新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NO.18 映画館で同じ映画を何度も・・・・ | トップページ | NO.20 戦争が終わった日に、家に戻ります »

2011年8月14日 (日)

NO.19 【緊急】「コクリコ坂から」観に行ってください!

今回は特別に2本立てで書きます。

コクリコ坂から・・・ぜひ映画館やシネコンで観てください!

映画作品は、どんなに素晴らしい内容でも、興業的にヒットする、つまり「もうかる」作品でないと失敗作となってしまいます。

宮崎吾朗監督のゲド戦記は、興業的にはヒットしたけど(内容は素晴らしかったけど)、評判については散々でした。

つまり、映画とは評判も、興業的にも、両方とも成功しないと「失敗作」になってしまうのです。

吾朗監督はゲド戦記で酷評されました。
今回の「コクリコ坂から」は、実際にシネコンに足を運んでの感想です。
(楽しみがなくなってしまうのであらすじも書かないけど)当時の世相を反映した傑作です。
宮崎駿さんも合格点を出してくれると思います。

ところが問題は「もうかっているか」です。

地元のシネコンでは「ガラガラ」でした。

周囲のジブリに興味ある人たちに聞いても、「そのうち観るかも」「行く予定なし」と、冷ややかな反応です。

これではゲド戦記とは反対に、「内容は評価できるが興業的には失敗作」になってしまいます。

素晴らしい映画なので、ジブリファンのみならず、皆さんぜひ東京オリンピック開催前年の世相をすこしでいいから頭に入れて劇場に足を運んでみてください。

吾朗監督を助けてください<(_ _)>

未成年の方は、「大人向けのジブリ作品だよ」とお父さん、お母さんを説得してください。

« NO.18 映画館で同じ映画を何度も・・・・ | トップページ | NO.20 戦争が終わった日に、家に戻ります »

トトロなどジブリ系」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578215/52471628

この記事へのトラックバック一覧です: NO.19 【緊急】「コクリコ坂から」観に行ってください!:

« NO.18 映画館で同じ映画を何度も・・・・ | トップページ | NO.20 戦争が終わった日に、家に戻ります »

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon