新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NO.99 寒い中、咲きました | トップページ | NO.101 パソコン買いました・・・ »

2011年11月23日 (水)

NO.100 【都市シリーズ番外編】創刊100号記念~シンガポール2010

こんにちは。

皆さまのおかげで、ブログ創刊4か月を前に100号目を刊行することができました。

今回は、都市シリーズ「番外編」として、かねてからご要望が多かった、シンガポールをご紹介します。
超長いので覚悟してください(笑)

シンガポールは北緯1度、推定人口約400万(集計方法によって異なります)。
淡路島くらいの面積の都市国家です。
横浜の面積、人口ともひと回り大きくした感じです。
日本との時差は「-1」時間。
民族構成は中国系7割強、マレー系2割弱、インド系1割弱、その他です。
国語はマレー語(マラヤ連邦に属していたため)、公用語は英語、中国語、マレー語、タミル語です。
ほとんどの国民は英語を話します。
庶民の多くが「シングリッシュ」と称されるマレー語や中国語などの文法や単語が混じった訛りが強い英語を話します。
基本的にはクィーンズイングリッシュです。イギリス英語ですね。

以下の写真は、高層ビルが林立するシンガポールのビル群の一部です。
建設工事中のビルもありますね。
噴水を吐くマーライオンが小さく写っているのがお分かりでしょうか。

20100805sg02

シンガポール・チャンギ空港へは定期直行便が成田、羽田、中部、関西、福岡の各空港から飛んでいます。

私は毎年シンガポールへ旅しています。

最近は1人で中部国際空港(セントレア)からシンガポール航空(SQ)で飛ぶことが多いです。気楽な一人旅です。

以下、昨2010年8月に旅した時のシンガポールを中心に綴ります。
(携帯では写真の閲覧が困難だと思うので、パソコン利用を強くお勧めします)

20100805sg01_5

セントレア出発当日に展望デッキから撮影しました。
手前にシンガポール航空のA330-300型機が駐機状態です。
後方にタイ航空、フィリピン航空と、アジアのエアラインが並んでいます。
東南アジア便は朝方セントレアに到着し、午前中に折り返していくパターンなんですよ。
後方に展開するのは伊勢湾、その向こうは四日市の工業地帯。

このときは、コツコツ貯めた航空マイレージを使って、ビジネスクラスの航空券を無料で手に入れました。
燃油サーチャージと空港使用料などは実費徴収ですが、往復30万円する正規航空券に比べれば安いものです。

そうそう、日本で両替しないでください。
レートが悪すぎるので。
シンガポールの空港に、年中無休24時間営業の銀行がありますから。

機内撮影は恥ずかしいのでカット。

セントレア発着便はF(ファーストクラス)がないので、CYの2クラス制です。
ビジネスクラスは快適そのもの、でもシンガポール航空はエコノミークラスのサービスもいいんですよ。

搭乗すると、早速インド系客室乗務員によるウェルカムドリンクのサービス。
アルコール大好きなので、喜んでシャンパンを頂きました(^-^)

午前11時ごろ、定刻に離陸。

一皿一皿、ブランド物の皿を使ってワンプレートでの機内食の提供。
写真で紹介したいところですが、やっぱり食事を満喫したいと思うと写真は・・・ごめんね。

フルコースの昼食中、何杯かワインもいただき、いい気分になって眠っていると、6時間半の所要時間なんてあっという間、シンガポール・チャンギ空港に着陸。

いつもチャンギ空港で思うのが、
「本物のハブ空港は大きいな、世界中の国の飛行機がいる」
「着陸してから、つまりは地に足がついてから降機するまでに時間がかかる」ということです。

この時も舗装が悪い誘導路を、ガタガタ機体を揺さぶり乗客に振動を与えながらターミナルへ。

着陸後30分くらいかかって、ようやくスポットイン。機外へ。ようこそシンガポールです。

ボーディングブリッジ(搭乗橋)やターミナル内にいる空港スタッフと目が合うたびに「ハロー」と声をかけたり、かけられたり。

入国手続きの行列にはいつもイライラさせられますけど、ここの「日本人9パス木゜ート」と表示される電光掲示板には毎度ながら笑わされます。
撮影禁止エリアなのでお見せできないのが残念です。
日本語って、やっぱり難しいんですね。
もちろん「日本人のパスポート」のことですよ(笑)
私も含めて、日本人よ、もっと英語を勉強しなきゃダメだよね。

ほとんどの案内表示には英語と共に「正しい日本語」が添えられているので、英語が不得手でも大丈夫です。
成田をはるかに上回る巨大空港ですけど、迷うことはないでしょう。

私は旅行の際、あまり写真を撮りません。
「記録する」よりも「記憶する」タイプなので。
寄る年波に勝てず記憶力が落ちてきたので、記憶違いのところがあるかもしれません。
ご容赦のうえ、読んでみてください。

入国の際タバコは1本から課税。ガムは持込禁止。

ところで、機内で配られる出入国カードの裏面に次のとおり書かれています。

WELCOME TO SINGAPORE

ウェルカムは大歓迎、でも左下にこう記載されています。

WARNING
DEATH FOR DRUG TRAFFICKERS
UNDER SINGAPORE LAW

分かりますか?
麻薬を持ちこんだら法の裁きを受けて死刑!!!

