当時それらの若手作家が登場する月刊の小説誌を定期購読して通学時間中に読んでいた。

私は読み手であり、決して書き手ではないので、いわゆる評論家的立場から無責任なことばかり申して恐縮だが、いわゆる「純文学」は消滅したかもしれないと、当時既に思ったものだった。

実際、今どきの芥川賞作家、どれだけの名前が浮かぶことだろうか?
(蛇足だが、学生の頃「直木賞」のほうは著名な方が多かった気がするけれども、今では直木賞作家も知らない人ばかり)

作家レベルの低下、読者の減少、それと相反するような賞の増加と賞金の高騰。

このような状況で、今後の文壇は大丈夫なのか。

昨年、どくとるマンボウ北杜夫が死んだとき、「文学は終わった」と思った。

でも、なるほどと思う人、共感する人はあまりいまい。

地球温暖化と相反するどころか氷河期に突入した日本文学界で、敢えてペンで食っていこうという人たちへ。

まず、正しい日本語、敬語の使い方、文法を基礎から復習し、身につけてほしい。

現代作家、特に謙譲語の使い方がめちゃくちゃ。

そして「一般人より文章は上手」などと努々(ゆめゆめ)考えてはいけない。

皆を引き付けるような題名で、当然ながら文句なしの純文学で芥川賞をとり、その後も継続してヒット作を世の中に送り出してほしい。

昔は需要過多で、多くの作家が共存できたが、今は供給過多。

何でもなんでも、小説家さえ「使い捨て」の時代だということを、覚悟のうえ、生存競争を勝ち抜いてほしい。

何ごとにおいても、一度捨てられたら、復活することは無理なので。

※以上筆者の私見といえども、各人にとって不適切な表現が多々あったことをお詫びします。

2012年1月 5日 (木)

NO.117 もう一度クルマが欲しい

昨夏に事故で失った愛車と同型のクルマを、今日、街で見かけた。

拙宅は最寄駅から徒歩数分。

名古屋に近いベッドタウンで、最寄駅から特急料金を払えば16分、料金不要の急行でも20分で名古屋駅にアクセスできる便利なところにある。

大型スーパーまで徒歩30分近くかかるのが難点だが、コンビニもあるし、クルマがなくても特に不自由することはない。

月に2、3回しか運転しない「宝の持ち腐れ状態」のクルマが消えて月7万浮いた。

でも、趣味のドライブ、クルマの運転はできなくなった。

父親のクルマがあるけど、それはどうしても必要な時に「乗せてもらう」だけ。

「持ち腐れ状態の宝」としての価値も、それなりにあったのではないか。

愛車が鎮座していた自宅の空きスペースを見ていると、つくづく、そう思う。

2012年1月 2日 (月)

NO.116【都市シリーズ第23回】一生に一度のパワースポット 伊勢

元日に伊勢神宮へ初詣してきました。

自宅から特急停車の最寄駅、徒歩で10分もないので便利なんです。
名古屋と大阪は近鉄特急で乗換なし、東京も名古屋で新幹線に乗り換えるだけ。
名古屋へは特急で最速16分、料金不要の急行で約20分です。
伊勢は、名古屋とは反対方向です。
県境越えるのに名古屋は「買物」、一方県内でも遠い伊勢は「日帰り旅行」モードです。

2012010100

2012010101
昼過ぎの近鉄特急で出発し、1時間少しで三重県伊勢市の玄関、伊勢市駅に着きました。

伊勢市には、JRと近鉄との共用駅「伊勢市」と、近鉄だけの「宇治山田」と、2つの玄関駅があるので注意してくださいね。

2012010102
三重県伊勢市の推計最新人口は約13万人、都市圏人口約20万人。
三重県南勢地域の中心都市です。
三重の地名は地味でも、伊勢の名を知らない人は、ほとんどいないでしょう。

古くから「お伊勢参り」の中心として栄えてきましたが、ここ十数年来、観光客数の減少、地元経済の低迷(1件あったデパートも消えました)により人口減が続いていますけど、観光客については持ち直しつつあります。

それは、パワースポットとして伊勢神宮が脚光を浴びるようになったからです。

平日でも混み合うようになり、休日の周辺道路は大渋滞です。

従来は年配の方や外国人観光客がメインでしたけど、最近はパワーを得るためか、若いカップルや小さなお子さま連れの観光客が増えています。

アマテラスオオミカミて何ですか?みたいな観光客でも、地元にとってはありがたい存在です。
若い人が神社へ参拝する、結構なことです。
嬉しく思います。

伊勢神宮、正式名称は「神宮」です。
ある意味、当然ですよね。
他の神社とは格が違うんです。
明治神宮や橿原神宮などと区別するために「伊勢神宮」と俗称で読んでいるのです。

(伊勢)神宮、は、外宮(げくう)と内宮(ないくう)とに分かれています。
まず外宮、それから内宮の順でお参りします。

内宮は離れた場所にあるので少し不便です。
外宮は伊勢市駅前にあるのでお参りしやすいんですけどね。

片方だけ参るのは、「片参り」といって、あまり好ましくありませんけど、どうしても時間がないという方は、天照大御神の「内宮」へお参りください。

詳しくはこちら
(神宮公式サイト)http://www.isejingu.or.jp/

ということで、伊勢市駅からまっすぐ歩いて5分の外宮へ。

2012010105
ところでハクは、神社の写真撮影については慎まねばならないと教えられて育ちました。

ブログで紹介したいのは山々で、念のために外宮本殿そばで警備活動をしていた衛士(神宮で警察消防活動を行う職員)に聞いてみました。

(ハク)写真や動画撮ってる人いるけど、いいんでしょうか?
(衛士)本殿はダメです。他は別にいいですよ。

(ハク)昔は敷地内全部ダメでしたよね。
(衛士)そうです。でも最近はそのあたりの決まりが緩くなってきて…あまりよくないけど。

ということで、個人的にはルールに従って撮影しましたけど、鳥居内の写真公開は控えます。
ごめんなさいね。

外宮はあまり混まない、でも正月とパワースポットが重なって「外宮にしては」相当な混雑です。

次に内宮へ。

外宮前から内宮前ゆきバスが出ています。

2012010108
ピストン輸送です。
浦安のネズミの国の行列に比べればマシですし、今回は並ばずに乗れました。
不景気も回復せず、みなさんも「あきらめモード」、神頼みもやめちゃったのかな?

往復切符を売っているので、あらかじめ買っておいてください。

正確には「410円×2枚」の回数券です。
なので、行きは内宮前から乗って、帰りは外宮に近い宇治山田駅で下車でも可です。

2012010111_3
内宮です。
元日でも少し遅め、午後3時ころに着いたので、少しは空いているようです。ここから五十鈴川(いすずがわ)を宇治橋で渡って進んでいきます。

内宮は外宮よりもはるかに広い、本殿までの距離が長い、渋滞するので、お手洗いはここで済ませないと、あとで後悔しますよ。

長い距離を進んで本殿が近づくと、やっぱり渋滞。
1時間待ち。
これでも、ピーク時間帯よりは断然マシです。

脱線。
ハクの初詣待ち時間トップは太宰府天満宮(福岡県太宰府市)の約5時間。

ここで、いろいろなことを祈願しましたけど、内容は割愛します。

外宮、内宮と、無事に神宮詣でを終えて、宇治山田駅までシャトルバスで。

2012010117
すっかり夜の装いとなった宇治山田駅。
解像度を落してアップしているので見づらいけど、年代物の駅舎なんですよ。

2012010121_2
2012010122
最後の写真に宇治山田駅舎のストーリーが書かれていたんですけど、

手前に「定期券購入申込書」の台が。

なんでこんなとこで定期の申込書に記入させるんでしょうね。
構内、広いんですから。

駅の中にあるレストランで食事をして帰途につきました。

ところで、駅のレストラン、閉店時刻19:00(ラストオーダー18:30)なのでご注意を。

では今回はこれにて。
以前申したように、都市シリーズは公式サイトなどの助けを借りて作っていきます。
では、またね~

●参考サイト

(伊勢市役所)
 http://www.city.ise.mie.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html

(伊勢市観光協会)
http://www.ise-kanko.jp/

(式年遷宮:平成25年は遷宮の年です)
http://www.sengu.info/index.html

2012年1月 1日 (日)

NO.115 今年の抱負? 初詣は神宮へGO!

あけまして おめでとうございますsun

早速ですが本題。

今年のハクの抱負ですけど…強いて申せば

!!! 人生再チャレンジ !!!

でしょうか。

人生80年として、いま41。まだ半分残っています。

ご存知の方もいますけど、今月妻とお別れします。

さて、好奇心旺盛なハクは、こんなことではめげません。

ココログという匿名のつぶやきの世界で陰湿な嫌がらせを受けてますけど、こちらもハクは負けない。

こういうことをする人間にも、それなりの理由があるんだろうという、北風と太陽の、あえて太陽となって輝き続けます。

とにかく、ココログの中には一人も悪党はいないと信じているお人好しなハクは、元旦に神宮(お伊勢さん)に参拝します。

昨年3月11日の災害で犠牲となった方々へ哀悼の意を表し、また未だに苦しんでいる方々の健康などを祈願してきます。

それから、昭和世代として、特に昭和以降の伊勢湾台風、阪神大震災などの数多くの災害、戦争、犯罪、そしてテロ(地下鉄サリン事件、9・11事件)などで犠牲となり、また苦しみもがいている方々への思いも忘れずに祈願してきます。

祈願すること、他にもたくさんあって書ききれません。
文字に書けないことも祈願します。

ところでみなさん。
伊勢神宮は日本の神社の中で最高位の神社なんですよ。

単に「神宮」と言えば、伊勢神宮のことを指すんですよ。
ですから、「神宮前」なんて駅名やバス停とかに三重県伊勢市以外で遭遇すると、きょとん顔になってしまいます。

神宮球場なんて野球場、伊勢にあったっけ?

会社でも何でも、上だからそれが偉いということではありません。

でも、知っておいて損はない情報だと思いませんか?

ということで、昼過ぎの近鉄特急で、伊勢へ向かいます。

報告談はブログに載せる予定ですけど、写真は期待しないでくださいね。

神社は神聖な場所なので、撮りたくないのです。

というより、人混みすごいので、そもそも撮影自体困難かと思います。

撮ってもよさそうな場所で、可能なら撮ってきますよ。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon