新ねこバス新聞 社説(へのリンク(笑))←アメブロ

新ねこバス新聞 別刷

  • 新ねこバス新聞 別刷
    旧ねこバス新聞時代から続く、新ねこバス新聞の別刷。こちらより、もっと軽いことをマイペースで書いていく予定です。ただし、無茶苦茶更新頻度低い(笑)
フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NO.11 大人の付き合い | トップページ | NO.13 食堂車や寝台列車って知ってますか? »

2011年8月 9日 (火)

NO.12 ゲド戦記からコクリコ坂から、まで・・・

みなさん、こんにちは。

火曜日夜、NHKの特番「宮崎駿」と「宮崎吾朗」の300日戦争を観ました。

息子に厳しい父親、その反面ナウシカで忙しくなるまでは、息子が喜んでくれることを願ってずっと制作してきた」と語る優しさあふれる父親「宮崎駿の子供なのに」と言われたくない息子絵コンテは絶対に自分が!と譲らない息子良い作品を作るために、プライドを捨てて多少なりとも父親の意見を取り入れる息子・・・と、親子の葛藤、作品に対する共通の、あるいは異なる思いが交錯する興味深い番組でした。
文庫本の「あとがき」みたいな内容でした。

もちろん、あとがきから見て映画を観るのも面白いですよ。

個人的には、コクリコ坂からのほうが感動しました。
父親がからんでいるとか、そういうこととは関係なしに、
単に感動して涙が(T_T)

まだ公開中なので、劇場公開が終わってから、他のジブリ作品とコクリコ坂からとを比べてみます。

ところで、何ごとも好みは人それぞれです。
例えば、あなたの好きな男の子や女の子は、友人の好みとは違うこともありますよね。
「やっぱりゲド戦記がいい!」、それでいいんですよ。

何事も、自分を我慢して無理やり人に合わせることだけはやめてほしい・・・
友達や仲間、職場の人との付き合いは大事だけど、本当の自分を失ってはいけないと思います。
自分を大切にしてください。

ジブリ系では、天空の城ラピュタのシータが好きです。
そのラピュタに出てくるパズーのように弱い立場にあるもの、特に女性を守る正義感に燃えて生きています。

世話の焼きすぎで燃えすぎかも、とは思っています。
私の炎を消火器で消されてしまったら、人生終わりですね。


鉄道マニアなのに鉄ネタはどうした!と、沈黙の抗議を感じるので、そろそろ始めようかな。ではまた。

« NO.11 大人の付き合い | トップページ | NO.13 食堂車や寝台列車って知ってますか? »

トトロなどジブリ系」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578215/52434846

この記事へのトラックバック一覧です: NO.12 ゲド戦記からコクリコ坂から、まで・・・:

« NO.11 大人の付き合い | トップページ | NO.13 食堂車や寝台列車って知ってますか? »

にほんブログ村

楽天市場

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで探す
    楽天ブックス

Amazon