シンガポールは「疑わしきは罰する」国なので、誰かが勝手に自分の手荷物に麻薬を忍ばせて運び屋に仕立てて、なんて場合も、「私には無実だという証拠がある!」と言えなければ処刑されます。

空港のそばに刑場があります。

人口当たりの死刑執行者数では中国、北朝鮮と並んでトップクラスの国なので、くれぐれも気をつけて。

空港の銀行で両替してください(クレジットカードがあれば1万円くらいでいいと思います)。
ここでの秘訣?は、「2シンガポールドル(以下「ドル」と略)紙幣」をたくさん用意することです。
チップが原則不要なんてガイドブックに書いてある場合がありますけど、ウソです。

なお、中国系の人たちは日本人と違って奇数を嫌いますので、チップを渡すときには注意してください。

両替が終わったらタクシー乗り場へ(節約派向けにはMRTという地下鉄があります。バスもあるけど難易度が高いので初心者にはオススメできません)。

市内中心街まで40分くらいかかる距離ですけど、タクシーは日本よりはるかに安いです。
でも、ピーク時利用料金とか深夜利用時料金、その他料金が加算されるので、高いな?と思ったら運転手に文句を言う前にガイドブックやタクシー内の料金案内を確認してくださいね。

ホテルまで直接乗りつけられるタクシーが楽だと思います。

重いスーツケースを積んでもらった場合はタクシーの運転手にチップを2ドル渡しましょうね。

ホテルでも、日本と同様サービス料を徴収されますけど、やはり部屋まで荷物を運んでもらったらベルマン?とかには2ドルチップを。
「サンキュー」とカタカナ英語でいいので、スマイルでね(^-^)。

私の場合は、サッとチップを渡せるように2ドル紙幣を折りたたんで10枚以上ポケットに入れています。
最近発行される紙幣は「プラスチック製」で折りたためないのが難点です。
チップ用に、「紙の2ドル紙幣」を温存しましょう。

フロント(レセプションとかキャッシャー)、それからコンシェルジュにチップを渡す必要はありません。

翌日、街に繰り出すときには枕元に2ドル置いておきましょう。

以下、シンガポールの中心街、オーチャード・ロードの様子。

20100805sg03_2 20100805sg07_2

 

オーチャード(orchard)とは、英語で「果樹園」という意味なんです。

シンガポーリアンだけでなく、世界中の人たちが歩いています。

東京で言えば「銀座」、大阪なら「心斎橋」みたいなところです。

次に、とある地下鉄(SBS)の駅へ。

ここの改札付近で写真を撮っていたら武装警察と兵隊に囲まれました。

そう、この日は8月9日。
シンガポールのナショナル・デー(独立記念日)だったのです。

鉄道は「軍事施設扱い」という国が多いのです。シンガポールも同様。
鉄道マニアなのに、ウッカリしていました。「要注意日」だということを忘れていました。

兵士「お前は何を撮ってたんだ」
ハク「改札の風景、駅名票、それからあの可愛いキャラクター」

兵士「カメラを見せろ」
ハク「はい」

兵士「データを全部目の前で消去しろ」
ハク「分かりました…」(マジで消去。これまでのバックアップはPCに保管)

ハク「あのキャラだけ撮ってもいい?」
兵士「さっさと撮れ」
・・・と言って、消えていきました。

これがその写真です。SBSという会社で使われています。

20100805sg05_2かわいいでしょう(笑)

これ撮るのに軍隊に拘束されて、本当に苦労したわけですよ。

「マミー、わたし90センチ以上あるから切符が要るの」って書いてあるんです。

つまり、90センチより低い子供は無料ということみたいです。

男の子バージョンもあります。
2010080515sg15SMRTという会社で使用。

地下鉄は「SBS」「SMRT」の二社が運営しています。

あまりにも長くなってしまいました。

クリスマスイブに、またシンガポールへと旅立つので、続きは旅行の報告がてら来年、ということで、とりあえずはここまでにしますね。

本当は、天空のプールがある超高層ビルの写真とか、「日本人として忘れてはならないこと」を書きたかったのですけど・・・

余韻を残して終わります。

« NO.99 寒い中、咲きました | トップページ | NO.101 パソコン買いました・・・ »

【住みたい】シンガポール」カテゴリの記事

地域、まちづくり、都市シリーズ」カテゴリの記事

旅行・レジャー」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

鉄道・飛行機・クルマその他乗り物」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

忙しいのに タクサンのレポ&写真 早速 ありがと〜デスhappy01

地下鉄にある「男の子&女の子」のパネル の写真だったのですね
8/9にシンガポールへ行くときは 要注意ですね!wink

うず、シンガポールで見た「マンホール」が フルーツ柄だったから かわい〜って
印象的に覚えてるな

ナイトサファリに、行って おみやげに「光るTシャツ」買ったよ(笑)
あと、ガムダメ、ポイ捨てダメ、タバコダメ の NGTシャツとかね^^

あ,うずシンガポールはANAだった!

うずさん、こんにちは。いつもコメント、ありがとうございますhappy01

ナショナルデーはホント要注意!
外国人だからって、手加減なんてしてくれませんから。

マンホール…あれも軍事施設?撮影するとき、お巡りさんがいたら確認したほうがいいかもしれませんね。
フルーツ柄なのですね。気づかなかったので今度歩きながらマンホール探してみます。

ナイトサファリはかなり前に行きました。
1頭のハイエナと10分間睨めっこ続けました(笑)

成田や羽田からはANA飛んでますよね。
たまには成田経由にしようかなairplane

不思議と魅かれるシンガポールです♪

ハクさん、こんばんわ。ハクさんに負けずに長~いコメントをしようと思っていたのですが、自分に文才が無かったことを思い出しました・・・。シンガポール行きたいなぁ。いっそのこと、ハクさんちのお手伝いさんになっちゃおうかなぁ。募集してませんか?あはは。昔ニュージーランドに4か月ほど、留学していた時にシンガポール人の男の子が、「オーチャードストリートにあるホテルなら、安心だよ」と言っていたのを思い出しました。以上です。

ココログうさぎさん、こんにちは。いつも、コメントありがとうございます。

お手伝いさん?猫の手も借りたいほどなんですけど、何せお給料をお渡しする余裕が(笑)

ニュージーランド、素敵ですね。
まだ行ったことないです。
行くとしたらシンガポール経由にしようかな。
セントレアから直行便ないし、シンガポールに寄れるので。

オーチャードロード沿いのホテル、治安もいいですし中心街にあるので安心便利です。
私はオーチャードロードの西の端っこから10分ほど歩いたところにあるホテルが定宿です。
通りから少し離れているので落ち着きます。

こんにちはhappy01

ハクさん、粋だねぇ。

チップに2Sドル紙幣ねwink年に一度の「贅沢」心ゆくまで楽しんできてください♪

「オーチャード」が「果樹園」の意味だったとは、知りませんでしたhappy01

Cool Runnings!

MASSIVEさん、こんにちは。コメントありがとうございますhappy01

本当に年に一度の贅沢です。楽しんできます♪

チップは諸外国の習慣で、チップ不要の日本のほうが世界的に珍しいと思いますよ。
もちろん、ファストフードの店なんかでチップを渡す必要はないし、受け取ることはないはずです。

気持ちいいサービスを受けた時、これから受けるときにちょこっと渡せばいいんですよ。

いま1シンガポールドル=60円くらいですから、感覚的には100円玉1、2枚程度です。

ちなみに、空港レストランに関しては、客からチップをもらったら「罰金」と、ターミナルのどこかに書いてありました。
いつのことやら忘れましたけど、それでもチップを渡したら笑顔で受け取ってくれましたよ。

シンガポールは、去年仕事で行ったけど、自由な時間がほとんどなかったから、つまんなかった。

ところで、当分の間、ぐん太郎のブログを、おいらのつぶやき用に使う事にした。それから、別のプロバイダでIDとって、そっちのつぶやき広場みたいなとこでも、つぶやき始めたから、暇だったら、探してみてくれ。

よんじさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございますhappy01

シンガポールは元来中継貿易から発展したアジアの金融・経済センターですから、ビジネスで訪ねる方々が多いですよね。

自由時間がないと、シンガポールに限らずつまらないです、私も。

つぶやきの件については了解しました。
とことん追い求めます(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578215/53292434

この記事へのトラックバック一覧です: NO.100 【都市シリーズ番外編】創刊100号記念~シンガポール2010:

« NO.99 寒い中、咲きました | トップページ | NO.101 パソコン買いました・・・ »

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon